↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






















2017年04月11日

マギー(2015年)

テーマ:洋画
マギー

WOWOWでエアチェックしておいた「マギー」を鑑賞…俳優業復帰後も「ラストスタンド」「大脱出」「サボタージュ」と“ある意味”期待を裏切らなかったわれらのシュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のゾンビ映画ということで気になってはいたんだけど、劇場公開やらソフトリリース時のネットの評価は“微妙”というものが少なくなかったので…オイラ的に“鑑賞保留”という判断を下したんだけど、ようやくWOWOWで初放送されたので見てみた。ちなみにタイトルの“マギー”はアビゲイル・ブレスリン演じる娘の名前、というか愛称です。

感染するとゾンビになってしまうウィルスが蔓延する近未来…ある日、家出していた16歳の娘マギーが、ウィルスに感染したという連絡を受け、病院に迎えに来たウェイド。本来なら、感染者は隔離施設に移されるのだが、自宅に連れ帰ることに成功。家には継母のキャロライン、腹違いの弟・妹がいるのだが…弟たちは親戚の元へと預けられることに。家に残ったウェイドとキャロラインは親身にマギーの世話をするが、マギーの発症を危惧する地元警察が様子を見にやってきた。ウェイドは激怒して警察を追い返すが、マギーの状態は徐々に悪化していき…。

ネット等で評判を見聞きしていた通りの内容でしたね…年齢も考慮し、そろそろ演技派に転向したいのは理解できるが、やっぱりこちらとしてはシュワが銃でゾンビをぶっ飛ばし、拳でタコ殴りにする姿を拝みたかったというのが本音である。いや、アクションに近いシーンもあったりするんだけど、どうにかこうにかゾンビを撃退するのがやっとで、武器を使用するのは…ゾンビ化した知り合いを“楽にさせる”時くらい、その行為自体も後々まで後悔して悩みまくると。とにかく辛気臭い内容…間違っても“地獄で会おうぜベイビー”なんてセリフも出てきません。

簡単に言うと…ゾンビ映画の皮を被った難病もの。それも…奇跡的に完治するようなハッピーエンドは望めない、明らかにバッドエンド。まるで痴呆と末期がんを同時に患ってしまったような状態で…その時、家族はどんな対応をとるのか、とらざるを得ないかというのを見せられているようでした。どんな優しい言葉をかけても、結局は自分の腹を痛めて生んだ子供の方が大事でして、やっぱり継母は継母だなという…確かにそういうところは、ものすごく切なくて…一時期はやったケータイ小説原作の邦画より、よっぽど現実的だったりもするんですけどね。

でも、やっぱりシュワが主演じゃなくても良かったんじゃない?って思ってしまう。酷評が多い中…シュワの演技力がどうたらこうたらで、映画の内容を無理やり誉めようとしている連中のレビューにもうんざり。お前らも本当はドンパチが見たかっただろ?って言いたくなる。せめて感染した娘が…問答無用に家族に襲い掛かるなど、ホラーとしての見せ場でもあれば、まだ救いがあったのに、なにもかも中途半端でしたね。一応、放送画質のDRモードで録画したんですけど、1回見ればいいかな?再鑑賞しそうもないので、BD-Rに焼くのは止めようかな?


監督:ヘンリー・ホブソン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー アビゲイル・ブレスリン ジョエリー・リチャードソン ジョディ・ムーア


【DVDソフトの購入】
DVD マギー







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。