↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















2017年03月06日

劇場版selector destructed WIXOSS(2016年)

テーマ:アニメ映画
劇場版selector destructed WIXOSS

今週はとにかくめまぐるしくなりそうな気配…身内に不幸があったのは昨日書いた通り。当初は“家族葬”だから親戚関係の参列も制限するという話だったのだが…一転して、ウチの母親だけがもしかしたら参列するかもしれないという話になった。なんだけど、葬儀場の手配などがいろいろと大変らしく、日程がまだ未定。今週末になりそうだと。そんな中、本日…病院に診察に行った母親が、再入院することになった。といっても、前回の入院で施術した時の金属器具を体内から抜き取るという簡単な手術なんだけど、その日程が水曜、木曜の1泊2日になる予定。

最初は2泊3日の入院と言われたんだけど…事情を話してスケジュールを調整してもらった。簡単な手術だけど、一応入院は入院なので手続きもあるし、何があるかわからないので、もちろん術中の同伴(待機)が必要だ。で、予定通りに退院したからといって…術直後の母親を、1人で“葬式に行ってこい!”とは言えず…電車で片道2時間はかかる場所だし、やっぱりそっちもオイラが付き添うことになりそうだ。そんな状況ですが…今日もちゃっかり1本映画観賞…WOWOWでエアチェックしたアニメ映画「劇場版selector destructed WIXOSS」を見たんだけど…。

友達のいない中学生の小湊るう子は兄から貰ったトレーディングカードゲーム“WIXOSS(ウィクロス)”を開封。するとカードの中に描かれた少女が突然動き出し、話しかけてきた。突然のことに困惑する、るう子。カードの中の意思を持った少女=“ルリグ”にタマと名付けたるう子。やがて、同じように“ルリク”を所有する紅林遊月が現れてカードバトルを挑まれる。遊月からバトルの詳細を聞かされるり子。“ルリグ”を手に入れた少女は“セレクター”と呼ばれ、“セレクター”同士のバトルを制した暁には“夢限少女”になれるという。それはいったい何なのか?

ぶっちゃけ、疲れてるから、アニメ映画でも見て…気分転換でもしようという気持ちだったのだが、これがとんでもない間違いだたっという。元ネタはトレーディングカードゲームだそうで、それを題材にしたTVアニメの総集編映画とのこと。トレカも興味ないから、ゲームもやったことがないし、TVシリーズも見ていなかったんだけど…美少女キャラがキャピキャピ言いながらバトルする単純な萌え映画を想像していたら、なんかやたら“病んでる”話でして、見ていて…というか劇中キャラのSっ気たっぷりの下品なセリフとか聴いてて、妙に萎えてしまった。

さらに…本来ならいちげん客にもわかりやすくまとめたものが“総集編映画”と呼ぶにふさわしいと思うんだけど、最近のアニメの“総集編映画”の傾向に多く見られる、そういったものを無視した、新作カットを加えてとりあえず90分にまとめましたな内容なんで、設定も、キャラクターの関係性もまったく理解できないという。最近だと「劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE-」の過去篇とかが、まさにそんな感じだった。これだったら“期待したほどじゃない”と文句を言いつつも、映画オリジナル展開だった「ラブライブ」や「ガールズ&パンツァー」の方が話は理解できた。

まだ始まった直後の、メインキャラたちの幼少期あたりは、“妙に暗い話だな”と思いつつも…これからの展開を期待させるものはあったんだけど、その後はまともな説明もないままバトルが開始、誰と誰が何のために戦っているのやらさっぱり。尺がまったく違うから比べるのもアレだけど、同じ総集編映画でも劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」とかは、その辺しっかりしてたよね。プレーヤーが操るカードの女性キャラが喋ったりするんだけど…バトルに負けると、相手のところにカードのキャラが移動したりするのが、元ネタがトレカゲームという所為か?

プレーヤーの内面的なものがプレイにも重要な役割を果たしていたり、なんとなくそういうのは理解できるような、できないような…。もしかしたら、本来のTVシリーズはもうちょっと面白いのかもしれない。普段なら“病んでる”部分も楽しめる要素だったのかも?脚本を担当しているのが大ブームになった“あの花”こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や、いよいよクライマックスに突入中の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の岡田麿里。今日は萎えてしまったけど、あのグサグサ突き刺さるセリフの数々も岡田麿里ならと納得した。

まぁ、コアなファン向け作品なんだろうな。TVシリーズの放送もあったならいざしらず、WOWOWでこの劇場版を単独放送する意味があったのかはちょっと疑問に思うところ。今からTVシリーズを見てみようという気にもならないけどさ。この作品のファンの方は“何を言ってやがるんだオッサン”と思うかもしれないけど…子供に付き添って見に行ったり、DVDを買ったり、借りたりした親の多くは…オイラと同じような感想を抱くのではないかな?あくまで、トレカゲームもやってない、TVシリーズも見ていない人間の素直な感想なので、軽く聞き流しておくれ(笑)


監督:佐藤卓哉
出演:加隈亜衣 久野美咲 佐倉綾音 茅野愛衣 赤崎千夏 瀬戸麻沙美 釘宮理恵


【DVDソフトの購入】
DVD 劇場版selector destructed WIXOSS







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。