映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
マシニスト(HD-DVD)
¥3,200
Amazon.co.jp

アメリカ 2004年

クリスチャン・ベイル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ジョン・シャリアン、アイタナ・サンチェス=ギヨン、マイケル・アイアンサンド

監督:グラッド・アンダーソン 『ワンダーランド駅で』、『ハッピー・アクシデント』

脚本:スコット・コーサー 『テキサス・チェーンソー』、『悪魔の棲む家』


【ストーリー】

工場で機械工(マシニスト)として働くトレヴァー(クリスチャン・ベイル)は極度の不眠症で、すでに1年間もほとんど眠っていない状態。身体は痩せ衰えていたが、なぜか窪んだ目はギラギラと強い光を放っていた。ある日、工場に新入りとして入ってきたアイバン(ジョン・シャリアン)。ちょうどその直後から、彼の周りで不可解な出来事が起こり始める。まず最初に見つけたのは、自宅の冷蔵庫のドアに張られた不気味な張り紙。そして同僚のミラー(マイケル・アイアンサンド)の補助をしていたトレヴァーは、アイバンに気をとられ、機械のスイッチを押してしまう。なんとか止めようとしたがミラーは片腕を失う事故に遭い、トレバー自身も危うく命を落としかける。事故の調査でアイバンのことを話したトレヴァーは、「アイバン」という男はこの工場にはいないと告げられるのだが・・・



CATVで、昨晩遅くに放映されました

前々から気になっていたのですが


クリスチャン・ベイルが30キロものダイエットをしたという事と

ストーリーについては極度の不眠症の男の話・・

としてしか知りませんでしたが(いつもながら前知識ありません・・汗)

怖いイメージがあったので手が出せなかった作品です


ドキドキしながらも

怖い映画を立て続けに観ている勢いで(?)枕抱えてTVの前に鎮座


怖いといより・・すごかった。


謎の男はなぜトレヴァーの前にしか現れないのか?

なぜトレヴァーは空港までコーヒーを飲みにいくのか?

同僚の事故や、自分も危険な目にあった事故は?

そして謎のメモは一体どんな意味??


物語が進んでいくにつれ、謎は重なっていくばかり

出口に繋がるようなヒントはなく

糸が絡まるというよりは

小さな雪の玉が、大きな雪だるまになっていくように

謎が大きくなっていって目が話せない


全ての謎が解けたのは本当にラスト

すごく説得力のある理由


観はじめてすぐにクリスチャン・ベイルの姿に

あの精悍な『バッドマン』や『リベリオン』の面影はどこに??と

彼の役者魂に圧倒されたけれど

すぐにこのなんともいえない物語に引き込まれて

彼の容姿はとても自然に見えてきました


ストーリーの流れや、画面の不気味さが

決して過剰ではないけれど

積もり積もった謎が解けるラストは

思わせぶりはなく、突然晴れ間が見える空のように

スッと全てのできごとが理解できるのは見事だと思いました

(私が鈍いから気づかなかったことも多いだろうけれど)


スティービーの存在は事実だったのだろうか?

トレヴァーに残された唯一の安らぎだと思われた彼女

少しだけ夢をみた幸せは見事に崩壊・・

それもまた、当然・・だったわけですね



クリスチャン・ベイルが演技派で素晴らしい役者であることは

これまでも数々の作品を観て知っているけれど

ジェニファー・ジェイソン・リーもいい役者さんですね。

デビューは17歳とベテランです

『ルームメイト』の彼女が強烈だけど

個人的には『黙秘』での彼女が好きです



怖いと思って手がでなかったけれど

もうちょっと早くみていれば良かったと思いました

決して、楽しい作品ではないけれど・・・(汗










AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「サスペンス(クライム/サイコ)」 の記事

テーマ:

「白いオオカミ」
白いオオカミ フランス映画際2007

短編映画 上映作品


決してお子様向けのファンタジーアニメではなく

生きているということが淡々と描かれている

そんな中にも、子供のクールさと無邪気さがあり

とてもシビアな作品。でも優しい感じがするのです・・





「背骨物語」
背骨物語

アヌシー国際アニメーション映画祭2005
コンペティション部門ノミネート


背骨が90度に曲がった男の人生

とても素敵な出会いが・・・と思ったら

そこはやはり、簡単にはいかない

でも、ラストの映画を観ている姿は

とても幸せそうでGood!




実は、こんな素敵な短編映画が


ここ で今なら無料で観られるのです!!!


他にもたくさんあるので、是非ご覧くださいませ~~~~♪


思わず嬉しくって記事にしちゃいました!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
ザ リング2 完全版 DTSスペシャル エディション (BEST SELLER COLLECTION)
¥1,620

THE RING TWO

アメリカ 2005年
ナオミ・ワッツ、サイモン・ベイカー、デヴィッド・ドーフマン、エミリー・ヴァンキャンプ、シシー・スペイセク、エリザベス・パーキンス、ゲイリー・コール、ライアン・メリマン


監督:中田秀夫 『リング』、『リング2』、『仄暗い水の底から』

脚本:アーレン・クルーガー 『隣人は静かに笑う』、『ブラザーズ・グリム』


【ストーリー】

レイチェル(ナオミ・ワッツ)は一人息子のエイダン(デヴィッド・ドーフマン)を連れて静かな田舎町に越してきた。これからはエイダンのことを考えた生活をしようと考えて来たレイチェルだったが、静かな町を恐ろしい事件が襲う。死んだ若者が恐ろしい形相だったと聞いたレイチェルは密かにその遺体を確認するが、サマラの呪いが彼女たちを追ってきたことを知る。その頃、エイダンもまたサマラの存在を感じていた。休日のノミの市で一人トイレに入ったエイダンの前に、ついに現れたサマラ、彼女の本当の目的とは一体・・・。



ザ・リングと続編の本作品を続けて観ちゃいました!

熱でうなされていたせいもあったのか(?)

怖いといいつつも、意外に平常心で観れたのは・・(汗)


でも・・・これ、怖くなかった・・・・


なぜだろう??どこかで観たことがあるんだが・・

このストーリーって、もしかして

もしかするとあの作品に似ている・・・そう、その作品って

『ダーク・ウォーター』


そういえば、サマラを見つけて開放したと言ったレイチェルに

エイダンが「どうして??なぜそんなことをしたの??」と言った前作


これってすごぉ~く日本的な解釈ですよね?

縁もゆかりもない仏様に対して、むやみやたらに可哀相と思ってしまうと

どうにかしてくれととり憑かれてしまうという事ですよね・・

(あ、いや欧米でもそうなのかな??)


途中、エイダンに対して虐待を行っていると思われるあたりは

なかなかいい展開かと思ったのだけれど

意外にあっさりとエイダンは病院を脱出していたりするし

今回は彼が?と思ったマックスはあっという間に死んでしまうし・・


申し訳ないけれど、あえて日本版とは違えたというストーリー展開

ということだったようですが、ホラー苦手な私でも恐怖は感じなかったです・・・(汗)


『ダーク・ウォーター』に似ていると感じたのは

監督が『仄暗い水の底から』を撮った方という部分で妙に納得


それにしても、脚本のアーレン・クルーガー

『隣人は静かに笑う』という作品の不気味な怖さを鮮明に覚えているだけに

ちょっともったいないかなぁ~と感じた作品でした



ホラー苦手なくせに、珍しく辛口だったかしら?(苦笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ザ リング DTSスペシャル エディション (BEST SELLER COLLECTION)
¥1,620

アメリカ 2002年

ナオミ・ワッツ、マーティン・ヘンダーソン、ブライアン・コックス、デヴィッド・ドーフマン、リンゼイ・フロスト、アンバー・タンブリン、レイチェル・ベラ、デイヴィー・チェイス、シャノン・コクラン、リチャード・ラインバック、ジェーン・アレクサンダー


監督:ゴア・ヴァービンスキー 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

脚本:アーレン・クルーガー 『レインディア・ゲーム』、『隣人は静かに笑う』

原作:鈴木光司 


【ストーリー】

新聞社に勤めるレイチェル(ナオミ・ワッツ)はシングルマザー。今日も一人息子のエイダン(デヴィッド・ドーヴマン)を迎えに学校に来ていた。担任からエイダンが描く絵に問題があると言われたレイチェルだったが、それはエイダンの従姉妹であるケイティが3日前に突然亡くなったからだと気に留めなかった。だが、ケイティの葬儀で彼女の友人から不思議なビデオテープの話を聞いたレイチェルは、ついに彼女が観たというビデオテープを見つけ再生してみる。見終わった直後に電話のベルが鳴り「あと7日間・・」と言われたレイチェルは、いいようのない恐怖にかられる。しかも、そのテープをエンダンまでもが観てしまった・・・。果たしてレイチェルとエイダンの運命は??


あら??ホラーは苦手だったんでは???

と思った方も多いでしょうが・・(笑)


3月に入ってからかな~り忙しい日々を送り

やっと春休みだ~と思った矢先にインフルエンザになりました(哀)


熱にうなされついでに、怖いもの観ようかと・・・(どんな理由だ??)

いえいえ、そういうわけじゃなくて

いつものように、つい付けてしまったTVでやっていて

chを変えることもできず、結局観てしまった・・・というパターン


でも、このところの忙しさで脳がかなり疲れていたので

リフレッシュにはいいかな~と思いました

実際、aha体験とか、ある種の恐怖体験は脳にいい刺激を与えるとか

そんな話を聴いたこともあったし・・

そんな理由でコレか?という感じもするけれど観ちゃいました~(汗)



実は、この作品・・日本のオリジナルも見ていたりするわけで

かなり、忠実に(?)リメイクされていると思いました


でも、はっきり言って、やっぱり日本版が怖いです

サマラ(日本版では貞子)がついに現れる~というところも

あの夢に見そうな目で観られることはなかったし・・・

どちらかというと、死んでしまった人々の死に顔が怖かったです


恐怖映画というか、サスペンスものでもそうなんだけど

なんで、わざわざ向かっていくかなぁ~というか

犯人とかに追われていてもどんどん暗い路に入って行くというか

そんな感じがありますよね・・


この作品でも、ナオミ・ワッツがどんどん調べていって

ついにサマラにたどり着くわけなんだけど

普通は怖くてこれ以上は進めないでしょぉ~と思うんだけど

美しく、強いシングルマザーの彼女は突き進んじゃうわけです


もちろん、自分のためというよりも

愛する一人息子のためなんだけど・・・


結局、息子の父親でもあるノアは死んじゃうわけです

これはオリジナルと一緒ですね!

実は、ノア役のマーティン・ヘンダーソンが気になりましたが

「ウィンド・トーカーズ」に出ていたんですねぇ~

気づかなかった~


ラストはオリジナルと違っていましたね・・

そのあたりも含めて、やっぱり日本のホラーとは

湿気具合が違うというか・・

最後まで観れちゃいました!


う~ん、熱が出てたからいつもと感覚が違っていたんだろうなぁ~

実は、その直後に放送された「ザ・リング2」も続けて観た私(笑)


その感想はまた明日!



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャッキー・チェンとジェット・リーが共演!!

なんとまぁ♪豪華なキャストなんでしょう・・(嬉)


タイトルは「The J&J Project(原題:功夫之王)」

子供が楽しめるような娯楽作品にしたいということですが

ジェット・リーが孫悟空の役らしいのですが・・・

そう!つまり西遊記ですね♪


香港映画の良さがきちんと出るといいなぁ~

ジャッキー・チェンはハリウッド進出しても最初は大変だったし・・

なんだかちょっと不安です(汗


でも、アクション映画は終わり・・と言っていたジェット・リーが

ジャッキーと共演ならば話は別!ということで

美しい彼の武術姿が観られるとならば嬉しいですね♪


脚本がまだ・・ということで予定よりも開始が遅れていたようだけれど

5月に香港で撮影がスタートするというので、今から楽しみです~♪


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。