映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:


映画を観よう-マーティン・スコセッシ監督


生年月日:1942年11月17日

出身地 :アメリカ/ニューヨーク市クィーンズ、フラッシング


牧師をめざしていたが挫折してニューヨーク大で映画を学ぶ。卒業後はCFなどを製作した後、ニューヨーク大に戻って講師をつとめた。当時の生徒にオリバー・ストーンやスパイク・リーがいたことは有名。その後、編集を経て監督デヴュー。76年の『タクシードライバー』が大反響を呼んだ。以後、ロバート・デニーロと数多くのコンビ作を生み出し。01年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」からはレオナルド・ディカプリオとのコンビ作が続いている。


誰もが認める名監督として、アカデミー賞には80年の初ノミネートから04年まで5度も監督賞にノミネートされるが、いずれも受賞ならず。06年に香港映画「インファナル・アフェア」を豪華キャストでリメイクした「ディパーテッド」で6度目の監督賞候補となり、ついに悲願のオスカー初受賞となった。



・ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト (2008) 監督/出演

ディパーテッド (2006) 監督/製作  
・LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー (2006) 出演  
・ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム (2005) 監督/製作  
シャーク・テイル (2004)  声の出演 サイクス
・ライトニング・イン・ア・ボトル ~ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜~ (2004) 製作総指揮  
・アビエイター (2004) 監督  
・デュカリオン (2004)<TVM> 製作総指揮  
・ジャスト・ザ・ファクツ/犯罪ドラマの裏側 (2004)<TVM> 出演  
・ソウル・オブ・マン (2003) 製作総指揮  
・フィール・ライク・ゴーイング・ホーム (2003) 監督/製作総指揮  
・レッド、ホワイト&ブルース (2003) 製作総指揮  
・ロード・トゥ・メンフィス (2003) 製作総指揮  
・デビルズ・ファイヤー (2003) 製作総指揮  
・ゴッドファーザー&サン (2003) 製作総指揮  
・ピアノ・ブルース (2003)<未> 製作総指揮  
・アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)<未> 出演  
・ポール・ニューマン 永遠のクールハンド (2003)<TVM> 出演  
・クリント・イーストウッド 天性の直感 (2003)<TVM> 出演  
・チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート (2003) 出演  
・ラリーのミッドライフ★クライシス (シーズン3) (2002)<TV> ゲスト出演  
・ギャング・オブ・ニューヨーク (2001) 監督/製作  
・ユー・キャン・カウント・オン・ミー (2000)<未> 製作総指揮  
・アルマーニ (2000) 出演  
・クリント・イーストウッド アウト・オブ・シャドー (2000)<TVM> 出演  
・救命士 (1999) 監督  
・ハリウッド・ミューズ (1999) 出演  
・マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行 (1999)<未> 監督/脚本/出演  
・ハイロー・カントリー (1998) 製作  
・ウィズ・フレンズ (1998)<未> 出演  
・フランク・キャプラのアメリカン・ドリーム (1997)<未> 出演  
・クンドゥン (1997) 監督  
・ステューピッド・イン・ニューヨーク (1997) 製作総指揮  
・グレイス・オブ・マイ・ハート (1996) 製作総指揮  
・サーチ&デストロイ (1995) 製作総指揮/出演  
・カジノ (1995) 監督/脚本  
・クロッカーズ (1995) 製作  
・クイズ・ショウ (1994) 出演  
・ディレクターズカット ウッドストック/愛と平和と音楽の祭典 (1994)<未> 監督/編集  
・エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 (1993) 監督/脚本  
恋に落ちたら… (1993) 製作  
・キング・オブ・アド (1991) 監督  
・ケープ・フィアー (1991) 監督  
真実の瞬間(とき) (1991) 出演  
・グッドフェローズ (1990) 監督/脚本  
・グリフターズ/詐欺師たち (1990) 製作  
・夢 (1990) 出演  
・ニューヨーク・ストーリー (1989) 監督  
・最後の誘惑 (1988) 監督  
・ハスラー2 (1986) 監督  
・ラウンド・ミッドナイト (1986) 出演 NYの興行師
・世にも不思議なアメージング・ストーリー6 (1985~1986)<TV> 監督  
・アフター・アワーズ (1985) 監督  
・キング・オブ・コメディ (1983) 監督  
・レイジング・ブル (1980) 監督  
・ラスト・ワルツ (1978) 監督  
・ニューヨーク・ニューヨーク (1977) 監督  
・タクシードライバー (1976) 監督/出演 タクシーの客
・アリスの恋 (1974) 監督  
・ミーン・ストリート (1973) 監督/脚本  
・明日に処刑を… (1972) 監督  
・ウッドストック/愛と平和と音楽の三日間 (1970) 監督/編集  
・ドアをノックするのは誰? (1968)<未> 監督/脚本  


にほんブログ村 映画ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
サン・ジャックへの道 [DVD]
¥4,042
Amazon.co.jp

フランス 2005年

ミュリエル・ロバン、アルチュス・ドゥ・パンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン、マリー・ビュネル、パスカル・レジティミュス、エマン・サイディ、ニコラ・カザレ、マリー・クレメール、 フロール・ヴァニエ=モロー


監督・脚本:コリーヌ・セロー 『女はみんな生きている』


【ストーリー】

仲の悪い3人の兄弟の元に母親の遺言書が届く。長男ピエール(アルチュス・ドゥ・パンベルン)、長女クララ(ミュリエル・ロバン)、次男クロード(ジャン=ピエール・ダルッサン)は、その遺言に驚く。それは遺産相続の条件としてフランスのル・ピュイからスペインの西の果て、キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ(サン・ジャック)まで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩ききること。顔をあわせれば罵り合うような3人に2ヶ月もの間、寝食を共にするのは考えられないし、しかも信仰心などまるでない。けれど、遺産のために巡礼路のツアーに参加することにした。それぞれに文句を言いながら行ったツアーには、イスラムのメッカへ行けると勘違いしたアラブ系の少年や、どこかワケありな女性などそれぞれに事情を抱えた個性豊かな面々たちがいた・・。


以前からずっと観たいと思っていて

入手はしていたものの

やっと落ち着いて見ることができました♪


フランス映画です!!

たぶん、若い頃に観ていれば

その独特な感じに?マークが頭を埋め尽くしたかも(笑)




ツアーに参加した人々のそれぞれの事情


成功しているように見えて

自分の人生に不安をもっている長男


長年教師をしていながら

本当に教えること・・よりも生活のためになっている長女


つねに流されて

誰とも本当の繋がりをもてない次男


好きな子のためにツアーに参加した青年


メッカに行くと騙されて来た青年


卒業記念でツアーに参加した少女たち


ガンを克服し夫と離婚した女性


子供が入院しているのに妻が友人と浮気しているツアーコンダクター



9人の巡礼の旅は

純粋な信仰心によるものではないために

順調なスタートとはいえないけれど

次第に変わっていく


特に、長男ピエールと長女クララにとっては

人生観が180度変わるような体験


最初はすごくイヤ~ミな男だったピエールが

教会でアラブ系の人の宿泊を拒否されたときにみせた

行動には驚きました!!


いびきがうるさい巡礼者と同じ宿泊所になったときの

ピエールとクララ、よかったです♪


旅の初めの頃に、みんなが見る夢と後半に見る夢の違い

美しい風景に、最初の頃には気づかなかったこと

後半になるにしたがって、画面に映し出される美しい風景が

まるで、このツアーに参加している彼らの心情のようで

生きていることの意味や人と人のつながり

まさに人間賛歌の作品だと感じました



ただ、ひとつだけ・・・

好きな子のためにツアーに参加した青年にだけは

ちょっとムッとしてしまいました・・・




にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
バリスティック
¥3,591

アメリカ 2002年

アントニオ・バンデラス、ルーシー・リュー、グレッグ・ヘンリー、レイ・バーク、タリサ・ソト、ミゲル・サンドヴァル、テリー・チェン


監督:カオス 『』
脚本:アラン・B・マッケルロイ 『スポーン』、『クライモリ』


【ストーリー】

ある日、国防情報局“DIA”長官ガント(グレッグ・ヘンリー)の息子マイケルが、謎の女シーバー(ルーシー・リュー)に連れ去られてしまう。7年前に妻を爆発事故で亡くして以来、酒に溺れる日々を送っている元FBIの敏腕捜査官エクス(アントニオ・バンデラス)のもとに、連れ去られたマイケルの奪還しろちう仕事の依頼がくる。そして報酬は、なんと死んだはずの妻の居所だというのだ。事態を飲み込めないエクスだったが、依頼を引き受けるエクス。事件を追っていくうちに明らかになる真実とは・・・。



アントニオ・バンデラスとルーシー・リューの

ハードボイルドアクションってどんなんだろ??と

気になって・・・観てしまいました!


「大勢の命はいらない・・」と言っている割には

すご~くたくさんの人が死んでしまいますよ・・その爆破(汗)

というほどの爆破シーン・・


放送前に流れていた番宣のとおり確かに・・・スゴイ!

アクションのセオリー通り、主役は死なない

こんなんでまだ生きている??というくらい不死身


そこそこにクールに描かれてはいるものの・・

もう少し、丁寧さがあると良かったなぁ~という感じ

それぞれの過去は想像できるけれど

よくある回想シーン的な感じでいいから

シーバーの過去も見せてほしかったかも・・・


子供の体に埋め込まれた秘密兵器を

どう使うかっていうのも読めていたけれど

あれ、どのタイミングで??

見逃したんだろうか~

観終わってから、すごく悩んでしまいました



しばらく映画を観ていなかったので

何を観ようかな~と考えても

いきなり重い作品を観る勇気もなく

こんな感じのアクションはちょうどいい!


エクスはこの後幸せに暮らしていけばいいけれど・・

シーバーは??哀愁が漂うラスト


こんなに暴れたのは・・『母親』だったんだよね







にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミラクル7号
¥3,240
Amazon.co.jp

香港 2008年

チャウ・シンチー、シュー・チャオ、キティ・チャン、リー・ションチン、フォン・ミンハン、ホアン・レイ、ヤオ・ウェンシュエ、ハン・ヨンホア、ラム・ジーチョン


監督・脚本:チャウ・シンチー 『少林サッカー』、『』

脚本:ヴィンセント・コク、ツァン・カンチョン、サンディ・ショウ、フォン・チーチャン


【ストーリー】

母親を早くに亡くし、父ティー(チャウ・シンチー)と2人暮らしの小学生ディッキー(シュ・チャオ)。住むところはなんとか雨風がしのげるだけの廃墟、家財道具はゴミの山から拾ってきたもの・・というほどの貧乏にもかかわらず、“息子には最高の教育を”と願うティーは無理をしてディッキーを名門小学校に通わせていた。だが、お金持ちの子どもばかりが通う学校では、クラスメイトだけでなく先生たちにまでイジメられている。そんなある日、ゴミの山から見つけた緑色の物体をディッキーのオモチャにと持ち帰ったティー。謎のオモチャは、つぶらな瞳を持った四本足の不思議な生物に大変身した。ディッキーはその生物に“ミラクル7号”こと“ナナちゃん”と名付け、夢で見た不思議な体験をしようと学校に登校するのだったが・・・。



昨日のブログに書いたとおり!

今日は一日中、家でごろごろしておりました~~~♪

そして、朝一番で娘達とこの作品を観ました!


ううううっ(涙)

泣きました!

かなり読めるストーリー展開なのに

父親とケンカをして、テストを65点取って

その後のディッキーに起きた出来事


ディッキー役のシュ・チャオ君が可愛いし

先生に『帰ってよ、疲れたから眠いんだ』

『パパは僕を放ってはおかないんだ・・』

もう鼻水が出るほど泣いてしまいました(汗)



扇風機を治したナナちゃんの様子から

どうやら、何かを治したあとはパワーがなくなるんだな・・

というのはすぐにわかったし

話の展開で、どうなるかはわかっていたけれど

それでも、子供達といっしょに

よかった~~~、でも悲しい・・という気持ちで

胸がキュンとしました!


ま、まさかパワーが無くなったあとの姿が

そんな感じ??と笑ってしまいましたが

そこはチャウ・シンチー!


いじめっ子のボスの用心棒にやっつけられるシーンや

その用心棒とディッキーに恋しているマギーの戦いは

まさにチャウ・シンチーワールド(笑)


そんなありえな~~~い!という笑いの部分と

ジ~ンとくる部分がいい塩梅にあって

子供達と一緒に楽しめた作品でした♪






にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事と家庭・・育児・・・

ピークを迎えていた今週です(汗)


なんとかブログ開くことはできても

記事をアップするパワーがなくて・・・

今日で一区切り!!なので


明日・明後日は

どっこもいかないで家でゆっくりしよう!

で、できれば映画を観よう!


と、ここで予定を書いてしまって

明日は絶対に映画観るぞ~~~~と

気合を入れている私です(汗)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。