映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:
遠い空の向こうに ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
遠い空の向こうに
October Sky
ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン、ウィリアム・リー・スコット、クリス・オーウェン、チャド・リンドバーグ、ナタリー・キャナディ、スコット・トーマス

監督:ジョー・ジョンストン 『ジュラシック・パークⅢ』

脚本:ルイス・コリック 『ドメスティック・フィアー』

原作:ホーマー・H・ヒッカム・Jr 「ロケット・ボーイズ」


【ストーリー】

ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱町コールウッド。

1957年10月5日。米国民にショックを与えたソ連の人工衛星スプートニク打ち上げのニュース。

その夜、肉眼でスプートニクを見た高校生ホーマー(ジェイク・ギレンホール)は自分でロケットを打ち上げようという夢を抱き、悪友のロイリー(ウィリアム・スコット・リー)とオデル(チャド・リンドバーグ)を誘ってロケット作りを始める。知識も書物もほとんどない中で試行錯誤して作るロケットだが、なかなかうまくいかない。そこで、ホーマーは級友で数学の奇才だが嫌われ者のクエンティン(クリス・オーウェン)を仲間に引き入れて《ロケット・ボーイズ》を結成する。

昔ながらの炭鉱夫で周囲の信頼も厚い炭鉱の責任者である父のジョン(クリス・クーパー)はホーマーの行動が理解できず、父子は激しく対立。学校でも笑いものの4人だが、そんな彼らの味方は高校の物理教師のミス・ライリー(ローラ・ダーン)だけだった。




ロケット・ボーイズ 実話です。

とにかく良かった♪


実話と知って観ていたはずなのに

ラストに出てくる彼らのその後と映像にまた感動しました




炭鉱町が舞台なので、何度もイギリス?と思ってしまいましたが

いえいえ、アメリカでした・・・1950年代後半の炭鉱町は

もう炭鉱では生きていけない時代にかかっていて

それでも、炭鉱夫であることに誇りを持つ父は

いつか息子に後を継いでほしいと願い

息子は外の世界を夢見ていく



スポーツでの奨学金でしか大学に行くことができないような

厳しい生活の中で、科学フェアに出ることでも奨学金がもらえると

ホーマーたちを応援するライリー先生

「変な希望を持たせるな」という校長先生に対し

一歩も引かず、教育者としてまっすぐに話す彼女がいなければ

彼らの人生はどうなっていただろうか?



ホーマーの夢を理解しない父ジョンだけれど

ところどころで彼を助けてくれる

兄の試合は見に行くのに、ロケット打ち上げには来てくれないと

悲しむホーマーだけれど発射台用のセメントを分けてくれたり

父は父なりに息子を愛しているのがわかる



一度は怪我をした父の代わりに炭鉱に入るホーマー

そのときの父の嬉しそうな顔はなんともいえなかった・・

けれど自分の本当の夢をあきらめないで父と対立



でも、自分の夢にむかって進むってことは

逆境を乗り越えることで・・それがたとえ親を悲しませることでも

あきらめちゃいけないんですよね




そして母がいい!!

いざというときは母の強さに勝るものはないのかも・・・

母の強さも、電話を投げ捨てるシーンでわかったけれど

ジョンに対して「息子を助けて」というシーン、愛があふれていました

そして町の人々にも助けられるけれど

やはり父親・・・頑固親父がとても素敵でした♪



ロケット・ボーイズ 最後のロケット打ち上げに行く前に

父親に見に来てというホーマー

いつものように「忙しい」という父に

「僕のヒーローは彼(博士)じゃないんだよ・・・」


父と息子って・・・いいですね♪




最後のロケットの発射ボタンを押す父

どこまでも上っていくロケットを見上げながら

誇らしげな父の顔・・・本当に素敵でした




ジェイク・ギレンホールはこのとき17歳だそうですが

とてもセクシーな表情はすでにこの頃からありますね

心優しく、でも父親ゆずりの頑固さとタフさで

夢に向かっていく息子の役を、とても自然に演じていて

彼は、どの役でもそうなのだけれど

演じているというよりも、彼自身がそうなのだろうと思わせる

すばらしい役者さんだと、しみじみ実感しました


父親役のクリス・クーパーは

『シービスケット』の調教師役を髣髴させる雰囲気

この作品をしっかり要で締めてくれている感じでした


なんでもっと早くに見ていなかったんだろうか・・・

これ、DVD欲しいなぁ~と思う作品です!!



<蛇の足>

全国大会に出かけるホーマーが乗ったバス

あれって、ジャガーですよね??なんだかカッコ良かったですねぇ~♪

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「青春」 の記事

テーマ:
ポニーキャニオン
ミリオンダラー・ベイビー 3-Disc アワード・エディション

アメリカ 2004年

クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ジェイ・バルチェル


監督・音楽:クリント・イーストウッド 『ミスティック・リバー』

脚本:ポール・ハギス 『クラッシュ』


【ストーリー】

ロサンゼルスの小さなボクシングジム。経営者は名トレーナーのフランキー(クリント・イーストウッド)。彼のもとに一人の女性が訪れる。彼女は、不遇な人生から抜け出そうと、自分のボクシングに賭けてやってきた31歳のマギー(ヒラリー・スワンク)。だが、フランキーは「女性ボクサーは取らない」とすげなく追い返される。だがこれが最後のチャンスだとわかっているマギーは、ジムに半年分の練習費を納め、ウェイトレスの仕事をかけもちしながら、残りの時間をすべて練習に費やしていた。ついに根負けしたフランキーは基本だけだと言ってトレーナーを引き受ける。そんな二人を元ボクサーのスクラップ(モーガン・フリーマン)は静かに見守っていた。

彼の指導のもと、めきめきと腕を上げたマギーは、試合で連覇を重ね、対戦相手を探すほど強くなっていた。だが、チャンピオンからの試合のオファーが来ても、フランキーは「まだダメだ」の一点張りで、マギーの夢はなかなかかなえられない。実は、フランキーはスクラップの目が失明したことを悔やんで、保守的になっていたのだ。マギーの夢を知るスクラップは、フランキーに内緒で、優秀なトレーナーを紹介するが、マギーはきっぱりと断るのだった・・・・。



アカデミー賞4部門受賞した作品。

いつもレンタル中でなかなか見つからなかったけれど

やっと出会えました!!


泣きました

号泣とういより、喉の奥が痛くなる感じで。。。


昨日見た『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』では

どんなに不幸でも、かならず手がある!と勇気をもらったけれど

マギーとフランキーにはこれが一番の選択だったんですよね・・・


自分の人生を切り開こうとするマギー

もう何年も自分の人生を悔やんでいるフランキー

親子ほど年の違う二人だけれど

親子以上に深い絆でむすばれていく


フランキーの言うことを「はい」と返事しながらも

聞かない頑固者のマギー

自分の過ちから保守的になってしまうフランキーも

彼女の意思の強さには根負けしてしまう

それは最後まで・・・




フランキーのルールは「自分を守ること」


その保守的な考えを元ボクサーとして理解できないスクラップが

(根本的には理解していると思うけれど)

マギーに別のトレーナー(?)マネージャー(?)を紹介するけれど

にっこりと微笑みながら、でもまっすぐな瞳で

「私にはフランキーがいるから」と断る

ある意味、二人は幸せだなと思いました


フランキーに言われたように家を買うマギー

でもそれは自分のためじゃなく母のため

けれども、その母はとんでもない言い草で

マギーを傷つけるんだけれど

恨み言ひとつ言わないマギーと静かに見守っているフランキー


その帰り道で、二人でレモンパイのおいしいお店に入ったとき

一瞬だけれど、いろんなしがらみから開放されたような

幸せそうな二人の笑顔がラストでフラッシュバックして

とてもつらかった・・・



「モ・クシュラ」


彼女のリングネームのように歓声とともに叫ばれる言葉

その意味は、タイトルマッチに勝ったら教えるというフランキー

マギーがその意味を知ったとき

それは、彼女は自分の人生に勝ったと認めてもらえた時なのかも・・


そして、その意味を聞いたときのマギーの幸せそうな顔・・(涙)



ただ、いい作品とか、良かったとか・・・

そういう感想を書くには重いというか、大きい作品ですね


マギーという女性の人生を淡々と描きながら

人生の厳しさや、理不尽さ、家族というもの

人の優しさ、支えあう大切さ・・・そんなものが描かれていて

すごいですねイーストウッド・・・って感じでした。


ハリー・キャラハンだったのになぁ~




追記(7月31日)----------


昨日は、鑑賞した直後でかけなかったんだけれど

後になってジワリと来たもの・・・


ボクシング・・リングの上で戦うのは自分一人

チーム・・・・・けれども自分一人で強くなっているのではない


フランキーやマギーやスクラップが家族のように見えたのは

そういうことだったんだ・・・・と改めて感じました


スクラップにとってのデンジャーもそういう存在だったのかも・・・


う~ん、やっぱりスゴイですね


AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
角川エンタテインメント
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション

アメリカ

ジム・キャリー、リーアム・エイケン、エミリー・ブラウニング、カラ・ホフマン、シェルビー・ホフマン、ティモシー・スポール、キャサリン・オハラ、ビリー・コノリー、メリル・ストリープ、ダスティン・ホフマン、ジュード・ロウ


監督:ブラッド・シルバーリング 


【ストーリー】

ボードレール家の三姉弟妹はがいる幼いがとても賢い。

14歳の長女ヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)は天才発明家。長男のクラウス(リアム・エイケン)は本の虫。末っ子のサニー(カラ・ホフマン、シェルビー・ホフマン)は噛むことが大好きな女の子。ある日、3人が海辺で遊んでいると、自宅が火事で両親が焼け死んでしまったという恐ろしい報せが届く。焼け跡を悲しく見つめる子供たちは両親の秘密の部屋と小さな望遠鏡を見つけるが、それはなんなのか謎のままだった。孤児となった3人はミスター・ボー(ティモシー・スポール)の手はずで、遠縁の親戚オラフ伯爵(ジム・キャリー)の家に身を寄せることになるが、屋敷もオラフ伯爵も恐ろしい風貌で、3人は召使のような生活を強いられる。後見人として正式な手続きを済ませたオラフ伯爵は、子供たちの暗殺を図るが、3人は自分たちの能力を最大限に生かして一命を取り止める。たまたま、そこに現れたミスター・ボーによって、彼らはオラフ伯爵の元から別の後見人探しへと救われるが、オラフ伯爵は「どこにいても見つけ出すぞ・・」と呪いのような言葉を言うのだった・・・。




変装しているジム・キャリーですね

先日『エターナル・サンシャイン』で普通の男性を演じている

ジム・キャリーを観たばかりだったので

知ってはいたけれど、ちょっと変な感じがしました

(実は私、顔芸のジム・キャリーよりシリアスな作品を多く観ているので)


これでもか・・と不幸な目にあう子供たち

すばらしいチームワークと頭脳でクリアしていくけれど・・・

こんなに次から次へと問題がおきたら

なんだか人間不信とかにならないかと心配になります


ヴァイオレットが天才的な知恵を出すときに

長い髪を結わえるのだけれど

絶体絶命のピンチ~っていう時にクラウスが

「姉さん髪しばってよ!!」と言ったり

ちょっと頼りないと思ったときには

「もっときつく縛ったら??」というのは

なんだかクスリと笑ってしまいました!


子役の三人はもちろんかわいいのですが

脇を固めている大人たちがまたいいですね~


ビリー・コノリーの爬虫類学者に

極度の心配性のメリル・ストリープ

判事のキャサリン・オハラに

ミスター・ボーは、ハリポタで裏切り者のティモシー・スポール


そしてダスティン・ホフマンにジュード・ロウはノンクレジット



子供たちに降りかかる不幸の数々を

どんな風にクリアしていくかということを観るのが一番ですが

あの小さな望遠鏡の謎が知りたかった私

ラストに小さなサリーを助けに行くクラウスが見つけた

目のマークを見た瞬間、火事の秘密がわかりました


でも・・・せっかくつかまったはずのオラフ伯爵が逃亡

そして、この作品は原作の1~3部までを映画化しただけ・・

となると・・・続編があるのかな?




一緒に観ていた娘たち

次はなにがあるの?とハラハラドキドキしながら

子供たちが問題を解決してホッとしたり

観終わったあとは、ちょっと疲れた様子でした


私以上に、物語の中に入っていたのですね!

でも。。。

どんなときでも手はある!

そのメッセージはしっかり受け取ったようです♪





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワーナー・ホーム・ビデオ
SPIRIT<スピリット>

香港/アメリカ 2006年

ジェット・リー、中村獅童、スン・リー、原田眞人、ドン・ヨン、コリン・チョウ


監督:ロニー・ユー 『 フレディvsジェイソン』、『ケミカル51』


【ストーリー】

優れた武術家を父に持つ少年フォ・ユァンジア(ジェット・リー)。強さに憧れを抱くフォだったが、息子が同じ道に進むことを嫌った父(コリン・チョウ)は稽古をつけることを拒み続けた。喘息の持病があることも手伝い、道場に入ることすら許されず、学問をするように言われる。だが、彼は友人のジンスン(ドン・ヨン)に代筆を頼み、その傍らで鍛錬を積んでいた。ある日、父の試合を見たフォは、父が相手に止めを刺さず、逆に負けてしまう姿を見、天津一の格闘家になろうと決心する。やさしい母は、そんなフォに「本当の強さは力ではない」と諭すが、フォはそんな両親の思いとはウラハラに天津一の強い男に成長する。高まる名声とともに傲慢さも増したフォはある日、大ケガをした弟子の仇をとろうとして、怒りのあまり相手を殺めてしまう。長年の友ジンスンも、そんな彼に愛想をつかし、さらに、その報復がフォの家族に及んだとき、フォは全てを失い絶望の果てに天津を離れる。放浪の旅の末にフォが知ったものは・・・。




中国に実在した伝説の武闘家、霍元甲(フォ・ユァンジア)が主人公

監督は、ホラー系作品のロニー・ユー!!(観ていないけれど名前だけ。。

え?と思ったけれど・・・すごーく普通にしっかりしたカンフー映画


ジェット・リーのために作られた作品ですね!!

さすが、歴史的武術大会での連続優勝記録を持つジェット・リー

アクションには文句のつけどころがありません♪


さらに、スピードあふれるアクションシーンとは対照的に

緑豊かな村で、一人静かに練習をする姿は

美しいという言葉しか出てこないくらい・・・

ラスト、ユエツーが観たフォの静かな姿に

これが、ジェット・リーのカンフー最後の姿なのかなぁ~と

なぜか胸が熱くなってしまいました



体が弱かった子が、強い男になっていく

自分の強さに酔いしれて、本当の強さを知らずに

大切なものを失って初めて間違いに気づく・・・


父がもっと正しく武術を教えていれば・・・

ちょっとそんな風に思ったりもしましたが


フォが殺してしまった相手の息子が

妙に凛としていて良かったなぁ~

「憎しみは憎しみを生むだけ・・・」

フォが最後に弟子に言う台詞なんだけれど

結果的に、フォが自分の母や娘もそしてその青年も

殺したことになるんですよね・・・悲しい


流浪の果てにたどり着いた村で過ごすフォに

人としての優しさ思いやり、道徳的なことを

ごく自然に伝えていくユエツー

彼女の言葉は、乾いた土が水を吸うように

心に染みていきました


最後にもう一度この村に帰してあげたかった・・

中村獅童に「日本人の恥」と言われたアイツが

卑劣な手段をとったばっかりに。。。。

ここは、ほんとうに

「なんで~~~」と思いました


とにかく、ジェット・リーが本来の美しさを放っている作品でした!





以前、劇場公開を観に行きたい~~~と言っていましたが

家でDVDを観てよかったです!

好きなシーンを何度も観ちゃいました!!



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
チキン・リトル

アメリカ 2005年


ザック・ブラフ、ゲイリー・マーシャル、ジョーン・キューザック、スティーヴ・ザーン、エイミー・セダリス


監督:マーク・ディンダル 『リトル・マーメイド』、『アラジン』



【ストーリー】

平和で穏やかな町、オーキー・オーク。この町で有名なものといえば、色ツヤともに最高のドングリと、そこ

に暮らすニワトリの少年チキン・リトル(声:ザック・ブラフ)。ある時、空のカケラが落っこちてきて、思いっきり警鐘をならして、町中に迷惑をかけてしまった。みんなに説明したくても、空のカケラは消えてしまい、残ったのはどんぐり・・・それ以来、やることなすことヘマばかりの毎日。いまではすっかり町の笑いもので、父親のバック・クラック(声:ゲイリー・マーシャル)は、息子を心配するあまり、ついつい「お前には無理だよ」とチキン・リトルに言ってしまう。町の人に嘲笑されることよりも、父親に認めてもらえないことの方が、チキン・リトルには何よりも辛かった。それでもチキン・リトルは、決してくじけず、「チャンスさえあれば、きっと名誉挽回できるはず…」そしてついに野球の試合でヒットを打ち、チームを奇跡の逆転優勝へと導いたのだ。バック・クラックは「これでみんなも、《ドングリ事件》を忘れてくれる」と大喜びした。だが、その夜チキン・リトルの目の前に、またしても空のカケラが落っこちてきて…。



ディズニー史上最も不運な主人公!!

でも、素敵な仲間がいました♪


小さな体で、いつもくじけず

大好きな父さんに認めてもらおうと

日々努力するチキンリトル


その健気な姿はとても可愛らしくて

あの大きなヘルメットも

振るのがやっとの大きなバットも

コーラのビンで空を飛ぶところも

どれも、ほんとうに一生懸命でした


たしかに・・

やることなすこと、ちょっとドンくさいというか・・

でも、いつだって真っ直ぐで


だから素敵な仲間がいたんですよね♪

フィッシュがUFOに連れ去られたときも

仲間で助けに行くし!

異性人の子供を助けるし


ちょっと、ほんとに子供向け??

と思うほど、チキンリトルのいじめられ方って

ストレートすぎて怖かったけど

それでもくじけない!っていうところは良かったです♪


子供たちと一緒に見ていたけれど

すごい真剣に見ていました!


テンポのよさは抜群だと思った作品でした♪





今日も歯痛と戦う私・・・ちょっと短めになりました(汗






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。