↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






















2017年03月18日

ハイヒールを履いた女(2012年)

テーマ:洋画
I, Anna

劇場未公開の作品をソフトリリース前にオンエアするWOWOWのジャパンプレミアで録画しておいた「ハイヒールを履いた女(原題:I, Anna)」を鑑賞。イギリスを中心とした3か国の合作で、2012年製作とちょっと古めの作品だが、公開中の「アサシン クリード」にも出演している大御所女優シャーロット・ランプリングと「ユージュアルサスペクツ」のガブリエル・バーンが共演しているなど、ひと昔前だったら充分に劇場公開もイケそうな、映画らしい重厚さは漂う。国内盤ソフトはまだ検索できなかったので、ジャケ画像とリンク先はAmazonで見つけたImport DVD。

結婚に失敗したアンナ・ウェルズは、娘のアドバイスもあり、熟年向けの独身お見合いパーティーに参加。そこで意気投合した男性ジョージと、彼の住む高層マンションへと向かうのだが…。一方、中年刑事のバーニー・リードは家族と別居しており、現在はホテル暮らし。その日も、早朝から事件の通報を受けて、現場のマンションへと急行する。現場検証を他の警察官に引き継ぎ、エレベーターに乗ったバーニー…そこで忘れ物をしたという女性と出会い、なんとなくその女性に魅かれていくのだが、彼女こそ被害者男性と一緒にいた人物だった!

ジジババ向けのお見合いパーティーでお持ち帰りされたシャーロット・ランプリング…その相手が、翌朝、死体になって発見される。事件の通報を受けてやって来た刑事ガブリエル・バーン…彼もまた家庭に問題があり、現在は別居中のうらぶれた中年オヤジで、なんとなく事件現場付近で遭遇したシャーロット・ランプリングを気にしだす。最初は、“刑事の勘”でピーンときて、容疑者として怪しみだしたのか、それとも単なるスケベ心かわからなかったんだけど、どうやら後者…職権濫用で一目ぼれした女の情報を調べ上げて、お近づきになろうとすると。

ぶっちゃけ、単なるストーカーじゃねーか…日本でもこういう事件が発覚して、いい歳こいたベテランの警官が、依願退職したり、懲戒免職したりって話がよくあるじゃねーかと。それで終わったら映画にならない…だから、惚れた女が殺人容疑者だったという、もう一つの大きな要素があるわけだ。明らかにオバチャンの容疑は“クロ”っぽいけれども…一応、サスペンスなんで、他にも容疑者らしき人物が!被害者の息子だったり、謎の黒人(後に、被害者の息子と関わっていることが判明)がなんとなく怪しい動きをして、いったい誰が犯人なのかなって…?

全体的に地味な印象だけど、そこはシャーロット・ランプリングとガブリエル・バーンの年季の入った演技力で、ジジ、ババのラブストーリーとしても充分に楽しめてしまうのはさすが。お互いに不器用で、プラトニックなまんまなんだけど…そこは直ぐにヤっちゃうアメリカ映画とは違う、上品な意味でのアダルトさだろう。ただ、シャーロット・ランプリングが“おしゃぶり”するようなシーンもあったり。WOWOW情報によると、監督はランプリングの実息だそうで、母親が男に“おしゃぶりを強要”されるシーンをどんな気持ちで演出したのだろうと、変なところが気になる。


監督:バーナビー・サウスコム
出演:シャーロット・ランプリング ガブリエル・バーン エディ・マーサン ラルフ・ブラウン ヘイリー・アトウェル


【Amazonで見つけた海外盤DVD】
DVD I, Anna ※日本語なし リージョン等注意







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。