↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















2011年08月24日

日輪の遺産(2011年)

テーマ:11年08月の劇場鑑賞映画
勝手に映画紹介!?-日輪の遺産


【鑑賞日:2011年8月23日】

近所のシネコンは夏休み映画ばであまり見たいものがなく、唯一、見に行こうと思っていた「シャンハイ」はネット試写会で見ちゃったから、今月は一度も映画館へ足を運ばないかもしれないなぁ~と思っていたんだけれども、運よく、シネコンで実施の「日輪の遺産」試写会に当選したので行ってきた。これも27日から公開だけど、はっきり言って劇場で見ようとは思っていなかったんだよね…だって、ユースケ・サンタマリアの映画だよ?あっ、でも主人公は堺雅人だったのね…予告を見た時に、ユースケの名前と顔が頭にこびりついちゃって、てっきりユースケが主役の映画なのかと勘違いしてたよ、オイラ。

2011年3月、資産家の金原庄造が息を引き取った…妻の久枝は、孫娘をはじめとする家族を前に、今まで隠してきた終戦間近のある事実を語り始める…。1945年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐は陸軍大臣ら軍トップに呼び出され、密命を帯びる。それは山下将軍が奪取した900億円もするマッカーサーの財宝を秘密裏に陸軍工場へ移送し秘匿せよという内容だった。大臣たちは日本の敗戦を確信し、その財宝で祖国を復興させようと考えていたのだ。真柴は大蔵省出身の小泉中尉、元歩兵連隊の望月曹長と共に任務に当たる。そして、勤労動員として女学校の生徒20名が召集されたのだが、その中の一人に久枝もいたのだ…。

原作は未読…八千草薫扮する、女学生の生き残りと、ミッキー・カーチス扮する日系人のアメリカ軍人の二人の回想が絡み合って物語が進行していくんだけれども…マッカーサーから奪った財宝を日本復興のために秘匿するとか、めちゃくちゃ胡散臭いお話。まぁエンターテイメントとしては、こういうハッタリは歓迎。中村獅童扮する曹長が、密命を嗅ぎつけた他の日本軍人と、司令部の中で大立ち回りを繰り広げるあたりは、けっこう良かった。馬賊(曹長が過去に戦った相手)はみんなコイツを使ってるとか、銃の講釈をたれながら嬉しそうに、ショルダーストック付きのモーゼルを手入れしてた獅童が、その銃を威嚇で発砲するんだよ。

原作を読んでいなくても、回想形式をとっていることで、女学生たちがどうなるかというのは、ある程度予想ができてしまう。“プライベート・ライアン”みたいに、お話自体は嘘八百のフィクションなんで、お涙ちょうだい狙いすぎだろうみたいな部分の方がちょっと大きいか?日テレの年末時代劇で見た、白虎隊を思わずダブらせてしまった(笑)ただ、戦争としての戦闘描写を一切描かずに、戦争の悲惨さを訴えるというのが本作の見どころでもあり、あの時代の日本なら、こういう事もありえたという説得力も少しは感じられる。年端もいかない少女たちもお国のため、平和のために、玉砕覚悟という信念を抱いていたんだなぁと…。

この手の戦争ものの語り方として、生き延びた人が現代を振り返るという回想形式は常套手段なわけだけど…過去のシーンだけで、ドラマを構成してもよかったような気がしないでもないが…こういうもたつき、野暮ったさも浅田次郎作品らしさか?残された三人の男、大人たちのそれぞれ“戦争”への落し前の付け方というのも大事なんだけど…いったん現代に話が戻ってから、こんな話もあった、あんな話もあたっと、とってつけたように語られるので、ちょっと興ざめする。バラバラのピースが、がっちりとハマるミステリー的な仕掛けはあることはあるんだけどね。オイラ的には、財宝隠しました、その陰には不幸もありましただけで終わっても良かったと思う。

泣きを期待して行く人は、これまた浅田次郎っぽい、最後のファンタジーな見せ場がどストライクみたいで…オイラの周りではおばちゃんたちのすすり泣きがサラウンドしてましたね~。でも孫娘やその婚約者にまでアレが見えちゃうのは、やっぱやりすぎだろう…。現代のシーンいらねぇ、回想形式反対とか言ってますけど…そのおかげで麻生久美子が見られたので、一概には否定できないのがつらいとこだ。中村獅童がジジイになると悪役商会(八名信夫)になるというのも笑いどころで、キャスティングうますぎ!つーか、じいちゃんとばあちゃんの馴れ初め、今の時代だったら、ロリコン犯罪にしか見えないだろ!ついこういう見方をしちゃう、自分が情けない…。


監督:佐々部清
出演:堺雅人 中村獅童 福士誠治 ユースケ・サンタマリア 八千草薫 麻生久美子 ミッキー・カーチス


【原作小説はこちら…】
日輪の遺産 (講談社文庫)
勝手に映画紹介!?-日輪の遺産 (講談社文庫)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。