↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















2011年06月11日

X‐MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年)

テーマ:11年06月の劇場鑑賞映画
勝手に映画紹介!?-X‐MEN:ファースト・ジェネレーション

【鑑賞日:2011年6月10日】

本日、6月11日が正式公開の「X‐MEN:ファースト・ジェネレーション」を、シネコンの一日早い先行上映で鑑賞してきた…雲行きが怪しく、天気予報で夜は雨が降るなんて言ってたから、見に行くのをやめようかとも思っていたんだけど、ネットで来週のスケジュール調べたら、オイラの行ってるシネプレックスは…明日の正式公開以降は、小さなスクリーンでの上映しかなくて、シネコン内のいちばんデカイ、THXスクリーンで「X-MEN…」を上映するのは本日のみだったので、同じ金額出すならでかいスクリーンで見なきゃ損と、やっぱり先行上映で見ることに。 ちゃりんこで出かけてたけど、幸い、雨が降る前に家に帰ってこれたので…ほっと一安心。劇場の方は、ボチボチ人が入ってたけど、混んでるってほどでもなかったね…。

裕福な家庭に生まれたチャールズ・エグゼビアは、青い肌を持つ変幻自在のミュータント、レイブンと知り合い、自分もテレパシー能力を持っていると打ち明ける。以来、兄妹のように一緒に生活してきた二人の前に、CIAエージェントのモイラ・マクタガートが現われ、セバスチャン・ショウ率いるミュータント軍団が新たな戦争を引き起こそうとしている事実を知らされ、協力を打診される。一方、幼い頃、捕虜収容所で“力”を開花させたエリック・レーンシャーは、自分の母親を手にかけた男に復讐しようと、彼の行方を追いかけていたのだが、その相手こそがセバスチャンであった。セバスチャンの陰謀を食い止めようと軍と共に行動をしていたチャールズたちは、敵ミュータントの反撃に遭うのだが、その場にエリックが現われ…。

プロフェッサーXとマグニートーが敵対する前、一緒にアメリカを守るために戦っていた頃のお話…当時の社会情勢をドラマの背景にうまく当てはめつつ、二人の生い立ちや、他のミュータントたちとの出会いなどが描かれていく。最後に何が起きるのかという点に関しては、少なくても映画の「X-MEN」シリーズを追いかけてきた人には理解できている事なんだけれども、そこに至るまでに色々な驚きがちゃんと詰まっています。オイラも原作とかは全然読んでいないので、ミスティークとチャールズの関係など、二人にそんな過去があったのかぁと、素直に驚く。そのミスティークが、だんだんとエリックこと、マグニートーに傾いていく様子なんかが丁寧に描写されているし、エリックが甘っちょろいチャールズや人間に対する不満を募らせていくところも興味深く見れる…。

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」を見た時にも感じたけことだけど、「スター・ウォーズ」の新三部作みたいなポジションの映画だね。特にエリックの存在が、だんだんダークサイドへ落っこちていくアナキン・スカイウォーカーみたいで…余計に雰囲気が似ているなぁって思って見てました。普通の映画でいうオチっていうのはわかっちゃっているんだけど、バラバラだったピースがピタリと正編にハマることにより、なんともいえない爽快感が得られますよね。正編のキャラクターも、ちゃんと何人かカメオ出演しているので、思わずニヤリ。ついでに、アメリカ側のお偉い軍人さんたちが、グレン・モーシャワーやマイケル・アイアンサイドといったミリタリーものに欠かせないような意外と有名な俳優さんたちが演じていたのも、雰囲気を盛り上げてくれました。

極悪非道なケヴィン・ベーコンの悪役ぶりがなかなか様になっており、相手のパワーを吸ってどんどん若返っていくというのが面白いね。最初の方で、あれ、このオッサン、ベーコンに似てるなぁって思ってたら、後にいつものベーコンになって出てくるから、やっぱりそうだったのか!って感じだし。あと、CIAのねーちゃん(ダメージに出てた人だね)が、下着姿で潜入捜査するとか、意外とお色気サービスが豊富…これまたセクシーミュータントのエマ・フロストがテレパス能力を使って、ロシアの軍人に、あたかもHさせてるように見せるシーンなんかは、場内で男性客がみんな爆笑してたし。俳優が一新されてしまったという不安も少なからずあったが、シリーズを見ていた人なら、本作も安心して楽しめる仕上がり。「ウルヴァリン」も良かったけど、本作も楽しめました。


監督:マシュー・ヴォーン
出演:ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ローズ・バーン ニコラス・ホルト ケヴィン・ベーコン


【旧作をおさらい、今ならAmazonで¥4,558で買えます!】
ウルヴァリン:X-MEN ZERO クアドリロジー ブルーレイBOX〔初回生産限定:デジタル・コピー付〕
勝手に映画紹介!?-クアドリロジー ブルーレイBOX


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年06月04日

アジャストメント(2011年)

テーマ:11年06月の劇場鑑賞映画
勝手に映画紹介!?-アジャストメント

【鑑賞日:2011年6月3日】

先週から始まっている、マット・デイモンの新作「アジャストメント」をシネコンのレイトショーで鑑賞してきた…フィリップ・K・ディックの短編小説を原作にしたSF作品とのことですが、原作は未読。人間の運命を改変させてしまう謎の組織が…ひと組の男女の恋路を必死になって割こうとするって映画なんだけど…予告を見た時に感じた、ミステリアスなSFっぽさはあまり感じず、ラブストーリーとしての度合いが強いように感じた。マット・デイモンを起用するくらいだから、もっとアクション要素もたっぷりなのかなと思ってたんだけれども…「ラン・ローラ・ラン」みたいに、やたらと走ってるだけだったね。個人的にはちょっとばかり拍子抜け…。

当選間違いなしとされていた政治家のデヴィッドはスキャンダルでピンチに陥る。負けを認めたデヴィッドは、敗北宣言のスピーチをトイレで練習していたのだが、なぜか男性トイレの個室から女性が現われ…。彼女と会話も盛り上がり、スピーチの内容にも大きな影響を与えてくれたのだが、名前も聞かずに別れてしまった。後日、バスの中で例の女性と偶然にも再会…エリースというその女性に一目惚れしてしまったデヴィッドは電話番号をGETして、意気揚々と仕事場に向かうのだが…。実は、デヴィッドとエリースは結ばれてはいけないと、運命で決められており、運命調整局と名乗る謎の男たちが、二人の仲を引き裂こうと画策していた…。

調査局の人間が扉をあけると、別の場所に通じてるって…どこでもドアかよ?SFの器は借りてるんだけれども、やってることはけっこう古臭いラブロマンスみたい…親に結婚を反対されたけど、諦めきれずに駆け落ちしたカップルみたいな話なんだよね。謎の組織は、正体が明確に提示されるわけじゃないんだけど、たぶん、神様と天使みたいなことなんでしょう…天使が人の恋路に介入してくるっていう展開は、なんだかユアン・マクレガーの「普通じゃない」をちょっと彷彿とさせるかなと思った。「普通じゃない」は、男女を無理やりくっつける話だったけど、本作はまさに、あれの逆バージョンって感じ…。

主人公は何度も決められた運命に屈しそうになるんだけれども、愛の力で抗い続けてって…。ご都合主義も多いけど、そこはSFなんだと割り切れば乗り切れるレベルか?とにかく愛の力を信じてって…直球のテーマは、女性客やカップル鑑賞には無難で、最適な感じだけど、正直、野郎一人の鑑賞だと、あまりノレないのも事実だろう。飽きることはなかったけど、オイラ的には繰り返し鑑賞の必要性はあまり感じなかったよ。これだったら、別に無理やりSFにしなくたっていいじゃんといいたくなった、ジョン・ウーの「ペイ・チェック」の方が全然面白く、何度も見たくなる。ニコラス・ケイジの「NEXT -ネクスト-」といい、最近はフィリップ・K・ディックものは不発が多い。


監督:ジョージ・ノルフィ  
出演:マット・デイモン エミリー・ブラント アンソニー・マッキー ジョン・スラッテリー テレンス・スタンプ


【アメリカでは既にソフトが発売済み】
Blu-ray The Adjustment Bureau
勝手に映画紹介!?-The Adjustment Bureau


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。