映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版/アンダース・W・ベアテルセン
¥2,980
Amazon.co.jp

デンマーク 2000年

アナス・ベアデルセン、ピーター・ガンツェラー、ラース・コールンド、アン・エレオノーラ・ヨーゲンセン、アネッテ・ストゥーヴェルベック、サラ・インドリオ・イェンセン 


監督・脚本:ロネ・シェルフィグ


【ストーリー】

デンマーク・コペンハーゲン近郊のとある町。

アンドレアス(アナス・ベアデルセン)は、代理の新任牧師としてこの町を訪れる。半年前に妻を亡くし、悲しみのあまり神に仕える道を選んだばかりの彼は、教会の助手に案内されたホテルに泊まる。

そのホテルには、人のよさそうなフロント係ヨーゲン(ピーター・ガンツェラー)がいた。彼は、スタジアムレストランで働く親友のハル(ラース・コールンド)にクビを宣告するよう、上司から押しつけられ困っていたが、やはりハルにクビを伝えることができずにいた。ハルのレストランで働くウェイトレスのジュリア(サラ・インドリオ・イェンセン)は、ヨーゲンへ秘かに想いを寄せている。レストランにパンを卸しているパン屋の店員オリンピア(アネッテ・ストゥーヴェルベック)は不器用で、仕事が長続きせず、偏屈な父親と二人で暮らしている。美容師カーレン(アン・エレオノーラ・ヨーゲンセン)はアルコール依存症の母を抱えていた。そんな彼らが、それぞれの理由で市の主催する週に一度のイタリア語初級講座に通い始めた。。。。



ラース・フォン・トリアー監督が提唱する“ドグマ"作品

この作品は初の女性監督作となったものらしい・・・。

ちなみに・・・ドグマ95についてはこちら


フランス語?と思っていたけれど。。。デンマークでした(汗)

北国の小さな町に住む人々の、それぞれの生活

だれもが大小さまざまな悩みを抱え

けれども一生懸命生きている


一生懸命やっているのに、いいことがない日々

そんな彼らが選んだイタリア語講座

それは、陽気なイタリア人の住む太陽の街に

少なからずとも憧れをいだいたからなのか・・・

(ヨーゲンだけは、きちんとした理由があったけれど)


30を過ぎる大人たちの、それぞれの恋のゆくえが

すごく日常的な画面の中で描かれていて

ちょっとうまく説明できないけれど・・

ああ、ヨーロッパの作品だなぁ~~~~と思いました


一人ぼっちだった女性たちは、姉妹を得て

それぞれに想う人もみつけ

妻を亡くした牧師は、自分の道をみつけ

一人の女性に恋することのなかった男は一人の女性を大切だと思い

そして、純朴な中年男は自分の不安に打ち勝ち恋する女性に思いを伝え

中年男に恋をした娘はその想いが伝わるように神に祈る


独特の雰囲気ではありますが

それぞれのエピソードに、静かに感動できるシーンがありました

そのどれもが、控えめで・・・でもしっかりとした主張があって

見終わった後、誰かが恋しくなるようなそんな作品でした。


ただし・・・大げさな演出もないかわりに

リアリティがありすぎて・・・

心が元気じゃない時に見ると重いです

(特に、この中の誰かとリンクするような経験の直後は辛い)


でも・・・心が元気じゃなくても回復に向かっているときなら大丈夫

逆に、この作品を見て少しでも幸せな気分になったら・・

自分の心が立ち直っている証拠という感じです・・ね。



ヨーゲンとジュリアの恋を、応援していました!

「si?」「si」・・「si??」「si」

可愛かったです。。。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ドグマ」 の記事

テーマ:
メディアファクトリー
しあわせな孤独
ELSKER DIG FOR EVIGT
OPEN HEARTS [米]

デンマーク 2002年

ソニア・リクター、マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・カース、パプリカ・スティーン、スティーネ・ヴェルレガード


監督:スザンネ・ビエール 『ラブ・ファクトリー』

音楽:イェスパー・ヴィンゲ・レイスネール



【ストーリー】

セシリ(ソニア・リクター)は、恋人のヨアヒム(ニコライ・リー・カース)にプロポーズされ、二人は結婚を間近に控えていた。セシリはコックで、ヨアヒムはもうすぐ大学を卒業するはずで、二人の将来は明るいものだった。だがある日、セシリの目の前でヨアヒムが交通事故に見舞われる。そして、一命を取り留めるも、首から下が動かない全身不随になってしまう。絶望のあまり、セシリを追い出すヨアヒム、なんとか力になりたいと思うセシリ。二人の思いは対極するものだった。

一方、ヨアヒムを轢いたのは、この病院の医師ニルス(マッツ・ミケルセン)の妻マリー(パプリカ・スティーン)だった。彼女は助手席に座っていた娘スティーネ(スティーネ・ヴェルレガード)と口論中、前方不注意で事故に至ったのだ。

ヨアヒムに心を閉ざされ打ちひしがれるセシリ、患者の家族に声をかける医者ニルス、病院の中ではよくある風景だが、それが二人の人生を変えていく出会いになるとは思ってもいなかった・・・。



めずらしくデンマークの映画です。

先日BSで放映されていたんですが、前から少し気になっていたので

録画しておきました・・・(最近録画していたのを見るのが遅いです・・・)


医師としての地位、家族、幸せな日々・・を送っているはずのニルス

幸せの絶頂から、いきなりどん底に落とされてしまったセシリ

妻は、自分の轢いた相手の婚約者であるセシリをむげにできない・・


こういう状況の中

中年の男と若くて美しい女性が不倫関係になってしまうのは

かなり読めてしまう展開・・・

最悪なのは、それを年頃の娘が知ってしまうこと

そして、娘が知ったことがきっかけで妻にもバレてしまう・・・


幸せなカップルと幸せな家族はそれぞれに孤独になってしまう

邦題がピッタリな作品ですね・・・


平べったくいうと、不倫の映画なわけですが

ドロドロ~じゃないです

いや、ドロドロになりそうなところもあるのですが

妙に淡々と描かれていて


独身のころ、妻子ある男性に惹かれたことがありますわ

今思うと、どこがよかったんだろう?と思うけれど

まぁ、渋好みの私ですから・・・

それと、独身時代つきあってた彼氏に浮気されたことあるな・・

つまり・・・どの立場の女性の気持ちもわかるよーな気が

わかるような!です。。気がします。


浮気をよくする同僚とは対照的にニルスはまじめ

下心なんかない状態でセシリと話たりあったりしているうちに

彼の心の中にスルっとセシリが入ったんでしょう・・

セシリもまた、婚約者から拒否され、自分も先行き不安な中

やさしくされて誰かにすがりつきたかったのでしょう


下手にまじめなニルスだから、ちょっとした火遊び程度にならない

同僚に本気になるなよ・・と忠告されるのに

その時点ではもうどっぷりつかっている状態


こういう男性が浮気をすると、浮気にならないんだろうなぁ~


夫の浮気を知った妻マリーの態度も見事!

冷静さを保とうと気丈に振舞うけれど

セシリの住所をさらりと言った夫に平手パンチ!

「暗礁できるのね!」と言うセリフに彼女の心が表現されていました



でも、出て行った夫(父親)と普通に食事したりできる・・・

さすが、外国・・・日本じゃ考えられないですねぇ

それに、娘がセシリと同棲しているのか?と聞くんだけど

いや~~~オープンですね・・・



もう一人の主役、セシリの婚約者ヨアヒム・・・

自分だったら・・もっと暴れるなぁ~(動くという意味じゃなくて

最後はとうとう彼女を開放するんだけど(もともと束縛してないけど)

彼が一番辛くて大変なのになぁ・・・と思ってしまいました



この作品、ちょっと腹立つなぁ~と思う部分もあるのだけれど

メロドラマになっていなくて、さらりと描いている分

逆に、こういうのは意外にすぐ近くで起きることなんだと思いました


しあわせな孤独・・・


ラスト、それぞれの登場人物は、きっとみんなそうだったんですよね

しあわせって、誰かの幸せを壊して得ても続かないし

近くにいても孤独を感じることはあるし・・・

難しいですよね・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。