↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















2017年03月23日

ひるね姫 ~知らないワタシの物語~(2017年)

テーマ:17年03月の劇場鑑賞映画
ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜

【鑑賞日:2017年3月23日】

今日の夕方は、車検でディーラーに預けてある車を引き取りに行かなきゃならないので…とりあえず、連絡待ちで、午後からは自宅待機なんですけど…午前中はわりかし暇だったので、先週から始まっていた「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」を見てきた。明日の1000円ポッキリ会員デーまで待つのも手だったんだけど、明日以降は上映スケジュールの変更もあったし、もう一つ見たい「パッセンジャー」なんかも始まっちゃうし…だから貯まっていたポイント利用で無料鑑賞してきちゃいました。「攻殻機動隊 S.A.C.」の神山健治監督の最新長編アニメです。

岡山県倉敷市…自動車の修理工場を営む不愛想な父親モモタローと暮らしている高校生の森川ココネ。母親は小さい時に亡くなっていて、ほとんど記憶にない。そんなココネは、気がつくと居眠りばかりしてしまう毎日で、このところ、同じ内容の不思議な夢を見ていた。東京オリンピックの開催が目前に迫っていたある日、モモタローが突然、警察に捕まってしまい、途方に暮れるココネ。そんな時、母親の墓前でモモタローが隠したらしいタブレットを発見!その直後、タブレットを狙う怪しげな男たちが現れ、ココネは、幼馴染の大学生モリオに協力を求める!

一時期は、ポスト押井守かななんて思われていた神山監督だけあり、今回も現実と虚構が混在する不思議な物語構成で、らしいっちゃ、らしい。ついでに、「攻殻機動隊」の世界観をさらに現実に近づけたような近未来が舞台である。冒頭は、奇妙なファンタジー世界から幕開けするが、事前情報などから“主人公の夢”だろうと推測するのは簡単だった。作りこまれたファンタジー世界のアイデアは設定、ビジュアルともに奇抜で面白いんだけど…なかなか本筋(現実世界の話)が始まらないのが、けっこうもどかしくもあったり。いつまで続くんだ、この夢はと…。

案の定、主人公が目を覚まし…現実の物語が始まるんだけど、その後も、居眠りをするたびに、ファンタジーに話がスイッチ。やがて、そのファンタジーと、現実が連動しているのではないかという展開にもなる。主人公は“現実でも魔法が使える”なんてはしゃいでるが…いったいどういうことなのか?そのあたりの仕掛けが、後半に向かって、徐々に明かされていく。ダラダラと関係ない話が退屈だなと思っていたら、ちゃんと全体のフリになっていたという点では“早合点”してゴメンナサイだが、だからといって手放しで面白いわけではなかったのも事実だ。

アニメ的な派手な見せ場を演出するため、“ファンタジー”な話が独り歩きしすぎかな?居眠りしながら夢を見ている間に、実際に現実ではどんなことが起きていたのか?そのあたりをもう少しバランスよく、丁寧にわかりやすく描いてほしかった。「君の名は。」なんかでもそうだったけど、後半で種明かしをしなきゃいけない都合上…どうしても、同時進行している片側の話がおろそかになってしまい、天邪鬼な意見だけど、そっちも見たい、知りたいという。制作プロダクションはシグナル・エムディという新参スタジオだが、実際はIGグループの一員だ。

メインスタッフは、神山監督以下、今までのIG作品で名前を見ていたベテランのアニメーター、クリエイターさんたちばかりが参加。ちょっとした脇役の細かいキャラの表情まで豊かで、特にオジサンキャラの描きこみがやたらとうまいのもIGカラー(笑)原画担当の西尾鉄也さんあたりが、頑張ってるのではないかと想像してしまう。現実に近い世界観に、SF描写を落とし込む近未来ビジュアルなんかも慣れたもので、スタッフの中に、同じような近未来設定が印象的だった「電脳コイル」の監督、磯光雄さんの名前なんかも見つけて、ちょっと嬉しくなった。

作画のクオリティなども一定基準に達しており、アニメ映画としての面目は充分に保っていると思うが…物語の全体的なバランスは疑問に残る部分も。アニメでは多重構造というのもそんなに目新しいアイデアでもないし、普通に、東京オリンピックが開催される3年後の近未来を舞台に、女子高生がトラブルに巻き込まれ、PCやタブレットを駆使して対処していくようなサスペンスっぽい話でも良かったんじゃないかなって思うのはオイラだけか?神山監督って、アニメ演出家としては優秀なんだと思うけど、映画よりも…TVシリーズ向きなんじゃないかなって感じ。


監督:神山健治
出演:高畑充希 満島真之介 古田新太 釘宮理恵 高木渉 前野朋哉 清水理沙 高橋英樹 江口洋介


【主題歌が話題になってるらしい】
デイ・ドリーム・ビリーバー







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月16日

キングコング:髑髏島の巨神(2017年)

テーマ:17年03月の劇場鑑賞映画
キングコング:髑髏島の巨神

【鑑賞日:2017年3月16日】

ちょうど監督やキャストのPR来日もあったみたいだけど、近所のワーナーマイカルで行われた「キングコング:髑髏島の巨神」の試写会に当選したので、一足お先に鑑賞してきた…残念ながら吹き替え版なんだけどさ。時が経つのは早い…ピージャク(ピーター・ジャクソン)版「キング・コング」の公開からもう10年以上経っちゃってるんだよね?今回は「GODZILLA ゴジラ」(2014年のハリウッド版)のレジェンダリー・ピクチャーズが手掛けているというのも話題になっていて、本作の公開前から…次回作「Godziila VS. Kong」の製作、公開も決定しているのです。

※訂正:ワーナーマイカル→イオンシネマに変わったの忘れてた(笑)

ランドサットの衛星写真により…太平洋上の未知の島“スカルアイランド”が発見される!モナークのメンバー、ビル・ランダの働きかけにより、島へ調査隊が派遣されることになり、プレストン・パッカード率いる米軍兵士たちのほかに、傭兵のジェームズ・コンラッドやカメラマンのメイソン・ウィーバーも加わる。ヘリコプターで嵐を抜け、なんとか島に到着…さっそく調査を開始するのだが、その直後、見たこともない巨大生物“コング”が現れ、次々とヘリコプターを攻撃!多くの犠牲を出してしまう。生存者もバラバラになってしまうが、島には他にも巨大な生物が!

時代はベトナム戦争終結直後…変人学者のジョン・グッドマンとその仲間が、エスコート役の兵士や傭兵を騙して、未知の島“スカルアイランド(髑髏島)”にやって来たんだけど…上陸直後にキングコングに襲われ、壊滅状態に追い込まれる。生存者も…みんなバラバラになっちゃって、どうにかしてみんなで合流して、島から脱出しようって話になるんだけど…島の中にはコング以外にも巨大なクモやトカゲの化け物がうじゃうじゃと生息してまして、コングと同等、それ以上に凶暴だった。つーか。、本当はコングは島の守護神で…他の生物から護っていたと。

なんだけど…部下を殺されたサミュエルおじきが、鼻の穴を大きくして、コングをぶっ殺すと息巻くと。島の実情を知った他のメンバーは、なんとかそれを阻止しようとするんだけど…怪獣VS怪獣、怪獣VS人間、人間VS人間と、様々な対立が複雑に絡み合って物語は進行していく。簡単に言うと…「地獄の黙示録」の世界観に「ジュラシックパーク」と「スターシップ・トゥルーパーズ」をぶち込んだような映画です(笑)怪獣特撮の十八番である、ミリタリーっぽさもよく描けており、特に“スカルアイランド”に向かってヘリの編隊が進んでいくシーンは圧巻でしたね。

すげ~って思っていたら、間髪を入れずに、早くもコング登場の大暴れ!最初の設定紹介、キャラ紹介的な話はややもっさりした展開だが…“スカルアイランド”上陸後はノンストップで次から次へと色々なことが起きる!最初から出ていたジョン・グッドマンよりも、途中から急に出てきたジョン・C・ライリーの方が色々とドラマがつまってて、物語的に美味しいキャラだったり、相変わらずエキセントリックなサミュエルおじきに爆笑したり…バトル以外にも見どころ満載。モノクロ写真や8ミリフィルムという小道具が効果的で、一瞬フィクションだというのを忘れさせる。

映画館で貰ったチラシに「新世紀エヴァンゲリオン」など日本のアニメ、ゲームの影響が…って書いてあったけど、なるほど、コングの宿敵となるトカゲの化け物は、確かに“エヴァの使途”みたいであった。でもって、“巨大なトカゲの化け物”というのが、また意味深でありまして…思い浮かべるのはゴジラの黒歴史、イグアナゴジラ、トカゲゴジラと馬鹿にされ続けたエメリッヒ版ゴジラだ。そんな敵を、コングがぶちのめすというのがとにかく爽快(「ゴジラ FINAL WARS」でもやってたな)。すなわち次回作「Godziila VS. Kong」の前哨戦が既に展開されていたと。

みなさん、映画を見る前に…次回作があるというのをちゃんと覚えておいてね。そういう流れだと、まぁ、何か仕掛けがあるだろうと…当然ながら、エンドロールの途中で席は立ってはいけませんぞ。とにかく映画本編は予想以上に満足、3時間もあったピージャク版「キングコング」より、こっちの方がすっきり見やすくて、超面白いんだけど…やっぱりというか、案の定ですね…GACKTと佐々木希の吹き替えは、まともに聴いてられない。緊張感あるシーンでも、役者の演技を台無しにしている。吹き替えの人選…4月公開の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見習えよ!


監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン ブリー・ラーソン サミュエル・L・ジャクソン ジョン・グッドマン ジョン・C・ライリー


【公開日前日まで購入できます!】
『キングコング:髑髏島の巨神』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年03月03日

アサシン クリード(2016年)

テーマ:17年03月の劇場鑑賞映画
アサシン クリード

【鑑賞日:2017年3月3日】

毎週金曜日に実施しているシネプレックスの会員デーだったので1000円ポッキリで、本日公開初日を迎えた「アサシン クリード」を鑑賞してきた。同名の人気ゲームシリーズの実写映像化だそうだが、普段、ほとんどゲームはやらないので、タイトルを知っている程度の知識でした。「バイオハザード」シリーズもとりあえず完結したことですし、そろそろ、別のゲーム原作で…息の長く続く作品が出てきてもいいかなって思うけど、果たして本作は?主演は最近の「X-MEN」シリーズで若かりし頃のマグニートーを演じているマイケル・ファスベンダーでした。

人間の自由意志をコントロールするための秘密が隠された“エデンの果実”を巡り、長きにわたってテンプル騎士団とアサシン教団は激しい戦いを繰り広げてきた。カラム・リンチは幼い頃、父親が母親を殺す場面に遭遇…それから30年、カラムは記憶を失い刑務所で死刑を待つ身。そして、いよいよ刑の執行が行われたのだが…その後、なぜか意識を取り戻す。実は、アサシン教団の末裔だったカラムは、“エデンの果実”を探すアブスターゴ財団がが開発した画期的なマシンにより、DNAに眠る先祖の記憶を無理やり追体験させられる羽目になったのだ!

正直に言って、期待外れだったかな?とりあえず、ゲームをやっていないオイラのようないちげん客向けに世界観や設定の説明をしなきゃいけないので、やたらとワチャワチャした展開が多い。テンプル騎士団とアサシン教団という二大勢力が激しく火花を散らしているルネサンス期と、現代を行ったり来たり…現代の方も、主人公の幼少期から始まって、その30年後が…いよいよ主舞台となる。教団の末裔だとされる主人公は死刑囚なんだけど…あやしげな財団(主人公がアサシンなら、こっちはテンプルだろう)が作ったマシンの実験台にされることに。

そのマシンっていうのが…DNAに眠っている先祖の記憶をほじくり返すことができるという、これまた胡散臭い代物。マシンンに繋げられた人間は、先祖の行動を追体験させられ、その時に何があったかを認識させられるという…わかったような、わからないような設定。イメージ的には日本でもアニメや実写になった「秘密 THE TOP SECRET」のMRIスキャナーみたいなマシンのアレンジだろうか?あとアサシン教団が自分たちの使命を復唱したりするところは…なんか「大江戸捜査網」の“隠密同心 心得之條”(死して屍拾う者無し的なヤツ)をダブらせる。

主人公が本格的にタイムスリップとかして…現代からルネサンス期に行って、実際にアサシンとして活躍するような話を勝手に想像してたんだが…“追体験”という、微妙にややこしい方法だった。確かに、スピード感のあるアクションもあるし、ジェレミー・アイアンズやシャーロット・ランプリングなんていう錚々たる役者が出ているので、それなりに映画としての重厚感も醸し出しているんだけど、全体的に辛気臭くて、退屈で疲れる映画だった。主人公がようやく本格覚醒しこれからかなってところで…終了。ゲームのファンがどう評価するのかは気になる。


監督:ジャスティン・カーゼル
出演: マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール ジェレミー・アイアンズ シャーロット・ランプリング


【Amazonで海外盤のBlu-ray発見!】
Assassin's Creed (Blu-ray + DVD + Digital HD)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。