↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















2016年07月29日

シン・ゴジラ(2016年)

テーマ:16年07月の劇場鑑賞映画
シン・ゴジラ

【鑑賞日:2016年7月29日】

今夏の大本命の1本…庵野秀明&樋口真嗣による「シン・ゴジラ」がいよいよ公開初日を迎える!ちょうどシネプレックスの会員デーともぶつかり、1000円で鑑賞できたので…朝イチの初回上映で見てきたよ!場内は…オイラのようなオタク系オヤジ(大事そうにパンフの入った袋を抱えてる)を中心に、カップルや親子連れもボチボチ。まぁ、夏休みだからね。でも、カップルはまだしも、子供はおとなしく「ポケモン」か「ONE PIECE」に行った方がいいんじゃね~か?庵野秀明だよ、フツーの怪獣映画は期待しない方がいいよ、ぜったいに、子供は飽きるって。

東京湾アクアトンネル内で浸水事故が発生…報せを受けた矢口蘭堂内閣官房副長官は、首相官邸・地下危機管理センターで情報収集に奔走する。その後、総理大臣ら閣僚が集まり対策の協議が始まり、原因について様々な意見が交わされる。その場で矢口は巨大生物の可能性も示唆するのだが…閣僚たちには一蹴されてしまった。その直後…海面から巨大な尻尾が出現したのを映像で目の当たりにした閣僚たちは、巨大生物生存を認識。政府は対処方法を検討しはじめ、総理が国民に向かって怪物上陸の可能性を否定する会見を開くのだが…。

先に言います…まぎれもなく実写版の「エヴァ」です(笑)エヴァンゲリオンが出てこない「エヴァ」です。劇中のゴジラは使途にしか見えません。冒頭、ゴジラらしき物体が東京湾に現れ、まだ事故か災害だと思っている官僚や役人たちが右往左往、その後、巨大生物だと認識して慌てふためき…どうやって対処しようか思案する。そして、いざ攻撃となっても…そこはお役所仕事、ミサイル一発撃つにも縦横の繋がりが色々あってスムーズにいかない。それこそ「エヴァ」の第1話、ネルフに指揮権が移る前の国連軍の数々のミッションを見ているような展開でした。

見てくれはミサトさんのような色っぽいおねーさん、石原さとみ。ちょっとツンツンしてて、英語と日本語のチャンポンで喋りまくるので、中身はどちらかというとアスカの方かなと…。ということは、一応の相手役である長谷川博己はシンジくんポジション?いや、シンジくんよりはぜんぜんしっかりしてたけど…石原さとみに舎弟扱いされてる関係性は似てるかも。専門家が招集されて、ゴジラへの対抗策を模索しはじめる時のミュージック…まんまエヴァでした。さしずめあのチームはネルフ?環境省の生物課長補佐を演じた市川実日子はリツコさんかな?

ヤツはかなり早々と姿を現すのですが…アレ、予告で見た姿とかなり違う。もしかして他の怪獣なのか?なんて、一瞬思ってしまう。いや、これがまぎれもなくゴジラであるんですけどね。タイトルの「シン・ゴジラ」の意味って色々と考えられると思うんですよ…新しい“新”、真実の“真”、進化の“進”…。でも、あの容姿を見て真っ先に思い浮かべたのはシンちゃん?ああ、これ以上は危険で言えない。ネタバレじゃなくて…表現の方で危険。ちなみにシンちゃんといっても、樋口真嗣監督の愛称とは別です。このくらいで察して…あとは実際に映画で確かめて。

一度、危機を回避した後に…ゴジラ再登場というのはお約束なので、これくらいはネタバレしてもいいでしょうね。なんと湘南に現れたゴジラは鎌倉に上陸!小町通りあたりで撮影したのであろうモブシーンに、ちゃんと鳩サブレーの黄色い紙袋を持った人がいたのがなんだか愉快。きっと地元の人とか大盛り上がりだろう(笑)物語の転換点でもあった中盤の見せ場…ビジュアル的には「風の谷のナウシカ」の巨神兵のようなゴジラの破壊シーン、ってことは「巨神兵東京に現わる」あたりも彷彿とさせるわけなんだが…和製「インデペンデンス」状態でもある。

そうそう…先ごろ公開された「インデペンデンス」の続編、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」でも、無能な女性大統領が失策し、無能っぷりを露呈。もしかしたら、暗に女性大統領なんか誕生させてはいけないということを匂わせてるのかななんて思ったりしながら見ていたのだが…本作にもそれに近い隠れたメッセージがあるように感じました。そう、無能な政治家なんてみんなくたばっちまえみたいな。きれいさっぱりなくなったところから、また日本を立ち直らせようぜって…。これ、もしかして参議院選の前に公開した方がよかったんじゃね?

公開前に色々なところで言われていたけど、本当に怪獣映画というよりはお役所映画、政治映画、会議室映画。今までのゴジラ映画とはかなり毛色の違う異色作には違いないんだけど…「エヴァンゲリオン」であり、実写を含む庵野秀明作品が好きな人には至福の時間ではないだろうか?畳みかけるように細かいカットの積み重ねで進んでいく前半のお役所シーン、そしてフェチった独特のカメラワークなどは…それこそ初の実写作品「ラブ&ポップ」を彷彿とさせる。技術的な面でこの「シン・ゴジラ」を語りたい人は迷わず「ラブ&ポップ」見た方がいいです。

そんなわけで…特撮シーン以外では、危惧した通り、お子様客がだいぶ飽きていた模様。通路を挟んで右斜め前に座っていた親子連れが、何度も喋ったり、席を立って…こっちの視界に入ってきて、マジで迷惑だった。だからね、パパさん、ママさんにお願いしたい…小学校低学年以下の子供とこの映画を見に行く予定の人は、お願いだから「ポケモン」にしてくれって。そんなに見たきゃ、DVDの発売まで待って…マジで。2時間の上映時間に耐えられるお子様だったら問題ないんですけどね…いっそうのこと映倫でR指定でもつけてくれれば良かったのに。

まぁ、生粋のゴジラファンというよりは…庵野ファン、エヴァファン、アニメファンの方が今回の作品は許容できるんじゃないかな?公開前は着ぐるみゴジラじゃねーしみたいな否定的な意見も多かったけど、アナクロっぽい、いい意味でのチープさも残しているので、そこは意外と気にならない。そしてオタクだからこその拘りで見せる音楽の使い方が抜群にうまくてですね…そこはゴジラファンも納得できる部分だと思う。とにかく画面から伝わってくる情報量がハンパないので、1回みたくらいじゃ全て理解できない…絶対に将来、ブルーレイでの再鑑賞必須だ!

皮肉もいっぱい入ってるし、オマージュやセルフパロディも満載…普通だったら退屈に感じてしまいそうな(だから実際にお子さまたちは退屈してたんだって)会話の応報も…巧みな編集と、えっこんな人がという、適材適所の人選で見せきってしまうのが凄くてですね、シリアスなシーンなんだけど、笑いをこらえるのが大変だったところもある。ミリタリー描写も普通の特撮映画以上にフェチってるし…まさに大人のための娯楽映画だよ、これ。ラストバトルなんかも語りたいことがいっぱいあるんだよ…アレを爆弾にするアイデアとかもう最高なんだから!

やってることは他のゴジラ映画に比べると、ちょっと地味かもしれないんだけど…それこそ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」のヤシマ作戦を完了後の爽快感のようなものもオイラはちょっぴり味わえました。つーか、途中の展開で、本気で第3新東京市とか出てくるんじゃないかって思ってたもん。「早くエヴァつくれ」とか、庵野さんに無神経なこと言ってたネット住民…まずは「シン・ゴジラ」を見てこいよ!あと実写版「進撃の巨人」の失敗を樋口さんに擦り付けたヤツも…やっぱりあれは「シン・ゴジラ」の肩慣らしだったってことで、もう許してやろうぜ…。


総監督:庵野秀明 監督:樋口真嗣
出演:長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 高良健吾 大杉漣 柄本明 國村準 余貴美子 市川実日子 


【庵野実写の原点を探ろう!】
庵野秀明 実写映画作品集 1998-2004 [Blu-ray]







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月14日

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年)

テーマ:16年07月の劇場鑑賞映画
 ルドルフとイッパイアッテナ

【鑑賞日:2016年7月14日】

イオンシネマで行われた「ルドルフとイッパイアッテナ」の試写会に当選…いわゆる夏休みのお子様向けアニメ映画で、普段なら劇場でなんて絶対に見ないような作品だが、せっかく当たったんだからと、1人で(さすがに70代の母親誘うのもアレだし)えっちらおっちら電車に乗ってお隣の市まで…会場は小さい子供を連れたママさん、学生の友達同士などが多い中、おっさんの一人鑑賞。駅から映画館までそこそこ歩くので、汗もぐっしょり…周りは幼児。やばいよ、やばいよ…ロビーで入場開始を待つ間、変質者と間違われないか、ヒヤヒヤだったぜ(笑)

飼い主のリエちゃんと岐阜で暮らしている黒猫のルドルフ…ある日、外出するリエちゃんを追って、家の外に出てしまうのだが、ひょんなことから見ず知らずのトラックに飛び乗ってしまった。気がついてトラックを降りると、そこには見知らぬ風景が!とりあえず外を歩くルドルフは…“イッパイアッテナ”と名乗る大きなトラ猫に出会う。最初こそイッパイアッテナに慄くルドルフだったが、実は兄貴肌の親切な猫であることがわかり、色々と世話になることに。そして野良猫のくせにやたら教養のあるイッパイアッテナから、自分の居場所が東京だと知らされ…。

オイラなんかの世代だと…それこそ再放送で見ていた「ジャングル大帝」や「ガンバの冒険」を思い出すような、動物たちの成長、冒険物語。無知な子猫は…そのまま就学前の幼子にも置き換えられ、猫の視点を借りて、子供たちに基礎教養を学ぶことの大切さを理解させているようでもあった。言葉を喋れるだけではだめだ、字もかけなきゃいけない。そして世の中には優しい人間ばかりではなく、自分の敵になる存在だっているから気を付けろよと。ただ、そんな敵とも、お互いに理解し合う事だって大事なんだぜと…そういうメッセージが詰まってます。

黒猫ルドルフが自制心を失い、やみくもに行動した結果、命にかかわるような大失態をしでかす。その時にトラ猫のイッパイアッテナが問答無用にビンタをくれる。そう、これは「機動戦士ガンダム」で言うところの…“殴ったね、親父にもぶたれたことないのに!”である。最近は、ちょっと子供をしかっただけでも、外野が“虐待”と騒ぎ、当の子供もそれを逆手に取って調子に乗る始末で…怒れない親、大人が増えてるわけだけど、そういう風潮への皮肉なんかもちょっと垣間見た気がします(虐待としつけの区別がつかないバカ親が多いのも確かだが…)。

大人も適度に笑え、適度にハラハラドキドキする…子供が飽きる限界の約90分で程よく物語がまとまっている手堅さは感じます。安易なハッピーエンドで終わるだけではなく、ちょっと現実の厳しさも描いてるところはなかなかでした(車のナンバー4989は四苦八苦?)。大人目線で“そうしなきゃ駄目だよな”って思っていたところが、ちゃんとクリアしていたのは良かったです。もちろん厳しさだけで終わったら、子供がトラウマになってしまうので…ほっこり前向きなれるラストにちゃんとなってまして、そういうさじ加減はさすがポケモンの監督だけあります(笑)

主人公の黒猫(子猫)に井上真央、でかいトラ猫に鈴木亮平…また本職声優以外の、旬のタレント、俳優起用という印象が強いですが、井上真央は思いのほか自然で、可愛らしくオス猫を演じており、そんなにわるくなかった。井上真央に比べると鈴木亮平の方はちょっと堅苦しさを感じたけど、下手ではない…まぁ、及第点といったところ。主人公たちの仲間の猫に八嶋智人、猫が恐れる凶暴なブルドックに古田新太…この2人の出演は知らなかったので、エンディングを見るまで誰が演じてるか気づかなかった。っていうことは役にハマってたってことだろう。

アニヲタ的には奈々ちゃん(水樹奈々)と明夫アニキ(大塚明夫)が出てくるので、そのあたりで満足感が得られるかも。ただね…奈々ちゃんの出番は思ったほど多くなかったので、過度な期待はせんように。それにしても、お子様向けアニメで…子供も笑っていなかったベタなギャグに、“ガハハガハハ”とやたら下品な笑い声をあげていたおばさん(親子客ではなく、中年おばさんの二人連れ)がオイラの真後ろに座っていてうるさかった…セリフが聴こえなくなるから、マジ勘弁だよ。一部、飽きてた子供がいたけど…思ったほどカオスな状況じゃなかった。


監督:湯山邦彦 榊原幹典
出演:井上真央 鈴木亮平 大塚明夫 水樹奈々 寺崎裕香 佐々木りお 毒蝮三太夫 八嶋智人 古田新太


【関連書籍はこちら】
講談社アニメ絵本 ルドルフとイッパイアッテナ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月08日

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年)

テーマ:16年07月の劇場鑑賞映画
インデペンデンス・デイ:リサージェンス

【鑑賞日:2016年7月8日】

明日、7日9日が正式公開となる「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を1日早く見れる前夜祭上映で鑑賞…毎週金曜のシネプレックス会員デーと重なっていたので1000円で入れた!いわずと知れた…ID4こと宇宙人侵略映画または大統領が自ら戦闘機に乗り侵略者に立ち向かう映画「インデペンデンス・デイ」、まさかの20年ぶり正規続編。いや、あれからもう20年なのか…前作見た時は、まだ自宅近くにシネプレックスができてなくて、お隣の市のワーナーマイカル(現イオンシネマ)まで見に行ったよ…当時はかなりブームになった作品の一つだけど…。

エイリアンの侵略に人類が立ち向かい、多くの犠牲を払いながらも勝利を得てから20年…新たな脅威に備え、エイリアンのもたらしたテクノロジーを活用して日々躍進していた。2016年7月、大統領による演説が行われる記念式典を前にしたある日、突如、未知の宇宙船が出現!先制攻撃によりこの敵を退けることに成功するのだが…その直後、さらに巨大な宇宙船が出現し、地球の各地を破壊する。先の戦いで英雄的な活躍を見せた元大統領のトーマス・J・ホイットモアやエンジニアのデイヴィッド・レヴィンソンは再び戦いに巻き込まれていく…。

前作の20年後を舞台にした作品だけれども、完全な続編なので…見てない人や内容を忘れている人は前作鑑賞が必須かもしれない。オイラは、過去に散々見てるから…オチも含めて大まかな内容もなんとか覚えていて、別におさらい鑑賞しなくても大丈夫だろうって、前作を見直さないで行っちゃったんだけど…ジェフ・ゴールドブラムやビル・プルマン以外にも、前作から続投の同じ俳優さんが出ていたり、さもなければ同じキャラクター、あるキャラクターの息子や娘が出てくるので、人物関係を把握していないとけっこう、話に追いつくのが大変である。

顔を見て、この人なにした人だっけ?名前を聞いて…もしかして、あのキャラに関係あるの?と、記憶をまさぐりながら、かなり頭を使う羽目に。キャラクターとしても一番の功労者であり、俳優としても出世頭であったウィル・スミスの不参加はかなり早い段階で情報が出ていて、しかも“事故死したという設定”になっているという衝撃事実も伝えられていたが…本当に劇中でそういう扱いをされていた。さすがに、あれだけ目立っていたキャラクターだから、いなかった事にはできないわけで、あれ、あんなところに…というお楽しみもあったりするけど。

ウィルの不参加はやっぱりギャラの問題ですかね?(笑)物語的にも、実際にも20年の歳月が流れたということで、ジェフ・ゴールドブラムやビル・プルマンの容姿はだいぶ老けたりして、当時の売れっ子スター俳優も、だいぶジジイになったなぁと痛感させられるんだけども…ジェフ・ゴールドブラム演じるデイヴィッド・レヴィンソンの父親、ジュリアスだけはほとんど変わっていなくて驚く。演じているジャド・ハーシュは御年81歳だそうだが、まったく年齢を感じさせず、パワフルなじい様を演じておられました。出番も多く、かなり活躍も目立ってましたし…。

色々と懐かしい気分にはなれたりするんだけど…正直言って、物語の中身に関しては微妙でして、ぶっちゃけ今さら感が強かった。前作「インデペンデンス・デイ」もさ…宇宙人がやって来て、破壊の限りを尽くすところまではハラハラドキドキで面白かったんだけど、人類が反撃に出たあたりから急にトーンダウンしたのも事実。なんだ、この亜流「スター・ウォーズ」な展開は…って思った。挙句の果てに大統領のあの活躍、目前に控えていた大統領選を見据えたプロパガンダの意味合いが強く、実際に現職当選したクリントンさんのお気に入りだったらしい。

今回は女性大統領が登場したが…見かけ倒しな、なかなかの無能ぶりであり、見せ場は元大統領がかっさらうという。もしかしたら、ヒラリーさん(奇しくもID4公開当時の大統領の嫁さんだ)の行く末を暗示しているのではなんて、邪推もしてしまう…映画よりも、米大統領選の行方が気になってしまった(笑)そもそも、エイリアンのテクノロジーを利用して、人類が発展しているという設定、展開に、なんだかノレず…それこそ今回は最初から亜流「スター・ウォーズ」になってしまったという。せめて15年前にこの設定で続編が誕生してれば、見方も変っただろう。

ビジュアル面に関しても…今じゃだいぶ見飽きた人類滅亡系描写、崩れかけた抗争ビルの屋上にヘリコプターが迎えに来るとか、海上で船に乗ってる時に巨大津波に襲われるとか…ロック様の「カリフォルニア・ダウン」で見ちゃってるしな、やってること同じじゃね?また、中途半端にSF入ってるメカのデザインがあまりかっこよくなかったり、エイリアンの親玉がクィーンって呼称自体「エイリアン2」だし、巨大なエイリアンに追いかけ回されるところは「ジュラシックパーク」だし(ゴールドブラムだから余計に)新鮮味、刺激のあるビジュアル皆無なんですけど。

まぁ、飽きもせず…ホワイトハウスを破壊していたのは、ローランド・エメリッヒのライフワークだから仕方がないか(笑)破壊はされてたけど、木っ端みじんに吹き飛んだ前作に比べると、なんか中途半端な壊れ方だった。同じ同窓会映画だったら「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の方が驚きや高揚感がしっかり味わえた…やっぱりオイラの中では「インデペンデンス・デイ」シリーズって、亜流「スター・ウォーズ」どまりだったなぁ。まぁ、1000円で見れたので…退屈しのぎにはなりましたけどね。他に見たい作品がなければ、選んでもいい1本だとは思います。

今回は2Dの字幕スーパー版で鑑賞したが…さっきWikipediaで調べたところ、主役の吹き替えを担当した藤原竜也以外は、豪華な本職声優さんが多く参加しており、ちょっと吹き替え版にも興味を持つ。林原めぐみ、山口由里子、立木文彦、清川元夢…っておもいっきりエヴァやん!清川さんも担当したジャド・ハーシュと同じ81歳なんだって。冬月先生…エヴァの完結まで元気でいてほしいなぁ、庵野さん…早くエヴァの続き作っておくれ!他にも坂本真綾、小松未可子、藩めぐみと…好きな声優ばかり出てる!この面子だったら3Dの吹き替え版を見てみたい。


監督:ローランド・エメリッヒ
出演:リアム・ヘムズワース ジェフ・ゴールドブラム ビル・プルマン ジェシー・アッシャー マイカ・モンロー


【Amazonだと1000円以下!おさらいしておこう!】
Blu-ray インデペンデンス・デイ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。