↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索














2017年08月07日

キャビン・フィーバー リブート(2016年)

テーマ:洋画
キャビン・フィーバー

WOWOWでエアチェックしておいた「キャビン・フィーバー リブート」を鑑賞…ホラー監督イーライ・ロスのデビュー作を自身のプロデュースによりリメイクしたもの。日本での劇場公開タイトルはWOWOWと同じだが、原題はオリジナルと同じ“CABIN FEVER”で…日本でリリースされているソフトも「キャビン・フィーバー」と“リブート”の文字は入っていない。Amazon等で探す時は注意されたし…“キャビン・フィーバー”で検索をかけると、他にも“続編(一応正規なもの)”なんかも出てくるのでちょっとややこしい…なんでソフトは“リブート”を外しちゃったんだろう?

友人同士の5人の男女…ジェフ、ポール、バート、カレン、マーシーは湖畔にある小屋で6日間過ごすことになった。ジェフとマーシーはカップル、ポールとカレンもお互いに仲が良く惹かれあっていた。5人はセックスに溺れ、ハッパや酒でハイになっていたのだが…そこに突然、皮膚のただれた男が助けを求めてきた。動転した5人は持っていた銃やバットで威嚇するのだが…はずみで相手を火だるまにしてしまう!その際に乗ってきた車も壊れてしまい…翌日、徒歩で救援を求めることになるのだが…地元民から謎の奇病が広まっているという噂を聞きつけ…。

オリジナルはレンタルで視聴…といっても、今からもう12年前の話(映画が作られたのは2002年で、日本で公開、ソフトリリースされたのは3年後だった)…セックス&ドラッグ好きのバカモノ(若者)たちが、山小屋でやりたい放題やってるところに“謎の伝染病患者”がやって来たことで、色々と騒動に発展していくという大まかなストーリーはなんとなく覚えていたものの、細部は忘れていた。ただ、今回の“リブート”を見ることで、色々と記憶が刺激され、展開やシーンを思い出す。小屋に着く前に、立ち寄った“地元民の店”でトラブルになるとか、オリジナルにもあった。

また、Hしようとしたカップルの男の方が…彼女をサワサワしてて、手が血まみれになり“感染”が発覚するとか、“ムダ毛処理中の女子”がジョリジョリやってたら皮膚も一緒に剥けちゃうとか…痛いシーン、キモイシーンは覚えていた…そうか、これは「キャビン・フィーバー」だったんだ。ってことは…ストーリーは、そんなに大幅な変更はないと思われる。ただ、右往左往している若者たちの前に、意味深に現れる保安官が、なぜかセクシー美女になっていたりするのは、このリブート版での目立った変更点の1つだろうな。オリジナルは普通に男だったはず。

続編は2作目しか見てないんだけど(3作目もある)…イラーイ・ロスが直接関わっていなかったので作風がぜんぜん違っていたと記憶。ただし、世界観に繋がりがあるのを理解させるための演出がちゃんとあったはずだよね。今回は“リブート”ということで…映像的にもいろいろと今風になってる。オリジナルの方は、10年以上前に見た時点で“レトロ趣味”的な印象も受けたし…それこそオリジナルに愛着がない人だったら“リブート”の方が見やすいと思う。まぁ、見終わってみれば…“リブート”よりも新しい“続編”の方が良かったんじゃない?って気もするけど。


監督:トラヴィス・Z
出演:ゲイジ・ゴライトリー マシュー・ダッダリオ サミュエル・デイヴィス ナディーン・クロッカー


【DVDソフトの購入】
DVD キャビン・フィーバー







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。