映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:

プレイス・イン・ザ・ハート
ビクターエンタテインメント
プレイス・イン・ザ・ハート

アメリカ 1984年
サリー・フィールド、リンゼイ・クローズ、エド・ハリス、ダニー・グローヴァー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・マディガン、テリー・オクィン、バート・レムゼン、イン・スミス、ジェイ・パターソン、トニー・ハドソン、ルー・ハンコック、ビル・サーマン


監督・脚本:ロバート・ベントン 『クレイマー、クレイマー』、『白いカラス』

【ストーリー】

1935年のテキサス。保安官の夫と可愛い子ども二人に囲まれた幸せな主婦エドナ(サリー・フィールド)。家計は全て夫に任せて、家事と子育てに専念する典型的な主婦だったが、ある日夫が酔っ払いの黒人に誤って撃ち殺されてしまう。エドナに残されたのは、二人の子どもと家と畑。なんとか一人で子どもを育てようと決心するが、家には借金があり、期限までにお金を返さなければいけないと突然言われる。今の状況では、家を売って、子ども達を施設に預けたほうがいいと銀行の頭取に言われるが、どちらも手放すつもりはないと言い切るエドナ。だが、実際にはどうしていいかわからないでいた。そんなある日、物乞いに現れた黒人モーゼス(ダニー・グローヴァー)に家の前の畑で綿花を育てればいい金になる事を教えられ、彼を雇って畑仕事を始める。更に、銀行の頭取の弟という盲人のウィル(ジョン・マルコヴィッチ)を下宿人として迎え、エドナの生活は一変するのだが・・・。



いつものように、たまたま変えたCATVでやっていました

サリー・フィールドの昔の映画・・というと

けっこう正当派なヒューマンドラマのイメージがあるので

これもきっとそうだろうと思って観始めました

大正解!


黒人に対する差別が色濃い時代に土地

そんな中で、純真なエドナが取る行動は

見方によってはかなり危険だけれど

困難を乗り越えて、未来への明るい希望が見えるところで終わる


けれど、明るい希望が見えるのはやはり白人

彼女とその子ども達を救ったモーゼスは

恐ろしい思いをして、この地を去ることになる

盲人のウィルにとってはモーゼスは黒人でも白人でもなく

ウィル自身であり一人の人間

だから、彼はモーゼスを救おうとしたのかもしれない


そんなことを考えながら

死んだ人も、差別された人も

差別する人も、全ての人が笑顔を見せるラストに

強いメッセージを入れた作品なのかもしれないと思いました


サリー・フィールドはこの作品で2度目のオスカー受賞

また、オリジナル脚本賞を受賞していることを考えると

それなりに評価された作品なんだと思います


そして、解説を読んでいてビックリしたのは

この作品が映画デビューだったというジョン・マルコヴィッチ

しかも、この作品でアカデミー助演賞にノミネートされたというから二度ビックリ

存在感のある独特な雰囲気は、デビュー作でもしっかりありました



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
大酔侠
¥3,761

香港 1966年

チェン・ペイペイ、ユエ・ホア、チェン・ホンリエ


監督:キン・フー 『客途秋恨』

撮影:ホーラン・シャン(西本正) 『最後のブルース・リー/ドラゴンへの道』


【ストーリー】

ある日、総督府の長官が誘拐された。誘拐したのは山賊。彼らは、捕らえられた首領を奪回すべく、長官を誘拐したのだ。長官を助けたければ条件を聞け!という手紙を元に、長官の妹である美しき剣の使い手「金のツバメ(チェン・ペイペイ)が男装してやってきた。出向いたツバメは、その武術で難を切り抜けるが、兄の居所はわからないままだった。そんなとき、"酔侠"と呼ばれる酔っ払い(ユエ・ホア)から情報を得て、山賊のアジトへ向かうが、逆に毒の針を胸に受けてしまうのだが・・・。


まず最初に『グリーン・デスティニー』を思い出しました

それもそのはず、確かにこの作品は

『グリーン・デスティニー』に大きな影響を与えたと解説されていました


この時代、まだワイヤーアクションはなかったとか・・・

でもスゴイ!それなのに壁を駆け上るシーン

2階から1階へ・・また2階へ!と軽々飛び映るシーン

今観ているから、驚くことはないけれど

40年前・・この作品を観た人たちは感動しただろうなぁ~

きっと上映中に、何度も歓声があがったに違いない
そんなことを思ったりもしました



カメラマンがホーラン・シャンという日本人

ラスト近く、酔侠と兄弟子の対決のシーンは

にらみあって『ジャ~ン♪』という音が・・

ん??どこかで・・・と思ったら、『椿三十郎』を思い出してしまった

ベタな感じがなかなか良いのです!

この変は彼の影響があったのかな?なんて

そんなことをふと思ってしまいました


ストーリーも古き善き時代の作品らしくて

夜中に放送されていたんですが

観てよかった~と思いました♪


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
ラッキー・ユー 特別版
¥3,000
Amazon.co.jp

アメリカ 2007年

エリック・バナ、ロバート・デュバル、ドリュー・バリモア、ロバート・ダウニー・Jr 、デブラ・メッシング


監督・脚本:カーティス・ハンソン 『ゆりかごを揺らす手』、『イン・ハー・シューズ』

原案:エリック・ロス


【ストーリー】

ラスベガス。プロポーカープレイヤーのハック(エリック・バナ)は相手の裏を読み戦うこの世界では一流のプレーヤー。ある日、歌手になる夢を持って、姉の元にやってきたビリー(ドリュー・バリモア)に出会う。ハックに興味を示すビリーに「彼は遊び人、気をつけなさい」と姉は忠告する。いつものようにポーカーの元金を借りようと思ったハックはビリーに再会。歌手として歌うことが決まったお祝いにと二人でポーカーのテーブルに着く。その晩のゲームは好調だった。そんなとき、ハックの表情が一瞬で変わる、それは、かつて自分と母を捨てた父親でポーカープレーヤのLC(ロバート・デュバル)が現れたからだった・・・。



劇場で予告を観たときに

ドリュー・バリモアが出るラブストーリーだ!と

勝手に思い込み、それでもチョット観たいな~と

思った作品でしたが・・ちょっと違いました


この作品は、ハックの物語なんですね!


父親を嫌いながら同じ世界にいる

一流のプレーヤーでありながら

父親を前にすると

まったくの素人のビリーにですら

その顔色を悟られてしまうハック


ちょうど金八先生でやってました・・・(笑)

父親を嫌いだと反抗している間は

まだまだ自立していない坊主だって


ハックはまさにそんな感じ(汗)


そんな彼が

性格も考え方もまったく正反対のビリーに

痛いところをつかれてしまう・・

「ウソをついて、ごまかして、自分を辛いほうに追い込むのね」


彼女は正直で、自分の感情を隠さない

真正面からハックに物を言う

そこには駆け引きなんて何もない


ドリュー・バリモアはこういう役が本当に似合います!

ゲームで勝ったときの笑顔♪いいです

自分にいい札が来ているときのワクワクした顔(笑)

ハックに「ポーカーフェイスで」といわれた瞬間に

こわばった表情になるところなんか

本当にキュートな人だなぁ~と思いました


そして、やはりこの方が登場すると

作品がキュッと締まります・・ロバート・デュバル


ただのダメダメ親父なんかじゃなくて

世界大会で2度も優勝しているプレーヤー

ポーカーのテーブルやカフェや大会のトイレや

いろいろな場面で息子に話しかける父

溜息が出ました

そして、彼が大切そうに指輪をカードの上に置くところなんか・・・

さすがですねぇ~


ポーカーがわからないので

途中、大丈夫かなぁ~と思って見ていましたが

ポーカーに詳しくない人が見ても

楽しめるように作ったと言う監督の言葉どおり

段々わかるようになって。。。

大会のシーンでは「よしっ!勝った」なんて思ったりして

ドキドキして面白かったです!



ただ一つ、すっきりしない感じがしたのは

エリック・バナが女ったらしのギャンブラーに見えなかったところ

彼が少し悩みのある顔をすると

どうしても正義感というか・・そういうのが見え隠れするのは

『ミュンヘン』や『トロイ』といった作品の印象が強いからかしら

でも、この作品

個人的には好きです♪ハイ


本当に大切なものを見つけるハック

父と息子はそれぞれの道へ・・・

ラストに見せる小銭は

なかなか憎い演出だと思いました!




にほんブログ村 映画ブログ 恋愛映画へ
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:


太王四神記


もともと、あまり連ドラを観ない私

そういえば、小学生の頃読んでた漫画も

月刊誌ではなくて読みきり物だったような・・・


セッカチな性分なのか

この後どうなる・・・??

と気になるのが嫌だったに違いない

でも、最近はドラマも観るようになりました

ほとんどは娘たちが録画して~~と言うのを

一緒に観ているパターンなのですが


こちらは・・・・韓国の大河ドラマ『太王四神記』


主人の母からの依頼で録画することになり

なんせ、お姑さんからの依頼なわけで

1週でも逃すわけにはいかないと・・

かなり緊張気味に録画するわけです(汗)


今のところ、しっかり抜けずに毎週録画しておりますが

ちゃんと録画できているか~と確認するうちに

あら、けっこう面白いじゃない!!

私、この手のお話は結構好きかも!

てな感じで・・ハマッてしまいました(汗)


まぁ、観る理由はかな~り異なりますが

予想通り、義母の理由は・・・ハイ


私は、二人の女優さんに注目しております

美人!というのではなく

芯があって、美しいという感じでイイのです♪

物語の役柄にも合っているし

これから先、二人がどうなるか・・楽しみです


どちらにしても・・

義母との話のネタにもなるわけです♪

ヨンさまさまといったところでしょうか~(笑)



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


Image145.jpg


ここ数日
南の島にも寒さが訪れ
あいにくの天気が続いていました

今日は午後から雨の予報

よく行く植物園で
ブーゲンビリアの花まつりがあると聞いたので
曇り空でしたが出かけてみました

青い空をバックに・・・ではないので
やはり鮮やかな花の色を
写すことができなかったけれど

喧騒のない植物園の中の散歩は
とても心地よかったです♪



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。