↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















2017年04月06日

大沢在昌サスペンス「冬芽の人」(2017年)

テーマ:日本TVドラマ
大沢在昌サスペンス「冬芽の人」

昨晩、テレビ東京で放送された“ドラマ特別企画 大沢在昌サスペンス「冬芽の人」”をエアチェックしておいたので鑑賞…タイトルからもわかる通り、在昌センセイの同名小説を映像化したもので…オイラも原作はハードカバーの単行本で読んでいる。ただ、小説を読んだときの感想は…“年増OLが、一回り以上若い男にのぼせあがって、よせばいいのに昔取ったなんとやらで、事件に首をつっこんだ挙句、死にかかる話”“男性よりも、主人公と同世代の女性読者の方が、共感しやすいのでは?”などと、大沢在昌作品にしてはめずらしく辛口評価でした…。

刑事の牧しずりは、同僚の前田光介と共に強盗殺人の容疑者宅へ聞き込みに出かけるのだが…そこで相手の男に抵抗される。前田は頭を打ち、昏睡状態になり、その後死亡。容疑者もしずりが追跡中に交通事故に巻き込まれ死亡した。しずりは、自責の念にかられ刑事をやめることに。それから数年後…OLに転職したしずりは、前田の墓前で、前田の息子を名乗る仲本岬人と出会う。彼は父親の死の詳細について詳しく知りたがっており、2人で何度か会っているうちに、前田の事件にある疑惑が浮上。しずりは光介と共に事件を洗い直そうとするが…。

確か原作のヒロインは30代という設定だったはずだけど…鈴木京香(48歳)って。ただでさえ、オバサン無理してる感が漂う作品で、読んでるこっちがこっ恥ずかしくなる場面も少なくなかったのに…って感じなんだけど、意外や意外、活字で読むより自然に見れてしまった。親子にしか見えないこのカップルが…原作にあった中途半端な恋愛感情を緩和してくれていたのは確かだ。でも、あれだよね…詐欺容疑でタイで捕まった62歳のオバサンが、38歳って詐称して、タイ人の若い男とよろしくやってたなんて事実もあり、それに比べるとこのドラマの方が全然マシか?

自分が原作を読んだのはかれこれ4年くらい前なので…内容はうろ覚えだったんだけど、映像を見ているうちにだいたいのストーリーも思い出してきた。その記憶を頼りにすると、原作のテイストはしっかりと抽出したうえで、スッキリ見やすくなっていた。一連の事件の核になる“ある秘密”なんかも…役者の存在感のおかげか、もっともらしく思えたし。最後は映像版独自の“落とし前”がつけてあったのも好感。「相棒」シリーズでお馴染み、ベテランの戸田山雅司が脚本を担当しているので、原作以上に顛末、結末を丁寧に描いているなという印象を受けたよね。

原作どおり…主人公が射撃の名手という設定も残っており、京香姐さんが凛々しく銃を構える場面も登場する。誰ですか、年齢についてツッコミを入れていたのは!ハイ、わたくし目です…スイマセン、ごめんなさい。確かに冴えないOLを演じている時は、京香姐さんも“だいぶ老けたな”って思ったんですけど、あれは役作りだったんですね。事件に首をつっこんでからは、若いパートナーの影響か、しっかり熟女の色香が感じられた。警察時代の後輩として出てくる小池栄子も、なかなか制服姿が似合っており…2人が射撃の訓練をする過去シーンがけっこう好き。


監督:佐々木章光
出演:鈴木京香 瀬戸康史 小池栄子 要潤 温水洋一 高岡早紀 大杉漣 石丸幹二 田中泯 渡部篤郎


【原作小説はこちら】
冬芽の人 (新潮文庫)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年04月06日

ブラックコマンド(2014年)

テーマ:洋画
ブラックコマンド

楽天SHOWTIME(ShowTime@楽天)の“無料シネマシアター”、先着50名のオンライン試写会にて「ブラックコマンド」を鑑賞…タイトルやDVDのジャケ画像の印象だと、普通のミリタリーアクションかなと思うんだけど、実際はとある軍事施設の監視任務についた若い兵士たちが、思いもよらない出来事に遭遇するというホラーチックな内容で、製作国はイスラエル。現段階では配信を含むレンタル利用のみで…Amazonで検索してもまったくひっかかってこなかった。念のため原題の“Freak Out”でも調べて見たが輸入盤ソフトなども該当するものがなかった。

イスラエル国防軍兵士見習いマタンは任務を任され、目的地に向かってバスで移動をしていた。途中で、イシャイ、ロイ、ウージという3人の兵士と合流するが、生真面目なマタンは、 おちゃらけた3人とは馬が合わず先が思いやられる。やがて辺境の地にある、さびれた基地に到着…そこにはスタスという名の軍曹が1人いるだけで、4人は1週間のあいだ、交代で監視任務を行うことになる。しかし、気の弱いマタンに仕事を押し付け、他の3人は遊びほうけてばかり。スタス軍曹もそれを容認しており、原則2人の夜間監視もマタン1人が押し付けられてしまい…。

ホラーという事前情報があったので、どこかでそういう流れになるのだろうと思ってしまい…逆に身構えていたので、前半のグダグダが長く感じるか?いざ、そういう展開になっても、タメが長すぎたのが原因か、驚きが少ない。また、ジャケットデザインに騙されてアクション要素を期待した人にも…銃撃戦などはほとんど皆無なので物足りないかもしれない。まぁ、やってることはキューブリックの「フルメタル・ジャケット」かと思ったら、後半「シャイニング」だったみたいなことだね。おおらかな目で見ればイスラエル映画という珍しさもあり、貶すほど酷い作品でもない。

一応、主人公らしい気の弱い見習い兵士のあんちゃんが…イギリス人俳優のユエン・ブレムナーみたいな容姿でして、そうすると、彼をからかい、イジメまくる残りの3馬鹿トリオも「トレイスポッティング」(続編見たいけど、近所の劇場でやってるところがない!)の面々のようにも見えてくる。悪さをした3馬鹿のせいで、いつも貧乏くじを引かされる主人公に、同情しながらも、ついつい笑ってしまう。基地へ到着前に立ち寄ったレストランで、3馬鹿が現地のアラブ人に差別的な言動を繰り返し、臆病な主人公が“彼らに襲われるからやめろ”とやたらと怯える…。

その後も…現地民を恐れるようなフリが何度も出てくるんだけど、実際の敵は彼らではなかったと。最初は、暴徒と化したアラブ人がゾンビのように襲ってくるなんて展開も想像してたのに。一応、どんでん返しなんかも狙った展開があるんだけれども、メインの登場人物が少ないので…早い段階でオチは読めてしまう。こういう状況ではいじめられっ子(しかもマザコンだったし)が一番、生存確率が高いというのが相場が決まっている。もうちょっと早くプッツン逆ギレを発揮していれば、犠牲も少なかったんじゃないだろうかと、そういうところはやっぱり物足りない。


監督:ボアズ・アルモニ
出演:アサフ・ベン・シモン エラン・ペレツ イタイ・ズヴォロン キー・コラベルニコフ オファール・ルーゼンベルグ


【今現在、DVDはレンタルのみのようです】
今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】





まだ間に合うかも? 楽天SHOWTIME 試写会はこちら https://video.rakuten.co.jp/content/214944/






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。