↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















2017年05月13日

クリムゾン(2015年)

テーマ:洋画
クリムゾン

WOWOWでエアチェックしておいた「クリムゾン」を鑑賞…これまた初放送マークがなかったので、過去に録り逃した作品のリピート放送だったのだろう。このところ、しょっちゅう見てない作品を録画し忘れてるんだよね…昨日も「死霊館 エンフィールド事件」の予約を忘れてしまい…字幕版は22日のリピートまで待たなきゃいけないという(今月中に放送があってよかった)。えっと「クリムゾン」の話に戻るけど…3姉妹が訪れた孤島で謎のクリーチャーに遭遇するというモンスターホラー…フェイドアウトの回数が多かったことから察するとたぶんTVムービーだね。

両親を亡くしたサラ、マーリー、エマの3姉妹は…悪夢にうなされる末っ子エマのために、叔母が住む孤島へ向かうことに。しかし、島へ渡る直前に、フェリーの係員から“嵐が去ってからにした方がいい”と忠告を受け、島へ渡ろうとしている男性からも同様の忠告を受ける。結局、忠告を無視して島に到着した3人だったが…島内の異様な雰囲気を敏感に察知!叔母の家へと急ごうとするのだが、途中で車が止まってしまう!さらに叔母が家の外に止まった車の中で、目がくりぬかれ、焼け焦げた死体と化して発見された!いったい島で何が起きてるのか?

ネットの評判めっちゃ悪いな…Amazonのレビューなんて、評価件数5件で、平均が★1.5点ですよ(笑)お金を払って見た人、買った人と…オイラみたいにWOWOWで見た人じゃ、感じ方にもいっそう落差があるのかもしれないけど…オイラはけっこう好きなタイプですよ。ストーリーがないと揶揄するような声も聞こえるけど、確かに情報量が少ない。だからね、前フリがあまりない状態で…クリーチャーとのバトルにドーンと突入し、本編が86分しかないから、中途半端なタメもなく…とにかく展開がスピーディーでバンバンと話が進んでいくんだけど、これがいい!

冒頭、思わせぶりに出てきた“オバサン”…あれ、顔を見たことあるけど誰だっけ?なんて思っていたら…ちょうどキャストクレジットがかぶりまして、「ゲーム」や「サイレントヒル」に出ていたデボラ・カーラ・アンガーであることが判明…やっぱり見たことあると思ったんだよなぁ~なんて納得したのもつかの間、あっという間にモンスターに襲われご臨終。このテンポが全編を貫いている感じ。そして今度は車に乗った三人の若い女の子が登場…どうやらみんな姉妹で、両親が死んでしまったから、これから叔母さんが住んでいるどこぞの島へ行く途中だそうだ。

三姉妹は、ちょっとおとなし目の長女、反抗期なのかやたらと交戦的な次女、そして末っ子は病気でも患っているのか、どこか儚げな感じ…後にこの末っ子は“予知夢”の能力を有しているらしいという描写があり、いち早く叔母さんの死を察知する。そう冒頭で死んだ“オバサン”は三姉妹の“叔母さん”だったのだ。妹の予知夢、そして現地民からの“島に渡ってはだめだ”という警告もあったのに…お姉ちゃん2人がそれを無視して、結局…モンスターに襲われるという展開。とにかく脇役の死にっぷりが見事なくらいあっけない…物語に絡みそうで絡まない。

そんなどうでもいい脇役だけれども…一度に死ぬわけじゃないので、あっけないなりに、お亡くなりになる順番が意外と予想を覆してきて、オイラは楽しめたんだよね。なんか「トワイライト」にでも出てきそうな、色白のイケメンのにーちゃんとか…他の映画だったら、まず主人公たちを助けるナイスガイポジションだと思うんだけど、一緒に行動する気はまるっきりない。仲間になるのはお前の方かよ…と、思ったら、もう死んだのかよだし。また、予知夢の末っ子が、おねーちゃんたちに迷惑をかけたくないと、頻繁に単独行動するんだけど、それが迷惑なんだって!

だからね…三姉妹だって最後まで生き残る保証はないよ。そして、気がつけば…残りが10分くらいしかない。クリーチャーの姿は最初から何度も見えていて…木のお化けみたい。それこそ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のグルートみたいに、蔦で攻撃してきて…人間に絡まったり、引きずってどこかへ連れ去ったりもする。そしてその体内が真っ赤に燃え盛っていて、襲われた人たちは炭化しちゃう場合もある。なんか、意外とビジュアルや設定も他になくて、新鮮味は感じられた…ただ見た目はそんなに怖くはない。あと10分でコイツの正体に迫るのか?

それとも…とりあえず逃げ帰って終わりなのか、戦いに勝利して終わりなのか…はたまた“3姉妹”全滅バッドエンドか?モンスターの発生原因とかよくわからないんだけど…知らないうちに“ハロウィンの一夜をやり過ごし、朝になれば助かる”という情報だけは独り歩きしている…もちろん確証ゼロ(笑)煽りが少ないので怖さを感じる余裕もほとんどないんだけど…モンスターに対しての“なんだコイツ”という得体のしれない感は、なんとなくオイラはずいぶん前に見た「ジーパーズ・クリーパーズ」あたりを思い出した…モンスターのビジュアルは全然違うけど。

あと、モンスターの怖さはなかったけど、自分たちの車がなくなってしまい、仕方なく叔母さんの死体が乗っていた車を拝借する羽目になるんだけど…座席も窓も血まみれで、それを乗り続けなきゃいけないという、悪趣味なところがオイラはいいなぁって思った。あと、モンスターの蔦がが絡まって死んでしまった死体が、末っ子の足をつかんで離さないんだけど、次女が斧を振りかざして、絡まってる相手の手を切断するっていうシーンも、なんかホラー的な魅力が出てるなぁと。TVムービーだとわかって見ていると、余計に頑張ってる感が伝わってくるのでした。


監督:シェルドン・ウィルソン
出演:ステファニー・ハント サラ・ダグデイル アリーシャ・ニュートン デボラ・カーラ・アンガー


【DVDソフトの購入】
クリムゾン
クリムゾン






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。