2018年05月14日

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃(2016年)

テーマ:洋画
山猫は眠らない6 裏切りの銃撃

GWにWOWOWでエアチェックした“山猫は眠らない”シリーズ一挙放送を順番に消化中…今回は既に鑑賞経験のある作品も録画、おさらい鑑賞してきたが、ようやく未鑑賞作品までたどり着いた。ということで、今まで見逃していた「山猫は眠らない6 裏切りの銃撃」を鑑賞…前作では、トム・ベレンジャー扮する1~3作目の主人公トーマス・ベケットが復帰、4作目の主人公であるベケットの息子(以降、ややこしいので“ジュニア”と呼称)も続投していて…両者が共演。このスタイルで続編も続くのかなと思いきや、再び“ジュニア”の単独主人公に戻ってしまった。

中東の過激派組織から、人質を救出する任務に就いていた米海兵隊のスナイパー、ブランドン・ベケット…しかし、ターゲットとして捉えたテロリストが、幼い子供だったために引き鉄を引くのをためらい、結果…作戦に支障をきたしてしまう。失敗を引きずるベケットだったが…彼の属するチームに新たな命令が下る。ジョージアから西ヨーロッパに天然ガスを送る“パイプライン”がテロリストに狙われていたため、その警護だった。ブランドンはかつて父親トーマスとコンビを組んだミラーのもとで任務に就くが、作戦中に味方の狙撃手が撃たれ、情報漏れを疑う!

トム・ベレンジャーは不参加だったが、その代わり…4作目でシリーズの橋渡し役になった、1作目のベレンジャーの相棒、ビリー・ゼインが、“ジュニア”の上官役で再登場。さらに、前作で“ジュニア”の直属の上官だったドミニク・マフハム演じる“少佐”、そしてその上に君臨するチームのボス的存在、「24」のパーマー大統領役でお馴染みデニス・ヘイスバート演じる“大佐”も再登場…1~5作目を踏まえた続編であるのと同時に、直接的なストーリーの繋がりはないものの、設定などは5作目の内容を色濃く反映したものになっているなと、思った次第だ。

というわけで…前作の路線である、“チーム”ものを継承…そういえば、前作に登場した女性スナイパーは他のキャラクター(俳優)に変わってて、チーム内におねーちゃんは2人もいたね。パパベケットは登場こそしなかったがセリフの中で“また行方不明”という情報だけは出てきていたな。前作ではやたらとでかい狙撃用の銃を敵がタブレット(スマホ?)で操作するという描写が出てきたが…さらにハイテク化が進み、今回の重要なポイントは“ドローン”だったり。万能のはずのハイテクも、使い方次第では紙一重、過信は禁物だなって言うお話でもありました。

スナイパー映画らしく、そこは“己を信じろ、己の眼を信じろ”っていうのに通じるのかなと思ってみたり。詳しい銃器名とかまではわからないけど、冒頭の人質救出作戦などでミラーが狙撃に使ってるのは、たぶん4作目に登場したライフルと同じですよね(暗殺部隊の頭を吹き飛ばしたでっかいライフル)。“ジュニア”の判断ミスで作戦が失敗し、犠牲を出してしまうんだけど…それを挽回するために、味方のヘリコプターで逃げ惑うテロリストどもを掃射したりと、のっけから派手目なアクションが全開…もう1作目のような静謐さはこちらも望んでません。

中盤、色々と問題を起こした“ジュニア”が…チームを離脱し、別の仕事のお手伝いで“雪山”に向かうんだけど、スノーモービルが出てきて、ちょっとだけ「ダイ・ハード2」を思い出した。そうしたら、劇中で“ダイ・ハード”を意識したセリフや小ネタが出てきて笑ってしまい…その後、ある脇役キャラクターが自分にとって、人生が変わるようなある重要な日の日付が“12月25日=クリスマス”だった符合に…あれ、全部狙いだったのかな?なんて深読みもしたくなる。狙撃シーンの見せ場と、アクション映画の派手さもうまく両立してたし、けっこう面白く見れたよ。


監督:ドン・マイケル・ポール
出演:チャド・マイケル・コリンズ ビリー・ゼーン ステファニー・ヴォクト デニス・ヘイスバート ニック・ゴメス


【DVDソフトの購入】
DVD 山猫は眠らない6 裏切りの銃撃







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!










勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。