映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:



タイトル: イン・アメリカ/三つの小さな願いごと
IN AMERICA

監督は『マイ・レフトフット』『父の祈り』などのジム・シェリダン。
脚本は自らが2人の娘と共作している

サマンサ・モートン、バディー・コンシダイン



【ストーリー】
新天地を求めて、アイルランドからニューヨークへと移住してきた家族。
ジョニー(バディ・コンシダイン)とサラ(サマンサ・モーン)は、二人の娘クリスティ(サラ・ボルジャー)とアリエル(エマ・ボルジャー)との4人でボロアパートに住む。ここは、いろんな人達が住む変わったアパートだった。
 ジョニーはタクシー運転手をしながらオーディションを受ける役者。サラはウエイトレス、二人の娘は愛らしくそだっていたが、彼らは幼くして無くした息子の死の悲しみを抱えたまま、必死に生きている家族だった。
やがて一家は、同じボロアパートに住む黒人のアーティスト、マテオ(シャイモン・フンスー)と知り合うが…。



家族の生活は貧しくて、アメリカン・ドリームを夢見て移住してきても現実は厳しい。ましてや、家族の死の悲しみを抱えたまま・・・
題材は暗いけれど、長女クリスティの語りが淡々としていて、全体的に暗くならずに済んでいる。

前半は悲しみを乗り越えようと、明るく楽しく暮らす努力している一家。でも実際、我が子を亡くした悲しみは想像を絶するほどの苦しみで、また弟を亡くし、悲しみの中で生きている両親を見つづけなくてはいけない幼い姉妹(とくに姉)もまた、抱え切れないほどの悲しみに打ちのめされていることがわかってくる。

 マテオの「命あるもの全てを愛している」という叫びのあたりから、どんどんストーリーがわかりやすくなっているような気がした。



クリスティが父に言うシーン
「私を子供扱いしないで、私が家族を支えてきたのよ・・・私のせいじゃない、フランキーが死んで私が生きていることは・・」

まだ10歳かそこらの姉の心はこんなにも必死に絶えて、そして、大人にはない純粋さと順応性で現実から逃げずに真正面から受けとめていたなんて・・

私にも娘がいる。
たとえ一人でも亡くしてしまったら・・・この母親のようになるだろう。
残された娘達へ笑顔で接していても、娘の心の叫びに気づかないかもしれない。
子を亡くした自分の悲しみのほうが大きくて、姉妹を失った娘の悲しみの大きさに気づいてやれないかもしれない。


題名の「三つの小さな願い」とは、この映画の語り人であるクリスティが亡き弟に叶えてもらえる魔法のことで。最後の願いには涙が溢れてしまった。
忘れるのではなく、自分たちが生きていくためにしなくてはいけない儀式のように・・

独身時代に見ていたら、また違う感想を持ったと思うけれど、丁度同じ年頃の娘がいるので、妙に感情移入してしまった・・



蛇の足:幼いカワイイ姉妹を演じる二人は、本当に姉妹なんですよね。姉役のサラ・ボルジャーは目がシャーリー・マクレーンに似てるなぁと思ったんですが・・
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:



タイトル: シービスケット プレミアム・エディション
Seabiscuit

「カラー・オブ・ハート」のコンビ
監督ゲイリー・ロス
出演トビー・マグワイア
実話に基づいた感動のドラマです!!


【ストーリー】
人々は馬から車へ、生活を変えアメリカは裕福になった。しかし、1929年、株の大暴落で大恐慌時代に陥った。

 チャールズ・ハワード(ジェフ・ブリッジェス)はそんな不況を諸共せず安定した生活を送っていたが、突然の事故で一人息子を失い、深い悲しみの中で妻にも去られてしまう。
 レッド・ポラード(トビー・マグワイア)は裕福な家庭で何不自由無く育った彼は16歳の誕生日に馬をプレゼントされる。しかし、彼の家庭も大恐慌の波を受け、バラバラになってしまう。
 トム・スミス(クリス・クーパー)は、腕のいいカウボーイだったが、車社会で職を失い、森で生活をしていた。

 そんな3人の男達が一頭の馬シービスケットに出会う。シービスケットもまた体が小さいゆえにサラブレッドとしてはダメだと厩舎からお払い箱になるような馬だったが、シービスケットはすばらしい潜在能力を持った馬だった。

騎手レッドが乗るシービスケットは、西海岸での競馬レースで連勝。アメリカ一を目指して、東海岸の王者へ挑戦をすることがやっと叶ったレースを目前に、レッドが半身不随の重傷を負ってしまう・・・・




やぁっと観ました!!
トビー・マグワイア好きなので観たかったけれど、いつもレンタル中だったので、ほんとにやっと観た~って感じです。

いやぁ~~~よかったです。観終わっった後の爽快感っていうのかなぁ
ただのサクセスストーリーじゃないんですよねぇ
役者もそれぞれ素晴らしかったし!!文句無しです

前半は3人の男達の苦悩の時代というか、彼らのベースが描かれていて、つながりが無いのでなんどか巻き戻しました・・が、途中からは、惹きこまれてしまって。
2時間21分もあったのに、そんなに長い感じがしませんでした。

「自分の身の丈は呼ばれて立ったときにわかる」
「少しケガでで命まで奪うことはない」
「逃げるか、負けるか、立ち向かっていくか・・・」(←正確な言葉じゃないけど)

映画の中で、いくつか心に残る言葉が出てきました。
どん底を見たことのある人間だから、みんなあんなに優しくて強いんだなぁ~と思いました。


細かく書こうとするとネタバレになるので、あまりかけませんが
とにかく、見終わったあとの爽快感となんとなく優しくなれる気がする、いい映画でした。



蛇の足:ウィリアム・H・メイシー(競馬記者)は「カラー・オブ・ハート」ではトビー・マグワイアのお父さん役でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)



タイトル: 25年目のキス
NEVER BEEN KISSED

ドリュー・バリモア製作総指揮・主演の
ラブコメディ!



【ストーリー】
25歳にしてキスの経験もないオクテの新聞記者ジョジー(D・バリモア)は、現代の高校生の実態を取材するため、生徒に化けてハイスクールに潜入することになる。彼女は子供のころから変わっていて、そのために高校時代にはいい思い出などなく、プロムの夜にヒドイ体験をしていた。
編集長の命令で、しぶしぶ潜入したジョジーだったが、やはりイマイチうまくいかない、そこで弟のロブが潜入してジョジーを助ける。
ジョジーはスターグループに入り、ついにプロムクィーンにまでなってっしまうのだが・・・



『E・T』で鮮烈な印象を残したドリュー・バリモア。
実生活では大変な経験をしてきたことも有名だけど『ウエディング・シンガー』『サンキュー・ボーイズ』などの、ちょっとイケテナイ女性の役が似合う女優だと思う。

この映画では、ぽっちゃり体系に、化粧ッ気の無い顔、高校時代のジョジーのときには歯の矯正をしていたりでビックリする。
何をやってもダサイ!でも一生懸命というのだけはしっかり伝わってくるジョジーが可愛く見えてくるのは不思議。

ストーリーは、かなり無理があるけど(25歳であんなにオタクなのに高校生に見えるわけないし、先生が恋しちゃったり、新聞記事をプライベートに使ってるし・・・)ジョジーの言いたいことは、ちゃんとわかる!!

そう!人を侮辱して優越感を味わっても、学園のスターでも、プロムキングやクィーンになっても、社会に出たらそう甘くない。もっと自分を大切に、回りを大切に・・・ってね
これって、ドリュー・バリモアが言いたかったんだろうね。


若い人向けの映画かな・・・
でも、エンドロールは面白かった!全員、高校時代や子供の頃の顔写真入りだったから♪





タイトル: エバー・アフター


タイトル: ウェディング・シンガー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)



タイトル: 忘れられない人
UNTAMED HEART

クリスチャン・スレーター
マリサ・トメイ
ロージー・ペレス


【ストーリー】
ウェイトレスのキャロライン(M・トメイ)は、明るくカワイイ女性だがなぜか男運が悪い。同じ店で働く無口なアダム(C・スレーター)はキャロラインのことがきになる。店が終わって暗い夜道を一人で帰るキャロラインが心配でこっそり後をつけるアダム。そんなときキャロラインが暴漢に襲われ、聞き一発のところをアダムが助ける。それを機会に、次第に恋に落ちていくふたり。しかし、アダムは心臓を病んでおり、さらに以前キャロラインを襲った暴漢からの仕返しを食らってしまい、彼は大怪我を負ってしまう…。


いわゆる悲恋物(せっかく結ばれたのに愛する人が死んでしまう)だけど、主演の二人の演技が素晴らしいと思います。

やがては死んでしまう病気なのに、強い精神力と深い愛情の持ち主で、かつ繊細・・・クリスチャン・スレーターは、この役を見事に演じていたと思います。
『告発』『ブロークンアロー』『マンハッタン花物語』いろんなジャンルの映画にでてますよね!!


ちょっとおちゃめで、明るくて、心優しい女性で、彼を愛することでどんどん素敵な大人の女性になっていくマリサ・トメイも素敵。
『オンリー・ユー』でも恋する女性を演じてたけど、私はこっちのほうが好きだなぁ~。でも、ラブストーリーだけじゃなく『ミルドレッド』みたいな役も良かったし、演技派なのだなぁ~。でも、ほんとに笑顔がキュート♪


ポーチで話しをするシーンや、宝物を見せるところなんか、ほんとに胸がキュンとするようなラブストーリーでした。
音楽も素敵で、涙を拭くのも忘れて、エンドロールを見ながら聴いていました。

悲しいはずなのに、見終わったあと、切なくて、でもジンワリ暖かい気持ちになる感じ、ある意味、ハッピーエンド(?)なのかもしれない・・・と思う映画でした。









タイトル: 告発 デラックス版







タイトル: オンリー・ユー
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



タイトル: マッチスティック・メン 特別版
MATCHSTICK MEN

リドリー・スコット監督
ニコラス・ケイジ
サム・ロックウェル


【ストーリー】
詐欺師のロイ(N・ケイジ)は、極度の潔癖性のうえ、対人恐怖症の気もある。あるとき、安定剤の薬を流しに流してしまい、仕事にも出られなくなる。相棒のフランク(S・ロックウェル)から知り合いの精神科医への受診をすすめられ、14年前に別れた妻との間に、一度も会ったことのない娘がいたことを知る。意を決して娘アンジェラ(アリソン・ローマン)に再会するロイ。無邪気に彼のもと訪れたアンジェラは、こともあろうか父の仕事に興味を持ち、詐欺のテクニックを学んでいく。
大きな仕事はしないことを心情としているロイだが、アンジェラとの生活の中で何かを感じ、フランクの持ちかけた仕事に手を出す。順調に見えた仕事だが不測の事態が起き、不本意にもアンジェラをまきこんでしまう。
ロイはこの仕事を最後に詐欺の世界から足を洗おうと決心していた。。それは、アンジェラのためだったが・・・



最初に、この映画がミステリーの棚にあったので、私としては詐欺師の世界のドキドキする話なのかとおもってました。
なんといっても監督は『エイリアン』や『グラディエーター』のリドリー・スコットですし!
ところが見てると、どうもジャンルが難しいです。

ニコラス演じるロイは、アンジェラの言う通り「悪い人じゃないけど、いい人でもない」自分自身に手をやいている大人だったけど、最後に自分の世界をちゃんと持てて良かったと思う。

アンジェラもロイに出会って、少しいい人生を送るといいなぁ~


フランク役のサム・ロックウェル!いつもよりクセのないを抑えた演技だなぁ~なんて思ってましたが見終わったあとは、なんとなく納得できたりして・・(ネタバレになるので詳しくは書きませんが)

精神科医はなんだか怪しいな~と、早い段階で思っていましたが・・・


予想を越えた結果だったし、音楽も好きな感じでした♪
なにより最後にほのぼのした感じになれたので良かったです♪


蛇の足:最初に「1、2、3」と数をかぞえているけど、いろんな国の言葉で・・・日本語もありましたねぇ~♪そーいえば「乾杯!」ってのも日本語だったぞぉ



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。