映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:

2012年がもうすぐ終わります

昨年よりも激減した映画レビュー


今年は、昨年以上に

仕事に追われてしまいました!


プラス!!


次女も中学に上がり部活で遅くなる日々

三女も音楽クラブに入って忙しくなり

ならば、私のフリータイムが増えそうなものですが

長女が受験です!!(おぉ~~~ドッキドキィ~


長女の塾の送り迎え

次女&三女は部活の行事とかで

どこかの学校に送ったり迎えたりするので

休日も送り迎え


そんな合間に一週間分の食事の下準備とか・・・

もうグッタリで夜起きてられなくなっちゃいました(涙)



来年の春

我が家にサクラが咲いた暁には

私のフリータイムが確保でき

映画観たい放題して

ブログももっと更新!!となると嬉しいナ



細々と更新するこのブログを忘れずに

見に来てくださった方々

ありがとうございました♪


これからも

よろしくお願いします!!



2013年が

全ての人にとって

良い年になりますように!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「その他」 の記事
さよならをもう一度 [DVD]/イングリッド・バーグマン,イヴ・モンタン,アンソニー・パーキンス
¥5,040
Amazon.co.jp

アメリカ 1961年

イングリット・バーグマン、イヴ・モンタン、アンソニー・パーキンス


監督:アナトール・リトヴァク 『追想』

脚本:サミュエル・A・テイラー 『愛情物語』

原作:フランソワーズ・サガン


【ストーリー】

トラック販売会社の重役ロジェ(モンタン)と5年越しのつき合いの室内装飾家のポーラ(バーグマン)。お互いに自由でいることを望んでいると言っているが、年齢のこともありポーラは少し不安を隠せない。一方ロジェはポーラを愛してはいるものの、若い女性と気軽に遊ぶ生活を堪能しているようだった。そんなある日、ロジェから紹介されたアメリカ人富豪の内装の仕事に行ったポーラは、その家の一人息子フィリップ(パーキンス)に出会う。たちまちポーラに恋をしたフィリップは戸惑う彼女にお構いなしに、その思いをストレートにぶつけてくる。ロジェとフィリップの間で揺れ動くポーラは…。



学生時代、原作を読んで

この作品を観た記憶がありますが

その頃はいまひとつ理解できなかったかな~


でも、いまならわかるわ・・

イングリット・バーグマン扮する

ポーラの不安や揺れ動く気持ち

そして、彼女の選択と現実を受け入れる切なさ


仕事が出来て恋人もいて

自由に自分らしく生きている女性

でも、気がついたら40歳

ふと不安を感じる年齢・・・


そんな彼女に恋をした

お金持ちのお坊ちゃんフィリップは

25歳の若者で

顔が赤くなっちゃいそうな台詞を

サラリと言ってストレートに気持ちをぶつけてくる・・・



最近は自由を楽しみ

経済的にも独立した

アラフォー女性を描いた作品が多いけれど

案外、本当のところはこんな感じ・・と思います



この時のお二人

バーグマンは46歳

パーキンスは29歳 (ホプキンス改め・・・汗)

ほぼ実年齢に近かったんですね

なるほど・・リアルだわ


でも、美しすぎる~~~バーグマン


そして

『サイコ』を思い出さなければ

なかなかイケメンな

スマートで可愛らしい年下男に見える

アンソニー


で・・どうしても

知り合いのおじさんにしか見えない

イヴ・モンタンですが


個人的には一番イヤな男性ですわ

結局、若い男に取られるのは嫌だけど

やっぱり、根本的には変わらない・・・


ラストのポーラの表情

後悔か 諦めか

この時代の作品らしい最後でした!!




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
くるみ割り人形 [Blu-ray]/エル・ファニング,ネイサン・レイン,ジョン・タトゥーロ
¥5,040
Amazon.co.jp


イギリス/ハンガリー 2010年

エル・ファニング、ネイサン・レイン、フランシス・デ・ラ・トゥーア、ジョン・タートゥーロ、リチャード・E・グラント、ユリア・ヴィソトスカヤ、アーロン・マイケル・ドロジン、チャーリー・ロウ、声の出演: シャーリー・ヘンダーソン


監督・脚本:アンドレイ・コンチャロフスキー

脚本:クリス・ソリミネ


【ストーリー】

クリスマスの夜、両親が出かけて悲しいメアリー。そこに叔父さんがやってきて素敵なドールハウスと兵隊のくるみ割り人形をプレゼントしてくれます。やんちゃな弟がくるみ割り人形を壊してしまうけれど、叔父さんが直してホッとしたメアリー。夜ふと目がさめたメアリーが人形に声をかけると、驚いたことに人形が話かけました。夢のような世界だけど、くるみ割り人形の名前はNC。すっかり意気投合した二人は、ドールハウスの住人たちと話しをします。そして居間に飾られた大きなツリーを昇り、雪の女王と会います。すると、不思議なことにNCの姿が人間の男の子に・・・。彼はネズミの女王の魔法でくるみ割り人形にされた王子だったのです。二人はネズミの女王と戦うことになるのですが・・・。



バレエで有名な くるみ割り人形


ちょっと前の作品ですが

今やお姉ちゃんのダコタよりも

スクリーンに登場することが多くなってきた(?)感じがする

エル・ファニングが可愛らしい作品


音楽もバレエの曲を使っていて

聞き覚えのある曲ばかり!


基本的には悪くないのですが・・・

かな~りB級テイストの作品


ネズミの牙をむく顔が怖い(涙)

ネズミの女王も汚い・・・(汗)

弟があまりにもオバカさん・・



キャストはなかななんですが

いまひとつ・・な感じがするのはなぜかしら?


わかり易く描かれているのはイイかなと思うけれど

バレエのくるみ割り人形を知っているので

軽すぎというか・・ちょっと物足りない


とはいえ

クリスマスの夜に起こる不思議な世界は

我が家の娘たちには

スッと受け入れてもらえたようです♪



体が小さくなって

相対的に大きくなったツリーに

ゴンドラ風の乗り物で

昇っていくのは楽しそう♪


さて、明日はどんなイヴになるでしょ?





にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


映画を観よう-最強のふたり


フランス 2011年

フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、トマ・ソリヴェレ、シリル・マンディ、ドロテ・ブリエール・メリット

監督・脚本:エリック・トレダノ

脚本:オリヴィエ・ナカシュ


【ストーリー】

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ。彼の新しい介護人募集の面接にやってきたのは、いささか場違いな雰囲気の黒人青年ドリス。スラム街に暮らす彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。ドリスには介護の経験がないばかりか、趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。(allcinemaより)


久しぶりの劇場鑑賞!!


これ、観たかったんですよ~~~


「フランス国内では3人に1人は観た」

でしたっけ??

納得できる作品でした♪


事故で首から下が麻痺して

介護がなければ生きていけない

大富豪のフィリップ


スラム街で育って

刑務所から出てきたばかりのドリス


そんな二人が

心から大切に思えるお互いになっていく物語


ああ、やっぱりフランス映画だわ♪


泣かせるぞ!

なんて力がどこにも入ってない


フランス映画って

出汁のきいた薄味のお料理だと思うけど

この作品は、とくに上質のお出しだと思いました!!



最初に「この物語は実話に基づいています」

って書かれて始まるのに

終わる頃にはすっかり忘れて

見入ってしまいました

そして、ラスト

今も二人の友情は・・・と出てきて


ああ、そうだった。実話なんだ・・・と

ホロリと涙が出てきました


二人の会話も

周りの人たちも

淡々と流れていく物語


ドリスがフィリップの障害をネタに

ジョークを飛ばすところは

『それ・・笑える範囲なの??』と

ドキドキするんだけど


この二人だから許されるんだな・・うん


お互いにお互いのことを尊重して

ワガママを言わず

でも、言いたいことはハッキリ言う

真の友情ってそうなんですよね♪


始まりとラストが繋がっているのは

よくある手法だけど

この作品では特にそれが良かった♪


音楽、家のインテリア

スラム街を含めた街の風景や

郊外の風景など

すっごくセンスのイイ作品だと思いました♪





にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]/阿部寛,上戸彩,北村一輝
¥3,990
Amazon.co.jp


日本 2011年

阿部寛、上戸彩、北村一輝、市村、宍戸開、竹内力、勝矢、キムラ緑子、笹野高史、市村正親、外波山文明、飯沼慧、岩手太郎、木下貴夫、神戸浩、内田春菊、松尾諭、森下能幸、蛭子能収


監督:武内英樹 『のだめカンタービレ』

脚本:武藤将吾 『シュアリー・サムデイ』

原作:ヤマザキマリ 


【ストーリー】


古代ローマ帝国。浴場設計技師のルシウスは生真面目な性格が災いし、流行に乗り遅れて職場をクビになってしまう。気分転換にと友人に誘われ、公衆浴場(テルマエ)にやってきたルシウス。突然そこで溺れてしまった彼は、なぜか現代日本の銭湯にタイムスリップする。漫画家志望の山越真実ら、見たこともない平たい顔ばかりを前に途方に暮れるルシウスは、ローマよりも遥かに進んだ風呂文化を目の当たりにして愕然。やがて古代ローマに戻ったルシウスは、平たい顔族(日本人)の風呂文化を採り入れた浴場を設計し大評判となるのだが…。(allcinemaより)



観ました!!


今回、家族鑑賞となったんですが

みんな笑って泣いて・・・

これはイイ♪



ストーリーもおもしろくていいけど

やっぱりキャスティングが最高♪


「うわ~~~濃い~~」(爆)


我が家もみんな濃い顔なんですが・・・

かなりウケてました(汗)



濃いお顔で

ローマでのロケが話題になって

公開しても話題だったこの作品

劇場で観たかったけれど

残念・・・DVDで鑑賞となりました(涙


でも!!おもしろかった~~~~♪


阿部ちゃん

始終なにかに悩んでいるような

渋いお顔で淡々と語る心の声が

妙にツボに入ってしまう展開


何度もCMで観たのに

『平たい顔』にはクスクスっと

笑いが出てしまったし


フルーツ牛乳やマッサージ機

銭湯を知っている世代には

懐かしい~~~と思うものばかり


あ、ちなみに・・・こっちでは

銭湯がほとんどありません(汗

家庭のお風呂でもシャワー派が多く

アパートなどでは

シャワーが主流で浴槽がないのがほとんどです


でも・・・この作品の

なんともホンワカした感じには

世代を超えた笑いがありましたね♪


観終わった後は

クスクスっと笑って

楽しい時間が過ごせました♪




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。