映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
トム・ホーン [DVD]/スティーブ・マックィーン
¥3,980
Amazon.co.jp

アメリカ 1980年

スティーブ・マックィーン、リンダ・エヴァンス、リチャード・ファーンズワース、スリム・ピケンズ、ビリー・グリーン・ブッシュ、エリシャ・クック・Jr、ジェフリー・ルイス、ウォルター・ワイアット


監督:ウィリアム・ウィヤード

脚本:トーマス・マクゲイン、バッド・シュレイダー

製作総指揮:スティーブ・マックィーン


【ストーリー】

トム・ホーン(スティーブ・マックィーン)は、騎兵隊で戦功を挙げ、見事な射撃の腕からピンカートン探偵事務所で働いていた4年間には多くの悪人を射殺していた。そんな彼も今は牛泥棒から牛たちを守る仕事をする日々。そして、ワイオミング州のコーブルの牧場に雇われる。彼の射撃の腕はいまだ鈍っておらず、牛泥棒には容赦なく彼の銃は火を噴いた。そんなある日、少年の射殺死体が見つかり、その犯人としてトムは無実の罪で逮捕され、極刑となるのだった・・・。



BSでスティーブ・マックィーン特集してました

録画しそこねたのも多いのですが

これは観ることができました!


マックィーンといえば『大脱走』

というイメージが強いのですが

この作品での彼はすごく地味!


物語はトム・ホーンという実在の人物が

無実の罪で逮捕され死刑になるまでの

彼の人生の最後を描いたものです


無実の罪・・と言っていますが

作品中で彼が完全に無実であるという

そういう描き方はされていませんから

もしかしたら・・と思えたりもします


無実だ!と声高に叫びもしない

それは、トム流の美学だったのかな~


戦争での経験

探偵社での仕事

そして牧場での仕事・・


それまでは当たり前だった

悪者を殺すことは

英雄から悪人として

周りの見る目が変わってしまう



この作品でマックィーンは

時代の流れ・・を

描いているのかな~と思いました


トップスターとして輝いていた

役者としての彼もまた

ハリウッドの作品が変化していくのを

感じていたんでしょうね・・


TV放送が終了した後の解説で

彼自身がこの作品の撮影中には

病を知っていただろう・・と言っていたし


そう考えて観ると

トムが捕まるとわかっていて

脱走したことや

無実であると抵抗しなかったこと・・

マックィーン流の

ファンに対する別れだったのかな~と

ちょっと寂しくなりました



映画としては物足りないかもしれないけれど

マックィーンの作品として

観ておいてよかった作品でした♪






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。