↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索














2017年08月03日

バンドワゴン(1996年)

テーマ:洋画
バンドワゴン

Rakuten TVの“無料シネマシアター”、先着50名のオンライン試写会にて「バンドワゴン」を鑑賞…試写会実施予定の今後のラインナップにはタイトル名しか書かれていなかったので、てっきり往年のミュージカル映画の方だとばかり思っていたのだが…1996年製作、1998年日本公開のアメリカ映画でした。当時の東京国際映画祭で上映されて話題になったそうだが…今まで見たことはなかった。DVD化されてるけど、既に廃盤のようで、今現在のAmazonマケプレ価格で13,980円…高っ、誰が買うんだ?そんな貴重な作品をネットでタダで見れたことに感謝だ。

レコード店でバイトをしながら、母親のガレージで暇さえあればドラムを叩いているチャーリー・フラッグは、歌手志望のトニー・リッジと再会し、バンドをやらないかと持ち掛ける。そこに、トラブルで他のバンドを辞めたウィン・ナップ、喧嘩っ早く借金もあるエリック・エルウッドが加わり“サーカス・モンキー”を結成。自ら売り込み、地元にやって来た有名バンドの前座を勝ち取ったメンバーは、その後、伝説のマネージャー、ライナス・テイトに認められツアーに繰り出すことになる。中古のワゴンを手に入れ、ツアーを続けるうちに、バンドの知名度も上がり始めるが…。

にーちゃんたちが集まってバンドを結成…様々なトラブルに直面しながら、ツアー活動を続けていくという…オーソドックスな音楽青春映画。オイラはあまり音楽業界のこと、ましてや海外の音楽事情なんか詳しくはないんだけれども、そういった専門知識がなくても、充分に楽しめる内容で、やっぱり個性的なバンドメンバーたちが魅力的だった。メインのボーカルは人見知りで、ステージに立っても後ろを向いちゃうし(練習中はメンバーとの間に仕切り)、ドラムのにーちゃんは理想論ばかり掲げる甘ちゃん(ついでに親のすねかじりなマザコン坊ちゃん)だし。

ほかにも喧嘩っ早く、借金まで抱えたトラブルメーカー…ギターの腕前は一流、音楽事情にも詳しいのにちょっと協調性が乏しく、すぐに釣りに行っちゃうヤツなんかもいる。コイツらがバカ騒ぎしながら、成功と挫折を繰り返していく姿が非常に面白かった。最初はメインとドラムのセッションから始まって…そこに1人、もう1人とメンバーが加わって、それと同時に音楽も完成に近づいていくんだけど、その時の見せ方が、なかなかかっこよかった。3人目まで順調に揃うんだけど、間に別のヤツが入って演奏したら、せっかくのハーモニーが台無しになったり。

ボロい中古のワゴン車を入手して…ツアーに飛び回るが、一番目立つボーカルと、それ以外のメンバーとの間で色々と温度差があり、そこに“女関係”なんかも絡んでくるというお決まりコース。音楽を奏でている時はあんなに“一体感”があるのに…裏側から見るといつ“空中分解”してもおかしくない状況に。古今東西、幾多のバンドも同じような経験をしてきてるんだろう、なんて考えさせつつ…彼らがどんな答えを見つけるのかが見せ場となっていった。音楽に限らず、何事も売れてなんぼだけど…時には“己”を貫き通すのも大事だよっていうお話でした。


監督:ジョン・シュルツ
出演:リー・ホームズ マシュー・ヘネシー スティーヴ・パーラヴェッキオ ケヴィン・コリガン ダグ・マクミラン


【DVDソフトの購入】
DVD バンドワゴン




まだ間に合うかも? Rakuten TV 試写会はこちら https://tv.rakuten.co.jp/content/224035/






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。