↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014年04月30日

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年)

テーマ:洋画
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

GEOの準新作50円セールで借りてきた「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」…ライアン・ゴズリングとブラッドリー・クーパーが共演したクライムサスペンスという以外の予備知識がなく鑑賞…本編2時間20分以上というのが最初は気になったが…映画が始まってしまえば、その長さがあまり苦にならなかった。監督は「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランスだそうだ…そういえば「ブルーバレンタイン」ってオイラ、見てないかも?WOWOWの放送をどこかに録画してあると思うんだけれども…エアチェックディスクの山に埋もれちゃってるなぁ~。

抜群のバイクテクニックを有するライダーのルークは、移動遊園地のバイクショーで危険なスタントをこなしている。ある日、かつての恋人ロミーナと再会するが…その後、彼女がひそかに自分との間にできた子供を出産していた事実を知る。ルークはスタントを辞め、ロミーナと暮らしたいと思うのだが、彼女にはすでに新しい恋人が!そこで二人のために、大金を稼ごうと…バイクの腕前を生かして銀行強盗を始めるのだが…。ある日、強盗に失敗したルークは警察に追われ民家に立てこもる。そこに新人警官のエイヴリーが駆けつけてくるのだが…。

最初はライアン・ゴズリング演じるライダーが、女と子供のために、強盗に手を染めていく話。それが発端になり、次にそのライダーと犯罪現場で対面する警官の話へ移り…因果が巡り巡って最終的には二人の息子が、物語を終局へ導いていくと、次々と主人公がスイッチしていく構成。犯罪映画として、最初のゴズリングのエピソードが抜群に面白く…幾度となく登場するバイクを使った強盗シーンの臨場感とスピード感がハンパなくて…実にスリリングであった。全身タトゥーだらけのゴズリング…目の下にあるタトゥーは、最初、血がこびりついてるのかと思った。

続いて語られるのはブラッドリー・クーパー演じる、正義感の強い新人警官が、犯罪者ゴズリングと関わってしまったことで、その後の人生が大きく変わり始めるというような内容。事件を解決に導き、一躍時の人になった警官に、汚職の甘い誘いが!同僚の刑事役とかでレイ・リオッタが出てくるんだけど…予想通り、こいつが汚職警官で、ゴズリングが強盗で稼いで女に貢いだ金を横取りしようなんて考えてるわけ。仲間を裏切るか、正義を貫くか…究極の選択に迫られるわけなんだけど…下手すると、自分の身も危ないわけで…さぁ、どうする?となる。

最後は…ゴズリングとクーパーの息子たちがお年頃に成長したところまで時間が飛び、何の因果か…息子同士が偶然にひかれ合って、父親たちの過去と対峙する羽目になると。やっぱり父親の血、遺伝子が影響しているのか…何かに引き寄せられるようにどんどん犯罪に手を染めてしまうゴズリングの息子。そして父親の死の真相を知り、ある一大決心をするんだけど…。結局はゴズリングのエピソードが一番突出してて面白かったんだけれども…他の二つも、緊張がMAXに達する瞬間がちゃんとあり、長丁場を最後まで引っ張って見せきった。


監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリング ブラッドリー・クーパー エヴァ・メンデス デイン・デハーン


【DVDソフトの購入
DVD プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月30日

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年)

テーマ:洋画
 アップサイドダウン 重力の恋人

GEOの準新作50円セールで借りてきた「アップサイドダウン 重力の恋人」を鑑賞…一つの星に、二つの重力があり、普段は相反する“上”と“下”の世界の男女が出会うって…あれ、この前見た日本のアニメ映画「サカサマのパテマ」にクリソツじゃねーか。あのアニメ…最後はありきたりな内容になっちゃったけど、設定だけは斬新だなぁって褒めたのに。まぁ、過去にも押井守の「イノセンス」とアレックス・プロヤスの「アイ・ロボット」が同じような時期に作られたりと…“偶然”が重なってしまうことがあったから、一概にはパクリとは言えないんだけれどもさ…。

二重引力が存在する世界…真反対に引力が作用する惑星。貧困層の住む“下の世界”と裕福層が住む“上の世界”に別れており、通常は交流が禁じられている。ある日、“下の世界”に住むアダムは…立ち入りが禁じられた“賢者の山”の山頂で、“上の世界”にいる少女エデンと出会い、親しくなり、しばし下の世界へと招き入れていたのだが…それが警備の人間にバレてしまい…エデンは自分の世界に落下!アダムは、上の世界の人間と無断で交流を持ったことで罰せられてしまう。それから10年が経ち、ひょんなことからエデンの生存を知ったアダムは…。

両方の世界の引力を使って飛翔するなど「サカサマのパテマ」と似た描写もあったが…こちらの作品の方が二重引力の設定や説明が理解しやすいかなって思いましたね。単に異なる世界の人間がサカサマになるってだけじゃなくて、相手の世界に無理に侵入しようとすると…元の世界の物質が燃えてしまうなんていう縛り、ルールもありまして…そういうところで上下の境が認識しやすくもあった。あとは、「エリジウム」なんかでも描いていたけれども、貧富の差というSF映画のお約束ともいえるテーマ、世界観も作品を理解しやすくなる記号でしたよね。

「サカサマのパテマ」では独裁者を倒して終わりだったんだけれども…こちらの作品では好きな女のために、二重引力の呪縛そのものを解き放とうってところまで踏み込んでいくので…「サカサマのパテマ」の方で物足りなかった、SFらしさが楽しめるのではないかと期待したんだけど、結局こちらも、なんか尻切れトンボになっちゃうのが残念。世界を壊してやろうという意気込みはどうした…最後は“そんな裏技”で幸せを掴めちゃうのかよというあっけなさ。で、一番見たい展開が…さりげない映像にそれはまた別の話ってナレーション一つで片付けられちゃう。

あとね、10年ぶりに好きな女に会ったのわかるが、主人公のにーちゃん、がっつき過ぎだよと。相手の女の子が落下事故の後遺症で記憶喪失になってるんだけれども…もし、そうなっていなくても、子供時代にちょっと接しただけの異性の顔なんて覚えちゃいないだろう。どんだけ自信過剰なんだか(笑)そもそもねーちゃんの方は裕福層で、お前は貧困層なんだから、身の丈をわきまえろよってちょっと思った。つーか、一度、大怪我させてるのに…懲りずにまた、ねーちゃんを危険にさらしてたけど…それってどうなの?安全面をちゃんと考えなきゃいかんだろうよ!

まぁ、そういう身勝手なヤツだからこそ…あのオチにも納得か、まったく手が早い、いつの間にって感じだったけど(笑)設定やビジュアルは面白かったんだけど…主人公の態度に、同じ男として、なんかイラッとするところが多かった。ヒロインのねーちゃん、どこかで見たことあるなぁって思ったらキルスティン・ダンスト…似てるなって思ったけど、途中までそっくりな人だと思っていた(笑)タイトルクレジットのところで、同時に世界観の説明も流れていて、そっちに気を取られてたので、出演者の名前なんて、すっかり見落としてしまっていた、いかんいかん。


監督:フアン・ソラナス
出演:ジム・スタージェス キルスティン・ダンスト ティモシー・スポール


【DVDソフトの購入】
DVD アップサイドダウン 重力の恋人







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月30日

恐怖ノ黒洋館(2012年)

テーマ:洋画
恐怖ノ黒洋館

GEOの準新作50円セールで借りてきた「恐怖ノ黒洋館」を鑑賞…前にWOWOWで見て、なかなか面白かった「恐怖ノ黒電話」に酷似したタイトル…別に続編とか、姉妹編とか、作ってる人が同じとか…そういうわけではないんだけれども、配給やソフトリリースが同じ松竹だっていう共通項だけはあります。まぁ、こんなタイトルを付けるくらいだから…ストーリーの先読みがかなり困難だった「恐怖ノ黒電話」並みの斬新さが味わえるのではないかと、けっこう期待してのチョイスである。これがアルバトロスあたりだと信用できんが、一応は松竹だし…。

骨董品コレクターのレオン・リーは…長い間離れて暮らしていた母親が亡くなったので、その母親が住んでいた巨大な屋敷を相続することになった。屋敷に到着し、中に入ると…なぜか自分が手放したコレクションが部屋中に飾られていた。生前の母親がレオンの仲介者から買い占めていたのだ。戸惑いを隠せないレオン…母親はいったい何がしたかったのか?しばらく屋敷に滞在し、中の様子を見て回ることにしたレオン…そこで母親がカルト教団に心酔していたと思われるいくつもの証拠を発見。やがてレオンの身の回りで不可思議な現象が起き始める!

ホラーと謳っているけれども、ぶっちゃけ宗教、信仰の押し付け映画でした、ガックシ。一応ね、ショッカー音で脅かしたり、モンスターみたいなの(なんか「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムみたいなビジュアル)がでてきたりもするんだけど…特に大きな事件が起きるわけでもなく、基本的に主人公のあんちゃんが、ちょっと精神的に不安定になって屋敷の中でイジイジ、ビクビクしてるだけです。で…屋敷のいたるところに、啓示めいた意味深なメッセージなんかも掲げられていたりして、死んだお母ちゃんがどうやら宗教にかぶれていたらしいぞとなるわけですね。

本編中には、しばしその死んだ母親と思われる人物が、息子に宛てた言葉なんかも挿入されるんだけれども…要は、あっちの世界から、大事な息子を見守ってるよってことをいいたいらしい。もちろん、息子は最初はそんなもんを信じてないんだけれども、いくつものメッセージと怪現象に遭遇するうちに、もしかしたらと思い始めるわけだ。もう、これは死んだお母ちゃん…してやったりなんじゃない?信仰を大事にすれば、大事な人が見守ってくれてます、そしてあの世で再会できます…やっぱり宗教の押し売りである以外の何物でもないって感じだよね。

宗教なんてまったく興味がないオイラにゃ、本当にどうでもいい話でして…結局、オチなしで終わってしまったりもしたもんだから、本当に退屈でした。心境としては恐怖よりは苦痛…睡魔に打ち勝つのに苦労しました。他人様の宗教観までどうこう言うわけじゃないけれども…こういう意味不明の映画を「面白い」とか「好き」なんて無理に褒めれば、映画通だって思っている輩がけっこういるもんで、そういう輩の中身のないレビューには本当に反吐が出ます。正直に、意味わかんない、つまらないと言ってる人のレビューの方がはるかに信用できると思いますよ!


監督:ロドリゴ・グディノ
出演:アーロン・プール ヴァネッサ・レッドグレーヴ ジュリアン・リッチングス


【DVDソフトの購入】
DVD 恐怖ノ黒洋館







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月29日

コード60 老女連続殺人事件(2011年)

テーマ:洋画
コード60 老女連続殺人事件

GEOの準新作50円セールにて借りてきた「コード60 老女連続殺人事件」を鑑賞…スペインで実際に起きた連続殺人事件を本国で映像化したクライムサスペンス。老女ばかりが立て続けに絞殺され、警察はマスコミにも情報を流さずに、事件の早期解決を目指すが、なかなか手がかりがつかめず…助っ人でやって来た窃盗課の女刑事が独自の捜査を開始する。内容的にはスペイン版「クリミナル・マインド」的な作品だろうか?女刑事と衝突する上司が…なんとなく「クリミナル・マインド」のホッチに雰囲気が似てなくもなかったり…あくまでオイラの主観だけど。

バルセロナで老女が立て続けて3人殺された…手口はみんな同じで、固く絞ったタオルが凶器になっていた。警察は同一犯による犯行と考えているが、容疑者が特定できずあさっていた。捜査の人員が不足しており…窃盗課の刑事で、シングルマザーのエバも捜査に加わることに。しかし、捜査を指揮する上司のビダルとはことごとく衝突を繰り返す。やがて新たな事件が発生。その後、容疑者が浮上するが、その男はエバが容疑者のリストアップから除外した人物だった。食い下がるエバは別の犯人像を助言するが、相手にされず捜査から外されてしまう…。

警察は犯人に翻弄されるんだけれども…見ている側にはすぐに犯人が判明する。捜査する刑事たちは犯人を男と決めてかかっているんだけれども…実は、食堂で働いている、見た目はなんか幸薄そうなおばちゃんが犯人。食堂の店主には…別居中の旦那からのDVを受けていると涙ながらに訴えているんだけれども…それは全部演技、嘘八百。いや家族と別れて暮らしているというのは本当で、そのあたりに犯行動機が隠れてはいるらしいのだが、DVでついた痣というのは、実は犯行時に被害者に抵抗されてついたものだったということだ。

で、そのおばちゃんが暇を見つけては…一人暮らしの老女に近づいて、殺しを繰り返していたってわけ。被害者たちも、まさかこんな普通のおばちゃんがっていうことで油断してしまったのね。年寄の良心や孤独さに付け込んだおばちゃんの卑劣な犯行。日本でオレオレ詐欺、振込詐欺にひっかかる老人が多いのと一緒だよね…どこの国も、独居老人という社会問題を抱えてるってのが浮き彫りになってきて、実話ものらしい妙な重さはある。ただ、そんな感じの内容なので…犯人当てのような面白さは皆無に等しく、映像作品としては淡泊かもしれない?

それを補うのがシングルマザーの女刑事というキャラ設定。他の捜査員がいる捜査会議の場で、上司のおっさんか、やたらいびられたり…露骨な対応をとられる。そんなに現場に女、シングルマザーがしゃやり出てくるのが気に食わないのか?実は、そのあたりにも枝葉の話がありまして…案の定、女刑事と上司は過去に訳アリな関係だったわけ。ってーと、女刑事の子供の父親というのは…?上司は妻帯者であるのが冒頭から描かれており、三角関係がちょっぴり影響してきて…。不倫関係は露見してしまうのか、そんな状況で事件は無事に解決するのか?


監督:カルロス・マルティン・フェレーラ
出演:アナ・アレン  ナチョ・フレスネダ メルセデス・カストロ エルネスト・コリャド  クリスティナ・ヘネバート


【DVDソフトの購入】
DVD コード60 老女連続殺人事件







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月29日

パニック・マーケット(2012年)

テーマ:洋画
パニック・マーケット

GEOの準新作50円セールで借りてきた「パニック・マーケット」を鑑賞…津波により巨大スーパーマーケットにとじこめられた人たちのサバイバルなんだけど、通常の脱出サバイバルに加えて…「ジョーズ」系の鮫バトルも楽しめるというホラーパニック映画になっている。劇場公開時は3D上映、ブルーレイも3Dバージョンが発売になっているが、DVDはもちろん2Dのみです。いかにもハリウッドのB級映画って感じだけれども…アメリカ製ではなく、オーストラリアとシンガポールの合作だとか。でも役者はアメリカ映画でも見かけるような人がけっこういたね…。

ある日、ビーチに巨大な鮫が現れた!ライフセーバーのジョンは…目の前で友人が犠牲になるのを助けられずトラウマに!その友人の妹ティナとも交際していたのだが…それを機に別れてしまった。それから12か月が経ち…ライフセーバーの仕事を辞めスーパーでバイトをしていたジョンの目の前に、偶然ティナが新しい恋人と現れた。その直後、スーパー内で強盗事件が発生!ティナが犯人の人質になってしまうのだが、さらに追い打ちをかけるように地震が発生し、巨大な津波がスーパーを飲み込んでしまう!ジョンはなんとか生き延びるが…。

冒頭はシャークパニックもののお約束って感じ…ビーチでの惨劇。そこでトラウマを抱えてしまった主人公は1年後にライフセーバーからスーパーのバイト店員に転職している。舞台も巨大なスーパーマーケットに移行…主人公以外にも、物語に関わってきそうな複数のキャラクターがぞろぞろと出てきて群像劇っぽくなっていく。スーパーの店員や客、その中には強盗を企てている悪党なんかも紛れており、事件が起きる!なんだあの鮫は掴み程度のネタで…本筋は普通の犯罪ものになっちゃうのかなって感じだったけど、そこでまた別の騒動が!

突然、轟音と共に地震がが起き…その直後に海から巨大津波が押し寄せてきたのだ。昔だったら、こういうところで大笑いしたんだろうなぁって感じだけれども…さすがに震災の生々しい映像をさんざん見てきたので、あの時のことを思い出し、ダブラせるだけの常識は持ち合わせてたり。ちょっとはあの震災にインスパイアされてこの企画を考えたのかななんても考えてしまった。でも、アレだよね…あの直後だったら真っ先に公開延期だっただろうけど、逆にこんな映画が公開できるまでに日本が復活したとも受け取れないこともないんじゃないかなぁとも思う。

で、津波に飲み込まれたスーパーの中、その前にクローズアップされていた人たちが案の定、生存者となって登場し、協力したり、仲違いしたりしながら…生き延びよう、脱出しようって展開になるわけだけど、津波は大量の水と共に、あろうことか鮫まで一緒に運んできてしまいまして…水没したスーパーの中に潜んでいたと。それを知らずに…脱出ルートの探索なんかをはじめちゃうので…。思わぬところで元ライフセーバーの主人公はリベンジマッチをすることに…って、最初の鮫と同じかどうかは不明だけどね。それどころか鮫が一匹だけとも限らない(笑)

ドラマ自体は、この災害を通じて、家族の絆を取り戻したり、恋人の本性がわかったり、悪党はやっぱり悪党だったりというありきたりなものが多いかな?せっかくの生存者もアジア人っぽい顔立ちの人たちが真っ先に死んでいくのが、ちょっとなぁ~って思ったところ…。あとは、コイツ死んじゃうだろうなぁっていうのは、なんとなく予想ができてしまう。内容的には観光地で地震に遭遇する「アフターショック」なんかにも似ているんだけれど、犠牲者の順番などはあちらの方が予想外であり、サバイバル感がもっと強かったかな?映画としてはそつなくまとまっている。


監督:キンブル・レンドール
出演:ゼイヴィア・サミュエル フィービー・トンキン シャーニ・ヴィンソン エイドリアン・パン チー・ユーウー


【DVDソフトの購入】
DVD パニック・マーケット







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!







いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月28日

麗しき日々(2013年)

テーマ:洋画

  麗しき日々 

劇場未公開作品をソフトリリース前に放送するWOWOWの“ジャパンプレミア”枠で放送された「麗しき日々 」をエアチェックしておいたので鑑賞…大御所女優ファニー・アルダン主演のフランス映画。夫に子供、孫までいるばーちゃんが、息子といってもおかしくない年下の男との不倫にハマるという恋愛ドラマ。この枠で放送する作品って、それなりにリリースまで時間があったりするが、珍しくソフトリリース日が迫っていて、来月5月2日に発売予定となっている。なおWOWOWのリピート放送は5月26日と6月25日の2回、HDで見たい方はぜひオンエアで!

元歯科医のカロリーヌは、親しかった友人を亡くしふさぎ込んでいたので…独立した娘たちから、カルチャースクールへの体験入学を勧められ、渋々、参加する気に。しかし、演劇教室の授業で講師と喧嘩になりさっさと退出してしまう。その夜、自宅で使っているパソコンが不調になり…その修理方法を知るために、今度はパソコン教室へと出向くことに。そこで知り合った娘と同年代の男性講師ジュリアンと親しくなり、誘われるままに身体の関係を持ってしまう。その後もカロリーヌは、夫たちに隠れながらジュリアンとの関係をズルズルと続けるのだが…。

元歯医者のおばちゃんに…「歯が痛い」と相談に来た若い男。知り合いの歯医者を紹介するが、スケジュールがいっぱいで断られてしまい、そこで男が「あなたに診てほしい」と懇願。おばちゃんの方はまんざらでもない感じで、一度限りの現役復帰。その後、一緒に食事をすることになった2人…明らかにババァを口説く気満々…お前はピースの綾部かよ!って、おばちゃんの方も「口説いてる?」なんて質問しちゃって、お前も口説かれるき満々かよ!そのまま、駐車してあった車の中で乳繰り合うんだけど、男がゴムを出した瞬間に、おばちゃんは正気に。

「やっぱ駄目よ!」って…そんな殺生な、そこまでしておいて。でもアレだよな…異性に歯の治療をしてもらってる時って、なんか勘違いしちゃうよな。オイラも一時期、歯医者に通ってる時…若くて綺麗な歯科助手に、ゴム手袋した指を、口の中につっこまれたりしてたら…なんか妙な気分になったもんだけど、でも、さすがにこんなおばちゃんだったら、ムラムラしないんじゃねーか(笑)でもって、その場は未遂で終わったんだけど…口説かれたことがだいぶ嬉しかったようでルンルン気分。後日、何かを期待してパソコン教室に向かい、案の定…今度はヤっちゃう。

まぁ、一度ヤっちゃえば…あとはオ●ニーする猿のごとく、来る日も来る日もヤりまくる生活が始まる。って、おばちゃん旦那の前とかでも浮かれすぎだろう、孫の面倒をみてる時にも、こそこそ相手とあっちゃったり、そんなことしてたら、いつかバレるぜ。男の方は所詮、“遊び”なのよ…いつもは若い女と遊んでるから、たまにはゲテモノにも手を出してみたかったんだろう。でも、何を勘違いしたのかオバチャンの方はかなりマジモード…恋する乙女状態で、メール攻撃!自宅のワインを持参して男の部屋に転がり込んだりと積極的にアプローチ。

いつしか男の方も…それなりに本気になっていく。ただやっぱり、いつまでも不倫関係を続けているとどこかで綻びが、修羅場が待ってるわけでして…見てる最中に、ババァ、ツメが甘いんだよと何度も思ったが、やっぱり旦那にも同じセリフを言われてしまいます。そして「不倫するなら相手にバレないようにやれ!」By旦那、名言です。不倫の事実を薄々感ずいてるのに…夫の方から「久し振りにしないか?」って誘うんですよ。でも、きっとあまりうまくデキなかったんだろうね、年齢的にも、精神的にも。男目線だとこの映画の中で、そのシーンが一番切ない!

関係がバレた後…男との関係もギクシャクするが、それでも誘われると、簡単にヨリを戻そうとするババァ。いつまでこの関係は続き…最終的に、誰が、どんな決断を下すのか?まだ結婚もしていないオイラなんかは、もし将来の嫁(って今のままじゃ、死ぬまで結婚できるかわからん)がこんなことをしたら…即刻「離婚じゃ!」って切り出すと思うけれども、長年連れ添った夫婦には、また違った思惑があるのかもしれませんね…その辺の心境は当事者になってみないとわからない。若い男に嫁さん寝取られたのはかっこ悪いが、旦那が一番大人でした。


監督:マリオン・ヴェルヌー
出演:ファニー・アルダン ロラン・ラフィット パトリック・シェネ ジャン=フランソワ・ステヴナン 


【DVDソフトの購入】
DVD 麗しき日々







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月28日

ブラッド・ヒート 肉弾戦争(2011年)

テーマ:洋画

ブラッド・ヒート 肉弾戦争


ツタヤの準新作80円セールで借りてきた「ブラッド・ヒート 肉弾戦争 」を鑑賞…リリースはレンタル、セルともに2013年12月25日だった。しくじったなぁ~、これはツタヤ限定ものじゃないので、1日待てばGEOで50円で借りれたよ…確かGEOでも準新作扱いになってたはずだ(笑)プロレス出身のアクションスター、「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」「12ラウンド」のジョン・シナが主演を務めるアクションものなんだけど…どちらかというとコメディの趣きが強いかな?ドンパチはあるけれども先述2作品のような、いかにもな筋肉バカ映画ではなかったですね。

停職処分中の刑事サムに父親が亡くなったという報せが。葬儀の場で、普段は離れ離れで暮らしている腹違いの兄弟が集結。保釈金立て替え業を営む次男レオとは普段から折り合いが悪く、刑務所から出所したばかりの三男ダグラスとは…全員が初対面。父親の遺言で、なんとか家族の仲を取り持とうとしている妹のニナから、兄弟全員で協力して事業を行わないと遺産が分配されないという話を聞かされる。そんな折、レオが大金を保証している囚人が、保釈中に大富豪の誘拐に加担した事が判明…サムとダグラスはレオの仕事に協力することに。

仲違いしている腹違い兄弟が…父親の遺言で、仲良く協力し合う事に。そうしないと、せっかく父親が残した多額の遺産にありつけないのだ。そんな時に、富豪の誘拐事件が発生。その事件に、次男が保釈金の立て替えをしている男が関わっているという情報が入り…このままで金を取りっぱぐれるという。じゃあ、共同作業の手始めに皆で…その男を探そうということになるんだけど、ようやく見つけたと思ったら、やっぱり筋肉バカだった長男ジョン・シナがよりにもよって相手を射殺してしまう。これじゃ、金が入ってこないと、次男が文句をたれてまた喧嘩。

仕方がないから…今度は誘拐事件を自分たちで解決して、FBIから報奨金をもらおうぜって話になる。で、犯人が潜伏しているらしいメキシコに向かって、情報収集を始めるんだけど…。基本は3人のデコボコ腹違い兄弟の珍道中。異母兄弟の中の紅一点の妹役で、エイミー・スマートが出てるんだけれども…この人は男兄弟の旅には同行しない。その代わり、犯人の情報を握っているとみられる現地美女が話に絡んできたりして…女っ気は一応あります。メキシコの麻薬組織なんかとも渡り合って、ついに敵のアジトを発見するんだけど…。

事件を通して、兄弟たちがわだかまりを解消し、絆を深めあっていくところが見どころなのかな?それにしても、腹違いという設定がなければ…容姿も性格もまったく似ても似つかない兄弟たちだわ。エイミー・スマートって、けっこう可愛らしく見えるけど、実年齢はオイラとそう大して変わらないんだな…。ジョン・シナのアクションで面白かったのはクライマックス、逃走用のヘリにロープで乗り込もうとしている敵のもとへダイブして、そのままラぺリングで相手をブチのめすというシーン…エンディングロールでワイヤーで吊って撮影してる様子が紹介されていた。


監督:マイク・パヴォーネ
出演:ジョン・シナ イーサン・エンブリー エイミー・スマート ボイド・ホルブルック マイケル・リスポリ


【DVDソフトの購入】
DVD ブラッド・ヒート 肉弾戦争







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月28日

エスケープ・アーティスト 無罪請負人(2013年)

テーマ:海外TVドラマ

Escape Artist


月一で海外ドラマの新作を放送するWOWOWの“WOWOWプレアミア”にて「エスケープ・アーティスト 無罪請負人 」をエアチェックしておいたので鑑賞…イギリスBBC製作のサスペンスドラマ、ミニシリーズ。1本あたり1時間弱の尺で全3話…最初は1話完結ものなのかなと思ったんだけど、全話を通して1つもの物語、同一の犯人に挑んでいく話だった。レビューの中で、一部ネタバレ記述を含む予定なので(物語の結末ではなく、エピソードの途中のネタだけど)、未鑑賞の方、近日鑑賞予定の方などはあらすじ以降を読む時は気を付けてください。

裁判で負けたことがない優秀な法廷弁護士のウィル・バートン…仕事は忙しいが、私生活を支えてくれる妻のケイトや愛する息子ジェイミーと幸せに暮らしていた。そんなウィルは、もちろん世間からの評判も良く、ライバルの女性弁護士マギー・ガードナーは彼のことを目の敵にしていた。ある日、女性を惨殺した容疑で逮捕されたリアム・フォイルという容疑者の弁護を受け持つことになったウィル。誰でも平等に弁護を受ける権利があるという信条を貫き、リアムに対し不信感を募らせるものの、得意の弁護力で見事に無罪を勝ち取ることに成功し…。

自信満々、負け知らずの若手エリート弁護士が、来る者は拒まずで殺人容疑のかかっている男の弁護を受け持ち…接見中の相手の態度から、「こいつクロだな」っていうのを感じ取るんだけれども…そこはクールに仕事に徹し、検察側が提示する証拠のあら捜しをして、見事無罪を勝ち取る。難しい案件を片付けた主人公の株はますますあがっていくわけなんだけど…その一方で無罪放免になった男が、やっぱりどこか狂ってまして、主人公にやたら固執し始めると。で、主人公の嫁さんや息子の前に忍び寄ってきて、ついに凶行に及んでしまう。

あっけないくらいに嫁さんが殺されてしまった!自分が無罪にした男に家族が襲われるなんて、なんたる皮肉。でも、法廷ものサスペンスとかで…無罪にした容疑者が真犯人でしたっていうパターンって、過去にも意外とあったよね。やっぱり“WOWOWプレミア”で見たイギリスドラマの「インジャスティス ~法と正義の間で~」なんかでも確か描かれていたはずだ。「インジャスティス」の方は…明らかにクロの相手の弁護は引き受けないようにしてたんだけど、判断をミスってしまった結果だった。こちらの作品では最初から疑ってる節があったよな?

でも、“勝てる”と思ったから…弁護を引き受けてしまったのだろう。まぁ、それが間違えであったと気づいたときには…後の祭りってヤツですよ。無罪になった男が、まずは主人公の弁護に不服を申し立てたりして、仕事を奪おうとするんだけど…そのあたりも、その後の“殺し”の準備、っていうか…捕まって、裁判になった時の逃げ道だったのだろう。先の先まで読んでいる、用意周到な犯人に…裁判では口が達者なエリート弁護士がどう立ち向かっていくのか?嫁さん殺しでは、事件の当事者なので…裁判に関わることもできずヤキモキする羽目に。

それどころか…新たに犯人の男を弁護するのは、いつも自分を目の敵にしてくるライバルの女弁護士だった!そして、自分が先の裁判で使ったのと同じような“汚い手口”で無罪を勝ち取ろうと攻めてくる。一応、ライバルの女弁護士に忠告するんですよ…もし、犯人を無罪にしたら、自分と同じように人生を奪われるぞってね。でも、女弁護士だってプライドがあるので、ハイそうですかって、言いなりになんかならないわけですよ。でも…心のどこかでは、犯人が“クロだ!”っとは思っているようで…もしかしたら主人公と同じような目に合うのではないかとなる。

ここまでが第2話…そして最終回では、主人公のリベンジがいよいよ始まると。あからさまに“必殺仕事人”になってしまった先述の「インジャスティス」と似た展開にもなったりするんだけれども…最後は、法の裏を知り尽くした主人公が、法廷という場所を使って、完全犯罪を成し遂げられるかどうかという見どころが待っている。例のライバル女弁護士が…こそこそと主人公の周りを嗅ぎまわっているんだけど、主人公の敵なのか、味方なのか?そして残虐非道、姑息な犯人にどんな方法で対抗したのか?第1話の前半は退屈だったけど、途中から面白くなった。

この枠で放送される作品は、ほとんど吹き替え版で、中には声優が微妙だったりすることもあるんだけど…今回は主人公の声を洋画吹き替えの鉄板である森川智之が担当していたので、吹き替え嫌いのオイラも安心して見ることができたり。日本ではまだソフト化の情報はでていませんが、本国ではすでにDVD化されており…importソフトが日本のAmazonでも見つかります。ただしPAL仕様のDVDのみなのでご注意を。一応、3話ともDRモードで録画したが、25GBのBD-Rに焼くには1話分、HGモードに落とす羽目になり、自分は真ん中の2話を犠牲にした。


監督:ブライアン・ウェルシュ
出演:デヴィッド・テナント トビー・ケベル ソフィー・オコネドー トニー・ガードナー アシュレー・ジェンセン


【DVDソフトの購入】
DVD Escape Artist[Import]







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月27日

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年)

テーマ:洋画

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

ツタヤの準新作・旧作80円セールで借りてきた「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」を鑑賞…劇場公開もされている作品なんだけれど、レンタルはツタヤ限定。セルソフトはDVDのみだが、AmazonインスタントビデオなんかでHD画質は見られるそうだ。「ハムナプトラ」のスティーヴン・ソマーズが監督、リブート版「スタートレック」のチェコフ役、アントン・イェルチンが主演を務めたホラーテイストのサスペンスもの。タイトルの“オッド・トーマス”は主人公の名前で…この人が特殊能力を使って、悪党と戦ったり、事件を未然に防いだりって感じの内容です。

周囲からは変人扱いされているオッド・トーマスだが、彼は特殊な能力を持っていた。それは霊が視えてしまうということだ。その日も少女の幽霊に導かれ、殺人犯の男を捕まえたばかりだった。普段はダイナーで働くコックなのだが、オッドは普通の霊の他にもボダッハという不気味な悪霊をしばし目撃。この悪霊が現れると、町で何か“ヤバイ事件”が起きる前触れなのだ。オッドは自分の能力を理解してくれてる恋人のストーミーや警察署長の協力を得ながら…事件を起こすと思われる人物を見つけ出し、犯罪を未然に防ごうと奔走するのだが…。

ぶっちゃけちゃうと…主人公のあんちゃんは幽霊や悪霊が視えます。で、こういった霊から情報を仕入れて、事件を解決するんだけど…別に警察とか私立探偵とか軍人とかそういう類の職業ではまったくなくて、町のコックさんなんです。日本の映画サイトでは…もっと親しみやすく表現するために“フリーター”って書かれてるんですけどね。で、そんな特殊能力を使って色々な事件に首をつっこむんだけど…周りのバンピーからは変人扱いされている。でも可愛いガールフレンドとか、警察署長なんかは主人公の理解者で、ヒーロー活動を支援してくれている。

ちょっと話が脱線するけど…幽霊から情報を得て事件を捜査するといえば…テレ朝でやってる小栗旬主演の刑事ドラマ「BORDER」なんだけど、アレってマジクソつまんね~な。裏番組にTBSが力を入れている警察ドラマ「MOZU」があるから、最初から手抜きなんじゃないか?って思う。自分の凡ミスで犯人に頭を撃たれた刑事が、現場復帰。事故の後遺症で被害者の幽霊が視えるようになり、その幽霊からヒントをもらって犯人を捜す。そしてハッカーとか裏社会の人間を利用して証拠を集めるって(この前なんて盗聴で犯人をオトしてたし)…。

扱っている事件なんかは、それなりに社会性があるテーマだったりするんだけど…。遠藤憲一や古田新太といった脇を固めるベテランも悪くないし、刑事ドラマといえばテレ朝なんだから普通に撮ってればそれなりに楽しめる内容になっただろうに…。原案、脚本の金城一紀…SPの映画もひどかったからなぁ。昔はこの人の小説や映画も面白く読めた、見れた時期があったが最近は全然おもろくない。でも、文句を言いつつも、女優の波瑠が魅力的なのと、音楽が押井守作品でおなじみ川井憲次さんなので、一応、エアチェックを続けてるんだけど…。

えっと…ここからは「オッド・トーマス」に話を戻しますが、なんでこんな脱線をしましたかといいますと…幽霊からヒントを得て事件を捜査するなんてふざけた内容だけれども、さすがこういう題材にもこなれたアメリカ映画だけあって、「BORDER」なんかよりは全然面白いエンターテイメント作品になってますよといいたかったわけです(笑)きっとこういう作品(原作はD・クーンツだってさ)から、才能がない金城一紀がパクった企画なんだろうけど。こっちも、別に硬派な内容ではないんだけど映像やアクション、テンポの良さなんかで面白くみれちゃうわけ。

とりわけ、主人公と相思相愛なガールフレンド、ストーミーを演じたアディソン・ティムリンがキュートすぎて、メロメロ。劇中でアイスクリームショップの店員をやってるんだけど、その制服姿がハンパなく可愛いのだ。彼女に、「危ないことしないでね!」なんてお願いされても…頑張ってしまう主人公。最後の最後に、主人公の例の特殊能力をうまく活かしたやたら切ないオチなんかもあって…しっとりとまとめたなぁって感じ。スティーブン・ソマーズ作品だけあって、悪霊はグロテスクなデザインだが…「ハムナプトラ」や「ザ・グリード」と比べちゃうと、物足りなさはある。


監督:スティーブン・ソマーズ
出演:アントン・イェルチン ウィレム・デフォー アディソン・ティムリン ニコ・トルトレッラ ググ・バサ=ロー 


【DVDソフトの購入】
DVD オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2014年04月27日

リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!(2012年)

テーマ:洋画

 リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て! 

金曜日からツタヤで準新作・旧作80円(税抜き)セールが始まったので見逃し作品を物色しに…でも、あまり見たいのがなかったのでツタヤ限定ものを中心に3本ほどチョイスするだけにとどめておいた。きっとGEOでもGWに合わせたセールをやるんじゃないかと見越していたのもある。案の定、一日遅れで土曜日からGEOでも準新作・旧作50円(税抜き)セールが始まり…ツタヤを少な目にして正解。ということで、一日早く借りたツタヤの方から消化していく…まずはツタヤ限定レンタルだという「リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て! 」を鑑賞した。

愛犬のジョリーをこよなく愛するハリーは、基本はそんなに悪い人間ではないのだが、悪党に関わってヤバイ仕事を引き受けることもある。ある日、その仕事に失敗し、大金を返済しなければならなくなるのだが…返すのに手間取っているうちになんと制裁でジョリーが殺されてしまった。怒ったハリーはいとこのセシルに助っ人をたのみ、犯人捜しを始める。まずは馴染みの飲み屋のバーテンから情報を引き出すのだが、その際に、死んだジョリーを侮辱され、相手を射殺してしまう!その後も、次々と情報と引き換えに死体の山が増えていき…。

愛犬を殺された男がブチきれて…犯人探しを始めるんだけど、情報収集している段階でも、些細なことでブチきれてしまい、相手を殺してしまう。一人殺したら、後は雪だるま式に…躊躇なく虐殺していくと、そんな感じの内容。この虐殺男には、相棒になるいとこがいるんだけど…コイツもどうしようもないボンクラで、最初は主人公の殺しに面喰ってはいたものの、犯行を諌めるわけではなく、途中から一緒になって殺しを重ねていくようになる。終始、酒を飲んで酔っ払い、ドラッグやハッパでラリった状態で…もうね、思考もどんどんおかしくなっていっくんだよ。

些細なところでブチきれて犯行に及ぶというのはマイケル・ダグラスの「フォーリング・ダウン」を思いだす。また、自分勝手な正義で、パートナーと虐殺を始めて、死体の山を築いていくというところは…「処刑人」シリーズにも通じるブラックユーモアだろうか?バイオレンスなシーンはあるんだけれども、思いのほか爽快感のある作風なのも前述の2作品と共通するところか?邦題タイトルからいって「愛犬のために撃て!」なんてアホっぽさ丸出しだし、主人公といとこの支離滅裂な言動、会話などいい感じのグダグダさで、なかなかのバカ映画になっていた。

インパクトがあってけっこう面白かったんですよ。例えば、主人公に一番最初に殺されちゃうバーテンダーの役が、イライジャ・ウッドだったり、脇役で登場する人たちが意外と豪華だし、人間よりもお犬様が大事だという主人公の発想が、犬に洋服なんぞを着せている昨今のバカ飼い主を皮肉ってるようにも見えて、テーマも興味深かったりする。ただ、こんだけ犯行を重ねてるのに、警察が介入しなかった事、制裁を加えた悪党が絡んでこなかった事がちょっと物足りない。そのあたりをもう少し深く描いていれば、笑いだけじゃなくスリルも増しただろうに。


監督:チャッド・ハーボルド
出演:オスカー・アイザック イライジャ・ウッド ライアン・フィリップ アダム・ブロディ ギャレット・ディラハント


【DVDソフトの購入】
DVD リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。