映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
ブレイブハート(2枚組) [Blu-ray]/メル・ギブソン,ソフィー・マルソー,パトリック・マッグーハン
¥4,935
Amazon.co.jp

アメリカ 1995年

メル・ギブソン、ソフィー・マルソー、パトリック・マクグーハン、キャサリン・マコーマック、ブレンダン・グリーソン、アンガス・マクファーデン、デヴィッド・オハラ、イアン・バネン、ジェームズ・ロビンソン、トミー・フラナガン、ジェームズ・コスモ、ドナル・ギブソン、ジェラルド・マクソーリー、ショーン・ローラー、サンディ・ネルソン、ショーン・マッギンレイ、ブライアン・コックス、ピーター・ハンリー エドワード、スティーヴン・ビリントン、バリー・マクガヴァーン、ジョン・カヴァノー、アラン・アームストロング、ジャンヌ・マリーヌ


監督:メル・ギブソン 『顔のない天使』

脚本:ランドール・ウォレス 『仮面の男』


【ストーリー】

家族を皆殺しにされ、故郷を離れ成長したウォレスは、イングランドへの怨念と復讐に燃え反抗軍を組織。愛国心に溢れ、現状打破を求めるスコットランドの民衆は、彼のカリスマ性と指導力にひかれ続々と集まってくる……。(allcinemaより)



公開当時 見たのですが

アカデミー賞特集でTV放送されていたので

ひさしぶりに再鑑賞しました


アカデミー賞では

作品賞、監督賞、撮影賞

メイクアップ賞、音響効果編集賞の

5部門を受賞しています♪



前に観たときには

すっかりウォレスに見入ってしまって

戦闘シーンがこれほど

血なまぐさい映像だったのかと

そのリアルさに圧倒されてしまいました


メル・ギブソンの作品って

なんだかんだと結構観てるかも(笑)


好みってわけじゃないんですが

暑苦しいまでの熱い感じが

こういう作品にはもってこいです


実在の人物をもとに描かれたらしいけれど

細かいことを言うと

微妙に登場人物の年齢が・・となります(汗)


そういう細かいことは置いといて・・


ウォレスの純粋に自由を求める気持ち

それに動かされる民衆

貴族の求めるものと

一般の民が求めるものの違い


いつの時代になっても変わらないのですね・・・

ふと、最近のニュースとダブりました


取引をして保身に走る貴族たち・・そして裏切り

口では平和を唱えながら血を流す王

なんの力も能力も無い王子


唯一、ウォレスに動かされた貴族ロバートは

父の策略でウォレスを捕らえ

スコットランド王に・・・

ああ。。こういう感じだよね~と

つぶやいてしまいました(汗)


称号を与えられても

信念を貫いて戦い続けるウォレスが

最後を迎えるシーンでは

亡くなった妻を見る

自信に満ちたまなざしには

涙が出ました


そして、ラストに

ウォレスの信念が生きていたことで

強く生きることの素晴らしさを感じ

勇気や希望が持てる作品でした♪




メル・ギブソン

私生活ではいろいろありますが

この作品は文句なしに

素晴らしいと思います!!




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]/トニー・レオン,金城 武,チャン・フォンイー
¥3,990
Amazon.co.jp

アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 2009年

トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、(特別出演)リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン


監督:ジョン・ウー 『男たちの挽歌』、『フェイス/オフ』

脚本:チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ


【ストーリー】

80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、軍師・孔明(金城武)の知略と指揮官・周瑜(トニー・レオン)の活躍でどうにか撃退に成功する。思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操)チャン・フォンイー)は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、連合軍のいる対岸へと流す。これにより連合軍にも疫病が拡がり、ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。ただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選んだ孔明だったが、劉備軍が持ち帰ったことで生じた矢の不足の責めを問われてしまう。すると孔明は、周瑜に3日で10万本の矢を調達してみせると宣言するのだったが(allcinemaより)



2週連続でのTV放送に感謝!


PartⅠは随分前に一度観ていたのですが

PartⅡはまだ観ていなかったので

楽しみにしていました♪


おぉ!なるほど・・・

これ、PartⅠを観たあとに

PartⅡの公開を待ち望んでいた人には

ちょっと残念な感じだったんじゃないかしら?(汗)


決して、悪くはないのですけど・・・

PartⅠ以上の出来には見えなかったな~(苦)


私的には

金城武の孔明が観られて満足

プラス

トニー・レオンの周瑜との友情というか

単純にミーハーな見方をしておりましたから(笑)


今回は女性が頑張る姿がメインだったのかしら

ヴィッキー・チャオ演じる尚香は

無謀だけど、彼女の働きは大きかったですね


そんな彼女を見てか・・

周瑜の妻の小喬が大胆な行動にでますが

結果的にはそれが功を奏しているんですが・・・

これ内助の功かしら??


でも、男の戦に女が~~~って思うけど

PartⅠでもそんなセリフがあったように

「女のために戦か?」って

いう部分もかなりありますけどね


ワイヤーアクションもそこそこ楽しめましたし

沢山の武将がでてくるけれど

それぞれのキャラクターがしっかりしてて

分かりやすかったので

私は十分に楽しめた作品でした♪



それにしても曹操役のチャン・ホンイーは

『覇王別妃』の頃から

15年以上経ってるとは思えないほど

そのままの雰囲気で

存在感ある役者さんですね~


正義とは程遠い

いやらしさというか・・

独特のカリスマ性が光ってて

どうしたって孔明&周瑜を応援したくなりますよ!

見事な悪役でした!!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヘブン アンド アース [DVD]/ヴィッキー・チャオ,ワン・シュエチー,中井貴一
¥1,480
Amazon.co.jp

中国 2003年

チアン・ウェン、中井貴一、ヴィッキー・チャオ、ワン・シュエチー、チョウ・ユン


監督・脚本:ハー・ピン 『鬼が来た!』

脚本:チャン・ルイ 『盗馬賊』


【ストーリー】

紀元700年頃の中国。来栖(中井貴一)は、13歳で遣唐使として中国に渡り、武術や剣術などを学んだ。日本への帰国を熱望するが叶えられず、皇帝の密刺として仕えていた。そして、やっと25年ぶりに帰国が許される。任務地から、司令官の娘の文珠(ヴィッキー・チャオ)を長安へ送り届けて戻ろうとしていた矢先、皇帝より最後の仕事を命じられる。最後の手配人は李元将軍(チアン・ウェン)。かつて、唐王朝最大の脅威である突厥(トルコ系遊牧民族)の捕虜を処刑しろという皇帝の命令に背いて逃がした罪に問われていた。だがそれは、武器も持たぬ女や子どもを処刑することは人としての道理に外れるという理由だったのだ。来栖は文殊を長安に送り届ける道中で、たまたま天竺から皇帝へ献上する仏教経典を運ぶキャラバンの護衛とし逃亡していた李を見つけるのだが・・・。



BSで中井貴一特集をやっていました

前から、ちょっと気になっていたこの作品

たまたま主人も観たかったと言っていたので

録画して観ました!


うむ・・・


アクション、史劇・・ちょっとファンタジー

というジャンルになるのでしょうか


まったく内容については知らないままで観て

中井貴一扮する来栖が主役だとばかり思っていたので
ラストの展開に驚いてしまいました(汗)


キリスト教に関連するような

宗教色の強い作品には慣れているので

ストーリーの中で

ちょっと現実離れした内容が出てきても

あまり気にならないのですが


アジアの作品では初めてだったので

”仏舎利”のシーンでは

え?ファンタジーだったの??と思ってしまいました


でも、考えて観れば

仏教の世界では特別なことではなく

そのおかげで唐の時代が反映したという

終結の仕方はすんなりと受け入れられました


しか~~~し!

なぜ中井貴一?

いや、なぜ・・遣唐使が密刺に?

中国史にはまったく疎いので

いまひとつ、理解できなかったです


あ、でも!

中井貴一は好きな役者さんですし

滅多に観られない

長髪の三編み姿も凛々しいなぁ~と

ニンマリしておりました♪

台詞も中国語で、良かったです!!


李を演じているチアン・ウェンは

罪人として追われてはいても

人間としては立派な武将であるところが

すご~くよく出ていました!


それと、ヴィッキー・チャオは

相変わらず可愛らしくて

今回は無口な役でしたが

将軍の娘らしく、気丈に戦う姿は

かっこよかったです♪


馬賊の長の安大人を演じていた役者さんが

奥田瑛二に見えてしょうがなかったです(笑)


ここまで書いていると

イマイチの感想のように見えるけれど

李と来栖の立場を超えた友情や

互いを認めている姿


絶対絶命の状況を

どうやって打破するのか?という部分では

かなり引きつけられるものがありました


骨太な感じはすごく良かったと思う作品でした♪








にほんブログ村 映画ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
¥2,460
Amazon.co.jp

アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 2008年

トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、(特別出演)リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン


監督:ジョン・ウー 『男たちの挽歌』、『フェイス/オフ』

脚本:チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ


【ストーリー】

時は西暦208年。曹操(チャン・フォンイー)は、皇帝を意のままに支配し、帝国全土をも支配しようとしていた。そして、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向けて80万の大軍を率いて動き始める。劉備軍はわずか2万。なによりも民の安全を考え、撤退を始めるが時既に遅し・・曹操軍に追いつかれてしまう。だが、関羽と張飛の活躍でなんとか逃げ延びることができた。軍師の孔明(金城武)は、劉備に敵軍である孫権(チャン・チェン)と同盟をくみ、曹操と戦うことを進言し、自ら孫権のもとへ向かう。だが、数多くの軍がそうしてきたように、孫権軍でも降伏論が大勢を占めていた。そんな中、孔明は孫権が兄と慕う司令官・周瑜(トニー・レオン)と面会し、互いに相手への尊敬と信頼を深めていくのだった。



観ました!!やっと!!


なるほど・・・

これは、PartⅡまで観てから感想を書きたいですね


三国志の物語をわずかな時間でどう描くか・・・

それが気になるところでしたが

やはり、帯に短し襷に長し・・というところでしょうか


三国志をまったく知らない・・という人が観るのと

すごくよく知っていて・・・という人では

かなり感想も変わってくると思います


キャスティングが私好みで

一人でニンマリしておりましたが・・・

周瑜はチョウ・ユンファでキャスティングされていたようで

そう思うと、トニー・レオンでは物足りないかな・・と

思ってしまう私です(トニー・レオンも好きなんですが!)


ニヤニヤ~としている孔明役の金城武

いいんです!彼はこういう感じで(笑)

(甘いですよぉ~ いつもながら彼には)


一番似合っていたのは曹操役のチャン・フォンイー

彼は『覇王別姫』の石頭を演じていた役者さんで

さすがだな~と思いました!


このPartⅠは、いざ!というところで終ってしまい

すごく消化不良感が残ってしまいましたが

PartⅡはどうでしょう?

早く観たい!と思いました

(これって、うまくのせられてる?)




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
パトリオット アルティメット・コレクション
¥3,591


アメリカ 2000年

メル・ギブソン、ヒース・レジャー、ジョエリー・リチャードソン、ジェイソン・アイザック、クリス・クーパー、チェッキー・カリョ、ルネ・オーベルジョノワ、リサ・ブレナー、トム・ウィルキンソン、ドナル・ローグ、レオン・リッピー、メアリー・ジョー・デシャネル、アダム・ボールドウィン、ミカ・ブーレム、スカイ・マッコール・バートシアク、トレヴァー・モーガン、グレゴリー・スミス

監督:ローランド・エメリッヒ 『インディペンデンス・デイ』

脚本:ロバート・ロダット 『グース』、『プライベート・ライアン』


【ストーリー】

かつての英雄だったベンジャミン・マーティン(メル・ギブソン)は、静かに農民として7人の子供と暮らしていた。だが、独立戦争が起こり、イギリス軍がアメリカに侵入。民兵として愛国心に燃える息子ガブリエル(ヒース・レジャー)に苦い顔を見せるベンジャミン。そんな父に少しがっかりする息子だったが、目の前で次男のトーマスをイギリス将校に殺され立ち上がる。彼の中で眠っていた戦士としての本能が目覚め始めるのだが・・・。



久しぶりにまた観てしまいました


もう、何度も観ているので

記事を書いていたはずなんだけど・・・と思いつつ

書いてしまおうと思います(笑)


今日はストーリーというよりも

出演している役者さんたちを観て

それぞれの方の出演作品を思い出しました


もしかして・・・ヒースが逝ってしまってから

彼の姿をきちんと観るのは初めてかも・・・

若く、愛国心に燃え

自由を勝ち取るために戦う

まっすぐな瞳のガブリエル

目を開いたまま最期を迎える姿に

改めて彼の演技力の素晴らしさに

胸がいっぱいになりました



過ぎるほど濃い(笑)メル・ギブソン

後ろ髪を結んだ姿は

なかなか良いんじゃない!と思いましたが

個人的には『ブレイブ・ハート』が好きです♪



冷酷で戦いそのものを楽しんでいる(?)ような

ジェイソン・アイザックはぴったりの役どころで

イギリス人大好きな私ですが

あまりのイジワルさに

メル・ギブソンを応援せずにはいられませんでした



脇を固めている役者さんも豪華でした


トム・ウィルキンソンは優しそうにみえて

実はすっごい残忍だったり


クリス・クーパーは生まれたばかりの息子に

ガブリエルと名づけたりして

そのままいるだけで渋かったですねぇ~!


そしてチェッキー・カリョは

死ぬときはオシャレしてから・・と

いかにもフランス人らしい感じでよかった


たった数日(一日かな?)の花嫁も

とてもキュートなかたでしたが

ジョエリー・リチャードソンが

すごく美しかったです


でも、一番印象に残っているのは

スーザン!

パパなんか嫌い!と言っていたのは

本当は・・・・・・・・・

そのシーンが一番泣けました!!




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。