試写会初体験の遠い記憶

テーマ:


隕石もののパニック映画の話を書いてて
急に『メテオ』のことを思い出した。
『メテオ』は多分、生まれて初めて試写会で見た映画。
というと年齢がバレそうだけど、「今さら」ですよね(笑)。
当時は中学生でした。


迫り来る巨大隕石に米ソが協調してミサイルを打ち込み、
最悪の事態を免れてハッピーエンド、
というのが『メテオ』筋書きなんだけど、
「どうやって、この隕石の危機を防ぐか」
をハガキで一般公募していて、
「面白い答えを送ると試写会が当たる」
というイベントが開催されていた。
映画の答えは知っていたんだけど、
くだらない答えを何枚か書いて送ったら、
2~3枚も試写状が当たって、
友達と(確か3人ぐらいで)の試写会初体験となった。
大きな会場だったが、東京のどこの劇場だったか、
ちっとも憶えてない。
あんまり面白かったという記憶もない。
つまり、初体験は「いまいちだった」んですねえ・・・。


主演は007からのイメージチェンジがうまくいかず
絶不調だった頃のショーン・コネリー、
ソ連(今のロシア)の高官役に60年代の人気女優ナタリー・ウッド、
さらにカール・マルデンやマーティン・ランドー
(この人は『ディープ・インパクト』にも出てたはず)
といった名脇役に加え、
ヘンリー・フォンダまで出てくる(!)
当時流行のオールスターキャスト系パニック映画大作だった。
しかも、監督は『ポセイドン・アドベンチャー』のロナルド・ニーム。
期待するな、というほうが無理。冷戦状態の米ソが地球の危機に
いかに協力して立ち向かうか、という駆け引きが、
この映画のメインの話だったように思う。
でも、まったく期待はずれの大作で、盛り上がらなかった。
よく考えてみれば、時々ゴーッと隕石は迫り来るだけ、
最後にミサイルで爆破されて誰も死ぬことなく終わり
じゃ、やっぱり盛り上げるのは難しいよね。
総合評価★★

meteor

でも、なぜか『メテオ』のサントラのシングル盤とか
買っちゃったんだよね。
もう十数年も聴いてないなあ・・・と、久々に、
このアナログのシングル盤を引っぱり出して見た。
アマゾンで検索すると、『メテオ』のCDはおろか、
ビデオさえ見つからなかった。
・・・ってことは、これ結構、稀少価値があるのかな?



70年代の後半って、パニック映画やオカルト映画全盛で、
全般的に見ると駄作が多くて、質的には決して
いい時代じゃなかった。少なくとも、
ヘンリー・フォンダやナタリー・ウッドといった
往年の大スターを生かすような企画はホント少なかったように思う。
それが残念でならない。
二人とも、この映画に出演した後、数年で相次いで亡くなった。
ヘンリー・フォンダは最後に『黄昏』があったからよかったけど、
ナタリー・ウッドの晩年は、まったくいい映画がなくて、
悲惨だったなあ。まだ、若かったのにね。

AD

キムタク主演の月9新ドラマ「エンジン」の宣伝で、

エアロスミスの「エンジェル」がテーマ曲のように使われていましたが、

これって「空耳アワー」的な、ダジャレなんですかね?

 

「エンジェル」は、80年代の前半、完全に死んでいたエアロが、

ランDMCとのコラボで甦った後、

完全復活を果たしたアルバム「バーマネント・バケーション」

の中に入っていたバラードの名曲で、懐かしかった。

もちろん、一番のお気に入りはシングルカット第1弾の「デュード」だけどね。

アーティスト: Aerosmith
タイトル: Permanent Vacation

比較的最近のお気に入りは、「ジャスト・プッシュ・プレイ」に

入ってる「ジェイディッド」。

これ、3~4年前のBS1ノメジャーリーグ中継のテーマ曲に使われてて

最高に決まってた。

NHKにしちゃ、なかなかいいセンスしてると思ったら、

去年はブールス・スプリングスティーンの「ボーン・トゥ・ラン」で、

青臭くてたまらんかった(これは、いつものNHKらしい選択だ)。

で、今年はサミー・ヘイガーがボーカルになって、おとなしくなった頃の

ヴァン・ヘイレン。やっぱり、イマイチ。

早く「ジェイディッド」に戻せ!

と、NHK関係者が見ていたら、強力にプッシュしてほしい。

 

今回は、ちょっと一息ブレイクでした。

 

アーティスト: エアロスミス
タイトル: ジャスト・プッシュ・プレイ(紙ジャケット仕様)
AD


初めて告白します。ちょっと恥ずかしい話だけど、
実は『アルマゲドン』を見るたびに、
「別れのシーン」にボロボロになってしまう…。

 

別に「恥ずかしい」なんて思う必要ない、とは思うんだけど、
それは『ナショナル・トレジャー』が日米ともに3週連続1位と
いまだ相変わらず興行的な強さを誇っている大物プロデューサー
=ジェリー・ブラッカイマーのプロデュース作品をけなす人の
大半が自信をもってけなす2本、それが『アルマゲドン』と
『パール・ハーバー』であることが多いから、なんだよねえ…。

 

この2本は、ともに全米で1億ドル以上(特に後者は約2億ドル)
稼ぐ大ヒットを記録しているし、日本でも(世界中で)大ヒットした。
それだけ観客に支持されてるってことは、本当は
「よかった」って思ってる人も結構多いはずなんだよね。

 

そんなにヒドイ映画だったら、絶対これほどの大ヒットはしない!
……私は、そう信じて疑いません。

 

ただ、あんまりにも人にけなされてる映画を「よかった」って
言うのは勇気がいるもので、逆の場合も評判が立ってくると、
「右にならえ」的に知ったようなことを言う人が実に多くて、
反対するようなことは、なかなか言いづらいもんです。

 

だから『アルマゲドン』を今さら持ち上げる人なんて
いないんじゃないかと思うんだけど、あえて勇気をもって
……これまでに3回見て、しかも3回目が一番泣けました。
といっても、最初から最後まで見たのは劇場公開時の1回だけ。
あとの2回は、見ようと思って見たというより、たまたま家で
テレビをつけた時に『アルマゲドン』の最後の方をやってて、
リブ・タイラーの可愛いさに(今見ても彼女はキレイだけど、
この時は特にキレイだった…)つい見入ってしまったという感じ。

 

そんなんで、泣けるのか? と思われるでしょうが、
それは多分、娘がいる父親だったら、わかってくれるはず。

 

他人事だと「すぐ泣ける」という性分もあるんだろうけど、
アニマル浜口&京子さんのドキュメント番組なども
見るたびに泣けてしまう(二人とは話したことがあるから?
かもしれないが、決してそればかりではないはず……)。

 

実は自分のことだと、ここ10年以上、ほとんど泣けたことがない。
唯一、涙が出てきたのを憶えているのは、幼い自分の娘と2日間、
たった2日間だけ会えなくなった、その別れの時だけだ。

 

その日、夜中に破水した妻と娘と3人で産婦人科へ車で行って、
会社を休みにした。とはいえ、明日も明後日も会社を休む
というわけにもいかず、会社が休みになる土曜日まで、
妻の両親の家で幼い娘を預かってもらうことになった。
お昼前頃、分娩室の外で娘と二人、待っている時、迎えが来た。
状況を説明しても理解できるような年齢じゃないから、
「おじいちゃんと、おばあちゃんが、マクドナルドに連れてって
くれるって」とか、なんとか言いくるめて、
妻の両親の車に娘を押し込んだ。
不穏なムードに気づいた娘は、「パパは一緒に来ないの?」と
不安げな顔で尋ねてくる。
「あとでパパも行くからね、先に行ってて」
そこで「嫌だ」とゴネられても、行ってもらうしかないのだが、
娘はすべてを察したかのように、涙を押し殺して「じゃあね」
と健気に車の中から、こちらを見つめた。
「じゃあね、あとで絶対、迎えに行くからね」
本当は土曜日に迎えに行くのだけれど、嘘をついた。
両親も孫に泣かれると困るので、早々に車を出して、行ってしまった。
その時の娘の気丈にも涙を堪えた顔が、あまりにもいとおしく、
車が出ると同時に堪えていた涙が溢れ出た。
いまだにその時の幼い娘の気丈な顔が忘れられない。

 

やっと涙を拭いて、分娩室に戻った時、
2番目の娘がすでに生まれていた。
ちょっとの間、離れるだけだよ、ということを上の娘に
言い聞かせている、ちょうどその時、
2番目の娘は生まれたのだ。
嬉しさと同時に、上の娘がいとおしくてたまらなかった。

 

『アマゲドン』で、ブルース・ウィリスは娘役のリブ・タイラーに
最後の交信をする。誰かがやらなければならない、でも彼女の婚約者
(自分の仕事の部下でもある)=ベン・アフレックは無事地球に返す
から心配するな、と父親は娘に伝える。娘は自分の父親一人だけが
地球を隕石から救うために犠牲になることを知る。もう二度と会えない。
その時、ブルース・ウィリスが確か、こんなようなことを言う。
「君はもう、すでに十分すぎるほどの幸福を私にくれた…」
ここで、ドバーッと涙が溢れ出て、涙が止まらなくなる。

 

たまたまテレビをつけると、いつもこの別れのシーンなんだよなあ…。
とりあえず、娘は妻とお風呂に入ってるから、涙を見られずに済む。
お風呂で楽しそうにハシャいでいる娘の声だけが聞こえる。

 

ベン・アフレックたちが地球に戻ってきて、
皆が歓喜の渦で抱き合う中、一人寂しそうなリブ・タイラー。
そして、エアロ・スミス初の全米ナンバー1ヒット曲、
♪君と過ごす時間は一瞬一瞬が俺の宝物、目を閉じてしまいたくない、
眠りに落ちてしまいたくない、そうしたら君を見逃してしまう、
何一つ見逃したくない♪
という歌詞の「ミス・ア・シング」が最後に流れる。
で、引きかけた涙がまたドバーッと溢れ出る。


これ、ラブソングには違いないけど、
明らかに父親のスティーブン・タイラーが娘のリブ・タイラーに
対しての気持ちを歌った歌だよね。
すると、風呂場から「パパ!」と呼ぶ、元気な娘の声。
やばい、もうすぐ風呂から出てくる!……と、
慌てて涙をゴシゴシ拭いて、娘を出迎える。

 

関係ないけど、今年の初めにリブ・タイラーは子供を生んで、
スティーブン・タイラーはおじいさんになった!(オメデトウ!)

タイトル: アルマゲドン

だから、自分にとって『アルマゲドン』は、
「隕石もののパニック映画」じゃない。父と娘の話なんです。
当時、日本でいうパニック映画(米国では「ディザスター(災害)映画」
と呼ばれている)のブームが復活して、ほぼ同時期に同じく隕石ものの
パニック映画として全米公開された『ディープ・インパクト』と比較され、
おおむね評判がよかった『ディープ・インパクト』に対し、
いかにも自己犠牲的なヒーローものっぽい『アルマゲドン』は
散々にけなされた。確かに『ディープ・インパクト』は、
グランドホテル形式を踏襲した典型的なパニック映画の王道として、
出来のいい映画だったと思う(総合評価★★★★)。
タイトル: ディープ・インパクト
でも、それと比較しても『アルマゲドン』の出来が悪かったとは
思わない。多分、『ポセイドン・アドベンチャー』から始まった
自己犠牲的なパニック映画の「お決まり」のヒーロー像に、
食傷気味な評論家が多かったのだろう。
ただ『アルマゲドン』の方が興行的にはヒットしている事実も見逃せない。
ちなみに『アルマゲドン』を最初に見た時は、まだ娘がいなかった。
にも関わらず泣けた記憶がある。決して自己犠牲的なヒーロー像に
泣けたわけじゃなかった。とすれば、やはり娘役のリブ・タイラーの、
取り乱すことなく涙を堪えている気丈な姿に、いとおしさを感じたから
に違いない。娘がいない時でも泣けたのだから、総合評価★★★★
あげちゃダメですか? そんなに自分はオメデたい人でしょうか?

特に娘がいる父親なら絶対、涙なしには見られないはず。
そうでない父親がいるとしたら、教えてほしい。だから、
全国の家出少女には言いたい。親が愛していると感じたら、
むやみに家出とかしないでほしい……お願いします。
AD

ミーン2

気づいたら、なんと1週間以上も更新してませんでした。すいません・・・

コメントも全然見てなくて、明日にでもまとめてご返信します!

今月は花粉との戦いで、クスリを飲むと眠気との戦い・・・

いずれにしても、なんもはかどりません。

すると、明け方にニュースで、

「4月23日(?・・・だか、そのころ)に、3月に公開されたばかりの

「ミーン・ガールズ」が、もうビデオ発売されます」

なんて言ってた。

 

このサイトでも1カ月ぐらい前に紹介したけど、

面白いので是非ご覧になってください。

未公開のNGシーンがたくさん入ってて、

これがまた結構、面白いということだそうです。

タイトル: ミーン・ガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション


自家用ジェット機で突然やって来た大スター。
なんと、43年振り! 2度目の来日らしい。
自分が生まれる前の話だ。
(気が遠くなりそう……)
当時は、人気TVシリーズ『ローハイド』に出演していた頃。
(おそらく、そのPRキャンペーンだったのでしょう)

 

しかし、今回は5月28日公開『ミリオンダラー・ベイビー』
のPRをするでもなく、硫黄島での撮影許可を取るために、
石原都知事のもとへ表敬訪問し、和やかに会談していた。

 

「オレの方が若くていい男だ」と強気な石原慎太郎、72歳。
「That's right」と穏やかなクリント・イーストウッド、74歳。

 

滅多に見られない怪物同士のツーショットだ。

 

硫黄島での撮影とは、次回監督作『硫黄島の星条旗』の話。
当然、第2次大戦の話だけど、彼は出るのかな?
兵隊としては歳取りすぎてるし・・・それだけが心配。
なぜって、ジョン・ウェインが『硫黄島の砂』で、
最後に撃たれて死んだから・・・これは辛い。

 

今回は同時に日本人監督による硫黄島の映画も
イーストウッドは製作するらしい。

タイトル: 硫黄島の砂

帰国の日程は未定とのこと。
うーん、会いたい。
私は大ファンです……

 

今、日本でナンバー1ヒット中の話題作。
全米でも3週連続1位の大ヒットを記録し、
娯楽作品として、それなりに十分楽しめる、よくできた映画だ。
同じディズニー系の『トレジャー・プラネット』などと比べても、
はるかに面白い。まあ、感想は人それぞれ、
いろいろいあるみたいだけど、それは大ヒットメーカー、
ジェリー・ブラッカイマーの作る興行重視の娯楽映画を
どう評価するか、によって大きく異なるだろう。


ナショナル・トレジャー

 


実際、誰が監督しようがジェリー・ブラッカイマー印の映画は
そんなに大差がないように思える。このことは、
観客にとって刺激的な、ある一定の満足度を保証する代わりに、
それ以上の中身の深さは期待できないという側面も確かにある。
それを理由に非難しまくっている人もいるみたいだけど、
年に数本しか見ない人にとって、話題性と大ハズレが少ない点
を兼ね備えたブラッカイマー印の作品群は魅力的であり、
相応の評価をしてあげなきゃ可哀相ってもんだ。

 

個人的には、物理的な「宝探し」系の娯楽映画というのは、
1、最終的に宝が見つからなきゃ面白くない
2、宝にまつわる歴史ミステリー色があった方が面白い
……それは、そこにロマンとカタルシスがあるからだ。


『カリオストロ伯爵夫人』をはじめとするルパンの小説も、
やたらラテン語の古文書とかがすぐ出てきて、それらの
謎解きから秘宝を発見する、というパターンが多い。
『ナショナル・トレジャー』にも、そういう基本線はある
んだけど、そんな歴史ミステリー的なロマンよりも、
いつものブラッカイマー印の「追っかけアクション系
アドベンチャー娯楽大作」といったイメージがやはり強い。

 

『クール・ランニング』のヒットで有名になり、
『フェノミナン』『キッド』『あなたが寝てる間に…』
といった上質のコメディ映画などをこれまで手がけてきた
ジョン・タートルトーブ監督自身も、


「本格的アクション映画を撮るのは、これが初めてだったので、
ブラッカイマー&マイケル・ベイ監督の作品群(『ザ・ロック』
『アルマゲドン』『パール・ハーバー』)を何度も見て
アクション映画の撮り方を勉強した」


と言うぐらいだから、当然、ヨーロッパが舞台の小説の如く
歴史ミステリー的なロマンを十分に感じさせてくれるような
つくりにはなっていない。


(以下、結末を知りたくない人は、読まないでください)

 

実際、フランスの古城ならともかく、アメリカの大都市の
教会の地下に眠っている秘宝を今まで誰も発見できなかった
というのは、ちょっとムシがよすぎるんじゃない?
と思ってしまう。


しかも、それを見つけたのが、人は良さそうだけど、
いかにも才能なさそうに見えるニコラス・ケージというのも
リアリティのなさと決して無関係ではないだろう。


しかし、それを補って余りあるのが、主人公の父親
=ジョン・ボイトの存在だ。彼が途中から話に加わると同時に、
宝探しストーリーの側面が一気に加速する仕掛けになっている。
実は、これがブラッカイマー映画のオモシロさを下支えしている
常套手段であり、奥義でもある。


つまり、見た目の派手なサスペンスやアクション映像とは別に、
ドラマとしてのサブストーリーに誰もが共感できるような
泥臭い「家族関係」をいつも持ち込んでくるのだ。


これは日本のトレンディドラマなどとの展開とは対局にある。

今回も、この親子関係と宝探し話の絡みが実に巧妙だ。
冒頭のシーンでは祖父(クリストファー・プラマー)まで登場する。

タイトル: ザ・ロック


『ザ・ロック』でも、ショーン・コネリーは娘と会いたくて
街をメチャクチャにする、あの本筋と関係ないシーンに
どんな意味があったのかと思った人もいただろう。
しかし、あれがなければ主演は完全にニコラス・ケージだった。


『アルマゲドン』も父と娘の婚約者の関係が、壮大な話のなかの
サブストーリーとして、実は必要不可欠なドラマ部分を担っている。

タイトル: 「60セカンズ 特別版」「コヨーテ・アグリー 特別版」パック


『60セカンズ』も、出来損ないの弟の存在があって初めて
ニコラス・ケージは人間味のあるキャラクターとして描かれる。
それがなかったら、キレかけたタダの車オタクだった。


『コヨーテ・アグリー』でさえ、主人公がニューヨークに出て
くる前の田舎のシーンで両親が描かれていた。


『パール・ハーバー』も最後のシーンは、家族の風景だ。

古くは独立前の『トップ・ガン』でも、トム・クルーズが常に心の
うちで葛藤しているのは、偉大なパイロットだった父親の存在だ。

 

『パイレーツ・オブ・カリビアン』も、実は『トップ・ガン』と
同様のドラマづくりを踏襲していることがわかるだろう。

 

タイトル: コン・エアー 特別版

(『コン・エアー』だけは、よくあるパターン=恋人が主人公の
行動のモチベーションとなっている=だったが、この恋人は確か
妊娠していたはず。つまり、将来的な家族の存在がモチベーション
になっていたように記憶している。違ってたらゴメンなさい)

これらがドラマのベースとなり、最後に清々しい形で終わって
くれるから、最低レベル以上の満足度が保証されるのだ。
決して派手な映像ばかりがブラッカイマー印の専売特許ではない。

 

非難するのは簡単だが、監督によって変わらない商品価値を
保っているのがブラッカイマーの力であり影響だとするのであれば、
もっとブラッカイマーのドラマづくりの部分を
正当に評価してあげたい。

そして、この映画のとても気持ちのいい終わり方に、
総合評価★★★★をあげたい。

タイトル: スローなブギにしてくれ


先頃、当サイトで募集されていた
「思い出の最悪映画」の祭典=第1回ゴールデン・ハルベリー賞
授賞式が非公開のうちに開催され、記念すべき
第1回受賞者が発表された。

見事、同賞を獲得したのは、ノミネート3作品の原作を手がけた
片岡義男さん。

ノミネートされていた3作品『スローなブギにしてくれ』
『メイン・テーマ』『ボビーに首ったけ』をいずれも
強力に推薦していたナガキタ氏が、片岡義男さんの代理で
受賞トロフィーを受け取りに授賞式会場を訪れた。

タイトル: ボビーに首ったけ

ナガキタ氏は「両親と片岡義男さんに感謝する」と壇上で語り、
「片岡義男ファンとしての愛着がよく出ていたことが受賞理由」
と総評を述べたプレゼンターのハル・ベリーさんと抱き合い、
本来の趣旨とは関係なく喜びを爆発させていた。

副賞の10万円は、「片岡氏本人に直接手渡したい」(ナガキタ氏)
とのこと。実現した暁には、
「ハル・ベリーさんを誘って3人での会食も視野に入れている」
と強気の発言も。

なお、同授賞式の模様は今日、WOWOWで独占生中継されたが、
契約の関係で、再放送の予定は今のところないという。

ちなみに、第2回ゴールデン・ハルベリー賞は来年、
同時期に開催されるかどうかは微妙な情勢。


これは、某イスラム原理主義左派から「自衛隊の即時撤退」を
求める授賞式会場爆破予告があったことから、今回の授賞式が急遽
会場を変更して非公開で行われたこととの関連もあるのでは、
との憶測も囁かれている。
(4月1日、ロイター伝)

タイトル: メイン・テーマ