映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
ヒマラヤ杉に降る雪 (ユニバーサル・セレクション2008年第3弾) 【初回生産限定】 [DVD]
¥1,394
Amazon.co.jp

アメリカ 1999年

イーサン・ホーク、工藤夕貴、リーヴ・カーニー、鈴木杏、リック・ユーン、マックス・フォン・シドー、ジェームズ・レブホーン、ジェームズ・クロムウェル、エリック・タール、サム・シェパード、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、ジェリコ・イヴァネク、セリア・ウェストン、リチャード・ジェンキンス


監督・脚本:スコット・ヒックス 『シャイン』、『アトランティスのこころ』

脚本:ロナルド・バス 『モーツァルトとクジラ』



【ストーリー】

1954年、ワシントン州のサン・ピエドロ島。この小さな島で、漁師のカール・ハインが水死体で発見され、状況証拠から日系ニ世のカズオ・ミヤモト(リック・ユーン)が逮捕される。すぐに殺人事件として裁判が始まり、そこでカズオの妻ハツエ(工藤夕貴)と、ハツエの幼なじみで隻腕の地元紙記者イシュマエル(イーサン・ホーク)は再会する。二人は幼馴染で、かつては互いに愛し合った仲だったが、日米開戦の翌年、ルーズベルトの大統領行政令9066号によって、日系人の多くは強制収容所に入れられ、財産や市民権までも奪われた。事件の被害者カールとカズオもまた、そんな歴史に翻弄された二人だった。根深い人種差別のもと裁判が始まり、カズオの有罪が濃厚になるなか、イシュマエルはある真実に辿り着くのだが・・・。



切ないけれど、映像が美しい作品でした


何度か観るチャンスがあったのに

なぜか今まで観ていなかったのですね・・・


物語は、幼馴染の二人が

戦争という哀しい出来事で引き離されて

それぞれに違う立場で再会し

互いのそれぞれの道を歩きだす・・

そんな感じでしょうか


日系人であるがために

収容所に送られ

土地も財産もすべて奪われてしまう

自分自身ではどうすることもできない


私はアメリカ人になりたい!

と叫びながらイシュマエルのもとに走る

ハツエの少女としての気持ちは

痛いほどにわかります

でも、彼女は現実を知り

受け入れて生きていくことを選ぶ


一方のイシュマエルは

ハツエの本当の想いを知ることはなく

傷心のうえに体まで傷ついてしまう

再会した彼女に

昔のままときめく・・


ただハグすることですら

イシュマエルとハツエの感じ方が違う

人種の違いとはそういうものか・・・


女は現実的で

男はロマンチスト


ラストのハツエとイシュマエルの抱擁

本当の意味で解放された

イシュマエルの寂しげな表情が

なんとも切なかったです!


イーサン・ホークは

こういうちょっと暗いというか

影のある役が似合いますね・・

ハツエをみつめる表情は

ネルス弁護士が気づくほどに

熱くて切なかったです


工藤夕貴は

アメリカ人になれない

でも日本人でもない・・

そんな少女時代から夫を守る妻まで

芯の強い目が印象的でした


脇をサム・シェパードや

マックス・フォン・シドー

ジェームズ・クロムウェル
豪華な方がそろっていたのが嬉しかったです!


原作はサスペンスということなのですが

あまりそんな感じはせず

時代と人種差別に翻弄された彼らの

ヒューマンドラマという感じでした


幻想的なヒマラヤ杉の並木と雪景色が

この作品の重さをより一層際立たせるけれど

美しいと感じる映像で

作品の長さもさほど感じずに見ることができました




にほんブログ村 映画ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたにとっての“ご褒美”といえば、なんですか? ブログネタ:あなたにとっての“ご褒美”といえば、なんですか? 参加中


今日はTVを家族に占領されているので
映画を観れそうにない・・・(涙)

というわけでブログネタから~~~

私にとっての”ご褒美”といえば

やっぱり!!

時間ですね~~~♪

一日、家事・育児・・なぁ~んにもしなくていい♪
そんな日をいただけちゃったら・・・
もう何していいかわからないかも(笑)

願わくば、家じゃなく・・リゾートホテルで1泊
お気に入りのココガーデンリゾートホテル なんかで
ゆっくり過ごせたら・・なんてことになれば文句なし!!

この先5年くらいは休みなしでもいいわ♪(笑)


ようこそジョージアへ
ジョージアご褒美ブレイク
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]
¥2,620
Amazon.co.jp

アメリカ 2008年

ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、エルピディア・カリーロ、ロビン・リー、ジョー・ヌネズ、ビル・スミトロヴィッチ、ティム・ケルハー、ジーナ・ヘクト、アンディ・ミルダー、サラ・ジェーン・モリス、マディソン・ペティス、ジュディアン・エルダー、オクタヴィア・スペンサー、ジャック・ヤング、コナー・クルーズ


監督:ガブリエレ・ムッチーノ 『幸せのちから』

脚本:グラント・ニーポート


【ストーリー】

ベン・トーマス(ウィル・スミス)は、リストもとに7人の人々に近づく。彼はその7人がある条件に一致すれば、その人々に贈り物を渡そうと考えていた。その7人は互いに何の関係もない他人同士なのだが、ベンにとっては彼らでなければならない理由があった。弟からの連絡を拒み、親友に全てを託し、ベンは静かに計画を進めていく。やがて、リストの中の一人、エミリー(ロザリオ・ドーソン)との出会いによって、ベンの心が揺らぎ始めるのだが・・・。



公開当時、すごく気になって

観にいきたいな・・と思っていたけれど

観ていなかったのでDVD待ちしてました


絶対に観ようと思っていたので情報収集せず!

どのレビューも読まずにいたので

まったくストーリーを知ることなく見ることができました


そして・・・観終わった後の

切ないというか、なんだかやりきれない気持ち・・・

う~~~ん。。

決して悪くはないのです・・

でも、重い・・・やっぱりやりきれない



突然始まるベンのクレーマーのような電話

いったい彼は何者?

何が起きているの?何が始まるの??


前半は途切れ途切れに入ってくる

現在か過去の映像・・

これはまた時間軸が行ったりきたりする作品?

こんなときはちゃんと観なくちゃ!と

食い入るように観始めました


すぐにお話の流れはわかりましたが

エミリーとの出会いで

少しずつベンの心がゆれて

もしかしたら、彼の考えは変わるのか?

なんて思ったりも・・・


けれど、エミリーの生存率を聞いたベンは

すぐに計画を実行に移す決断を・・


あの生存率3~5%という数字は

ベンの生存率だったんですね・・・

もし、その数字が50%くらいだったら

彼は計画を先に延ばしたか・・・

そんなことを考えながら

彼の決断を冷静に見ている自分がいました


なぜだか、彼の決断を

最後までしっかり見届けなくてはいけないような

そんな感じがしたからです・・


その壮絶なシーンを観ながら

弟やホリーとの会話

そして友人ダンとの会話が

走馬灯のように蘇ってきて

彼の決断の重さを痛感していました



どうして、別の選択ができなかったんだろう?

贖罪は違う形でもできるはず・・・

キリスト教では自殺は大罪ですから

それで贖罪・・というのはどうだろう?と思いましたが


それだけ彼の悲しみや罪悪感は重く

こうすることが一番だと信じていたのだろう・・

命の重さって・・


なんていろんなことを考えて

やっぱり、やりきれない気持ちになりました




エミリーが心臓の音を聞くシーンには

涙が出ました・・・

ロザリオ・ドーソン

素敵な女優さんですね!


主役のウィル・スミスは

役のためでしょうけれど痩せてましたね・・

この人は、シリアスもいけるのは知ってるけれど

やっぱり無邪気に笑う笑顔が似合います

『幸せのちから』とシリアスな作品が続いているので

コメディーで弾けた感じがまた観たいです!







にほんブログ村 映画ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベッドタイム・ストーリー [DVD]
¥2,130
Amazon.co.jp

アメリカ 2008年

アダム・サンドラー、ケリー・ラッセル、ガイ・ピアース、ラッセル・ブランド、リチャード・グリフィス、ジョナサン・プライス、コートニー・コックス、ルーシー・ローレス、テリーサ・パーマー、ローラ・アン・ケスリング、ジョナサン・モーガン・ハイト、ニック・スウォードソン、キャスリン・ジューステン、アレン・コヴァート、カーメン・エレクトラ、ティム・ハーリヒー、アイシャ・タイラー


監督:アダム・シャンクマン 『ヘアースプレー』

脚本:マット・ロペス 『ウィッチマウンテン/地図から消された山』

脚本:ティム・ハーリヒー 『ビッグダディ』


【ストーリー】

ホテルの電気工として25年も勤めているスキータ(アダム・サンドラー)。実は、このホテルは彼の父が経営不振で古い知人に譲ったホテルで、スキータに経営能力があれば、いつかホテルの経営をスキータにと約束をしたホテルだった。だが社長はそんな約束など忘れてしまったのか、次期経営者には娘の恋人であるケンドル(ガイ・ピアース)を・・と発表する。そんなある日、姉ウェンディの幼い子どもたちパトリック(ジョナサン・モーガン・ハイト)とボビー(ローラ・アン・ケスリング)を一週間ほど預かることになってしまう。昼間はウェンディの友人で、パトリックたちの学校の先生ジル(ケリー・ラッセル)が面倒を見てくれるが、夜はスキータの役目。そこで、幼い頃に父がしてくれたように寝る前のお話をしはじめるスキーター。自分を主人公にした思いつきの物語は、それなりに面白いのだが、つまらない結末を子どもたちが勝手に変えて寝てしまう。すると翌日、子どもたちが語った奇想天外な出来事が現実となってしまう・・・もしかして、子ども達の話すことが本当に??こうしてスキータの不思議な一週間がはじまるのだっが。



週末です!

今日も次女選択のファンタジーです♪


これは、三姉妹が全員一致で観たかったらしいので

娘達と4人でゆっくり観ました♪


アダム・サンドラーのコメディは

もともと、ほわっとした

温かみがあるコメディなので

安心してみていられるのですが


おぉ!ついにディズニー作品ですねぇ~

きっとマッチするでしょう!と思っていたけど

やっぱり、相性はバッチリでした♪


子ども達が勝手に変えてしまうお話が

次の日に現実になってしまう・・・

それに気づいて

自分に都合のいいお話にしてもらおうとするけれど


そこは子供たちですもの!

そりゃもう、意味のない突飛なストーリー(笑)

ガムは降ってきたり

いい大人の女性たちが踊っちゃったり


映画好きにはお馴染みの『スパルタカス』や

これは『スターウォーズ』ですね?とか

ディズニー好きは見つけただろう『バズ』も登場


ライバルのケンドルにはガイ・ピアース

『プリシラ』での美しい姿は印象的でしたが

こういう軽めの役もいいですね♪


アダムの相手役のケリー・ラッセルは

すっごい美人というわけじゃないけれど

子ども達とスキータと一緒に居るときの笑顔が

すごく自然でよかったなぁ~と思いました♪


そして子役の二人が可愛らしかった~♪

とくにパトリック役の男の子

こんな男の子欲しい~と思いました(笑)



ディズニー映画はハッピーエンド!と決まっているので

突っ込まずに、とにかく楽しく観る!

この作品も、素直に楽しめました♪



エンドロールのジャーニー♪Don't Stop Believin'

うわぁ~久しぶり♪と思い

ついつい口ずさんでいると

娘達に「へぇ~知ってるんだ~!」と

ちょと尊敬の眼差しを貰いました!(笑)



にほんブログ村 映画ブログへ
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
ぼくを葬る
¥3,591

フランス 2005年

メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ダニエル・デュバル、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、マリー・リヴィエール、クリスチャン・センゲワルト、ルイーズ=アン・ヒッポー、アンリ・ドゥ・ロルム、ウォルター・パガノ、ウゴ・スーザン・トラベルシ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ

監督・脚本:フランソワ・オゾン 『スイミング・プール』、『まごろし』


【ストーリー】

パリで活躍する新進気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマン(メルフィル・プポー)は、ある日撮影中に突然倒れてしまう。診断の結果は末期のガン。医師の勧める化学療法を拒んだ彼の余命は3ヶ月だった。久しぶりに実家に寄り、家族と食事をとったロマンだったが、そこで病気のことと家族を愛しているということを告げようと思っていたが、結局はいつものように憎まれ口を叩き実家を後にする。そして、恋人で一緒に住んでいる青年サシャにも冷たい別れを告げる。さらに仕事もキャンセルし休暇をとったロマンは唯一心を許す祖母にだけは自分の苦しみを素直に打ち明ける。家族には話したほうがいいという祖母の忠告にも耳を傾けないロマンは、たった一人で人生の幕を下ろそうとしていた。そんなある日、ロマンに驚くべき依頼をしてきた女性によって、ロマンの中にある想いが芽生えるのだった。


やっと、やっと観ました!

オゾン監督作品で見たいと思いつつ

まだ観ていなかったこの作品。。。


フランス映画ですね

日本やハリウッドでは作れない作品だと思います



感想は一言で言うと・・・参った!です



『死』に直面したロマンの行動

不思議と私にはすごくよくわかりました


家族を愛しているのだけれど

いまひとつ心を開けない・・

死への恐怖よりも孤独を選ぶロマン


愛するものが悲しむ姿を見たくないから?

自分が死んだ後は

その後の人々を見ることもないから平気?

それは、傲慢であり愚かなことではない?


そんな言葉が聞こえてきそうだけれど

なぜか、私にはすごく理解できました・・・

彼の人生の中ではそれが最良の選択だったのだと思います

もちろん、それなりの覚悟を持ってそうしたのだけど

途中、少しだけうろたえるロマンが見えます


でも、だからこそ人間らしいというか

彼の『死』への恐怖を感じることができます


そして、最後の最後・・・

暗くなっていく画面を見つめながら

静かな深い悲しみに包まれました



もしも、自分の子ども達の誰かが

病気になって、それを話さず

一人きりで死んでいったら・・・

私には絶えられません!


でも・・そう言うくせに

自分は親に対して同じことができるかも・・

と思うような屈折した部分があります


だからこそ、自分の子供に・・・と

考えただけでも打ちのめされてしまうのだけれど

人間って、とにかく理不尽な生き物だなと思います



オゾン監督の作品は

答えを映し出すことはせず

観客にゆだねられている気がします

それは、どの作品を観ても同じように感じるのですが

この作品は、観終わってから

より一層、いろんなことを考えさせられる作品でした

そのおかげで?

感想がうまくかけません~~~(汗)


-追記-


この作品を観終わってから

なんだか自分の中にある

屈折した感情と向き合うことになりました


一人でひっそりと命を閉じたマロンの最期

その最期を知らされる親の気持ちを思うと

やはり、彼の行動は幼稚だと思ってしまいました


自分がこの世に「生」を受けた以上

これまで生きてきた中で

支えてくれた人や家族にも

「死」を見守る権利はあるんじゃないかと・・


映画っていいですよね

擬似的に何かを体験していることになるし

そこで、いろいろなことを考えることができる

もう少し、いろいろ考えたいから

もう一度観ようかな・・と思います





にほんブログ村 映画ブログへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。