↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






















2017年05月18日

エスコバル 楽園の掟(2014年)

テーマ:洋画
エスコバル 楽園の掟

WOWOWでエアチェックしておいた「エスコバル 楽園の掟」を鑑賞…ベニチオ・デル・トロが、メデジン・カルテル創設者、実在の麻薬王パブロ・エスコバルを演じるクライムアクション…オイラがデル・トロという俳優を意識し始めたのはけっこう早く、「007/消されたライセンス」を劇場で見た時だった。ボンドと敵対する麻薬王サンチェス(ロバート・ダヴィ)の腹心である殺し屋のダリオを演じていて…とにかく不気味な存在感を発揮していた。デビュー間もないころは組織の下っ端を演じていたデル・トロが…今では麻薬王を演じるているというのも感慨深い。

兄とサーフィンを楽しむためにコロンビアにやって来たカナダ人青年ニック…そこでマリアという美しい女性と出会い恋に落ちる。そんなマリアの叔父は、議員も務める地元の富豪パブロ・エスコバルだった。ニックはエスコバルにも気に入られ、彼の所有する農場で働きながら、マリアと仲睦まじく暮らし始めるのだが、実はエスコバルがコロンビア最大の麻薬カルテルのボスという裏の顔を持っていることを知ってしまう。最初は半信半疑だったが、実際にエスコバルの素顔を目の当たりにし、恐怖に怯える。なんとかこの窮地から抜け出したいと考えるが…。

冒頭、暗闇に浮かぶ人影…徐々に輪郭がはっきりしだして、モジャモジャのひげ面で、ずいぶんと恰幅のいいオッサンだというのがわかってくる。一瞬、現役時代のマサ斎藤なんかにも見えちゃって…なんだこのオッサンって思ったていたら、それがデル・トロ演じる麻薬王エスコバルだった。物語は政府に追い詰められたエスコバルが、仲間・部下に降伏を訴えるところから始まるんだけど…負けを認める前に、最後にもう一発デカイ仕事をしようとしてるらしいというのがうかがえる。そしてその場に、なぜかオーストラリア人の冴えないあんちゃんが混じってる。

物語の主人公はどちらかというと、この冴えないあんちゃんの方…なぜこのあんちゃんが、麻薬王なんかと一緒にいるのかというところまで話は遡り、現在の状況が紐解かれていくという展開。実在の人物を描く伝記風の作品なのかなと思わせておいて…WOWOWの解説なんかではクライムアクションと謳っていたのが、このあたりに理由があった。麻薬王の素顔を描くというよりは、それを知ってしまって散々な目に遭う若者の災難に主眼が置かれている。もちろん、主人公の目を通して…麻薬王の恐ろしさは痛いほど伝わってくるんだけどね…。

初対面は陽気な叔父さんだったけど…夜中に、主人公が1人で寝ているところにやって来て、最初は他愛もない雑談をして、だんだんと会話の中身に“裏がありそう”な雰囲気になり…主人公もその時は既に正体を知らされていたから、薄々と何か危険を察知し、ビビリながら受け答えするというシーンがあるんだけど…その時の、デル・トロの不気味さが半端ない。「007/消されたらセンス」の殺し屋役も不気味だったんだけど…あれはどちらかというと、見た目のキモイさが強く…本作の麻薬王は真からの恐ろしさが伝わってくるというか、なんというか…。

それにしても、青っ白い顔して見るからに弱っちい主人公…なんで、こんな男を情熱的なコロンビア美女が気に入ってしまったのか…その時点でもう謎である。っていうか…ナンパの代償は大きかったって話だよね。一目ぼれしてしまった現地の娘を…いかにもな手で口説き落とし、勢いで結婚まで突き進んでしまう。そうしたら、相手の叔父さんが麻薬王だったっていう…。人を好きになったら、周りが見えなくなっちゃうっていうけど…もう少し、付き合う前に相手の素性を調べた方がいいっていう、教訓みたいなお話でもある。うまい話しには裏があるってことだよ。

“アクション”と謳っていたわりには…組織の抗争なんかを描くわけでもなく、派手なドンパチも出てこないんだけど…クライマックス、主人公がどん底に突き落とされた後、そこから抜け出すための行動で…ようやくそれっぽい見せ場になる。ただ、あんな間抜けなあんちゃんが、狡猾な麻薬王に勝てるわけがなく、どんなにあがいても“バッドエンド”しか想像できないので…爽快感はゼロに等しい。見てるだけで、こっちまで憂鬱になる主人公の顔…どこかで見たことあるなぁと思ったら、「ハンガー・ゲーム」のピータ役だそうで、アレもイラっとするキャラだった。


監督:アンドレア・ディ・ステファノ
出演:ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ハッチャーソン クラウディア・トライサック ブラディ・コーベット


【DVDソフトの購入】
DVD エスコバル 楽園の掟







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。