映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
愛と呼ばれるもの
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
愛と呼ばれるもの
THE THING CALLED LOVE

アメリカ 1993年

リバー・フェニックス、サマンサ・マシス、ダーモット・マローニー、サンドラ・ブロック、K・T・オスリン、アンソニー・クラーク、ウェッブ・ワイルダー、アール・プール・ボール、デボラ・アレン、ジミー・デイル・ギルモア、ケイティ・モファット


監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 『ペーパームーン』、『マスク』

脚本:キャロル・ヘイッキネン 『エンパイアレコード』、『センターステージ』


【ストーリー】

幼い頃に母親が家を出て、父親と二人で暮らしていたミランダ(サマンサ・マシス)。父がプレスリー好きだった影響でカントリー歌手を目指していた。父が亡くなって一人になったミランダはカントリーの町ナッシュビルに向かう。ライブハウスでオーディションを受けるが落選。そこでジェイムズ(リバー・フェニックス)とカイル(ダーモット・マローニー)、リンダ(サンドラ・ブロック)と出会う。

仲間のなかでも抜き出た才能の持ち主のジェイムズに惹かれるミランダ、そんなミランダを密かに想うカイル。いつも明るく前向きなリンダはそんな彼らを見守っていた。いつしかジェイムズと恋に落ちるミランダだった・・・・。



日本未公開作品です。
CATVで放映されていたので観ましたが
リバー・フェニックスの遺作だそうです。

愛と呼ばれるもの


カントリー、同じ道を目指す女性との恋
思わず『ウォーク・ザ・ライン』を思い出しました。


ただ、この作品はリバーが主役ではなく
サマンサ・マシス演じるミランダが主役なので

リバーファンには少し物足りない感じがすると思います



少し雑な部分もありますが

一人の若い女性が大人になっていく姿が

素直に描かれていて、なかなかナイスな作品でした!


サンドラ・ブロックもいいキャラで出ています♪

こういう役がほんとに似合いますねぇ~

思わずブタ鼻笑いするんじゃないかと期待しちゃいました(汗)


ちょっと複雑な感じのジェイムズだけれど

突然のプロポーズに結婚式・・・

これはちょっとググっときちゃいますよね

若い女の子ならクラクラしちゃうかも

おばちゃんの私でも若い頃なら・・・なんて思いましたもの(照)


サマンサ・マシスはプライベートでもリバーの恋人で

リバーが亡くなったとき、ホアキンと最後を看取ったそうです

二人が、デュエットしているシーンは

声も息も合っていて、胸がしめつけられる思いがしました


ホアキンとリースの歌声も素晴らしかったけれど

この作品の二人もうまいです!!

こぶし(?)の利いた歌い方をしているリバーは

ホアキンと似ているなぁ~と思いました(どっちが似てるのか・・・汗)


青春物とするか、恋愛物とするか・・難しいけれど

カントリーミュージックの深さというかそういうものが感じられました

歌が巧いとか声がいいとか、そういうことじゃなく

心に想うことを素直に表現できた歌がイイ・・

ああ、カントリーってそういう歌なんだぁ~と思いながら

なぜか『歌え!ロレッタ・リン』を思い出したりしました


ラストにミランダが歌う

「神様は女なのかもしれないね・・・」というフレーズが

女性の映画だなぁ~~と思いました。


作品的にはインパクトは弱いけれどイイ作品だと思います!




愛と呼ばれるもの

このサントラちょっとほしいなぁ~と思いました!!


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「青春」 の記事

テーマ:
キャプテン・ウルフ
\3,360
株式会社ファミマ・ドット・コム

アメリカ 2005年

ヴィン・ディーゼル、ブリタニー・スノウ、マックス・シエリオット、モーガン・ヨーク、ローガン・フーヴァー、キーガン・フーヴァー、ボー・ヴィング、ルーク・ヴィング、ブラッド・ギャレット、フェイス・フォード、ローレン・グラハム、キャロル・ケイン


監督:アダム・シャンクマン 『ウェディング・プランナー』、『ウォーク・トゥ・リメンバー』

脚本:トーマス・レノン 『ハービー/機械じかけのキューピッド』、ロバート・ベン・グラント


【ストーリー】

米海軍特殊部隊のエリート軍人、キャプテン・ウルフ(ヴィン・ディーゼル)は、任務で誘拐されたプラマー教授の救出に向かうが、敵に撃たれ、教授は殺害される。2カ月後、屈辱感に苛まれるウルフに新たな任務が下される。それは博士が核発射阻止プログラム"ゴースト“を保管した可能性のあるスイスの銀行にプラマー夫人(フェイス・フォード)が出向いている間、教授の子供たちを守るため、ハウスキーパーになって留守宅を警備せよというもの。軍隊しか知らないウルフだが、これも任務。教授の家に向かうが、そこには、思春期の長女ゾーイ(ブリタニー・スノウ)、愛想のない長男セス(マックス・エリオット)、おませな次女ルル(モーガン・ヨーク)、甘えん坊のピーター(ローガン・フーヴァー、キーガン・フーヴァー)、まだ1歳にもならないタイラー(ボー・ヴィング、ルーク・ヴィング)たちという、トラブルメーカーの5人の子供がいた。ウルフは彼らに軍隊調の教育を施そうとするが、猛反発に合い、散々な目に・・・!ベビーシッターのヘルガ(キャロル・ケイン)が逃亡してからは、警護だけではなく、完全にベビーシッター状態になる。なんとかウルフを追い出そうとするゾーイとセスだったが、謎の二人組みに襲撃されてから、ウルフに従い協力することを誓う子供たち。ウルフと子供たちの間に信頼関係が生まれた頃、母ジュリーが帰宅することに、だがそこには予想もしなかった敵が待ち受けていた・・・・。



もちろん(?)ヴィン・ディーゼル目当てで観ました(笑)


いや~~~~、過去に見た彼の出演作品は

『ピッチ・ブラック』に『リディック』

目が可愛いというのは知っていましたが・・・

イメージが~~~~(汗


コメディですよね?この作品

あとで気づいたけれど、ディズニーでしたか

いや、最初からディズニー映画として観ていたら

もっと気楽に楽しめましたのに。。残念


いえ、面白いですよ!

笑えるシーンもいっぱいあるし

完全に展開が読めるので、ドキドキはしませんが

子供たちと一緒に見て大正解♪

娘達は見事に笑えるところではゲラゲラ笑い

ちょっとドキっとするところでは身を硬くしておりましたから!!


ウルフがね・・見事に子供たちに振り回されるのだけれど

それは、後半でウルフがゾーイに話す彼の過去

少年の頃から軍隊以外をしらないからなんだなぁ~って


長男セスとの関係は兄と弟、ゾーイとは兄と妹って感じでした

次男のピーターは「パパ」と呼ぶけれど、やっぱり若いですもん

お兄さんって感じですよねぇ~


おませなルルがまたキュート!!

いち早くウルフに興味を示して、いろいろ話をしているときに

「もう寝る時間だよ!」とウルフに言われて

「私があなたに気があるとおもったの??」とすごい剣幕で言うシーンは笑いました

ルルとガールスカウトのみんなで歌を歌っているシーンのヴィンちゃん

(もうオマヌケなくらい可愛いので、ちゃん付けで呼んでしまいます・・)

リディック役とはあまりにも違いすぎて・・・(汗)



ラストも子供たちとお別れ?と思ったら

意外なところに救い主がいたようで・・・

ちょっとラッキーだったねぇって感じでした!


それにしても・・・あのへんな教頭先生は気持ちわるかった~~~(汗)







AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
バンディッツ〈特別編〉

アメリカ 2001年

ブルース・ウィリス、ビリー・ボブ・ソーントン、ケイト・ブランシェット、トロイ・ガリディ


監督:バリー・レヴィンソン  『レインマン』、『ディスクロージャー』

脚本:ハーレイ・ペイトン  『レス・ザン・ゼロ』、『ヘブンズ・プリズナー』


【ストーリー】

刑務所で知り合った、ジョー(ブルース・ウィリス)とテリー(ビリー・ボブ・ソーントン)。タフガイで二枚目のジョーと、あらゆるアレルギーを持つ神経質なテリーは、まったく正反対なタイプながら強い友情で結ばれていた。二人はジョーの従兄弟ハーヴィー(トロイ・ガリティ)を仲間に加え、華麗なテクニックで銀行強盗を続けていく。それは“お泊り強盗”(バンディッツ)として巷をにぎわせるほどになっていた。そんなある日、彼らの前に平凡な主婦生活に飽き飽きしていたケイト(ケイト・ブランシェット)が現われ、仲間入り。ケイトは誘拐されたことになってさらにマスコミの注目を集める。そんな中、臆することなく強盗を続けるジョーたちは、一躍ヒーローに祭り上げられる。そして、いつしかケイトはジョーとテリーを同時に愛してしまうようになる。「どちらを選ぶなんてできない!二人はワンセットなのよ!!」というケイトは、彼女のことでケンカをした二人のもとを去るのだが・・・。



家の片付けをしながら、何気なくついていたCATVで

放映されていたのを観ました


観始めてから、ケイト・ブランシェットが登場した瞬間に

「あ、そうだった・・この作品、観ようとおもってたんだ~」と気づきました(汗

あやうく見逃すところだった~


まぁ、途中までは・・銀行強盗のシーンはさらりと流れるので

妙な緊張感があるわけでもなく、スムーズでしたね


でも、ケイトを巡ってタイプの違う男二人が

まるでティーンエイジャーみたいに争ったりして

なんだか、ちょっとした青春映画を観ているような気になりました♪


5年前ですかぁ~

ブルース・ウィリスが意外にまだ若い感じがしました

あの前髪(?)は、植えたのかしら??などと余計なお世話だったり

この笑い方は年取ってもかわらないんだなぁ~~~と妙に感動しました


一方、ビリー・ボブ・ソーントンは・・・見事ですねぇ~

劇中、変装のためにいろんな髪型をするのだけれど

どれも、微妙に似合ってたりして笑えました

(あの金髪のロン毛はちょっとねぇ~と思いましたが)


そして、この作品を見ようと思ったきっかけは

ケイト・ブランシェットが出演しているから~なのですが

赤毛でなんだか不思議な人でしたね

まぁ、気持ちわからなくもないんですが・・・

ちょっとそれは贅沢ってもんじゃ~とツッコミたくなりました(汗

でも、やっぱりいいですねぇ~♪綺麗ですわ!


ハーヴェイ役のトロイ・ガリディは他の作品で名前をみたことがないのですが

この作品だけなのかしら??

なかなかのおマヌケぶりでよかったんですが・・・



ラスト、どうしていつもと手口を変えて強盗を??と思いましたが

途中からは目的がわかってニンマリ!!

これまたドンデン返しなしで、うまくいくなんて~~~と思いつつ


久しぶりの映画鑑賞にはもってこいの軽めの作品ですね♪




AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

ポール・ベタニー  なんだかんだと忙しさに追われ

 映画を観れない日が続いております


 週末は娘の運動会などでバタバタ。。

 昨日は入院していた母が無事退院したので

 実家であれこれ準備したりで外出し

 

 娘達の母であり、母にとっての娘であり

 いろんな立場で仕事が沸いてくる(?)

 でも、こういう忙しさってキライじゃないです


 でも・・・やっぱり

 大好きな映画を観れない日が続くと

 「今日は外にでたくな~い!!」と

 禁断症状が出てきました(苦笑)

 (禁断症状が出る余裕があるくらいの忙しさですけど・・ね)


 映画を観れない代わりに

 大好きな彼らのお顔でも・・・と

 こんな写真を見つけました♪



 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメブロさん大賑わいで大変です・・・ね




コメントも記事もアップしようとしても、あまりの遅さに途中でエラーになったり・・・(汗)

みなさんからいただいたコメントに返信しようと悪戦苦闘しておりますが

ここは、ひとつお詫びの記事を入れておいたほうがいいと思いました


この記事が無事にアップされますよーにと願いつつ♪



ちなみに、昨日は娘達の運動会だったので、朝のお弁当作りと応援でギブアップ!

ブログも更新できずにおりました~~~(映画も観てない!)



土曜日の夜に見ようと計画していた『ブロークバック・マウンテン』は

見る前からちょっとしたジャマが入ったので、予定通り見ることができず・・・(悲)

どうせみるならやはり落ち着いてから~~~~と思っているDでごじゃりまする!




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。