↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















2017年03月12日

ミッドナイトマン(2015年)

テーマ:洋画
MIDNIGHT MAN

昨日は、病み上がりの母親のお供で叔母の葬儀に参列…朝5時起きして、7時過ぎに出発。列車で片道2時間かけて葬儀会場へ。葬儀の方も問題なく終わり、母親共々無事に自宅に戻って来たけれども、さすがにしんどかった。先週は母親の入退院のドタバタもあったりで、さすがに精神的にも、肉体的にも限界…夜はバタンキューと早々就寝。そんなわけで、今日は比較的のんびり過ごせたので映画を1本…未公開映画をソフトリリース前にオンエアするWOWOWのジャパンプレミアで録画しておいた「ミッドナイトマン(原題:The Midnight Man)」を鑑賞。

犯罪組織に属するグレイディは痛みを感じない“先天性無痛無汗症”という特異体質を活かし、これまでも困難な任務を成功させてきた。ある日、ボスのエゼキエルから呼び出しを受けたグレイディは、自分の情報がFBIに漏れてしまったという事実を知らされる。その背景には組織の人間の裏切りがあった!全部で4人…その裏切り者がFBIに保護される前にグレイディは暗殺を成功させなければならない。しかし、エゼキエルの指示通り、1人目のターゲットを始末した直後に不意をつかれ襲われたグレイディ。目を覚ますと、傷みを感じるようになっており…。

過去にも“無痛症”を題材にした作品はいくつかあったよね?痛みを感じないから、ある意味無敵、最強の暗殺者だった主人公が、何者かの罠にはまり、傷みを感じるようになってしまった。能力がなくなってしまったのに、組織のボスの命令で、制限時間内に困難な暗殺ミッションを成し遂げなければならず…たまたま知り合った救急隊員のねーちゃんを無理やり脅して連れ回り、殺しの手助けをさせる。ねーちゃんの方も、最初はイヤイヤだったけど、行動を共にしているうちに協力的になり、遂には“イッパツ”やっちゃう…というストックホルム症候群パターン?

主人公を含む個性的な悪党たちの登場が見どころの一つであり、物語的には、全ての暗殺を無事に遂行できるのか?主人公の能力を奪ったのは誰なのか?ってあたりで、引っ張る感じ。一応、“お前が黒幕だったか!”な驚きはちょっとあります。そして…最初はケバいブスだなと思った救急隊員のねーちゃんも、お色気担当をしっかりやってのけたり、段々と魅力的なキャラに成長、終わってみれば、かなり物語に深く関わる重要キャラの1人になっていたという印象。さすがに、途中からは、なんか怪しいなコイツって思い始めたけどな…。

冒頭、主人公が行う暗殺ミッション、敵対組織のボスとしてヴィニー・ジョーンズが登場するも案の定、瞬殺される…なんだか見かけ倒しなボスだなと…(この感想、ある意味間違ってなかった)。同じく、ターゲットにされた犯罪組織の裏切り者の1人にウィリアム・フォーサイス…こちらは、色々と主人公に抵抗を試みるも、やっぱり出番は少な目だった。もう一人、主人公が仕えている犯罪組織のボスに「スタートレック」シリーズのブレント・スパイナーが扮していて…ちょっとうれしかったりするんだけど、さすがのデータ少佐も老けたなって感じでしたね(笑)


監督:D・C・ハミルトン
出演:ウィル・ケンプ ヴィニー・ジョーンズ ブリナ・ケリー ウィリアム・フォーサイス ブレント・スパイナー


【Amazonで見つけた海外盤DVD】
DVD THE MIDNIGHT MAN







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。