↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






















2007年08月10日

怪談(2007年)

テーマ:07年01~12月の劇場鑑賞映画
怪談

【鑑賞日:2007年8月9日】

最近同棲が発覚した麻生久美子、おめでたが判明した木村多江と…ワイドショー的なネタ絡みの旬な女優がこぞって出演している「怪談」を鑑賞してきた。タイトルがズバリなんで…映画の内容も説明せんでも察しがつくと思いますが、Jホラーの第一人者の一人でもある中田秀夫が、大コケしたハリウッドデビュー作「ザ・リング2」の汚名返上となるかも楽しみのひとつだ。

事の発端は、深見新左衛門という武士が、借金問題で、取り立てにやってきた皆川宗悦を斬り殺してしまい、淵に沈めてしまったのがはじまり。その後、発狂した新左衛門は妻を惨殺、本人も狂死した。残された一人息子の新吉は使用人だった勘蔵に引き取られ育てられたのだが…それから25年の年月が過ぎた時、ある男と女が出会ってしまった。勘蔵を手伝い煙草を売り歩いていた新吉は、三味線の師匠で豊志賀という名の年上の美しい女性と出会う。惹かれあう二人は自然に恋人同士になるが…実は豊志賀は皆川宗悦の娘だったのだ。2人が深く付き合うようになってから、周囲の状況は一変…豊志賀に悪い噂がたち三味線の弟子たちが次々と辞めてしまう。そのことを気にした新吉が別れ話を切り出すが…やたらと嫉妬深くなった豊志賀は新吉を放そうとしなかった!?

「ザ・リング2」よりは全然見れる映画にはなってるし、瀬戸朝香や麻生久美子、木村多江など、女優陣の個性もよく出ている(決して黒木瞳は誉めようとは思わんが)…クライマックスの多勢に無勢な殺陣シーンなどは、川井憲次の音楽と相まって、なかなかの迫力を見せる。ただ、期待したほど…おどろおどろしい内容にはなっていなかったのが残念。黒木瞳には、ベテランとしてもっとがんばって妖艶さを出してもらわないとね、怖い映画になんないっすよ。どーせ、若い男を籠絡するんだったら、小柳ルミ子あたりの方がリアルで雰囲気でそうじゃない?(この人をキャスティングしてたら、もっとタイムリーだったのにねぇ)。

途中、何箇所かあくびもでるとこがあったけど…眠らずに最後までちゃんと見れましたよ。まぁ、それは…心なしか映画館の冷房がいつもより強めに感じてさ、寒かったってのもあるんだけど。あまりの寒さに、汗ふき用に持ってたタオルを体にかけてたもん…冷え性のOLさんみたいに(笑)まさか、映画の内容に合わせて…冷房強めにセットしたってわけじゃないよね?それとも…映画に誘われてホンモノのお化けがやってきてたとか…。

最後に、この映画で一番最悪な部分…それは、エンディングテーマが浜崎あゆみだってこと。これほど場違いなもんはないね…だから日本映画はダメになるんだよ。もっと映画の内容にあったエンディングテーマにしろよ…あのエンディングの後に(一応時代劇だし)、急にアユの歌聴かされてもね~、全然、合ってないよ。映画の余韻に浸るどころか、興ざめでズッコケた。ミリオンセラーを生み出す人気アーティストを使えば、興行にも影響はでるだろうが、監督もプロデューサーも、長いものに巻かれないでほしいなぁ。最後も川井さんの音楽で押し切って欲しかったぞ…押井守の映画を見習え!川井さんを選んだ意味がないだろ。終わりよければすべてよしというけど…終わりだめだと余計ダメ、すべて台無しってのも考えないといかんぜよ。作品性をとるか、興行をとるか…結局、興行を選んでしまったわけだね。


監督:中田秀夫
出演:尾上菊之助 黒木瞳 井上真央 麻生久美子 木村多江 瀬戸朝香 津川雅彦 榎木孝明 光石研 


【映画をダメにしたと思うぞ、オイラはこの曲…】
CD glitter/fated(DVD付)

CD glitter/fated










人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

勝手に映画紹介!?さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。