映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
KAGEROU/齋藤 智裕
¥1,470
Amazon.co.jp

なにかと話題になった作品


映画はミーハーだけど

書籍はへそ曲がりな私なので


書店に これでもか!!と

並んでいるときに読むことはない・・・(汗)


珍しく読むことになったきっかけは

次女が中学校の図書館から借りてきたから~


「母さん読む?」と差し出されて

いつかは読んでみようと思ってたので

「うん読む!」と二つ返事で手にしました


うん・・

うん・・

予想通り

読みやすい


ラストに少しだけ

「お?ということは。。。」という感じがあるけれど


そこそこに年を重ねたおばちゃんには


「若い作品だな~」というのが


正直な感想


児童書向けの作品を多く出版している

ポプラ社の小説大賞受賞作品ですから

必要以上に屈折していたり

ドロドロとした人間模様を描く必要はないかな


というわけで

我が家の次女(中1)が読むには

ちょうどいいくらいの作品だったと思います


ちなみに・・

彼女の感想は

「普通に面白かった・・・」でした(汗)


中学生の普通に面白いって

どういう意味だろう~~







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「原作本・本・絵本」 の記事

テーマ:
マネーボール [Blu-ray]/ブラッド・ピット,ジョナ・ヒル,フィリップ・シーモア・ホフマン
¥3,990
Amazon.co.jp


アメリカ 2011年

ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、クリス・プラット、ケリス・ドーシー、スティーヴン・ビショップ、ブレント・ジェニングス、ニック・ポラッツォ、ジャック・マクギー、ヴィト・ルギニス、ニック・サーシー、グレン・モーシャワー、アーリス・ハワード、ケン・メドロック、ケイシー・ボンド、チャド・ブラッドフォード、ロイス・クレイトン、タカヨ・フィッシャー、タミー・ブランチャード、リード・トンプソン、ジェームズ・シャンクリン、ダイアン・ベーレンズ、リード・ダイアモンド

監督:ベネット・ミラー 『カポーティ』

脚本:スティーヴン・ザイリアン 『ドラゴンタトゥーの女』

脚本:アーロン・ソーキン 『ソーシャル・ネットワーク』


【ストーリー】

 高校時代は花形選手だったものの、プロでは大成することなく引退したビリー・ビーン。その後、若くして弱小球団アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任するが、長らく低迷を続けるアスレチックスは財政的にも厳しく、選手の補強すらままならない状態だった。そんな体たらくに喘ぐ2002年、名門イェール大の経済学部を卒業し、インディアンズのスタッフとして独自に選手のデータ分析を行っていた青年ピーター・ブランドと出会う。自らのチーム強化ヴィジョンに不可欠と見込んですぐさまピーターを引き抜き、彼のデータを重視した斬新な選手評価を基に、安い選手を買って勝てるチームをつくる独自の経営戦略を打ち立てていくビリー。しかし、その常識破りの方針と、彼の短気で独善的な性格が周囲の反発を招き、チームは結果を出せない状態が続く。それでも、ビリーは確固とした信念で戦略を貫き通すと、次第にチームは勝ち星を重ね、ある奇跡を呼び起こす(allcinemaより)



私、超・映画好きですが

野球も大好きです!!

(もちろん・・映画>野球 ですが)


お金のあるチームは

いい選手を集められるから強くなる・・

弱いチームでのスター選手も

ヒョイっとトレードしちゃう・・なんて

よくあるお話


せっかくいい選手なのに

お金のあるチームに移籍したばっかりに

レギュラーになれない選手も多々いますしね・・実際


そういう野球界の中で

あえて、貧乏チームで優勝したいと思うGM

いいですね~♪


オーナー・GM・監督

この関係で泣く選手はたくさんいるでしょうね~

シーズン中でも突然移籍

しかも、代理人に詳しいことは聞けという一言で

選手たちは一瞬にして売りにだされる・・


つまり・・選手はコマなわけですが

それをどう使うか・・というお話で

まさにマネーゲームですね

もちろん選手たちはプロ!ですから

結果を出すために努力しているんですけれど

厳しい世界です!!



それにしてもまさかの20勝!

しかも、11点差を追いつかれて

さよならホームラン!!


これフィクションだったら怒ります(笑)

こんなおとぎ話~って


でも全部実話なんですよね・・・すごい!



あ、なんだか映画の感想っていうより

野球の試合を見た感想になってる・・(笑)


とにかく野球好きにはたまらない作品です♪





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画を観よう-120520_153343.jpg

仕事のため…とはいえ
誕生日のお祝いができなかった
次女のリクエストで
ブルーシールアイスクリームを食べに!

すると
サービスデーだったみたいで
シングルの価格で
二個追加してもらえた♪

三姉妹はそれぞれ好きなアイスを選び
かぶることなく大喜び

かなりのボリュームでした(汗)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

まさか・・・

こんなに涙腺が壊れてしまうなんて!


末っ子に「これ絶対に読んでよ!!」と言われ

差し出された本は・・・


friends もののけ島のナキ (小学館ジュニアシネマ文庫)/宮沢 みゆき
¥735
Amazon.co.jp


そういえば

映画も観たいって言ってたのに

結局、観ないままでした(汗)


一気に読んじゃったみたいな彼女は

(読むのはやいんだわ・・)

うっすらと目が赤かったけれど


なるほど・・これは泣いちゃうわ

ダム決壊ですわね


かれこれ数十年も前に読んだ

「泣いた赤おに」を原作とするこの作品

表紙と最初の数ページに

アニメの登場人物(もののけたち)が

描かれているだけで

立派な本でしたから文字だけ~


でもね、十分に想像できるし

すごく楽しめました


そして、やっぱり最後のアオオニさん

グンジョーの行動と

ホントの理由を知ったアカオニさんの号泣


「読んだよ!泣けたね~」と娘に伝えると

「でしょ!!グンジョーがカッコイイね」と一言


明日は図書館に行って

「泣いたあかおに」探してみようかな!!


あ、映画も観ちゃおうかな!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【初回限定生産】三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D&2Dブルーレイセット [Bl.../ローガン・ラーマン,オーランド・ブルーム,ミラ・ジョヴォヴィッチ
¥4,935
Amazon.co.jp

フランス/アメリカ/イギリス/ドイツ 2011年

ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・マクファディン、レイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、マッツ・ミケルセン、ガブリエラ・ワイルド、ジェームズ・コーデン、ジュノー・テンプル、フレディ・フォックス


監督:ポール・W・S・アンダーソン 『バイオハザード』

脚本:アレックス・リトヴァク 『プレデターズ』

脚本:アンドリュー・デイヴィス 『高慢と偏見(TVM)』

原作:アレクサンドル・デュマ


【ストーリー】

17世紀のフランス。若くして王位を継いだルイ13世は、王妃アンヌに夢中で政治には無頓着。その隙に野心家のリシュリュー枢機卿が着々と実権を掌握しようとしていた。そんな中、三銃士に憧れる無鉄砲な青年ダルタニアンが田舎からパリへとやって来る。最初はそうとは知らずに三銃士相手に決闘を申し込むダルタニアンだったが、リシュリューと敵対する両者はほどなく和解、晴れて三銃士の仲間入りを果たす。その頃、正体不明の美女ミレディは、王妃と敵国イギリスのバッキンガム公爵が通じていると見せかけるべく、王妃の首飾りを盗み出しイギリスへと渡る。ダルタニアンは秘かに想いを寄せる王妃の侍女コンスタンスからそのことを知らされ、三銃士と共に首飾りの奪回へと旅立つ。(allcinemaより)



これは・・・

こんなにも一般的に知られている

アレクサンドル・デュマ源作の三銃士だったとは!!


予告にも題名にも飛行船があったので

もっと違う展開なのかと思っていました


でも、おかげで

三銃士好きな娘たちには

かなり好感触!!


かなりミレディよりなお話っぽかったけれど

仕方ないですか・・(笑)

ストーリーがわかっているので

単純にアクションを楽しめたみたい♪


母は・・・というと

やはり三銃士が気になりました

アラミス♪美しい~

一瞬、オーランド・ブルーム?と思いましたが

オーリーはバッキンガム公の方でした


ルーク・エヴァンス演じるアラミスは

期待を裏切らず嬉しかった~

この方、女性には興味がない・・らしいのですが

女性にはかな~り人気でしょう!!!


アトスのマシュー・マクファディン♪

「プライドと偏見」の彼ですが

モッサ~とした感じなんだけど

どこか魅力のある役者さん!

今回のアトスは、なかなか哀愁がありました


でも、一人嬉々としたのは

マッツ・ミケルソンとクリストフ・ヴァルツ

なかなかいい役どころ♪

彼らがいないと面白みも半減したでしょう


次回、続編ができちゃいそうなラストには

ちょっぴり笑ったけれど

あったら、結局見ちゃいそうな

豪華キャストでした♪



子ども達と一緒に楽しく見られた作品でした♪







にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。