映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:


映画を観よう-シドニー・ルメット 本名:Sidney Lumet
生年:1924年6月25日

没年:2011年4月10日

出身地:米/ペンシルヴァニア州フィラデルフィア


代表作として一番にあげられるのは「十二人の怒れる男」。その後「未知への飛行」、「ショーン・コネリー/盗聴作戦」、「セルピコ」、「狼たちの午後」などの社会派サスペンスや問題意識の高い作品を発表し続け、名匠と呼ばれるようになる。




・その土曜日、7時58分 (2007) 監督  
・強制尋問 (2004)<TVM> 監督  
・アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)<未> 出演 
・グロリア (1999) 監督  
・NY検事局 (1997) 監督/脚本  
・ギルティ/罪深き罪 (1992) 監督  
・刑事エデン/追跡者 (1992) 監督  
・Q&A (1990) 監督/脚本  
・ファミリービジネス (1989) 監督  
旅立ちの時 (1988) 監督
・キングの報酬 (1986) 監督  
・モーニングアフター (1986) 監督  
・ガルボトーク/夢のつづきは夢… (1984) 監督  
・デストラップ・死の罠 (1982) 監督  
・評決 (1982) 監督  
・プリンス・オブ・シティ (1981) 監督/脚本  
・ウィズ (1978) 監督  
・エクウス (1977) 監督  
・ネットワーク (1976) 監督  
・狼たちの午後 (1975) 監督  
オリエント急行殺人事件 (1974) 監督
・セルピコ (1973) 監督  
・怒りの刑事 (1972)<未> 監督  
・ショーン・コネリー/盗聴作戦 (1971) 監督  
・はるかなる南部 (1970)<未> 監督/製作  
・約束 (1969) 監督  
・グッバイ・ヒーロー (1968)<未> 監督/製作  
・恐怖との遭遇 (1967)<未> 監督/製作  
・グループ (1966) 監督/製作  
・丘 (1965) 監督  
・質屋 (1964) 監督  
・未知への飛行 (1964) 監督  
・夜への長い旅路 (1962)<未> 監督  
・橋からの眺め (1961) 監督  
・蛇皮の服を着た男 (1960) 監督  
・私はそんな女 (1959) 監督  
・女優志願 (1958) 監督  
・十二人の怒れる男 (1957) 監督




また一人、素晴らしい監督が逝ってしまいました。


子役として活躍し、第二次大戦後も役者として活躍していたということはかなり後に知って驚いたのだけど、「評決」、「デストラップ・死の罠」、「旅立ちの時」などの作品を残してくれたことに感謝です。


それにしても

こんなに彼の作品の記事を書いていなかったとは!!

あの代表作ですら・・・(汗)


これから少しずつ観て記事を書きたいと思います。

ご冥福をお祈りします。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画を観よう-マイク・リー監督
本名:Mike Leigh
生年月日 : 1943年02月20日
出身地 : 英イングランドサルフォード


ロンドン芸術大学のキャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツ出身。舞台監督、映画監督・脚本家。だが彼の作品には脚本が無く、役者たちとの話し合いの中でキャラクターのイメージや考え方などを膨らませ、ほぼ即興で演じさせるという作品作りで有名。カンヌ国際映画祭では1993年に『ネイキッド』で監督賞、1996年に『秘密と嘘』でパルムドールを受賞。2004年の『ヴェラ・ドレイク』はベネチア映画祭の金獅子賞、英国アカデミー賞監督賞を受賞。2007年の『ハッピー・ゴー・ラッキー』では全米・LA・NY批評家協会賞を総なめにしている。


・ハッピー・ゴー・ラッキー(原題) (2007)<未> 監督/脚本  
ヴェラ・ドレイク (2004) 監督/脚本  
人生は、時々晴れ (2002) 監督/脚本  
・トプシー・ターヴィー (1999)<未> 監督/脚本  
・キャリア・ガールズ (1997) 監督/脚本  
秘密と嘘 (1996) 監督/脚本  
・ネイキッド (1993) 監督/脚本  
・ライフ・イズ・スイート (1991) 監督/脚本  
・ビバ!ロンドン! ハイ・ホープス ~キングス・クロスの気楽な人々~ (1988)<未> 監督  



いい意味で、ショーアップがまったく無い作品

そんな印象のマイク・リー監督作品

たまたま、私が観た作品がそうなのかもしれないけれど

その地味な品がけっこう好きです♪


リストを見て、製作本数が少ない感じがしますが

彼の作品作りの手法を考えると

十分な本数ですね♪

まだ見ていないほかの作品も探して観たいです!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画を観よう-クリント・イーストウッド
本名:Clinton Eastwood Jr

生年月日:1930年5月30日

出身地:米カリフォルニア州サンフランシスコ


幼い頃、父の仕事の関係でオークランドに移住。高校卒業後、伐採工などした後、陸軍に入隊。除隊後ロサンジェルス・シティ・カレッジにて演技を学ぶ。

TVシリーズ「ローハイド」の出演から人気が出始め、64年「荒野の用心棒」が世界的ヒットを飛ばしたのをきっかけにマカロニ・ウェスタンの代表的俳優として人気上昇。71年「ダーティハリー」のハリー・キャラハン役で名声を確実なものとした。

自らのプロダクション、マルパソ・カンパニーを率いて「恐怖のメロディ」で初監督。92年「許されざる者」で念願のアカデミー作品・監督賞を受賞。04年「ミリオンダラー・ベイビー」で再びアカデミー賞にノミネートされ、2度目のアカデミー監督賞(74歳での監督賞受賞は最高齢記録)に輝いた。ハリウッドを代表する映画人として誰もが認める巨匠である。




・インビクタス/負けざる者たち (2009) 監督/製作  
・グラン・トリノ (2008) 監督/製作/出演
チェンジリング (2008) 監督/製作/音楽  
・さよなら。いつかわかること (2007) 音楽  
・父親たちの星条旗 (2006) 監督/製作/音楽  
・硫黄島からの手紙 (2006) 監督/製作  
ミリオンダラー・ベイビー (2004) 監督/製作/音楽/出演
ミスティック・リバー (2003) 監督/製作/音楽  
・ピアノ・ブルース (2003)<未> 監督/出演  
・アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)<未> 出演  
・クリント・イーストウッド 天性の直感 (2003)<TVM> 出演  
ブラッド・ワーク (2002) 監督/製作/出演
スペース カウボーイ (2000) 監督/製作/出演
・クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー (2000)<TVM> 出演  
・トゥルー・クライム (1999) 監督/製作/出演
・セルジオ・レオーネ (1999)<OV> 出演  
・目撃 (1997) 監督/製作/出演
・真夜中のサバナ (1997) 監督/製作  
マディソン郡の橋 (1995) 監督/製作/出演
・ヘンリエッタに降る星 (1995)<TVM> 製作  
・ザ・シークレット・サービス (1993) 出演
・パーフェクト ワールド (1993) 監督/出演
・ザ・ドキュメント・オブ・イーストウッド (1993)<未> 出演  
・許されざる者 (1992) 監督/製作/出演
・ホワイトハンター ブラックハート (1990) 監督/製作/出演
・ルーキー (1990) 監督/出演 ニック・パロヴスキー
・ピンク・キャデラック (1989) 出演 トム・ノワック
・セロニアス・モンク/ストレート・ノー・チェイサー (1988)<未> 製作総指揮  
・ダーティハリー5 (1988) 出演
・バード (1988) 監督/製作  
・ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場 (1986) 監督/製作/出演
・ペイルライダー (1985) 監督/製作/出演
・シティヒート (1984) 出演
・タイトロープ (1984) 製作/出演
・ダーティハリー4 (1983) 監督/製作/出演
・センチメンタル・アドベンチャー (1982) 監督/製作/出演
・ファイヤーフォックス (1982) 監督/製作/出演
・ダーティファイター/燃えよ鉄拳 (1980) 出演
・ブロンコ・ビリー (1980) 監督/出演  
・アルカトラズからの脱出 (1979) 出演
・ダーティファイター (1978) 出演
・ウエスタンヒーローズ/西部劇名場面集 (1977)<未> 出演  
・ガントレット (1977) 監督/出演
・アウトロー (1976) 監督/出演  
・ダーティハリー3 (1976) 出演
・アイガー・サンクション (1975) 監督/出演
・サンダーボルト (1974) 出演
・愛のそよ風 (1973)<未> 監督  
・ダーティハリー2 (1973) 出演
・荒野のストレンジャー (1972) 監督/出演 流れ者
・シノーラ (1972) 出演  
・恐怖のメロディ (1971) 監督/出演
・白い肌の異常な夜 (1971) 出演
・ダーティハリー (1971) 出演
・戦略大作戦 (1970) 出演  
・真昼の死闘 (1970) 出演  
・ペンチャー・ワゴン (1969) 出演  
・荒鷲の要塞 (1968) 出演
・マンハッタン無宿 (1968) 出演
・奴らを高く吊るせ! (1968) 出演
・続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 (1966) 出演
・華やかな魔女たち (1966) 出演  
・夕陽のガンマン (1965) 出演
・荒野の用心棒 (1964) 出演  
・ローハイド (1959~1966)<TV> 出演
・壮烈!外人部隊 (1958)<未> 出演  
・二人の可愛い逃亡者 (1957) 出演  
・底抜け西部へ行く (1956) 出演  
・最初の女セールスマン (1956)<未> 出演  
・世紀の怪物/タランチュラの襲撃 (1955) 出演  
・半魚人の逆襲 (1954) 出演



ダーティ・ハリー、荒野の用心棒

私達年代・・より上の方たちにとっての彼は

まさに西部劇に登場する髭をたくわえた

ちょっとしたいい男のイメージ


でも最近の若い方たちにとっては

監督としてのイメージが強いでしょう・・・

実際、監督として作品を撮り始めて長いです!


イーストウッドの監督作品には

独特の暗さというか・・温度があると思います


『ミスティック・リバー』なんかは

観終わった後のなんともいえない後味の悪さというか

妙にゾッとするような怖さがあって

『ミリオンダラー・ベイビー』や『チェンジリング』には

深い愛や信念というものがありました


また、音楽も自ら手がけているのですが

これまたいい曲がおおくて・・・

すごい人だなぁ~~と思います!

しかし・・・私ったら・・

観ている作品は多いのにレビュー書いていないですね(汗)

せっかく観たのに書かなくては!!



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画を観よう-マイケル・ベイ
本名:Michael Benjamin Bay

生年月日:1965年2月17日

出身地:アメリカ/カリフォルニア州


ウェズリアン大学を卒業後、フィルム・スクールを経てミュージック・クリップを手がける(ティナ・ターナー、ライオネル・リッチーなど)

その後92年にMTVアワードを受賞。同時期にはナイキ、コカ・コーラ、バドワイザーなどのCMを制作し、95年の年間最優秀コマーシャル・ディレクターに選ばれた。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーによって、95年「バッドボーイズ」の監督に大抜擢される。その後は「ザ・ロック」、「アルマゲドン」と大作を連発。01年の「パール・ハーバー」では、いろいろな反響を呼んだ。




・13日の金曜日 (2009) 製作  
・トランスフォーマー/リベンジ (2009) 監督/製作総指揮  
・ホースメン (2008) 製作  
トランスフォーマー (2007) 監督/製作総指揮  
・ヒッチャー (2007) 製作  
・テキサス・チェーンソー ビギニング (2006) 製作  
・アイランド (2005) 監督/製作  
・悪魔の棲む家 (2005) 製作  
・バッドボーイズ2バッド (2003) 監督  
・テキサス・チェーンソー (2003) 製作  
・パール・ハーバー (2001) 監督/製作  
アルマゲドン (1998) 監督/製作  
・ザ・ロック (1996) 監督  
バッドボーイズ (1995) 監督  
・特捜刑事マイアミ・バイス (1984~1989)<TV> ゲスト出演


鮮やかで切れ味のいい作品を撮る!

そんな感じを受けるのは

ミュージッククリップやCMを制作していたからなんでしょう


といっても・・並んだ作品の中の

苦手ジャンルのものは見ていないので・・(汗)

なんともいえないところなんですが

観てみようかな・・・


『ザ・ロック』と『パール・ハーバー』は

感想書いていなかったのですね・・

今度書かなくっちゃ!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画を観よう-エドワード・ズウィック
本名:Edward Zwick
生年月日 : 1952年10月8日
出身地 : アメリカ イリノイ州シカゴ


ハーバード大学卒業。1986年に『きのうの夜は…』で長編映画監督としてデビュー。

『みんな愛してる』の監督マーシャル・ハースコビッツと映画・テレビ製作会社「ベッドフォード・フォールズ・カンパニー」(BEDFORD FALLS COMPANY)を設立。監督業だけでなく、制作として数々の名作を世に送り出している。『恋におちたシェイクスピア』や『トラフィック』、『アイ・アム・サム』など。




ディファイアンス (2008) 監督/製作/脚本
・ブラッド・ダイヤモンド (2006) 監督/製作
ラスト サムライ (2003) 監督/製作/脚本
・テキサス・クライム・ジャンクション (2002)<未> 製作総指揮
・ケイティ (2002) 製作
I am Sam アイ・アム・サム (2001) 製作
・トラフィック (2000) 製作
恋におちたシェイクスピア (1998) 製作
・娼婦ベロニカ (1998) 製作
マーシャル・ロー (1998) 監督/製作/脚本
・戦火の勇気 (1996) 監督
・レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い (1994) 監督/製作
・フォーエバー・ロード (1992)<未> 監督
・グローリー (1989) 監督
・きのうの夜は… (1986) 監督


「私のキャリアはもともとジャーナリストで始まっているんだ。最初はカルチャー雑誌のローリング・ストーンで書いて、そのあと、ニュー・リパブリックという政治雑誌の編集をやっていた。取材の中で真実の状況を理解し、ストーリーの中で、何が信じられることか、そしてどこまで作ってしまったら、信じられなくなるか、その境界線に気をつけながらドラマを作っているんだ」

と話している通り、実話を元にした作品が多いが、どれもしっとりとした内容で、特に初期の作品『グローリー』はとても素晴らしい作品だと思います!!



にほんブログ村 映画ブログへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。