↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年07月31日

Blu‐ray Disc リプレイスメント・キラー(2007年9月26日発売)

テーマ:Blu-ray(再鑑賞)

 勝手に映画紹介!?-リプレイスメント・キラー 

楽天のDVD-outlet にて、500円で購入した未開封の旧作BD「リプレイスメント・キラー 」(このリンク先はAmazon)を鑑賞…作品自体は、何度も見ている作品。まだ、DVDプレーヤーを持っていなかったっ頃に、輸入盤の字幕なしLD(もしかしたらDVDはリージョンのしばりがあって買えなかったのかも)を買って見たのが最初。その時は、まだ日本で公開もされていなかった。その後、日本で公開が決まった時に試写会で鑑賞し、日本盤のDVDも所有していた。このブログでも、7年くらい前に作品レビュー を取り上げたこともあるんだけどさ。

で、ブルーレイが出ているのは知っていたけれども…とりあえずDVDがあればいいかななんて思ってもいたりしたんだけど、今回、金額の安さにつれて、とうとう買い替えたってわけ。旧作でもとりあえずBDなんで画質と音質はアップしているだろうと。いや~、これ買って正解だったよ。なんと…オイラが所有しているDVDと、中身のバージョンが違うじゃないですか。ソフトの正式名称は「リプレイスメント・キラー エクステンデッド・エディション」となっており、劇場公開版に8分の追加映像を加えたロングバージョンだったのだ。今まで気づかなかったよ、そんな情報。

最初は、そんなに違いがわからなかったんだけれども…ケネス・ツァン演じる悪党のウェイが、プールで遊んでいる孫を見つめて黄昏ているシーンが前半にあって、アレ、こんなシーン見たことがないぞと思ったわけ。そしたら、その後も…ユンファがパスポートや銃を手配するのに連絡をとる、表向き自動車の修理工場みたいなのをやってるエディっておっさんの登場シーンが長くなっていたりするじゃん。ああ、こんなシーンも見たことがないぞと。他にも2人組の殺し屋の片割れティル・シュヴァイガーが、空港で女の子の頭をなでたり…色々と細かい違いが。

追加映像のおかげで作品全体の印象もだいぶ変わっている…とりわけ、普通の劇場公開版だと、ユンファ兄貴は、寡黙な殺し屋って感じで、あまりセリフを喋らない(まぁ、ハリウッド進出第一弾だったわけですし)んだけどさ…オイラが覚えていたい以上に、ベラベラとセリフを喋ってるんだよ。そういう印象を強く与えるのが、ミラ・ソルビーノと一緒に車で移動するシーンの車内での会話が2か所も増えているからだろうなぁと。特に、後半で追加されてる車内のシーンなんか、ユンファ兄貴はモシャモシャと飯を食ってるし。劇場公開版よりも人間味を感じる。

15年前の作品ということを考慮すれば…画質もハイデフっぽさがしっかりと感じられ、シーンの違いを確かめる為に再生してみたDVDの映像と比べると、段違いであった。PCM5.1ch音声も、DVDのドルデジ5.1chとは比べ物にならない力強さで、数多いドンパチシーンを盛り上げており…逆に、ドラマ部分のさりげない雨音なんかが、ユンファ兄貴の繊細な演技とマッチする。欲を言えば、映像を追加したロングバージョンと、従来の劇場公開版が両方収録されていればよかったのだが…これではDVDも手放せないかななんて思ったり。

ここからは映画の話じゃないんだけど…オイラも今回お世話になったDVD-outletのタイムセールが、本日をもっていったん終了との事。通常の500円BDなどは、在庫があればまだまだ注文できるみたいだがワゴンセール(500円均一、780円均一)も、明日の朝10時59分までとサイト上に表示されているので…格安の掘り出し物ソフトを探したい方は早めにチェックした方がいいみたいですよ。もう一つ、余談だけれども…今日は楽天のメルマガについていたスピードくじで、当選人数10人の500ポイントが見事当たった!やっぱ買い物すると当たりやすいのか?



今月、懸賞とか当たりすぎでちょっと怖いぞ…オイラ 勝手に映画紹介!?-楽天スピードくじ当選1 
勝手に映画紹介!?-楽天スピードくじ当選2 




監督:アントワ・フークア
出演:チョウ・ユンファ ミラ・ソルビーノ マイケル・ルーカー ユルゲン・プロフノウ  ティル・シュヴァイガー


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray リプレイスメント・キラー
リプレイスメント・キラー【Blu-ray ブルーレイ・アジア/アクション】 (DVD-outlet)








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月30日

ミシェル・ヴァイヨン(2003年)

テーマ:洋画

  勝手に映画紹介!?-ミシェル・ヴァイヨン 


楽天のDVD-outlet にて、500円で購入した「ミシェル・ヴァイヨン 」(このリンクはAmazon)を鑑賞…こちらはタイムセールの商品だったので、今現在は通常販売価格の780円(これも期間限定の値下げ価格)に戻っている。これでも普通にAmazonで買うより安かったりするし…Amazonのマケプレで、楽天と同じ業者が出品してるんだけど、微妙に金額が違ったり…。一応、サイト上に、値下げセールは8月1日までと書かれているので、気になる方は早めにチェックされた方がよろしいのでは?オイラもセール終了前にもう1回くらい利用したいんだけど…。

チームヴァイヨンと、チームリーダーは…大昔から因縁の対決を繰り広げていた。チームヴァイヨンのドライバー、ミシェルは、冬のカナダで行われたレースで、見事宿敵を破り優勝するのだが、次のアイスランドのラリーで、弟分のデイヴィッドが事故を起こし、爆死!後日、何者かの妨害工作疑惑が浮上する。やがてミシェルが参加するル・マン24時間レースに、今まで参加していなかったチームリーダーが出場することが発表される!これまで煮え湯を飲まされてきたリーダーの先代オーナーの娘、ルースが、ヴァイヨンに復讐を企んでいた。

この作品は…東京国際映画祭の招待作品か何かになっていて、当時、渋谷のオーチャードホールで見ている。あの頃は若かったので、映画祭のハシゴ(東京ファンタなんかも同時開催してたし)をしてて、一日に何本も作品を見ていた。で、この映画がその日の一番最後で、睡魔と戦いながらヘロヘロになって見た気がする。だから、正直…あんまりよく覚えてなくて、つまらなかったという印象しか残ってなかったんだよね。なんか舞台挨拶にやって来た出演者のフランス人俳優を間近で見た記憶はあるんだけど、どの人だか忘れちゃった。

オイラ的にはそんな印象の映画、なので今までDVDでも買い直していなかったってわけ。くわえて、脚本はリュック・ベッソン(確か、ベッソンも来日してたような)だから、荒唐無稽で、チープなストーリーなんだわさ。レース界の二大チームが因縁の対決を繰り返していて、片方のチームのオーナー(ビッチな女)が、散々煮え湯を飲まされてきた亡き先代の復讐をするために、汚い妨害工作を何度も仕掛けてくる。レース前にトラックで輸送中の車を、狙撃して足止めしたり、主人公の親父を誘拐して、わざと負けろって脅迫したり…。

対する主人公チームも…レース参加のタイムリミットが迫る中、公道でマシンをかっ飛ばしたり(よその国の事はわからんが、まぁ、普通に考えて道路交通法違反だそうなぁ)、レース中に選手が内緒で何度も入れ替わったり…オイオイなものばかり。挙句、死んだチームメイトの嫁さん、未亡人が、これまた亭主の復讐と意気込んで、チーム入りするんだけれども、加入してそうそう主人公と、なんかいい雰囲気にになったり…。すぐに、イケメンの主人公に抱きついたりしてたから、ああ、この女も相当に尻軽だぞと見当がつく。

まぁ、そんな内容なんだけれども…レースシーンの映像は、今見てもそれなりに迫力を感じる。荒唐無稽な展開も、全体的にドライな演出、映像で撮ってるのでかっこよく、スタイリッシュに見えなくもない。加えてブルーレイの音声仕様はDolby TrueHD6.1(オイラの再生システムは、6.1chが5.1chになってしまう…DTS-HDだとそのまま6.1chで再生できるのだが)で、車の走行音やクラッシュ音がグルグルとよくスピーカーを駆け巡る。加えて、低音の鳴りもすこぶる快調ときた。500円で楽しめるなら、サラウンド映画として充分、納得のいく買い物だった。


監督:ルイ・パスカル・クヴレア
出演:サガモア・ステヴナン ダイアン・クルーガー ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ ジャン=ピエール・カッセル


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray ミシェル・ヴァイヨン
ミシェル・ヴァイヨン【Blu-ray ブルーレイ・洋画/アクション】 DVD-outlet




今回購入した他のソフト…既に値上がり、売り切れのものも出ているかも? 

地獄の変異【Blu-ray ブルーレ...

地獄の変異【Blu-ray ブルーレ...

価格:500円(税込、送料別)

奪還DAKKAN-アルカトラズー【Blu-ray ブ...

奪還DAKKAN-アルカトラズー【Blu-ray ブ...
価格:500円(税込、送料別)

リプレイスメント・キラー【Blu-ray ブルー...

リプレイスメント・キラー【Blu-ray ブルー...

価格:500円(税込、送料別)

世界侵略:ロサンゼルス決戦【Blu-ray ブル...

世界侵略:ロサンゼルス決戦【Blu-ray ブル...
価格:500円(税込、送料別)








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月29日

ノーベル殺人事件(2012年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-ノーベル殺人事件 

昨日、WOWOWでエアチェックしておいた「ノーベル殺人事件 」を鑑賞…劇場未公開作品をソフト発売前に先駆けてオンエアするジャパンプレミア扱い。「ミレニアム」シリーズのスタッフが再集結したというスウェーデンのミステリー作品…ノーベル賞の晩餐会で襲撃事件が発生し、そこに言わせた女性新聞記者が事件の真相を探っていくといった内容。DVDのリリース日は既に決まっており、来月末、8月28日で…Amazonでも予約受付中。ただ、DVDのみの発売なので、ハイビジョン画質で見れるのはWOWOWだけ、リピート放送は8月16日。

12月10日、ストックホルムの街ではノーベル賞の晩餐会が開かれている。新聞記者アニカ・ベングッソンは、ドレスで着飾り、舞踏会の取材をしていた。会場で男性から声を掛けられ、ダンスを踊ることになったアニカだったが、その際に1人の女性とぶつかり、目があってしまう。直後、銃の発砲音がし、賞を受賞したイスラエルの科学者と一緒にいたノーベル賞選考委員会の女性が撃たれた!犯人はアニカが目撃した女性らしい。警察は科学者が狙われたという線で事件を追い始めるが、アニカは選考委員が本来の被害者ではないかと考え…。

誰が主人公なのかもよく解らないうちに…晩餐会会場に乗り込んできた女暗殺者によって、ノーベル賞を受賞した科学者と、選考委員の女性が撃たれる。科学者の方は重体、選考委員の女性の方はどうやら死亡が確認されたらしい。で、ドレスで着飾っていた女性が、犯人や犯行を目撃していたんだけれども…実は、これが主人公の女新聞記者(子持ち既婚者)。犯人と見られる“女殺し屋”はその記者しか目撃していなかったらしく、やったぜスクープだと意気込むんだけれども、警察からちょっと待てと横やりが入ってしまう!

お前は関係者だから、事件の取材はしちゃダメだと…警察から圧力をかけられふて腐れる女記者。なんとなく取材を続けているうちに…選考委員同士の確執みたいなのを発見。警察や他のマスコミは科学者が狙われた線で事件を調べ始めてたんだけれども…女記者はピーンと勘が働き、こいつらなんか怪しいんじゃないかと疑い出す。襲撃事件の本命は女性選考委員の方なのではないかと…。直接、事件は調べられないので…別のアプローチで、女性選考委員についての取材をはじめるんだけれども…第二、第三の事件が待ち受ける。

やっぱり一番、ハラハラドキドキしたのは…晩餐会会場で事件が起きる冒頭部分だろう。連続殺人になって、人はけっこう死ぬんだけれども…冒頭に比べるとスリルは少ない。実行犯は女殺し屋だってわかってるんだけど…この殺し屋はただ金で雇われただけらしい。どこかに、事件を画策した黒幕がいるはずだけど、いったい誰が、どんな理由で殺し屋を雇ったのかっていうのが焦点になっていく。あくまでオイラはヤマ勘だったけど、登場の仕方などで、事件が起きる前から、真犯人はなんとなく解ってしまったり…たぶん、コイツだろうと(笑)

最後は、けっこうお間抜けで…黒幕の自爆みたいな感じでしょうかね?それともああいう展開を、全ての証拠を隠滅しようとした実行犯が狙っていたものなのだろうか?そんなわけないよな…多分、殺し屋は黒幕から指示された仕事をしようとしただけだで…失敗に終わったってことなんだろうな。一応、黒幕の悪事が露見し、事件の真相も明るみになったんだけれども、実行犯は取り逃がしたままだったので、なんだか物足りない印象。もっと女記者と直接対決とかあっても良かったと思うけどなぁ…?サスペンスとしては可も不可もなく、及第点といった印象。


監督:ピーター・フリント
出演:マリン・クレピン レイフ・アンドレ エリック・ヨハンソン ペール・グラフマン


【DVDソフトの購入】
DVD ノーベル殺人事件








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月29日

奪還 DAKKAN -アルカトラズ-(2002年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-奪還 DAKKAN - アルカトラズ -


この間、旧作BDの新古品(未開封)を大量に衝動買いしてしまった、楽天のDVD-outlet で、タイムセール以外の商品も、500円に値下げされたりしていたのでまたまた追加発注(前の見終わってないのに)。今回は5枚も旧作BDを買ってしまったが…出費はきっかり2500円(送料込)。ということで、「奪還 DAKKAN-アルカトラズ- 」のBDを購入、鑑賞…DVDからの買い替え。リンク先はAmazonで、AmazonのマケプレでもDVD-outletが500円で出してますが、常時楽天を利用してる人なら、ポイントが貯まる楽天サイトから注文した方がいいですよ。

アルカトラズ刑務所が最新のハイテク刑務所として復活…新しい受刑者たちがやってきた。かつてコンビを組んで悪事を働いていたサーシャとニックは刑務所で再会を果たす。逮捕される前に、サーシャは銃弾を受け、瀕死の重傷を負ったのだが奇跡的に助かったのだ。再会を喜ぶ二人だったが…その夜、突如、武装集団が刑務所を襲撃!ある犯罪者が処刑される…死刑執行室を占拠してしまう!たまたま、監房の外にいたサーシャは、相手の銃を奪い反撃!実はサーシャは別件で潜入中の捜査官だったのだ!サーシャは囚人たちに協力を求め…。

劇場公開時に、劇場で見ていて、その後DVDも購入…てっきり劇場鑑賞のレビューを書いてると思ったんだけれども、調べると劇場公開されたのは2003年の5月でオイラがこのブログをはじめるよりも前の話だった。へー、もうそんな前の作品なのかよ。途中、「奪還2.0」なんていう…セガールがまったくタッチしていない正規続編もあったりするので、そちらと混同していたのかもしれない。そうなんだよなぁ、あの頃は近所のシネコンでも、まだセガール映画の上映があったんだよ。近年はDVDスルーとか、閉館したシネパトス専門って感じだもんね。

ということで、久しぶりの再鑑賞…もともとセガール映画では好きな方の部類。当時も、セガール本人が動いてないとか、他の役者にまかせっきりとか、なんか太ったとか不満はあったのだけれども…普通に「ダイハード」+「ザ・ロック」+「007」なアクションものとしては、意外と良くできていたかなと。でね、今見返してみると…最近の作品と比べて、セガールが全然痩せている(もち、それ以前のものよりは太ってる)し、それなりに芝居もアクションもやってるんだよ、これが。不思議、不思議…当時よりも、もっとよく見えてくるんだ、この映画。

セガールのくせに、刑務所内では垂れ下がった鎖を使って、軽やかに縦横に移動、敵と香港映画ばりの空中戦なんかをやってのける。それどころか、クライマックスではスカイダイビングまで!もちろん、セガール本人じゃなくて、スタントマンなんだけどね…開き直って、面白いアクションを見せようとしている努力は感じられるのよ。あっという間に、囚人たちを手懐けて、即席セガール軍団を組織…既に、それまでの俺様ムービーから、最近ではお馴染みとなったお山の大将路線をしっかりと開拓していたりするんだよ、この作品。

セガールの役どころが、ロシア人犯罪者のフリして、犯罪組織に潜入していたFBI捜査官とか、ツッコミどころはあるにせよ…個性的な囚人たち(クルプト演じるトゥイッチは後に続編の2.0では主役級に昇格)や武装集団の中の紅一点、ニア・ピープルズのビッチなスケっぷりなど、脇役も魅力的で…武装集団に襲われる原因でもある、伝説の囚人・死刑囚のおっさんとか、いかつい顔してけっこういい人だった刑務所の所長とか、渋いオジサマたちもいい味だしてるんだ。画質はDVDと大差なかったが、音はちょっと良く、有意義な再鑑賞であった。

今となっては…何故、これに“沈黙の監獄”もしくは“沈黙の刑務所”という邦題を付けず、「奪還」なんていう中途半端なタイトルをつけたのかってことだよね。変に拘らず、無理やりにでも沈黙シリーズにしておけば、もう少し日本での評価や知名度が上がったかもしれないのに(刑務所と書いてアルカトラズと読ませるとかどうよ?)。おかげで、スティーブン・オースティンとセガールが共演した近作は堂々と「沈黙の監獄」ってタイトルをつけられましたけどね…もし本作で“監獄”が使われていたら、あっちの映画はどんなタイトルになったのだろうか?


監督:ドン・マイケル・ポール
出演:スティーヴン・セガール ジャルール モリス・チェストナット ニア・ピープルズ クルプト


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray 奪還 DAKKAN-アルカトラズ-
奪還DAKKAN-アルカトラズー【Blu-ray ブルーレイ・洋画/アクション】 (DVD-outlet)





今回購入した他のソフト…既に値上がり、売り切れのものも出ています 

ミシェル・ヴァイヨン【Blu-ray ブルー...

ミシェル・ヴァイヨン【Blu-ray ブルー...
価格:780円(税込、送料別)

地獄の変異【Blu-ray ブルーレ...

地獄の変異【Blu-ray ブルーレ...
価格:500円(税込、送料別)

リプレイスメント・キラー【Blu-ray ブルー...

リプレイスメント・キラー【Blu-ray ブルー...
価格:500円(税込、送料別)

世界侵略:ロサンゼルス決戦【Blu-ray ブル...

世界侵略:ロサンゼルス決戦【Blu-ray ブル...
価格:500円(税込、送料別)








人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月28日

オブリビオン プレスシート&ステッカー…当選!

テーマ:その他、雑文…

 勝手に映画紹介!?-オブリビオン プレスシート&ステッカー 

朝起きたら(といっても、今さっき、お昼近くなんだけど)…玄関に、オイラ宛の佐川急便の荷物が置いてあった。寝てる間に配達され、家族が受け取ったらしい。特に、佐川で配達されてくるような荷物に心当たりはなかったのだが…送り主は“東宝東和”、品名は“オブリビオン 当選プレゼント”となっていた。荷物の形状(懸賞当選でもはやお馴染みとなったビジネスエクスプレスバッグ)から察して、プレスシートだろうと見当はついたが…どこで応募したか覚えていない。さっそく開封するとやっぱりプレスシートで、一緒にステッカーも封入されていた。

同封されていた当選通知によると…映画館T・ジョイのホームページ上で行われたキャンペーンとのこと…T・ジョイなんか使った事がないけれども、特に利用者でなくても応募できるものだったのだろう。さらに、当選通知には…“お客様の希望いただいた商品は残念ながら落選となりましたが、別の賞品で追加当選となりました”と記してある。なるほど、記憶にないわけだ。そういえば、当たったら“ヤフオクで売れるかも?”とか思って、“「オブリビオン」マルチスピーカー”のプレゼントに応募した記憶はあるけど、もしかしたらアレではないだろうか?

つまり、残念賞のWチャンス的な当選なわけだね…もしかしたら賞品が選べるようなプレゼントで、プレスシートを選んだ人が少なくて、余っちゃったりしたのかな?なんても思ってみるが…果たして。まぁ、何でもタダで当たるっていうのはいいことですね。このところ、懸賞当たりすぎてちょっと怖い(先週はロト6も当たってるし、1000円だけど)…やっぱりネット懸賞で当たった劇場版スタートレックのBD-BOX、開封して中身確認したけど、まだ手をつけていないんだなぁ…見たいソフトやWOWOWエアチェックがありすぎて、なかなか手が回らない。

そういえば、こんなのもちょっと前に当たってました…“映画「ラスト・スタンド」公開記念クルマがもらえるキャンペーン”にて、同作品のプレスシート。これは、意識してプレスシートを選んで応募したんだよね。まぁ、クルマなんか応募したって当たるわけがない、当たっても逆に手続きとか面倒だし…みたいな発想で、無難にプレスシートを選択したんだけどさ。ちなみに、両作品のプレスシート、ヤフオクで現在の相場を調べると1000円前後、ただし「ラストスタンド」は500円から出してる出品者もいた。くさっても非売品なんだからもっと強気で出せよって感じ。


 勝手に映画紹介!?-ラストスタンド プレスシート当選 


そんなわけで…すぐには手放さず、こういうのはヤフオクでライバルの出品者がいなくなってから出すべし!あとは、ソフトリリースが近づいてきた頃が狙い目だったりするのだ…それまで封筒に入れて、丁寧に保管しておくのがベターだろう。貰ってすぐに、ヤフオクに出せばいいってわけじゃねーんだよ。「オブリビオン」のブルーレイ&DVDは10月4日(金)、「ラストスタンド」の方はまだリリース日のアナウンスが出ていないけれども、最近のソフト事情を考えると、そんなに先の話ではないはず。1冊、1000円くらいで売れると、ソフト代の足しになるんだけどな。


【BD発売決定!予約受付中】
Blu-ray オブリビオン







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月28日

私立探偵ヴァルグ2 第2話「堕天使」(2008年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-Varg Veum Box 2 - 3-DVD Set

引き続きWOWOWでエアチェックしておいた「私立探偵ヴァルグ2 」を鑑賞…第2話「堕天使」。それぞれ単独のストーリーで、今回は首つり自殺に偽装した連続殺人の謎を追いかける。第1話のレビューでも触れたように、1話と2話では画面サイズが異なっていた。前のパート1の時は1話目がシネスコ、2話目がビスタだったんだけど…今回は逆で1話目がビスタ、2話目がシネスコだった。やっぱりシネスコの方が映画らしい質感で、画質も綺麗なような気がする。ちなみに、海外盤のDVD-BOX、今回の作品以降が収録されているのはBOX2になります。

私立探偵のヴァルグ・ヴェウムは、空港で旧友ヤコブの妻レベッカと偶然鉢合わせ、ロックバンドのボーカルであるヤコブが、ライブを行うというので、見に来ないかと誘われる。一度は仕事を理由に断ったヴァルグだったが、結局はライブ会場へ…ヤコブとも久しぶりの再会を果たす。その席で、ヤコブから妻の浮気調査を依頼されてしまう。仕事を引き受けたヴァルグだったが、すぐにレベッカにバレてしまい…その後、2人は関係を持ってしまう。後悔するヴァルグだったが、その矢先にレベッカが目の前で襲われ、殺されてしまい…。

第1話で事件関係者といい関係になって、最後は痛い目をみたヴァルグだったけど…性懲りもなく、今度は親友の嫁さんとヤっちゃいます。何やってんだかまったく。その前に、尾行が下手くそで、簡単に相手に見つかるって…探偵失格だろ。案の定、トラブル発生…ヴァルグがやった直後に、嫁さんが殺される!それも首つり自殺に見せかけた殺人という、手が込んだ手法で。実は、別件で首つり自殺が起きており、警察は普通に自殺と処理してたんだけど、ヴァルグの知り合いの刑事のおっさんが、もしや連続殺人ではと疑い出す。

このヴァルグがやっちゃった嫁さんは、首をつった状態で発見されたものの…男が部屋の中で嫁さんを抱え上げてるシーンとかをヴァルグが目撃しているので、事件性があることは間違いない。で、ヴァルグが、親友の嫁さんとヤってしまったという後悔の念を抱き、親友に対し後ろめたい気持ちになりながら…事件の調査を始めるんだけれども、同じ手口の事件が次々と発生し、やはり連続殺人説が濃厚に!ただ、関連性のない、無差別事件に見えたんだけれども…ヴァルグは共通項を見つける、そう、それは全て“バンド”で繋がっていたと。

第1話よりも、事件の中身は猟奇的で…幼い女の子が犠牲になるなんていうわりとショッキングな展開もあり、ミステリーとしての雰囲気は意外とあるんですけれども、逆に真犯人や動機はかなり早い段階から判明(あるレギュラーキャラが、棚ボタで事件の真犯人を見つけ、撃たれて瀕死状態に陥るんだけど)、看破でき…1話目のような、どんでん返し的なものもなく、物足りなさが残った。もちろん、事件が起きたのは犯人や、関係者のせいではあるんだけれども…今回もヴァルグのトンチンカンで、余計に事件がややこしくなったようなところもあるしな。

特に、目の前で新しい犠牲者を出してしまい、犯人とニアミスするも…取り逃がしたのは痛いな。それどころか、その時に、まったく関係ない清掃員のおばさんを捕まえて、いい気になりやがってさ(笑)清掃員のおばさん、めっちゃ可哀相…つーか、その清掃員のおばさんも、無関係だって主張できない理由があったんだけれども、全然確かめないで、閉じこめちゃったお前が一方的に悪いぞ、探偵!そんなこんなで、今回もつっこみを入れながら、それなりに楽しむことはできた。WOWOWでは第三弾の放送も決定したそうで、最後に予告が入ってました。


監督:モルテン・ティルドゥム
出演:トロン・エスペン・セイム ビョルン・フローバルグ エンドレ・ヘレストヴェイト


【PAL版、字幕なしDVDですが】
Varg Veum Box 2 - 3-DVD Set







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月27日

私立探偵ヴァルグ2 第1話「愛の誓い」(2008年)

テーマ:海外TVドラマ

 勝手に映画紹介!?-Varg Veum Box 1 - 3-DVD Set 


WOWOWで放送していた「私立探偵ヴァルグ2 」をエアチェック…今年の3月に第一弾が放送された北欧のミステリードラマ続編。今回も2本立てで連続放送、まずは第1話「愛の誓い」から鑑賞した。とりあえず2話ともDRモードで録画したんだけれども、1話目がビスタサイズ、2話目がシネスコサイズと画面サイズが違い、放送時間も2話目の方が10分長かったので…そちらの画質を優先。1話目はHGモードに落として、1枚のディスクにまとめて焼く。原題サブタイトル“Din til døden”で調べると、本作は海外で出てるDVD-BOX1に収録されている模様。

ヨアキムとラースという若者が競馬場を襲撃し現金を奪った…2人は仕事場であるビャルネ・ペデルセンの経営する中古車販売店へ車で戻ってきたのだが、そこに突然、私立探偵ヴァルグ・ヴェウムが現れた!ヴァルグは、盗難車の捜索を依頼され、この店にたどり着いたのだ。奇しくも、2人が強盗に使った車が、その盗難車だったのだが…実は、ヴァルグの依頼人ヨナスの妻ウェンケから、正規の手続きで買い取ったものだった。盗難ではなかったとヨナスに伝えるヴァルグ。実はヨナスとウェンケは離婚調停中だったことが判明する。

たまたま強盗犯が金を盗んだばかりのところに乗り込んでしまう主人公のヴァルグ…肝心の盗難車探しは、実は盗難じゃなかった、依頼人の嫁さんが勝手に売却してしまったというオチで、調査はあっけなく終了…となるはずだったんだけれども、ミステリードラマの探偵というのは色々とおせっかいな性格ですから、新しいトラブルを背負い込む。依頼人と嫁さんは離婚調停中で…この件で、両者の板挟みにあっちゃうのだ!逆ギレされた嫁さんになじられたヴァルグは、今度は依頼人の旦那と一緒に…離婚のサインをもらいに行くのを付き合ったりしちゃう。

そこで新たな事件が発生…なんと、ヴァルグが目を離したすきに、嫁さんが住んでるマンションから、旦那が転落死してしまう。慌てて現場に駆けつけるヴァルグは…途中で、怪しい男を見かける、まさかコイツが犯人か?旦那は、ヴァルグが見つけた車…嫁さんが勝手に売却した車を、今度は中古車屋から勝手に奪ってきてしまった。つまりそれは…中古車屋で働いている若者たちが、強盗に使ったあの車だったというわけだ。視聴者は、強盗の事実を知っているので、あの若者が怪しいとすぐにピーンとくるのだが、ヴァルグや警察はなかなか気づかない。

警察は…セオリーどおり嫁さんを疑う。ヴァルグは…途中から依頼人の旦那よりも、嫁さんの方に同情し始めてて、なんかやたらと親身に接する。親身に接すると言えば…この嫁さんの知り合いというハゲのおっさんが、いかにも怪しい。嫁さんにその気があるのかどうかはよくわからんのだけど、おっさんの方は絶対に下心あるだろうな感じなんだよ。でも、嫁さんはけっこう美人なのに対し、おっさんはブサイク…絶対に釣り合わない!そこにヴァルグがさっそうと現れたわけだから、おっさん気が気ではない、やたらヴァルグに敵意剥き出し!

なんとなく…冒頭の強盗事件はフェイクじゃないか、事件の核心を隠すためのネタじゃないかと思えてくる。そうこうしているうちに…嫁さんとヴァルグがくっつく!てっきり、過去シリーズで出てきた、女弁護士(今回も登場)とデキてるのかと思ったら、違ったようだ。案の定、優しく親身だったハゲのおっさんが豹変し始める…ああ、やっぱりコイツが犯人なのか?他にも、新たに殺人事件とか起きちゃうし、予想の範囲内などんでん返しがあるものの…一番肝心なところは、色ボケなヴァルグが最後まで真相を見抜けなかっただけじゃないかと(笑)


監督:エリック・リクテル・ストラン
出演:トロン・エスペン・セイム ビョルン・フローバルグ エンドレ・ヘレストヴェイト


【PAL版、字幕なしDVDですが】
Varg Veum Box 1 - 3-DVD Set







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!









いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月27日

風立ちぬ(2013年)

テーマ:13年07月の劇場鑑賞映画

勝手に映画紹介!?-風立ちぬ  

【鑑賞日:2013年7月26日】

シネコンのレイトショーでスタジオジブリ、宮崎駿の最新作「風立ちぬ」を見てきた。先週末の興行ランキングは予想通りぶっちぎりの1位だそうで…さすがに初日近くは混みそうだから、1週間あけました。そんなに混んではいなかったけど、いつも10人以下なんてざらのレイトショーで、座席が3分の1以上は埋まっていた感じだ…さすがジブリ。客層は老若男女様々…あっ、でも若いにーちゃん、ねーちゃんが零戦を作った男の話なんて見て、果たして面白く感じるのだろうかと、疑問に思ったり。それどころか、関東大震災を理解してるのかも心配だよ(笑)

近眼の少年、堀越次郎は…飛行機に憧れ、イタリアの有名な飛行機設計士カプローニのようになりたいと夢を抱く。やがて大学生になった次郎は、列車の中で一人の少女と、お付の女性と知り合うが、その直後に関東大震災が発生!彼女たちを助けるのだが…。やがて、日本は戦争に突入…学校を卒業した次郎は、名古屋にある航空機製作所に入社。航空部品の設計を担当するようになる。同期の本庄と共にドイツの飛行機技術を学ぶため渡独…その後、試作機開発などに関わるのだが、避暑に訪れた場所である人物と劇的な再会を果たし…。

さんざんファンタジーで、夢と希望を与えてきたくせに、震災を経験したからって、いまさらリアル路線に転向するなんておかしいだろう、こんなご時世だからこそ、ファンタジーな娯楽で、日本を元気にしなきゃいけないんじゃないか…と、公開前から、押井守にけちょんけちょんに貶されていた本作。オイラも、堅苦しい文学映画、伝記映画みたいな事をやるのかなぁと漠然と思っていた…。ただ、話題にもなった、まさかの主役声優に庵野秀明を起用とか…今まで以上に掟破りなキャスティングに、ちょっと興味をそそられて見に行ってしまったんだけど…。

いやいや…オイラこれ、好きかもしれないぞ?少なくても、“ポニョ”よりは傑作です!なんつーか、夢を描くことで、普通にいつものようにファンタジーしてましたしね。予告見た時から、いくらなんでもモンペ姿で飛行機操縦とかしないだろうって不思議に思ってたんだけど…案の定、夢オチかいみたいな。頻繁に、堀越次郎さんは妄想の世界に入り込んでしまうんだけれども…その夢の映像が、ずっと見ていると、ちょっと居心地が悪いと思うところもあったかな?夢の中に出てくる飛行機が、妙にヘナヘナしてたり、なんとなく異質なんですよ。

いつになく、ヒロインに色気を感じたりするのもちょっと新鮮。どうせだったら、喘ぎ声の一つや二つ入れて、ジブリでR指定とか喰らうっていうのも冒険だったんじゃないか?なんだ、宮崎駿も大人の女に興味あるんじゃんって、色々な意味でなんだか安心したりもするんだけど…ちょっと待て、初めて主人公と出会った時は、ヒロインはまだ幼い少女だったぞ。その頃から「愛してた」なんて、こっ恥ずかしい告白をしていたから…やっぱりそれってマズイんじゃね?大学生が幼い女の子を好きになっちゃなぁ…でも、最初は絶対にお手伝いさん狙いだっただろ!

この映画の主人公たちが生きていた時代には、タバコを吸うくらいしか、気分転換する方法がなかったんだろうけれども…やたらとスパスパとタバコをふかしまくる。実写映画でも、最近は喫煙シーンって少なくなってるのに、凄いな。でも、この喫煙シーンを見ていて、なんだか宮崎駿の代表作である「ルパン三世 カリオストロの城」と、ちょっとダブってみえてしまったのは、オイラだけだろうか?つーか、ヒロインは、主人公と劇的な出会いして、“心を奪われちゃった”って話でもありましたよね…なんか、クラリスとルパンのその後を見てるようでもあった。


監督:宮崎駿
出演:庵野秀明 瀧本美織 西島秀俊 西村雅彦 スティーブン・アルパート 風間杜夫 野村萬斎


【関連書籍はこちら】
風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月26日

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain(2013年)

テーマ:アニメ(TV・OVA)/特撮

 勝手に映画紹介!?-攻殻機動隊ARISE 1 

2013年7月26日発売の新作Blu-ray「攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 」を購入…Amazonからの荷物が午前中に届いたので、さっそく鑑賞した。プライム会員になってなくても、奇跡的に発売前日に届いたりすることもあるけれども、やっぱり最近は、発売日当日着が基本になりつつあるね。あと、出荷倉庫がいつも違うので、東京、千葉だとゆうメールでも午前中に配達されるが、関西圏の倉庫からの出荷になると午後または夕方になるケースが多い。まぁ、エヴァQの時みたいに…発売日すぎにならなければいいんですけど。

2027年、ニューポートシティ…兵器売買の収賄容疑がかかった、マムロ中佐が殺されるという事件が発生!中佐の電脳を調べるために、公安の荒巻大輔は、軍人墓地から棺を掘り返そうとしていたのだが、そこに1人の女性が現れ、「その棺を開くな!」と銃を向ける!その女性は中佐がトップを務めていた501機関の部下で、全身義体の草薙素子三佐だった!訴えもむなしく、棺は開けられてしまうのだが、中にあるはずの中佐の義体の代わりに、人型自走地雷が現れ、荒巻たちに襲いかかってきた!素子はすかさず助けに入るが…。

イベント上映という形式だけれども、大々的に劇場公開もされているわけで、映画なのか、OVAなのかって括りで悩んだけれども…「機動戦士ガンダムUC」と同様にオイラはOVAと判断して対応することにする。押井守や神山健治が監督を担当し、ProductionI.G.の代表シリーズとなった「攻殻機動隊」が、スタッフ、キャストを一新して再スタート。その1作目で…今までの作品の前日談的な、公安9課誕生以前の物語として描かれる。なぜ、主人公の草薙素子が公安9課という組織で働くようになったのかが紐解かれるわけです。

本エピソードの中で、素子の上官であるマムロ中佐という人物が殺されるんだけれども…名前に違和感を感じるわけですよ。けっこうミステリー好きな人だったらすぐにピーンとくると思うですけど、この人物の名前をアルファベットに直すとMAMURO…そして並べ替えるとMAMORU=守になるわけですね。すなわち押井守のことを指しているわけで、本編中に出てくるキャラの風貌もどこか押井さんっぽかったりするんだよ。そんな人物が“殺されてしまう”わけですから…これはスタッフの、押井守の呪縛から脱却しようという決意表明なのだと感じられるわけです。

でもまぁ、一世を風靡した人気シリーズだけに賛否両論はあると思いますが、比較的、“攻殻”らしさは出てるんじゃないかと、オイラは思う。一番、気になっていたキャストの変更ですが、旧キャストの印象からそんなにかけ離れていない(まだ、サイトーさんとボーマーが出てきてないけど)。なんだかんだ言っても、素子に関しては、映画版でもOVA版でも…“(チビ)素子”を演じたことがある坂本真綾だけあって、田中敦子姐さんと遜色はない。タチコマの前身である、ロジコマ役の沢城みゆきなんかも…イメージがぴったり、玉川砂記子と区別つかないよ(笑)

公安9課以前に、草薙素子が所属していた501機関についてが、ちょっと唐突すぎるかなって思ったけれども、昔のシリーズだって、公安9課がどういった組織なのかよくわからないまま始まったわけで、ようやく本作で誕生秘話が描かれるんだから問題はあまりないのかなと。で、9課の仲間たちが…まだみんなバラバラなんだけれども、今回の事件を通して素子と知り合っていく。バトー、トグサ、サイトー…そして素子と荒巻がそろい踏みなシーンで、ようやく本来の形が見えてきて…思わずニヤリとなる。なんか素子のまだ無敵じゃない初々しさが良かった。

今までのカラーを消そうとしていても、西尾さんや沖浦さんといったお馴染みのスタッフも作画監督や原画スタッフとして参加しているので…アクションシーンなんかを見ていると、それこそ攻殻らしさが見え隠れしている。クライマックス、義体がボロボロになりながらも、どつきあいをとめない草薙素子…対戦相手に顔面を潰されそうになったり、腕の筋肉(でいいのか?)がはちきれんばかりに盛り上がってなんていうシーンは、旧作と彷彿とさせる。戦っている最中のやたらおっさん顔の素子が、迫力満点で素晴らしい。年末発売の2巻目にも期待が高まる。


総監督:黄瀬和哉 監督:むらた雅彦
出演:坂本真綾 塾一久 松田健一郎 新垣樽助 上田燿司 沢城みゆき 浅野まゆみ 星野貴紀


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray 攻殻機動隊ARISE 1







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年07月26日

ファントム(2012年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-ファントム DVD-BOX 2


WOWOWで放送していた韓国ドラマ「ファントム 」が、この間の水曜日で放送終了となる…一応、BDレコで録画し、ほぼリアルタイムで見ていた。ということで、無事に全20話鑑賞終了&BD-Rに焼き終わる。韓国ドラマって、1時間をちょっと超えるくらいの中途半端な長さが多くて、本作もだいたいそんな感じだった。なので、HGモードで録画すると1枚のディスクに3話しか入らず、仕方がないので4話ごとに区切って、その中でつまらなそうなエピソード一つをHXモードに落として録画。ディスク1枚に4話ずつ録画して、合計5枚のBD-Rを消費した。

人気女優のシン・ヒジョンがツイッターで「死にたい」とつぶやき自殺。彼女は“性接待疑惑”が浮上し、世間から注目を浴びていた矢先だった。警察庁サイバー捜査1チームのチーム長、キム・ウヒョンと部下の女刑事ユ・ガンミは捜査中のハッカー“ハデス”が、シンの自殺に関与していると知り調べ始めるのだが…なんとそのハッカーの正体は、ウヒョンの警察大学時代の同期で、ネット新聞“トゥー・ストーリー”の経営者であるパク・ギヨンだった!ギヨンはシンの自殺には何か裏があるということを訴え、“ファントム”という動画の存在を告げるのだが…。

普段、あまり韓国ドラマは見ないんだけど、全部制覇したのは、やっぱりWOWOWで見ていた「ATHENA‐アテナ‐」以来ではないだろうか?もう一つ、なんか前にWOWOWでやってた刑事ものを見始めたけど、途中で頓挫してしまったっけ。本作がすこぶる面白かったのかといわれると、正直そうでもない…“韓国発のサイバークライムサスペンス”という宣伝文句で、なんとなく日本の「ブラッディ・マンデイ」みたいなのを想像してたんだけれども、スケールがでかそうで、けっこうチンケな話だったなぁって感じですね。

最初はアイドルの自殺事件からはじまり、それが何らかの陰謀らしいと、きな臭い方向へ話が流れ始める。で、主人公のチーム長が事件を必死になって追いかけてるんだけれども、どうやら真犯人を知っている様子で、それどころか犯罪に加担している事実も浮上。それをハッカーの友人に知られてしまったから殺してしまおうと、なかなかショッキングな展開となる。でも、それがまさかの失敗…なんと主人公だと思っていたチーム長があっけなく死んでしまうだなぁ。生き残ったのは、警察に追われていたハッカーの方だった!

オイラはぶっちゃけそうは思わないんだけど…一応、韓流ファンのオバサマたちに言わせると、イケメンらしい主演俳優が早々と死んでしまい、なんか猿顔の三枚目の方が生き残ってしまうという意外性。すげーと思っていたら、もっととんでもな展開でビックリ!なんと、この生き残った猿顔は、死んだイケメン刑事の顔そっくりに整形(というか、一緒に死にかかって、顔もめちゃくちゃになっちゃったから復顔したって事なんだけど)して、成りすまそうと考えるのだ。やってることは「フェイス/オフ」…片方は死んでいるけど。イケメンのファンも一安心だね(笑)

その事実を知っているのは、部下の女刑事だけで…2人して事件の真相、真犯人を暴こうっていうのが基本ストーリー。毎回、入れ替わり説の疑惑を抱いている同僚の刑事にバレそうになってヒヤヒヤしながら(途中から仲間に!)…ネット絡みの単発事件を、得意のハッカー知識でいくつか解決していくんだけれども、そのうちに思い出したように、最初のアイドル自殺事件が蒸し返され、それ以前に起きていた発端の事件があり、真犯人らしき男が顔を見せ、それどころかその男が、テロをも画策していて…みたいに話がどんどんと膨らんでいく。

真犯人の男が、オードリーの若林にそっくりなんだけど…いけすかん奴なんだよね。勝ち誇ったように、上目づかいでニヤって笑うんだけど…見ているだけで腹が立ってくる。このずる賢そうな“若林似の”真犯人がぎゃふんと言うところを見たいという気持ちで、なんとか最後まで見続けられたんだけど、そんな泣き落としみたいな手で、あんな道を選んじゃうのかよ…なんか拍子抜け。最初のエピソードを踏襲してるあたりで、なんとなく悟れたが…。もう一人、真犯人とつるんでるらしい、江口のりこ似の女記者が、特に制裁を受けずに終わったのも拍子抜けだ。

もちろん、スリリングで面白い部分もあったのだが…真犯人も目的もだいたい解ってるのに、なかなか話が前に進まないもどかしさ。全10話くらいで描いていれば、もっとテンポも良かったんだろうけれども、中盤あたりがやたらグダグダしていた。あと、最後の方はリーガルサスペンス的になっちゃったしね。女刑事はちょっと可愛かったが(特に逃走中の主人公とラブホで待ち合わせて、ドキドキしちゃうところとか)、韓国の女優やアイドルって、なんとなくみんな印象が似てるんだよね…それこそ整形とかしてるのか?なんて疑惑が浮かんでしまい…。


演出:キム・ヒョンシク パク・シヌ
出演:ソ・ジソブ イ・ヨニ オム・ギジュン チェ・ダニエル ジオ クァク・ドウォン ソン・ハユン 


【DVDソフトの購入】
ファントム DVD-BOX 1
ファントム DVD-BOX 2







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。