↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















2017年05月14日

名探偵コナン 水平線上の陰謀(2005年)

テーマ:アニメ映画
劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)

WOWOWの劇場版「名探偵コナン」シリーズ一挙放送を追いかけている…原作コミックやTVシリーズにまったく触れていないので、劇場版は1作目から必ず順番に見ようと心がけていて、ようやくシリーズ9作目まできましたね。でも、けっこう見たようだけど、まだ半分に達していないという(笑)そんなわけで昨日放送分の「名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)」を鑑賞…1作前の「銀翼の奇術師」から監督が交代。いちげん客のオイラでも、だんだんとこのシリーズの面白さが理解できてきたのに、前作はちょっとトーンダウンした印象が否めなかった。

八代グループの貨物船・第一八代丸が沈没し、船長の沖田と三等航海士のふたりが犠牲となった事故から15年…八代グループの豪華客船“アフロディーテ号”が処女航海に出航。毛利蘭の友人、鈴木園子のはからいで、この船に乗り合わせた江戸川コナンたち一行は、船上でシナリオ・ライターの日下ひろなり、“アフロディーテ号”の設計者の1人でもある秋吉美波子と知り合う。その後、園子が何者かに襲われ監禁された事件を皮切りに、八代グループ会長・八代延太郎とその娘・貴江が相次いで殺される。コナンたちもさっそく事件を調べ始めるが…。

本筋の事件の発端となる、過去の回想シーンではあったものの…始まって早々に“死人”が何人もでるハイスペース…それだけで、前作よりは面白くなったかなと(笑)やっぱりコナンは死人が出てなんぼだ(笑)本筋は…豪華客船で連続殺人事件という、海外ミステリーのようなシュチエーション。空の次は海か…「タイタニック」オマージュ(パクリ)もいっぱい。事件発生まで30分くらいかかったけど…今回は冒頭で人が死んでるので、逆にそれらも足せば、たった30分でかなりの犠牲者数だ。ただ、ここで死者数は頭打ち…早々と解決編へと突入していく。

ミステリー作家の故・野沢尚さんが脚本を担当した「ベイカー街の亡霊」でもやっていたけど、先に“犯人を見せてしまう”というパターンで攻めてきたが…ただ、同じことをやってもしょうがないので、もうひとひねり仕掛けがあるんだけど、そこが素人の付け焼刃的で、あまり大どんでん返し感が味わえなくて残念。簡単に言うと、怪しいと目を付けた人物が2人とも犯人だったという。つーか、とうとうコナンくんが“証拠の捏造”…まぁ、あれだけご都合主義アイテムがあればいつかはと思ったけど、やっぱりやった。しかも本人の開き直りで視聴者を煙に巻こうとする。

気になる点といえば…コナンくんが船上で1人でサッカーを楽しむ(壁打ち)というシーンが出てくるのだが、その時のボールがバレーボール。いやね、それがあるシーンでの謎解きに関係があるので、そこで必要な演出だったというのは解るんですけど、オイラは小学生の時に、先生に怒られたよ“バレーボールのボールは蹴っちゃいけない”って(笑)また、少年探偵団の面々が、蘭にプレゼントを贈り、それを“どこかへ落してしまった”ことから…蘭やコナンがクライマックスで命の危険に陥るんだけど…船が沈没しかけてるのに、命と貝殻どっちが大切なんや!

大事だ、大事だといってるわりに…子供たちからプレゼントされたのをまったく気づかず(子供たちなりの、サプライズ演出で、こっそりポケットに忍ばせたのがあだになった)、しかも落としちゃった蘭。いくら、そのアイテムで命拾いしたからって、蘭がそれを無理やり取りに行かなければ、もっと余裕で脱出できたのに。コナンくんも“おまえら(探偵団)のおかげだ”って言って締めくくるけど、もとをただせば、アイツらのせいじゃんかと。相変わらずチンケな感動の押し付け…見せ場を作ろうとするあまり、本末転倒に陥っているところが笑いのツボだよね。

そう、こうやってツッコミを入れながら楽しむのがオイラ流の「名探偵コナン」の楽しみ方なのだ。「銀翼の奇術師」はあまりにも退屈で、そういう楽しみ方をするのも忘れてしまったと。あと…あまり見慣れない脇役(客が知ってて当然という体で、説明もなしに出てくるレギュラーキャラ)がいなかったのも、話に入りやすかった部分。事件に関わるゲストキャラの声優が…山寺宏一と榊原良子だったのもポイント高い。そうそう、最初はコナン版「タイタニック」かと思ったけど水上バイクの活躍は「ザ・グリード」や「スピード2」あたりの影響かもしれないな。


監督:山本泰一郎
出演:高山みなみ 山崎和佳奈 神谷明 茶風林 緒方賢一 林原めぐみ 山口勝平 山寺宏一 榊原良子


【DVDソフトの購入】
DVD 劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年05月14日

名探偵コナン 銀翼の奇術師(2004年)

テーマ:アニメ映画
劇場版 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)

GW中に始まったWOWOWの劇場版「名探偵コナン」シリーズ一挙放送…残りは毎週土日に、各日2作品ずつ放送される。ということで、昨日放送分の中からシリーズ8作目「名探偵コナン 銀翼の奇術師」を鑑賞…ああ、とうとう監督が、長年シリーズを牽引してきたこだま兼嗣監督ではなくなってしまった!これが吉と出るかどうか?まぁ、オイラが心配しなくても…この後も13年続いてるんだから、監督の変更なんて微々たるもんだろうとは思うけど、アニメオタクなオッサンとしては気になる部分ではある。物語は前にも出てきた怪盗キッドが再登場する話だが…。

毒薬を飲まされ、体が縮んでしまった高校生探偵・工藤新一は江戸川コナンと名乗り、探偵の毛利小五郎とその娘で、新一の幼なじみでもある蘭のもとで世話になっていた。ある日、牧樹里が所有する“スター・サファイア”が怪盗キッドに狙われているのが判明…調査を依頼された小五郎は、キッドが出した予告状から彼女の主演舞台“ジェゼフィーヌ”の千秋楽が犯行日と推理。コナンたちを引き連れて、劇場に張り込む。そいて、コナンたちの前に、大胆にも工藤新一に変装した怪盗キッドが現れるが、事情を知らない小五郎たちはすっかり騙されてしまい…。

やっぱり監督が違うと、作品の印象も変わる…いや、こだま監督の時も毎回のように手を変え品を変え、様々なシュチエーションを作り出してきたけど、一貫して派手なスペクタクルも盛り込まれていて、意外とと言っちゃなんだが、大人も楽しめる作品にちゃんと仕上がっていた。それがなんだろう、今回は映像の技術的なものでごまかしている部分が多く、ミステリー部分はまんま2時間ドラマ、クライマックスのスペクタクルは既存ハリウッド映画のパクリ。いや、今までもそうだったじゃんって感じだったけど、うまく説明できないけど、やっぱり何かが違うんだよな。

アクティブさを演出したかったのか…実写映画のようなカメラワークを多用していたのは確かで、やたらと画面がパンやズームをする。じっくりとセリフを聞かせる推理シーンみたいに、このシーンで要らないだろうってところでも、よく見ると、画面が動いている。今までも、同じようなカメラワークはもちろんあったよ。でも、ここぞというアクションや重要な謎解き部分で使うから効果的だったよね。なんかね、どうでもいい話の割に、映像を見ていて疲れた。脚本がもう少ししっかりしていれば、監督変更で顕著になったカメラワークも活きてきたかもしれない。

もともと2時間ドラマ的な展開は好きなんですよ…1作目の導入部だって、そんな感じだったからこそ、オイラも食いついたわけだし。でもね、今回は事件…オイラの言う事件とはズバリ“殺し”だけど、その“殺し”が起きるまでの時間が長すぎて飽きてしまった。そして、その事件の謎解きがあまりにも雑すぎで、まったく面白くなかった。せっかく飛行機が舞台なんで、もっと天空の密室劇をスリリングに演出して欲しかった。いくら知り合いでも、機長が平気で一般人をコクピットに招き入れる、そして結局、それがトラブルの原因になるってダメダメだよね。

今まではそういった“ツッコミ”ですら、楽しんでいる自分がいたんだけど…今回は冷静にダメ出しをしてしまうくらい、物語全般に魅力がなかった。っていうか、劇場版しか見ていないオイラからすると、コナンくん=新一が目くじらを立てるほど、怪盗キッドが悪い人に見えない。一応、ルパン三世と銭形警部みたいな関係なのかとは納得してますけど…映画だけだと、あの2人の距離感もつかめないんだよな。ついでに、また知らない刑事が突然出てきた。どうせなら、最初のあらすじ紹介のところで、刑事と小五郎さんの因縁も紹介してほしかった。

そんなわけで監督変更1本目はオイラにとって不満が目立った…ちなみに、Amazonのレビューなんかも、今までの作品と比べると、平均(いつも満点に近い!)が若干下がっているような?コナンの映画だったらなんでも誉めちゃう“ファン”の中にも…冷静に作品を分析している人がいるってことだよね?オイラが“イマイチ”と思った感想もあながち間違えではなかかったということだよね?やっぱりこの後、何本も同じ監督で劇場版が作られているので…本作は肩慣らしといったところなのだろう。次回作以降での挽回に期待…また当分、コナン祭りが続く。


監督:山本泰一郎
出演:高山みなみ 山口勝平 山崎和佳奈 戸田恵子 氷上恭子 神谷明 松井菜桜子 高島雅羅 林原めぐみ


【DVDソフトの購入】
DVD 劇場版 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。