↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2015年12月31日

今年最後の更新は…「マクロスΔ 第1話 先取りエディション」の感想で締める!

テーマ:その他、雑文…
マクロスΔ 第1話 先取りエディション

NHK紅白も後半戦に突入…今年、2015年もあとわずか、残すところ数時間となりましたね。毎度のことながら、今年中に録画したあの作品やこの作品、または購入したまま放置していたソフトを見終えるぞなんて予定を立てていたものの…結局、予定の2、3割も見れていません。ほとんどが来年へ持越し、または見ないままディスクの山に埋もれていく可能性大である(笑)ということで、そろそろ今年最後の更新をしておこうと思う…えっと夕方、TV放送された「特番『マクロスΔ』先取りスペシャル」をエアチェックしておいたのでさっそく鑑賞したよ!

待ちに待ったマクロスシリーズの新作放映が2016年春に正式決定…そんな新作「マクロスΔ」の本放送に先駆けて、第1話の本編と製作メイキングなどの情報紹介が合わせて放送された。これは約8年前…TBS、MBS系列で放送された前作「マクロスF」の時と同じような試みだよね。今回は放送局が、TOKYO MXなどの独立局と、BS11になるらしい。今回の特番も、同じ時間帯に複数の放送局で放送してましたね。念のため、オイラは両方の放送を予約したつもりだったんだけど、MXの方はなぜか時間を間違えたらしく録画失敗していた…なにやってんだよ!

そんなわけで無事に録画できたBS11の放送で視聴しました。本編の前後に、マクロス作品の予習・復習をかねたガイド映像、監督ほかスタッフのコメントなどを挿入。本編終了後には、オーディションで選ばれたヒロイン役の新人声優の紹介(モノマネのキンタロー。にちょっと似ている)、製作現場への潜入取材などが放送された。で、肝心の本編第1話はどうだったのよ…って?うん、“射手座☆午後九時 Don't be late”ほどのインパクトはなかったけど、そこそこカッコいい曲も聴け、新しい試みをぶち込みつつ、マクロスらしさも忘れていない映像だったよ。

基本の設定だけ解禁されていた“戦術ユニット・ワルキューレ”が、まさかの戦隊モノ要素(笑)ネットで配信されていたPVなどで、あきらかに画風が違うイケメンキャラ(それもそのはず、キャラデザインが2人体制)を見た時に、大丈夫かって思ったりもしたんだけれど…動いている絵で見ると、そんなに違和感はない。イケメン軍団は、どうやら主人公側と敵対関係にありそうで…今回は人VS人の戦いも見どころになるとか(今までは宇宙人や怪物相手だった)。メインのヒロインになりそうな女性キャラ、フレイアちゃんは、けっこうギャグキャラっぽい存在。

最初はわりとユルりとした展開だったが…敵の登場後以降は、富野アニメのようにガチャガチャしはじめ、キャラクター量は明らかに「マクロスF」以上、まだまだ全然、関係性を把握できない状況…。とりあえず、戦闘シーンは相変わらずカッコいい。オールドファンには嬉しい旧作メカ、リガードやディフェンダー(っぽかった)が、CGで再現されているのも見どころの一つ。こういうところで、一気にマクロス度があがる!ゼントラーディ語も出てきて思わずニンマリ。続きが気になるなぁ~ってところで終わりました。本放送はもうちょっと尺が長くなるそうです。

でもって、ヒロインしか解禁されていない、気になる声優さん情報だけれども…声を聴いても、最近の声優さんの名前も顔も浮かばず。どこかで聴いた人の声もあったけど、よくわからん。で、エンディングロールを楽しみに待っていたんですけど…な、な、なんと、声優さんのクレジットのみ、文字化けして、みみずののたくったようような見慣れぬ文字が!もしかして、ゼントラーディの文字か何かだろうか?そこまでして、情報を隠すかという徹底ぶり。いや、真のマクロスファンだったら解読できるって事?オイラは、マクロス愛が足りなかったんだな…ゴメン。

ってことで…マクロスオタさん(または声優オタさん)による、声優情報の解明に期待しましょう。えーと、劇中で使われた挿入歌、いけないボーダーラインが、早くも音楽配信開始ということで、オイラもAmazonのMP3ストアにてさっそく購入…現在、この曲をリピートしながら、ブログの更新をしております。射手座ほどインパクトないとか言っちゃったけど、これはこれでいい曲です。ちなみに菅野よう子ではありません。そんなわけで、この更新を今年、2015年のラストとさせていただきます。これから年越しそばを食うぞ!それでは、みなさん、良いお年を!


【さっそく配信されているよ!】
いけないボーダーライン







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月31日

うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー(1986年)

テーマ:アニメ映画
うる星やつら ラム・ザ・フォーエバー

WOWOWの“劇場版「うる星やつら」全6作品一挙放送!”でエアチェックした「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」を鑑賞…劇場版第4作目。監督は「リメンバー・マイ・ラヴ」のやまざきかずおが続投…作画監督は土器手司。本作もTV放送を録画したVHSで繰り返し鑑賞したのだが…LDやDVDなどのソフトは購入しなかったので、かなり久しぶりの再鑑賞となる。個人的には、映画6作の中で、「ビューティフルドリーマー」に次いで気に入っている作品でもある…その理由は、主人公たちが自主映画を作るという展開から始まるからで、そういう話が好きなのよ。

諸星あたるたち友引高校の面々は…ラムを主役に、面堂家に伝わる“鬼姫伝説”をモチーフにした自主映画を撮影していた。その撮影で、巨大な老木・太郎桜を切り倒すことになっていたのだが…それを境に、ラムに異変が起き始めた。いつものように、他の女子にちょっかいを出すあたるを諌めようと、ラムが電撃を発射するのだが…威力が弱まり、まったく効かない。かと思えば、飛行能力もだんだんと落ちてきて…。また、ラムの異変に呼応するように友引町では異常気象が起き、さらに皆の記憶の中から、ラムの存在が消え始めてもいた…。

怪奇映画的な、おどろおどろしさも感じる静かなトーンで始まっていく本作…いつもの面々がバカ騒ぎしてるんだけど、どこかシリアス寄り。あたるたちが撮影している劇中映画の自主映画も、どこかホラーじみた内容で、いっそうミステリアスな雰囲気が漂う。やがてラムの身に異変が起きはじめ、それどころか友引町全体を異常気象が襲う。案の定…原因はラムにあり。それを察知した面堂たちが、事態改善に乗り出すが…とんでもない展開になっていく。オイラが好きな原因がわかったは…どこか押井守の「ビューティフルドリーマー」にも似てたんだな。

いや、それ以上に難解だなんていう意見もあるみたい。やたら長い夢の描写や、唐突に始まってしまう戦争シーンとか確かに面喰ったりするよね(あたるをめぐって宇宙で戦争まで始めちゃった「オンリー・ユー」もちょっと彷彿とさせるが)。っていうか、やっぱり小中学生レベルの頭では、オイラもまったく理解できていなかったよ。現実に飛び出してきてしまった“夢”を戦争という行為を利用して破壊し、今までの日常に帰還するという…まどろっこしさは、今では面白いアイデアだと思うけどね…エヴァみたいな作品と出会った後だと、全然理解できる話だよ(笑)

この映画の登場も、ちょっと時代が早すぎたのか?その前に、この映画こそ押井守が監督をしていたら、いったいどんな作品に仕上がっていたものかと、そういう思いにも駆られた。さりげなく作り手の映画論を語ってみたり、現実と虚構の曖昧さを描く、メタっぽいテーマだったり、クライマックスは、その小難しさを吹き飛ばすようなスペクタクルなミリタリー描写で映画を大いに盛り上げたりと…めちゃくちゃ押井っぽいじゃん。なんだかんだいって、押井守が抜けた後も…他のスタッフに影響が残っていたんだなって、あらためて思うのであった。

映画はまだ2本残っているけど…本来はこれで完結だったよね。エンディングには過去の名シーンも出てきて、ちゃんと振り返ってるし、このまま終わっても良かったくらい。わざわざ完結篇を謳った次作、第5作目とか、もう1回復活した6作目とか、オイラは蛇足だと思うもん(まぁ、残りの2本も見ますけどね)。でも、高橋留美子の原作マンガが好きな人ほど、逆の意見で…TVアニメや劇場版に否定的な意見が目立つんだよね。やっぱそれは、作品を好きになったきっかけが「ビューティフルドリーマー」のオイラと決定的に違うところなんだろうなぁ~。


監督:やまざきかずお
出演:平野文 古川登志夫 神谷明 島津冴子 杉山佳寿子 千葉繁 鷲尾真知子 永井一郎


【DVD&Blu-rayソフトの購入】
DVD うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー
劇場版うる星やつら Blu-ray BOX (初回限定生産版)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月31日

うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラヴ(1985年)

テーマ:アニメ映画
劇場版 うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラヴ

WOWOWの“劇場版「うる星やつら」全6作品一挙放送!”でエアチェックした「うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラヴ」を鑑賞…劇場版第3作目、前作まででやり切った感ありありの押井守の後を継いで、やまざきかずおが監督に登板。後に「ファイブスター物語」なんかも監督した人です。この作品はLDもDVDも持ってなくて…1、2作目以上に久しぶりの再鑑賞になる。子供の時にTV放送を録画したVHSで繰り返し鑑賞してたので、シーンの数々は驚くほど鮮明に覚えており、久しぶりって感じはしなかったけど、VHSで見てたんだから相当前の話だと思う。

友引町に友引メルヘンランドという新しい遊園地がオープン…ラムはあたるを誘ってデートに出かけるが、いつものように他のメンバーも一緒だ。ちょうどその頃、強烈な妖気に誘われサクラと錯乱坊もやってくるが、結界によって中に入ることができない。やがて園内では…マジックショーが始まり、ラムたちも観覧することに。登場した魔術師ルウは、観客のマジックへの参加を呼びかけ、女性アシスタント目当てにあたるが立候補。しかしマジックの途中で異変が!ルウが忽然と消え、ステージ上に残された箱の中にいたあたるが、ピンクのカバになっていた!

初見時はまだアニメのスタッフまで注意して見てなかった頃だけど、子供ながらにそれまでの作風との違いをなんとなく感じ取ってはいまして…「ビューティフルドリーマー」のテンションに比べると、いささかおとなし目だなぁ~なんて思っていて…ぶっちゃけ、作品としては退屈さも感じた。いや、TVで頻繁に流れていた予告CMなんかにもあった“ダーリンがピンクのカバになっちゃった”っていうセリフ、ナレーション通り、あたるがピンクのカバになってしまうという導入部自体はなかなかインパクトがあり、友引メルヘンランドの喧騒も意外と好きなんだけどな。

いかんせん…後半の展開に地味さが拭えない。あたるのカバ化に続き、ラムの失踪…みんながラムの不在に慣れていってしまうという展開は、次作の「ラム・ザ・フォーエバー」なんかでも似たような展開が登場…ああ、メガネが傷心の旅に出ちゃったりするのは、こっちの作品だったかと、内容を混同している部分もちょっぴりあったわ。でも、そのラムの不在時に起きる騒動に関しては「ラム・ザ・フォーエバー」の方が強烈に印象は残っている。最後のドリフ的なドタバタオチもうる星やつららしく好きだけど、ちょっと強引さも感じるんだよねぇ。

監督のやまざきかずおに加えて総作画監督・もりやまゆうじ、作画監督・土器手司って布陣だったので、「ビューティフルドリーマー」以上に、作画のクオリティは格段にあがった印象。ぶっちゃけ、この時のラムちゃん、めちゃ可愛いな。魔術師ルウとのチェイスシーンに出てくる看板のイラストが…押井守原作、もりやまゆうじ作画による伝説のコミック「とどのつまり…」のパロディだったことに今さらんながらに気づく。タイトルもズバリ「とどがつまった」で、ご丁寧に尾私井(押井)とまで書いてありました。スタッフはそれなりに押井守に経緯を払ってたのね。

「ビューティフルドリーマー」と「ラム・ザ・フォーエバー」に挟まれていて、今までは印象が薄かったんだけれども…昨今の映像が綺麗なだけのアニメと比べると、セルアニメ独特の魅力は本作からもしっかりと感じられまして、懐かしく鑑賞できた。また、大人になってから聴き直すと、オープニング、エンディングの英語曲(作曲はタケカワユキヒデ)がなかなか魅力的に感じられ、特にエンディングのしっとりとした“Remember My Love”がアダルトな感じで、映画のシメにもってこいの楽曲だったんだなぁってあらためて思った。傑作ではないけど、充分に及第点だ。


監督:やまざきかずお
出演:平野文 古川登志夫 島津冴子 神谷明 杉山佳寿子 永井一郎 岩田光央 島本須美


【DVD&Blu-rayソフトの購入】
DVD うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラヴ
劇場版うる星やつら Blu-ray BOX (初回限定生産版)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月31日

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年):WOWOW録画

テーマ:BS/CS/配信(再鑑賞)
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

WOWOWの“劇場版「うる星やつら」全6作品一挙放送!”でエアチェックした「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を鑑賞…この作品は過去にも当ブログでレビューを取り上げたことがあるので、今回はテーマを“再鑑賞”という括りにしてあります。「オンリー・ユー」のノーカト版騒動同様、ソフト化に際し、しばし取り沙汰されるオリジナル画角問題。本当は4:3で作画されてるけど、劇場上映がビスタサイズだったから、ほとんどのソフトもビスタで収録されているというヤツです。残念ながら、WOWOWの放送もDVDやブルーレイ同様、ビスタでした。

個人的に、この件に関しては…「オンリ・ユー」のノーカット版かどうかって話より気にならない部分である。っていうか、「オンリー・ユー」のLDにも、確かスタンダードで作画されてるけど、監督の演出意図でビスタで収録してありますって書いてあったような…ノーカットかどうかは、たくさん議論されてるのに、「オンリー・ユー」に関しては画角を指摘している人が少ない気がする。そうなんだよ、作画はスタンダードだけど、ビスタを意図してレイアウトされてるっていうんだから、そこまで目くじら立てんでもいいじゃないかと…オイラは思うんだけど…。

あたるやラムが通う、友引高校は、学園祭開始前夜ということで最後の追い込みに入っていた。もちろんあたるたちも準備に追われ、徹夜作業が続き、もうクタクタだったのだが、明日になれば学園祭初日が迎えられるというのを励みに頑張っていた。そして翌日…昨夜同様、あたるたちはまだ学園祭の準備を続けていた。実は、文化祭前日という同じ1日を何度も繰り返していたのだが…誰も気づいていないようだ。ようやくその事実に気づいた、温泉マークやさくらが行動を起こし、生徒を校内から追い出して、帰宅させたことから、さらなる異変がおきて…。

そうそう、音声もDVD以降で採用されているのと同じ5.1ch版でのオンエアでした…「オンリー・ユー」に比べるとだいぶ発色がよく、鮮度も感じる画質。ただし、温泉マークがサクラさんに“浦島太郎”の話をするあたりのフィルム傷の目立ちなどは相変わらず。同じようなレビューが、Amazonのブルーレイのレビューにも載っていたので、やっぱり今回のオンエアの素材は、ブルーレイ版と同じマスター素材を使ってるのかも知れませんね(あくまで個人レベルの推測ですのであてにしないで)。今まで見てたLDやDVDと比べると、さすがにストレスは少ない。

この作品に関しては、オイラも過去に色々と書きたいことは書いたし(初めて見たのは小4で、ルパン三世の映画と三本立てだったとか)、他でも嫌というほど語られてるので、今さらどうのこうの言わなくてもいい気がする…タイトルでググって、Wikipediaにざっと目を通すだけでも色々なトリビア知識を身につけられますし。やっぱり何度見ても面白い、この一言。確か、この作品が劇場公開後、テレビ放送されたのって、やっぱり年末の夕方(特別編成)じゃなかったかな?それをVHSに録画して繰り返し見たんだよ…この時季に見直すというのも案外意味がある。


監督:押井守
出演:平野文 古川登志夫 神谷明 島津冴子 鷲尾真知子 田中真弓 千葉繁  永井一郎 藤岡琢也


【DVD&Blu-rayソフトの購入】
DVD うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー
劇場版うる星やつら Blu-ray BOX (初回限定生産版)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月30日

うる星やつら オンリー・ユー(1983年)

テーマ:アニメ映画
うる星やつら オンリー・ユー

WOWOWからの今年最後のビッグプレゼント(って、それは言いすぎか?)…昨日から1日2作品ずつ、3日間に渡り“劇場版「うる星やつら」全6作品一挙放送!”が始まった。大本命「ビューティフル・ドリーマー」のセル版ブルーレイも買い忘れていたし、この機会にBD-Rでアーカイブできるのは嬉しい限り。全作DRモードで録画すべく、50GBの2層ディスクをわざわざ準備…3作品ずつ焼いて、保存しようと思っている。そんなわけで劇場版第1作であり、押井守の監督デビュー作でもある「うる星やつら オンリーユー」をエアチェックし、さっそく鑑賞した。

ある日、ラムや仲間のもとへ結婚式の招待状が届く…その招待状に記されていた名前は、新郎・諸星あたる、新婦エルとなっていた。いったいエルとは何者なのか?当のあたるにもまったく心当たりがない様子だが、結婚に関してはかなり前向きになっており、ラムを不安にさせる。やがて、エル星の女王エルの使者が乗った巨大な宇宙船が友引町の上空に出現!結婚式の行われるエル星にあたるを連れて行こうとする。親友の弁天のアドバイスで…先にあたるとの結婚式を挙げてしまおうと考えたラムが先手を打って行動を開始するのだが…。

原作コミックやTVアニメのノリをそのままスケールアップしたような話…簡単に言えば当時のアニメ映画のセオリーにのっとって作られた印象であり…押井守もあえてそういうのを意識していたらしいのだが、この作品は相米慎二監督の「ションベンライダー」というとっても破天荒な作品と同時上映で公開されており、後に「ションベンライダー」の内容を知った押井守が…セオリー通りに作った自分が馬鹿みたいだと激怒したという有名なエピソードがある(キネ旬から出ている押井守全仕事という書籍の中の金子修介との対談で、本人が語っている)。

そういう経緯があって、「ションベンライダー」にならって好き勝手やった劇場2作目の「ビューティフルドリーマー」は、今で言う押井節全開の映画になったわけで…原作者や原作ファンには嫌われたようだが(笑)、その他のアニメファン、映画ファンからは好評を博し…押井守の代表作、そして日本を代表するカルト映画になったわけなんだけど…あらためてこの「オンリー・ユー」の方も見返してみると、そんなに悪い作品じゃないなぁって思った。過去に押井守のLD-BOXを持ってたので、何度も見てるんだけど、DVDは持ってなかったので久々の再鑑賞だった。

幼少期のあたるらしき少年と、謎の少女が影踏みをして遊んでいる冒頭のノスタルジックなプロローグに続き、本作のメインである、あたるの結婚話が浮上するという驚きと謎に満ちたオープニング。TVシリーズの第1話あたりを彷彿とさせるセルフパロディの要素もあったりして…個性豊かなレギュラーキャラたちの適材適所な活躍で、テンポよく話を転がしていく前半の展開もうまい。個人の色恋話から、宇宙戦争が始まってしまうというのは、当時流行っていただろう「超時空要塞マクロス」の影響もありそうな気がしないでもないが…。

っていうか、けっこうあからさまに他作品のパロディてんこもりだったりもするよな…後半、無理やり結婚式を執り行わなければいけなくなったり、そこに主人公たちが乗り込んでいってひっちゃかめっちゃかにしたりって…明らかに「ルパン三世 カリオストロの城」にも似ていて…充分に好き勝手やってるじゃないかって思ったよ。それこそ、ここ最近のアニメ界の話題をかっさらっている「おそ松さん」に匹敵するテンションと破壊力も感じられたりして…「オンリー・ユー」ってこんなに面白かったっけって、自分の中でかなり再評価をしたくなったんだよね。

己の欲望にストレートすぎるキャラクターたちって…ある意味人間臭くもあり、かえって最近の変に偏ったオタアニメよりも健全に見えたりするのも事実。ここ最近、まったく見直す機会がなかったので、「ビューティフルドリーマー」と比べて、もっと作画が崩壊しているようなイメージを勝手に作ってたんだけれども、一応、劇場クオリティの作画になっていたなとも思ったし…宇宙空間での戦闘シーンなんかをとっても、しっかりと劇場アニメらしさを感じられたわ。主題歌や挿入歌も作風に合った独特なメロディーで耳に残るし、見てる間はマジで楽しかったなぁ。

細かい内容を忘れてるんだけど…今回の放送は、オイラが所持していたLD-BOXや、DVDで出ていた“ノーカット版”とは違うようで、放送時間が90分しかありませんでした。LDの尺は確か104分だったような…。ちなみに、DVDは現在廃盤で入手困難なようで、Amazonマケプレで高額になっています。それだったら今年出たばかりの劇場版うる星やつら Blu-ray BOXを買った方がいいんじゃね?なんて思ったりしたのだが…このブルーレイもノーカット版じゃないということで、ファンの間でひと騒動起きたそうだ。WOWOW放送も同じマスター素材っぽいね。


監督:押井守
出演:平野文 古川登志夫 榊原良子 島津冴子 神谷明 永井一郎 小原乃梨子 三田ゆう子


【DVD&Blu-rayソフトの購入】
DVD うる星やつら オンリーユー(ノーカット版)【劇場版】
劇場版うる星やつら Blu-ray BOX (初回限定生産版)







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月29日

ジャッジ 裁かれる判事(2014年)

テーマ:洋画
ジャッジ 裁かれる判事

WOWOWでエアチェックした「ジャッジ 裁かれる判事」を鑑賞…ちょっと前に、ブルーレイがAmazonのバーゲンセール対象になっていいて、半額だったので、買っちゃおうかななんても思っていたんだけど、WOWOWの放送ラインナップに入っているのがわかって我慢。「アイアンマン」のトニー・スターク役で絶大な人気を誇るロバート・ダウニー Jr.が弁護士役を熱演する法廷サスペンス。共演の大御所、ロバート・デュバルの演技も評判になっていた。その他の出演者も豪華で、ビリー・ボブ・ソーントン、ヴィンセント・ドノフリオなんかが出ています。

シカゴで活躍する敏腕弁護士ハンク・パーマーの元へ、母親の訃報が届く。妻とは離婚話が進んでおり、1人で、実家のあるインディアナ州へ帰省することになったハンク。実家の家族とも長年、没交渉で…その理由は、地元の裁判所で判事をこなす父親・ジョセフとの不仲が原因だった。久しぶりの再会も、やはりぎこちない2人…葬儀が終わり、シカゴへ戻ろうとするのだが、そこへ兄のグレンから電話が。なんと、ジョセフが轢き逃げの犯人として逮捕されてしまったという。しかも轢いた相手は、過去にジョセフが判決を下した、因縁のある男で…。

リーガルサスペンスの要素よりは、親子や家族のドラマが重視。だからといって、決して退屈でつまらないわけではなく、複雑な人間関係がうまく絡み合って、後半の裁判のやり取りに反映されていく。ロバート・ダウニー Jr.は相変わらずヤンチャなおっさんの役…口八丁で難しい裁判でも、結果を勝ち取ってしまうやり手で敵は多い。家庭では…嫁さんに浮気され、離婚話が進行中なんだけど、幼い娘との関係は意外と良好で、親として正しい行いをしているかは別として、ほっこりさせられるシーンが多々あり。これは自分が父親と不仲なのの裏返しか?

そんな不仲な父と…母親の死、そしてその後に起きる、事件をきっかけに、お互いに突っ張り合いながらも、寄り添うところは寄り添って、苦難に立ち向かっていく。口では強がって見せても、親は親、息子は息子…そういう当たり前な話を、変にドラマチックにせず、さりげない描写で描いているのに好感。父親の老いや病魔との戦いなど…子供として目を背けたくなる場面の対処など、既に父を看取っているオイラなんかは、より感情移入させられてしまうシーンであった。誰にでもあることだし、何十年か先には自分があの父親のようになるかもしれないと…。

最近は、認知症に伴う老人の大規模な自動車事故も多くなっており、日本でもよくニュースになるが…そういうところなんかとも切れないテーマが本作にはあった。ただね、辛気臭くなりがちなところを、やっぱりロバート・ダウニー Jr.のキャラクターが見事にエンターテイメントのバランスを保たせている。田舎に置いてった元カノが未婚の母となり再登場するエピソードなんて最高…年頃の大きな娘を見て、まさかと冷や汗かきながら、指折り計算してしまうロバート・ダウニー JR.の姿が愉快。そして、父親は誰だと相手に問いつめた結果にも大爆笑が待ってる!

こういうダメダメなヤツだからこそ…裁判の最後で語られる親父さんの言葉に目頭が熱くなるわけで、やっぱり実生活でも相当なヤンチャな過去を持ちつつ、今の地位に君臨しているロバート・ダウニー Jr.だからこそ、今回の役がめちゃくちゃハマっていたなぁと思う。全てが終わった後に、兄貴役のヴィンセント・ドノフリオとハグをかわすところなんかも最高だよね。お互い、言葉に出さずとも「わかってるよ!」と…。オツムの弱い“アイ・アム・サム”的な弟がいたり、ディザスタームービーの要素もあったり、いささか盛りすぎな気もするが、面白かったです。


監督:デヴィッド・ドブキン
出演:ロバート・ダウニー・Jr. ロバート・デュヴァル ヴィンセント・ドノフリオ ビリー・ボブ・ソーントン


【DVDソフトの購入】
DVD ジャッジ 裁かれる判事







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月29日

ライアーズ・ゲーム(2013年)

テーマ:洋画
ライアーズ・ゲーム

WOWOWでエアチェックした「ライアーズ・ゲーム」を鑑賞…一瞬、日本の有名なコミック、またはそれを映像化したドラマや映画かと錯覚してしまいそうなタイトルだけれども、まったく関係のない、アメリカのシュチエーションスリラー…事件の関係者たちが、刑事の取り調べを受けて、状況の説明をするんだけれども、それが真実とは限らない。嘘の証言をしていても、そのまま映像になっているので、似たようなシーンを繰り返し見せられる。WOWOWの解説にも書いてあったがいわゆる「羅生門」系…この手のサスペンスって意外とろくなものがない。

大晦日のロンドン…アメリカ人留学生のミッシーが拳銃で撃たれ死亡。彼女は元恋人である、有名サッカー選手デニスや、その友人でアメリカからやって来ていたマイクとケイティなど合計8人の男女でパーティーを楽しんでいる最中だった。通報を受けて駆け付けた警察に対し、ミッシーは自殺をしたとほのめかす関係者たち…とりあえず個別に事情聴取を始めるのだが、マイクは恋愛のもつれで、デニスがミッシーを殺害したと主張し始める。他の関係者たちの証言からも、若者たちの複雑な人間関係が浮かび上がり…謎が深まっていくが…。

最初は登場人物の把握がし辛かったなぁ~、一度、最初の15分くらいを見始めて、眠気が襲ってきたので、再生をストップしちゃったんだけど…間に休みを入れたら、すっかりそこまでの内容を忘れてしまった(笑)で、仕方がないので、もう一度、最初から見直したんだが…一回目に再生を止めた箇所まで見ても、やっぱり人間関係がよくわからなくて、けっこうイライラした。つまり、そのくらい複雑な人間関係が展開されるということですね…その後も、しばらく訳のわからなさや退屈さと付き合いながら、少しずつ人物相関図を頭に入れていく羽目に…。

えーと、まず拳銃で撃たれた女がいます…コイツがけっこうなビッチです。デニスっていうサッカー選手の元カレがいるんだけど、この元カレが、アイドル歌手と付き合ってるという報道を見て、やたら怒っていて、何が何でもヨリを戻すと言っていたらしい。で、そのデニスにはマイクっていう親友がいるんだけど…実は死んだ女の事が大好きだったのね。だから、親友面して付き合っているマイクを本当は毛嫌いしていると。なんだけど…被害者の女の方からは“いいお友達”くらいにしか見られていない残念なヤツなわけよ(オイラも、いつもこんなポジションだった)。

お互いに一方通行な恋をしている三角関係なのか?そこにもう一人…マイクの事を好きな女ケイティっていうのも出てきまして、話がややこしくなる。自分の保身や相手を陥れるため、さらには好きな男を庇うために適当で、身勝手な証言を繰り返す若者たち。さらに、さらに…事件当日の詳細を聞き出していくと、他のパーティー参加者とも、3P当たり前の乱交パーティー状態になっていたことも分かってくる。酒とドラッグでラリラリだった若者たちは、死んだ女の誘導で…定番ゲーム“真実か挑戦か”をやらされており、己をさらけ出し始めていたらしいが…。

嘘の証言を看破して、事件の真相(殺人なのか、自殺なのか)を見抜こうと必死になる女性刑事。ぶっちゃけ…誰がというよりは、みんなが嘘をついていたというお約束な展開だったりもするわけですが…一応、最後に“こんなん出ました”なオチもある。ただし、こいつらだったら、その程度のことはするだろうなと、半ば予想ができた結末であり、驚きはなかった。要は…ヤリチンとヤリマンが集まった結果のくだらない事件であったと。結局、露出も中途半端な若者の乱れた性生活を延々と見せられただけ。自分が良ければそれで良しなお話でしたね。


監督:ブライアン・ブライトリー
出演:サラ・パクストン マット・ランター ジリアン・ジンサー トランス・クームズ ジャッキー・ジャンドレル


【DVDソフトの購入】
DVD ライアーズ・ゲーム







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月28日

ラスベガス・イリュージョン カジノから2000万ドルを奪う方法 (2012年)

テーマ:洋画
ラスベガス・イリュージョン

WOWOWでエアチェックしておいた「ラスベガス・イリュージョン カジノから2000万ドルを奪う方法」を鑑賞したんだけど…おい、タイトルなげ~よ!ダサイ副題カットしても全然問題ないだろうよ…誰だ、こんなセンスのない邦題をつけたのは…って、日本でのDVDリリースはニューセレクトだったらしく、もちろん劇場未公開だ!2012年製作の作品ですけど、日本で発売されたのは今年に入ってから。メインキャストは知らない人が多く…一番メジャーなスターは、ジュリア・ロバーツの実兄で「エクスペンダブルズ」にも出ていたエリック・ロバーツ(本作も悪役)。

元野球選手のニックは怪我が原因で選手生命を絶たれた…現在はラスベガスのカジノで、電球交換などの雑用をしている。ある日、冷酷なオーナー、ストラトホルムがリストラを計画。従業員たちの賃金を客寄せのための賞金に流用することが判明した。ストラトホルムに直訴するも、まったく取り合ってもらえず、それどころか待遇が余計に悪くなる始末。そこで同僚のマリアやホルヘと相談し、カジノの金庫から大金を盗み出すことを決める。さらにニックの元恋人ステイシーが、ストラトホルムに弱みを握られているらしく相談を持ち掛けてきて…。

どこかで見たようなお話をチープに作った映画…つまらなくはないけど、新鮮味がないので、そんなに面白くもない、まぁ、暇つぶしに見れるかなって程度の内容。WOWOWの解説にも書かれていたんだけど“B級、C級な「オーシャンズ11」”です。スターオーラが全くない、お前ら誰だよな役者たちが、役柄も超貧乏…煌びやかなカジノでコキ使われている使用人たちを演じ、こいつらが悪徳オーナーのせいで、リストラ対象になって、どうせクビになるなら、カジノから大金をいただいちゃおうぜって、大胆不敵な強奪作戦を計画、実行するという展開。

見てくれはみすぼらしいけど…色々な人種、風貌がいるので、なんとなくキャラのメリハリはあるかなと。挫折した元野球選手の主人公はオタク風…その他、メキシカン、黒人、シングルマザーの美人格闘家(黒人と付き合ってるらしい)などが、同じカジノで働いている同僚でして、一緒にチームを組むことに。さらに主人公には、未練タラタラの元カノがいまして、その元カノが、主人公たちが狙っているカジノオーナーに恥ずかしい写真を撮られてしまったと泣きついてきくる。主人公はいいところを見せようと…現金強奪のついでに写真の回収もしようとする。

話にかませろってすり寄ってくるチンピラオヤジもいれば、敵対するオーナーと通じている人物も出てきたり、腹の探り合い、駆け引き…そして最後にはどんでん返しありと。ただ、まぁ…ビックリするほどのオチではないです。エリック・ロバーツ扮する腹黒いけど、どこか間抜けなカジノオーナーが、最終的にはギャフンと言わされるのだろうと、最初から見当はついてしまうし。ベガスの華やかさを演出するためか、無駄にストリッパーのねーちゃんたちがおっぱい出してたりするんだけど、かえって下品になった印象もなくはなく…そんなレベルの作品でした。


監督:フランシスコ・メネンデス
出演:エリック・ロバーツ イーサン・ランドリー アナベラ・カサノヴァ エロイ・メンデス クリッシー・テリー


【DVDソフトの購入】
DVD ラスベガス・イリュージョン カジノから2000万ドルを奪う方法







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月27日

ロッジ LODGE(2014年)

テーマ:洋画
ロッジ LODGE

WOWOWでエアチェックしておいた「ロッジ LODGE」を鑑賞…「アメリカン・ビューティー」でケヴィン・スペイシー扮する中年オヤジを虜にした美人女子高生を演じたミーナ・スヴァーリが出演しているというのが売りのシュチエーションスリラー。そう、WOWOWの解説にも“出演”とは書いてあったが、決して“主演”ではないのがミソ。美少女を演じていた頃の面影もまだまだ残っているミーナ目当ての鑑賞だったのだが…主要登場人物10人の中で、真っ先に“消える”存在でした。あまりにも突然の消え方だったので、どこかで再登場することを願っていたが…。

恋人同士のジャックとトレイシーをはじめ…10人の若い男女が、休暇を過ごすために人里離れた場所にあるロッジにやって来た。道のりが長く、ガス欠寸前でなんとか到着した一行。さっそく宿泊の手続きをしようと建物の中に入るのだが…中は無人、誰もいなかった。ただし、直前までそこに人が居たことは確かで、飲みかけのカップや、カバンなどが放置されたままだった。不審に思った一行は、手分けして付近の捜索を開始。やがてロッジ内の一室で、首吊りをほのめかすロープを発見。不安が増す中、皆の前でトレイシーが忽然と消えてしまい…。

10人の主要登場人物が文字通り消えていく…お話。若者たちが休暇を過ごすためにやって来た、山奥、田舎のロッジ。到着したはいいが、他の客どころかスタッフもいない無人だった。ただし、直前まで確かにそこに人が居たことをしめすように、食べ物や持ち物が放置されている。これはおかしいぞとなり、みんなで手分けしてロッジ内の様子を知らべるんだけど…今度はメンバーの1人が忽然と消えてしまうという事態に。それが先述の通りミーナ・スヴァーリ。やがて他のメンバーも1人、また1人と姿を消していく。何か超常現象が起きてるのか?

逃げるにも車はガス欠…それでも複数の車に残ってるガソリンを寄せ集めて、逃げれるところまで、逃げようぜという提案も出るんだけど、行方不明者の消息も気になるし、その場に残った方がいいんじゃないかという意見が多数決で選択され…残る方を選ぶんだけれども、人間消失はとまらない。残ったメンバーは…超常現象を疑わなくなっていて、それこそ、お前が化け物、宇宙人じゃないかと疑心暗鬼になって疑いだす始末。銃を振り回して威嚇したり、実際に発砲しちゃったり、仲間を見捨てて逃げ出そうとしたり、騒動は後を絶たない。

個人的には…10人の中に殺人犯がいましたとか、山の中に恐ろしい殺人鬼が棲んでましたな展開の方が大歓迎だったんだけど、どうやらそういう話でもない様子だ。途中で、神が与えた試練だ~みたいな事を言いだすヤツなんかもいまして、もしかして宗教的なオチが待っているのかなんても疑いたくなってくる。さもなくば、よくあるパターンは夢オチだよな。そう、「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」のように、誰かの夢または意志なのではないかなんても想像できるわけだ…心の中でアイツが邪魔だと念じれば、消えてしまうのではないかと。

そこまで考えた時…これはクリスティの「そして誰もいなくなった」に影響を受けた、綾辻行人の「十角館の殺人」をさらにパクった辻村深月の「冷たい校舎の時は止まる」みたいだなぁって思った。あの作品は明らかに「ビューティフルドリーマー」の設定もパクってたしな。なんか似てるよな。あと、仲間内で疑心暗鬼になっていくところは「遊星からの物体X」っぽくもある。なんだけど…この映画の酷いところは、他のミステリーやホラーと違って、明確な答えを示さないままやり逃げするというところだろう…どうせなら、宇宙人の仕業でしたくらい言いきってほしい。

まぁ、それはそれで…オイオイってなったかもしれないけどね(笑)途中で、何者かが書いた“警告”などがこれ見よがしに発見されたりもするので…どういうことをすると“消失”が起きるのかは、漠然とは想像できるんだけれども、果たしてそれが正しい答えなのかどうか、確かめる術がない。到着したばかりのロッジに人が居ないという導入部は何かが起きそうで、不気味だったんだけど…正直、肩透かしな作品だった。お目当てのミーナも直ぐ出てこなくなっちゃったし。理屈をこねまわすのが好きな人は、こういう映画も好きそうだよね…万人受けはしなそうだ。


監督:トラヴィス・オーツ
出演:ミーナ・スヴァーリ ブライアン・オースティン・グリーン ジョアンヌ・ケリー フィオナ・グーベルマン


【DVDソフトの購入】
DVD ロッジ LODGE







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2015年12月26日

ダークハウス(2015年)

テーマ:洋画
ダークハウス

WOWOWでエアチェックしておいた「ダークハウス」を鑑賞…元祖「SAW」や、最近では「インシディアス」2作品、「ワイルド・スピード SKY MISSION」などを撮っているジェームズ・ワンが、プロデュースしたホラー作品。DVDジャケットにはデカデカと名前が躍ってますが、監督ではなく、あくまでプロデュースですからね。監督は別の人です。交霊会目的でいわくつきの廃墟に侵入した若者たちが、惨殺事件に巻き込まれ、刑事たちが捜査をするというホラーミステリー。これが邦画だったら、角川ホラー文庫からノベライズが出そうな、そんな雰囲気の作品(笑)

幽霊屋敷として有名な廃墟で、騒ぎが起きていると通報があった。刑事のマーク・ルイスは呼び出しを受け、現場に向かう。直ぐに死体を発見し、事件が発覚…やがて、犠牲者の1人が生存していることが判明…マークはその青年ジョンが事件に関わる重要な情報を握っていると確信し、尋問を開始するのだが、記憶が混濁しているようだ。ルイスは、恋人である精神分析医エリザベス・クラインを呼び出し、ジョンの聴取を任せることに。廃墟へ訪れるきっかけとなった理由まで遡り…徐々に事件の核心部分を語り始めたジョンだったが…。

最近は少々マンネリ気味になりつつあるPOVホラー…本作ではそういった要素も演出の一部とし、普通の芝居と混在している。心霊現象を研究している(幽霊を信じている)若者たちが、カメラを携え、廃墟に向かう。グループ内の1人が、悪夢にうなされていて、その原因がその廃墟に関係しているということで、真相を究明しようという魂胆。その最中に事件が起きたらしい。唯一の生存者からの証言で…とりあえずそこまで状況を把握した刑事たち。参加者の人数と死体の数が合わないので…現場から消えた人物が事件に関与している疑いが深まる。

本編84分の中で、それこそPOVホラーであったり、警察ミステリー的なものだったり、色々な要素が含まれているので、作風がコロコロと変わる。といっても、TV的なガチャガチャとした編集でもないので、映像にメリハリを感じたし、全体的にはテンポも悪くなかった。生存者の証言が真相究明、事件解決を左右するとなった時に…なるほど、これはホラー版「ユージュアルサスペクツ」なんだと思ったわけで、自ずと展開を予測できるか?生存者の恋人が行方不明になっているとか、途中で明かされるその恋人の身体的な変調なども推理材料の一つだろう。

結果的にホラーなのか、サスペンスなのかというゆさぶりはもう少し欲しかった部分だが…刑事役に渋いオジサマ俳優フランク・グリロや、その恋人の精神分析医に姉御肌のマリア・ベロ姐さんを配置していたりして、こうした役者の演技で映画らしい重厚感も充分に味わえた。調べてみると、日本では劇場未公開、DVDスルーだった模様…オイラはけっこう好きだけどな。さっきWOWOWで「テラスハウス」なんてどうでもいい映画を放送していたが、よっぽど「ダークハウス」の方が見る価値ありそうだよな(笑)えっ、それはアンタの趣味だって?すいません…。


監督:ウィル・キャノン
出演:マリア・ベロ フランク・グリロ コディ・ホーン ダスティン・ミリガン ミーガン・パーク


【DVDソフトの購入】
DVD ダークハウス







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。