↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2012年03月31日

抱きたいカンケイ(2011年)

テーマ:洋画

  勝手に映画紹介!?-抱きたいカンケイ 

また風邪をぶり返して調子が悪い…市販の風邪薬飲んでもあまり効かないから、そろそろちゃんとした医者にでも行くかななんて思い始めたけど、オイラの掛かりつけの町医者は、土曜日の午後は休診だし…とりあえず、この土日は布団をかぶっておとなしくしてることにする。そんな状態で見た映画がコレ…WOWOWでエアチェックしておいたラブコメ映画「抱きたいカンケイ 」。「ブラックスワン」での狂気のシリアス演技が記憶に新しいナタリー・ポートマンと、女癖の悪さで結局デミ・ムーアと別れたアシュトン・カッチャーが共演している。

仕事が忙しく、恋をする暇がない女医のエマは、偶然再会したアダムとその場の勢いで関係をもってしまう。一方のアダムは元カノと父親が付き合い始めるというショックな出来事があったばかりで、なんとかエマと付き合いたいと猛アタックをはじめる。最初は、冷たくあしらっていたエマだったが、お互いに恋愛感情を持たないセックスフレンドとして付き合ってみないかと提案…二人は納得して頻繁に会うようになるのだが…いつしかエマの方もアダムに好意を抱きはじめ…。

最初は男を寄せ付けないオーラを発していたナタリー・ポートマンが、一皮むけばとんでもないヤリマ●女だった…アシュトン・カッチャーの方も同じくらいヤリチ●なんだけれども、実父と穴兄弟になった事実にへこんでみたり、意外とナイーブな面もみせる。こんな肉食系ヤリトモの二人が…段々本気になっていき、様々な障害を乗り越えて、最後には…という、予想通りなストーリー。セリフも下ネタ全開だし、ヤリまくりだし…がつがつした内容だけど、コメディとして見れるレベルに仕上げているのは、ベテラン、アイヴァン・ライトマンの手腕といたっところか?

監督本人もちゃっかりカメオ出演?流行のティーン向けミュージカルムービーを取り入れた、業界内幕ネタを軽く盛り込み、華やかさを演出。アダムと穴兄弟になったスケコマシな父親が、芸能人という設定なんだけれども、飄々としたケヴィン・クラインの演技がなかなか愉快。しかし、この父親が最後に直面する現実に、最近やたらと年の差婚で盛り上がっている日本の芸能界も、他人事ではないんではないだろうかと思ってしまった。地位や名誉に目がくらんだ若い娘に、鼻の下を伸ばしてるんじゃねぇ…と彼女もいない30代を代表して僻みな一言を(笑)


監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ナタリー・ポートマン アシュトン・カッチャー ケーリー・エルウェス ケヴィン・クライン 


【DVDソフトの購入】
DVD 抱きたいカンケイ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月30日

探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男(2011年)

テーマ:アジア映画

 勝手に映画紹介!?-探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男  

BSスカパーで放送していた「探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男」をエアチェックしておいたので鑑賞…昨年のゆうばりファンタのオフシアター部門でグランプリを受賞した「エイリアン・ビキニの侵略」(劇場公開済、4月にソフト発売)の監督が、グランプリの副賞で得た支援金で作ったという新作で、やはり本年度のゆうばりファンタでプレミアム上映された作品だ。映画祭用の映像なので、英語字幕も併記される、縦型字幕であり…素人が翻訳したような直訳日本語字幕なので、かなり見づらく難点だが、映像作品としてはちゃんとした映画である。

あらすじ以降でネタバレ記述あり

ソウル市内で探偵をしているヨンゴン…昔、関わった事件が原因で片手は義手である。「どんな些細な仕事でも最善を尽くす」というのがモットーだが、金にならない依頼ばかり引き受けてしまい、女社長のウンジョンの尻に敷かれっぱなしである。そんなヨンゴンの元へ、怪しげな女性ソンヒョンが現れる!一枚の写真を取り出し、写真に写っている時計の持ち主を捜してほしい、そしてその持ち主を殺してほしいとソンヒョンは言うのだが…もちろん非合法な依頼は受けられない。肩を落とし立ち去るソンヒョンが気になり、ヨンゴンは後を追いかけるのだが…。

猟奇的な殺人事件から幕開け…犯人と被害者が、キレのある格闘をみせたりしてアクション面もそれなりに充実…最初の数分を見ただけでも、サービス精神満載なエンターテイメントの要素が詰まっているのは確認できる。やがて、とぼけた顔した主人公の男が登場…職業は探偵だというが、最初に舞い込んだ仕事は“カブトムシ探し”という…掴みのギャグがあり、ようやく本筋へと流れていく。怪しげな美女が、人探しと殺しの依頼にやってくるが…どうやら、それが冒頭の殺しと密接しているようであり…。

えっと、ぶっちゃけちゃうと…SF要素が入ってます。死んだはずの女が目の前に現れ、どこかおまぬけな主人公がタイムマシンに関わる陰謀に巻き込まれていくという、あれ「シュタインズゲート」じゃんみたいな展開。スーパーハカー(ハッカー)並みにパソコンで色々と主人公の支援をしてくれる太ってる友人(六角精児)もいます…ますます「シュタインズゲート」と比較してしまう(笑)タイムパラドックスが大きく関わってくる後半部分の展開がちょっと雑な印象も受けてしまうが…テンポ重視な面があるので、深く考えずノリで見ちゃえば問題はないかも?

タイトルでネタバレしている通り片手が義手の主人公が…途中で、銃が組み込まれた義手を入手しパワーアップするんだけれども、なんとなく「コブラ」のサイコガンをヘボくしたみたいな印象。マヌケ面のハードボイルドというところも、もしかして影響を受けているのかもしれない?なぜかストップ付メジャーをブンブン振り回し武器にする、敵の刺客か出てくるんだけど…まるで「スケ番刑事」のヨーヨーのようだった。実際にスケ番ヨーヨーが買えなかった子供の頃、同じことをやって親にこっぴどく叱られた記憶が残っているのはオイラだけじゃないはずだ!

監督のプロフィールを見ると、オイラと同年代…韓国人だとはいえ、影響を受けてる作品が「コブラ」や「スケ番刑事」というのもあながちハズレじゃないのではないかと思ってるんですけど、いかがなもんでしょうか?映画評論家の塩田時敏センセイ(三池崇史映画にもよく出てた人)が、犯人側の関係者として出演してます…片方が韓国語、片方が日本語で会話が成立しちゃうという不思議なシーンだが…SFだからなんでもありなんだろう(笑)昔、「ガンヘッド」なんかもこんな感じだったよね。


監督:オ・ヨンドゥ
出演:ホン・ヨングン チェ・ソンヒョン ハ・ウンジョン ペ・ヨングン


【オ・ヨンドゥの代表作はこちら】
Blu-ray エイリアン・ビキニの侵略


 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月29日

劇場版 戦国BASARA-The Last Party-(2011年)

テーマ:アニメ映画

 勝手に映画紹介!?-劇場版戦国BASARA-The Last Party-  

WOWOWでエアチェックしておいた「劇場版戦国BASARA-The Last Party- 」を鑑賞…ゲームから派生した人気アニメシリーズ、満を持しての劇場版ということですが、オイラはゲームの方も未プレイ、TVシリーズも見たことない。とりあえず、プロダクションIGがアニメ製作を担当していたからというのが今回の鑑賞動機…登場人物が歴史上の人物ばかりだから…なんとかなるだろうとも思ったし。当初はDRモードで録画したのだが、同じ日にDRで録画した「鬼神伝」(過去にレンタル鑑賞済)を焼いたBD-RにHGで入ったので、画質を落として保存した。

織田と豊臣が散った戦国の世…崇拝する主君・豊臣秀吉の仇である伊達正宗に復讐をするため、石田三成は単身で奥州に攻め入り、ついに仇敵と一戦交えるのだが…。その頃、川中島では武田信玄と上杉謙信が戦い、勝敗が決まろうとしていたのだが、そこに、絆で天下統一を果たそうという理想を掲げる徳川家康が現れ…真田幸村や前田慶次もその呼びかけに共感、賛同する。やがて、勢力を高め、暴虐の限りを尽くす三成を討伐するため兵を挙げた正宗だったが…そのさ中に、好敵手の幸村と対峙してしまい…。

90分しかないので、確かにストーリーに奥深さがなく、ダイジェスト感は否めなかったが、バトルを始めればものすごい跳躍力で相手にとびかかり、とんでもないスピードで技を繰り出し、現代的な言葉づかいでかっこよく決めゼリフを決める、ジャンプ漫画的ないい意味でのおバカなノリが、意外と爽快だった。徳川家康は飛行するメカに乗ってるし…もうなんでもありな感じ。そこへきて…メインの戦国武将はイケメン揃いとくれば、男女問わず…オタク系ファンに受け入れられるのも納得かなぁと思った次第。

出てくる度に…いちいち名前を名乗ったり、呼ばれたりしてれば、歴史が苦手なオイラなんかでも、キャラを覚えてしまうわけで、史実とは大きく逸脱した展開であっても、こういうところから日本史にハマる、時代劇にハマる人が増えてくるのはいい事なんじゃないかなと。初心者のオイラでも、ああ「戦国BASARA」ってこういう作品なのねっていうイメージがつかめるような作りにはなっていた。最後は、ある大物の歴史上人物が化け物みいたいになって復活し、皆で力を合わせてやっつけると…ヒーローアニメの王道的な展開なのもいちげん客には助かる。

エンディングクレジットは、T.M.Revolutionの主題歌に合わせて、大量の足軽が出てきて、一心不乱にいたるところでヘンテコなダンスを繰り広げるんだけれども…それが異様でちょっと不気味だった。なんだろう、北野武版「座頭市」のタップダンスとか…あのあたりの影響を受けてるのかな?なんて想像をしてみたんだけれども…北朝鮮の行進やマスゲームともダブってしまうよ。ベテラン、中堅のアニキ系声優、オヤジ系声優がたくさん出ているのは良かったな…数少ない女性キャストの一人、朴ろ美ねーさん、この作品でもやっぱり男役なのね(笑)


監督:野村和也
出演:中井和哉 保志総一朗 大川透 関智一 森田成一 森川智之 玄田哲章 子安武人 立木文彦


【DVDソフトの購入】

DVD 劇場版戦国BASARA-The Last Party-

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月28日

アンフェア the special~ダブル・ミーニング 二重定義~(2011年)

テーマ:日本TVドラマ

 勝手に映画紹介!?-アンフェア ダブル・ミーニング 二重定義~ 

劇場版の「アンフェア the answer」を見たので、ついでに劇場公開時にフジテレビで放送されたスピンオフドラマ「アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~ 」の方も見ておく。劇場版のソフトと同時期に、こちらもソフト化されており、セル&レンタルでリリース中だが…オイラはテレビ放送をエアチェックしたもの。日本映画専門チャンネルで劇場公開記念で一挙無料放送された連続ドラマ&劇場版1作目と共に録画して一緒にBD-Rに焼いて保存してたんだけど、まったく手を付けてなかったので、ひっぱり出してきて鑑賞してみた。

移動した雪平夏見の後任として、警視庁捜査一課特殊班に配属されることになった望月陽…初登庁前日に、警視庁の前で、警官と押し問答している少女と遭遇。話を聞くと、父親が行方不明になっているという事で相談にやってきたらしいのだが、相手にされないという。身分を明かした望月は、自分が相談に乗ると申し出、警視庁内に案内するのだが…特殊班の刑事たちに要件を告げたまさにその直後、誘拐犯を名乗る男から電話が入り…。しかし、他の捜査員たちは単なる悪戯と決めつけ、まじめに取り合おうとせず…。

まず、北乃きいが、捜査一課の刑事というのはちょっと無理がありそう…刑事ドラマの若手刑事というのは、確かに他にもリアリティのないものが数多くあったけど、これはずば抜けてる。百歩譲って、部活帰りの高校生みたいな北乃きいの存在を認めても…やる気のない立ち番警官、特殊班刑事たちの姿は、もうちょっとどうにかならんものか?なんて、リアルタイムで見てたら想像したかもしれんが…指名手配中のオウムの信者を見過ごしたり、事件をほったらかして慰安旅行に行っちゃった習志野警察署の事を考えると…案外、的外れではないのかも?

犯人が“なぞなぞ”に近い無理難題を吹っかけてきて、警察を翻弄するなんて…最近は幼稚な推理小説や、2時間ドラマでもあまりやらないんじゃないかなんて思うんだけれども…不発気味で変な小細工が多い正編よりは、ミステリーとして楽しめる部分があり、意外と悪くないかもと思った。お約束のレギュラーキャラなんかも出ているみたいだが、正編にあまり固執していないので、単発鑑賞もしやすかった。一応、こちらも「アンフェア」シリーズの1本であるという事を見越して、今までのパターンで、黒幕の存在や、動機なんかまで簡単に見破れちゃうけど。

あとは、こちらを見ても…雪平が北海道へ転属になったという設定など、説明不足だった様々な事柄に、説得力を与えるような理由づけ、エピソードが出てくるわけではなく、かえって正編の疑問が増すばかりであったのが残念、期待はずれ。それから、やはりシリーズものは順番に見ないとなぁと思うところもあった(劇場版はレンタルなので、こちらを先に見る余裕がなかったんだけど)。某レギュラーキャラなど、劇場版の最後で“敵”であることがわかっちゃった人物が、ちょっとばかり浮いて見えてしまったよ…俳優さん自体はけっこう好きなんだけど。

劇場版よりも渋い見せ場がたくさんある寺島進がけっこう良かったんだけど…主人公・望月との隠された過去が、黒崎視音の「KEEP OUT 警視庁心理捜査官」という短編小説の1編とそっくりだったのが気にかかる。パクリじゃないとしても、それだけベタな話だってことなんだと思うけど。あと、特殊班のその他大勢いの刑事の中にいた石垣佑磨あたりに、もうちょっとアクション的な見せ場を作っても良かったんじゃないだろうか?あまり派手な見せ場はなく、東京の観光スポットを駆けずり回ってるだけなのが…テレビ作品の限界だった。


演出:根本和政
出演:北乃きい 山本耕史 阿部サダヲ 加藤雅也 寺島進 石垣佑磨 篠原涼子 佐藤浩市


【DVDソフトの購入】
DVD アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~

 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月28日

アンフェア the answer(2011年)

テーマ:邦画

 勝手に映画紹介!?-アンフェア the answer 

GEOのセットレンタルで借りてきた最後の1本は2012年3月21日発売の新作DVD「アンフェア the answer 」…ドラマ化以前に原作は読んだけど、大して面白い作品ではなく、その後、ドラマ版を一切見ずに劇場版1作目を鑑賞して玉砕(笑)典型的なクズフジテレビ映画という印象しか残っていない。今回も事前に過去シリーズは振り返っていない、この作品が劇場公開されたときに、日本映画専門チャンネルで無料放送していたTVシリーズの一挙放送と、フジテレビ放送のスペシャルドラマはエアチェックしたけど、結局…まだ見てない状態。

殺人事件の容疑者になった人物が、次の事件では被害者になる…ネイルガン連続殺人が警視庁管内で発生。そして新たな事件の容疑者として浮上したのが、刑事・雪平夏見の元夫・佐藤和夫だった。警視庁は佐藤を重要参考人として指名手配する。一方、雪平は北海道、紋別の所轄に移動となっていた。そこで佐藤と密かにコンタクトをとり、警察の上層部が関わっているとされる不正を追いかけていたのだが…雪平と会った直後に死体となって発見され、使用された凶器から雪平の指紋が発見されたことから、容疑者にされてしまい…。

まず、主人公の雪平が、警視庁から北海道へ移動というのが意味不明…しかも北海道警の裏金調べる為とか、ありえなくね?こいつキャリアとかじゃないでしょ?堂場瞬一の鳴沢了もさ、最初は新潟県警で、後に警視庁の刑事になったけど…あれは原作でその経緯がちゃんと説明されていたから、すんなりと納得できる。でも、本作では、そういうところにあえて触れていない。もしかしたら、オイラが見ていない、スペシャルドラマとか、原作の方でそういうのを補う設定があるのかもしれないが…とにかく、相変わらず出端から、調子が狂わされる。

人妻、篠原涼子の中途半端なお色気シーンから幕開けなど…劇場作品の場数もそれなりに踏んでいる佐藤嗣麻子が監督を担当しているので、全体的にちゃんと映画っぽい画づくりはできているが、ハリウッド作品を意識したようなものが多く、かえって白けさせられてしまう部分も少なくなかった。容疑者になった雪平が、留置されていた警察署(自分の職場)から脱出する時に、いちいちパトカーを拳銃で撃って爆発させるとか、マッチョ系の外国人アクションスターがやるなら様になるけど、篠原がやってもね。さらにCG映像だから余計にチープさが際立つ。

“アンフェア”などんでん返しを狙いすぎて…ストーリーはおざなり、つっこみ満載というのも前作同様、それでいて、殺人鬼を操る黒幕、さらにはその後ろに控える人物なんかも、予想通りで全然ビックリしない…映画が始まった瞬間に、コイツ怪しいと感じた奴がそのままなんだもん。なんか、驚きの展開の中にレギュラーっぽい某人物がいたのが、ファン向けの仕掛けといったところだろうか?わざと解答をボカして進むストーリーも、かえって不自然さが目立ってしまった…令状もなしに殺人鬼の家に踏み込み、拉致られ、逃げる雪平、どうぞご勝手に。


監督:佐藤嗣麻子
出演:篠原涼子 佐藤浩市 山田孝之 阿部サダヲ 加藤雅也 寺島進 香川照之 大森南朋


【DVDソフトの購入】
アンフェア the answer DVDスタンダード・エディション

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月27日

リミットレス(2011年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-リミットレス 


GEOのセットレンタルで借りた、2012年3月7日発売、レンタル開始の新作DVD「リミットレス 」を鑑賞…これも3月前半の借り逃し作品の1本だな。「ハングオーバー」シリーズで一躍人気スターの仲間入りを果たした旬のブラッドリー・クーパー主演によるサスペンススリラー。脳を活性化させる怪しげな薬を手にした主人公が突如、サクセスストーリーを歩み始めるんだけれども、もちろん代償もあり…トラブルに見舞われるといった内容。ロバート・デ・ニーロが共演してるけど…出番は少なめだったか?

作家志望のエディ・モーラは、なかなか筆が進まず、酒に溺れ自堕落な生活を続けていたため…恋人のリンディからも別れ話を告げられてしまう。その直後に、元妻メリッサの弟ヴァーノンと久しぶりに再会し、ヴァーノンから人間の脳を活性化させるという怪しげな新薬NZT48をもらう。半信半疑で受け取ったエディだったが、実際にその薬を服用すると、本当に脳が活性化し、人間離れした能力を発揮…一夜にして小説も書きあげてしまった!しかし、翌日には薬の効果が消えて元に戻ってしまったエディ。NZT48を求めヴァーノンの元を訪ねるのだが…。

この薬は誰が作ったのかとか…どういう経緯で誕生したのかなんていう細かい話はほとんど描かれないので、設定自体がちょっと現実離れした印象を受けてしまう。NZT48に関するバックボーンがもう少し明確に描かれていた方が良かったんじゃないだろうか?まぁ、そのあたりを割り切って納得できれば、主人公がビジネスで成功しながら、謎の襲撃者に襲われ、薬の争奪戦に巻き込まれと…ミステリアスな展開を楽しめる。薬の後遺症で、記憶がぶっ飛んじゃうところなんて…「ハングオーバー」のセルフパロディか?なんて思っちゃうし(笑)

今にも飛び降り自殺をしそうな主人公の窮地からはじまり…回想形式で過去を振りかえっていくという演出。如何わしい薬の後遺症や依存性に苦しむ主人公たちは…普通にドラックのジャンキーと重なってしまい、そこから抜け出すのがどれだけ困難かというのをさりげなく諭しているようでもあった。最後は、コンゲーム的に話は二転、三転…ブラッドリー・クーパーが見せる笑みに、彼は現在の自分の状況について、真実を語っているのだろうかと、疑問に感じてしまう。ジャンキーは薬のためには、どんなにずる賢いことでもするからなぁ~。



監督:ニール・バーガー
出演:ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ アビー・コーニッシュ アンドリュー・ハワード


【DVDソフトの購入】
DVD リミットレス

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月27日

トラブルシューター~解決士(2010年)

テーマ:アジア映画

  勝手に映画紹介!?-トラブルシューター~解決士 

GEOのセットレンタルで借りてきた2012年3月2日発売、レンタル開始の新作DVD「トラブルシューター~解決士 」を鑑賞…3月前半で借り逃した、韓国の未公開映画。映画秘宝のソフト紹介で、韓国版“24”みたいな映画と紹介されていたが…まさに、大杉漣みたいな顔した韓国スター、ソル・ギョングが、ジャック・バウアーよろしくノンストップで駆けずり回るアクションサスペンスだった。もちろん、1時間40分で映画は完結するので…本家“24”よりもテンポもよく…変なストレスがたまることはないのだが…。

借金取りから素行調査まで手広くこなす元警官のテシク…ある日、浮気の現場を突き止め、写真を撮るという依頼が舞い込むのだが、テシクが指定されたホテルに足を踏み入れると、そこには女の死体が! なぜか直後に警察もやってくるのだが…そこで携帯電話が鳴った。相手は、すぐにその場逃げ、言う事を聞けば犯行中の真犯人が映ったビデオを警察に提出するという…いったい何が目的なのか?指示に従いながら逃げ回るテシクだったが、警察は監視カメラの映像や発見された凶器からテシクを指名手配してしまい…。

主人公を操ってる黒幕の存在が、最初からバレちゃってるあたりは…ちょっと勿体ないが、韓国映画らしい本気印の格闘アクションやカーチェイスを小刻みに挟みつつ、サイコな殺人鬼との対決や、裏切者の存在…事件に巻き込まれてしまった娘のピンチなど、小気味よく話は転がっていく導入部はなかなか。主人公を犯人として追いかける刑事が、真相に気づくのが早すぎ、仲間になるのが早すぎであり、この辺でちょっとスリルに歯止めがかかってしまったか…主人公が形勢を逆転してから、収束に向けてのくだりがいささか大雑把な気がしないでもない。

もうちょっと…ハッピーエンドか、それとも悲劇的な結末が訪れるのか、予想がつかないような展開だったら良かったのになぁと…。用意周到だった事件の黒幕が、詰めが甘すぎで…最後は単なる小悪党になってしまった感じ。あれだけひかっきまわしておいて…公衆の面前でタイマン勝負といういかにもなケリの付け方が、良くも悪くも韓国映画的だったなぁと思った。政治がらみの陰謀も…パソコンオタクの仲間が、ネットでちょちょいのちょいと操作して、マスコミにリークなんていう面白みのない結末で片が付いてしまったので拍子抜けだった。


監督:クォン・ヒョクチュ
出演:ソル・ギョング イ・ジョンジン オ・ダルス ムン・ジョンヒ チュ・ジンモ イ・ソンミン


【DVDソフトの購入】
DVD トラブルシューター~解決士

 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月27日

マネーボール(2011年)

テーマ:洋画

  勝手に映画紹介!?-マネーボール 


GEOのセットレンタルで借りてきた2012年3月22日発売、レンタル開始の新作DVD「マネーボール 」を鑑賞…BDを買うかどうか迷ったけど、ドラマ系だったので、レンタルで処理。貧乏なメジャーリーグチームのゼネラルマネージャーが限られた予算で、効率よく選手を獲得し、チームを優勝させようと奮戦する、ベースボール大国、アメリカらしい、野球ビジネスの裏側を描いた実話ベースの話。監督は「カーポティ」のベネット・ミラー…主役のブラッド・ピットをサポートする脇役で「カーポティ」のフィリップ・シーモア・ホフマンも出ていた。

かつて期待の新人として自身もメジャーリーガーだったビリー・ビーンだが、結果が残せず、若くしてアスレチックスのゼネラルマネージャーに転身。彼は限られた予算で、優勝に貢献できる選手を一人でも多く獲得しようと奔走していたのだが、ある日、イェール大経済学部出身のピーター・ブランドという若者に会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、チーム再建の突破口を見出す。ピーターを自分の片腕として雇い入れたビリーは、有名選手を高い年棒で雇い入れるよりも、無名の有望選手を安い金額で複数獲得する方が得策だと考え…。

選手を単なる手駒にしか考えていないようなフロント陣のシビアな部分も目につき…多くの日本人選手(程度の差はあれ、日本のプロ野球界にも似た部分ってあるんだろうけど)もこんな過酷な現実と向き合いながら、メジャーという大舞台で活躍してるんだなぁなんて色々と考えたりもしてしまうんだけれども…言葉の駆け引きで、自分の球団に欲しい選手を獲得していくシーンなどは、「ウォール街」の金融取引を見ているようにスリリングであり、なおかつユーモアまで感じられてなかなか面白かった。

監督や選手の知らないところで、勝手に進むトレードや首切り…それでいて、選手たちもこういうシステムをビジネスと割り切り、日常的に受け入れているんだなぁなんて、妙に冷めた面が描かれているので…内容に反して、そんなに重たい印象を受けない。ハリウッドには多くの傑作ベースボール映画が存在するが、選手たちの活躍がほとんど描かれないというのもなかなか新鮮…それでいて、最後にはスポーツ映画特有の高揚感と、現実の厳しさが味わえ、忍耐と努力次第では夢も実現できるというアメリカンドリームの可能性も確かに感じられた。


監督:ベネット・ミラー
出演:ブラッド・ピット ジョナ・ヒル フィリップ・シーモア・ホフマン ロビン・ライト クリス・プラット


【DVDソフトの購入】
DVD マネーボール

 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月26日

拳師 ~The Next Dragon~(2008年)

テーマ:アジア映画

勝手に映画紹介!?-拳師 ~The Next Dragon~

体調を崩して、しばらくDVDのレンタルから遠ざかっていたので…久しぶりにGEOへ、3月末リリースの新作を中心に、3月の借り逃し作品をセットレンタルで借りてきた。映画の「モテキ」を借りようと思ったら、相変わらず人気があって、借りれなかった…。ということで、まずはこの作品から…2012年3月22日発売、レンタル開始の新作DVD「拳師 ~The Next Dragon~ 」を鑑賞…サモ・ハン・キンポー主演ということになっていますが、実質、話を回すのは若手俳優たちでして…それでもアクションのおいしい所はちゃんともっていく、デブゴンおじきは凄いです。

武術家だった母親を亡くし、祖母に育てられたイーとエアー…しかし武術学校で指導をしている父親リー・ホイと一緒に暮らすことになり、二人も武術学校へ入学する。そこで、3人の親友と運命的な出会いを果たし…共に武術を学びながら友情も育む。それから10年の歳月が流れ…成長した5人の絆は固かく、それぞれ自分の得意分野で武術大会に出場し、好成績を残していた。そんなある日、後輩の武術学校の生徒が、誘拐事件に巻き込まれてしまった!なんと犯人はリー・ホイのかつての教え子であり…。

タイトルクレジットで、主演のサモ・ハン・キンポーと、製作総指揮のジャッキー・チェンの名前だけ、わざわざ日本語のスーパーが表示される…なんか地上波のテレビ放送みたいだな。冒頭、幼い子供たちが、武術学校で学ぶシーンが描かれるので、あれ、サモ・ハンはチョイ役で、本当はキッズムービーなのか…なんて心配になってくるんだけれども、その子供たちがあっという間に成長して、選抜を懸けた武術大会へと話は移っていく。主に対戦相手と戦う散打という種目と、体操競技みたいに技を競い合う種目の二種類…。

主人公兄弟をはじめ、仲間たちは大会の優勝目指して頑張っているわけですけど…息抜きで遊園地に遊びに行った時に、偶然、誘拐事件に遭遇し、得意の武術で犯人を追いつめ、事件を未然に防ぐ!実は、巷では誘拐事件が横行しており…犯人たちは、今度は武術学校の生徒を狙おうとしていて、再び、主人公たちは事件に巻き込まれることとなる…。しかも、犯人が父親の元教え子で、武術学校を退学させられたワルという因縁まで絡んでいて…!中盤で登場する犯人グループとの対決が、劇中最大の盛り上がりか?

サモ・ハンは主人公たちの父親で、武術学校の先生役…ほとんど説教たれてるだけで、前半はあまり話にも、アクションに絡んでこないんだけれども、誘拐された生徒を助けるために、息子や教え子を従え敵のアジトに乗り込んでいく!サモ・ハンが様子見をしているうちに…教え子たちが犯人グループの雑魚たちと遭遇してしまい、アクション開始。主人公兄弟も手を焼いた、犯人グループの大ボスと中ボスをサモ・ハン一人で相手し、敵の卑怯な攻撃で大怪我を追いながらも…意外とあっさりと相手を打ち負かす。

これで終わっちゃったら、いままで話を引っ張って来た若手俳優たちの立つ瀬がないっていうもんでしょう…クライマックスは武術大会の決勝戦で主人公たちの成長ぶりが描かれる。武術学校出身の先輩が…映画のアクション指導をしているなんていうサブストーリーも、ちょっと話のアクセントになっていた。憧れの先輩が、映画業界で働いてるのに…いざカメラが回ると…やられ役のスタントだったという現実を目の当たりにするシーン…蹴られて屋根の上から落っこちても、「大丈夫、大丈夫」なんて、後輩たちに強がってみせる先輩が、ちょっぴり切ない。


監督:アントニー・シト
出演:サモ・ハン・キンポー ワン・ウェンジエ ワン・ヤーチャオ ワン・フェイ


【DVDソフトの購入】
DVD 拳師 ~The Next Dragon~

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012年03月25日

池袋ヤンキー戦争2 沙希(2011年)

テーマ:邦画

勝手に映画紹介!?-池袋ヤンキー戦争2 沙希

WOWOWでエアチェックしておいた「池袋ヤンキー戦争2 沙希 」を鑑賞…濡れ場とヤンキーアクションを組み合わせた定番のお色気エロVシネだけど、シリアス路線で描かれていたので、思いのほか面白い作品になっていた「池袋ヤンキー戦争」の続編となる。ただし、キャラクターや物語も一新、監督も違うので(前作はエロVシネの佳作を連発する城定秀夫が監督だったのに)…作風も変わっており、前作と同じような路線を期待しているとちょっとなぁ~と思ってしまう部分があるか?前作を見ていなくても単独鑑賞は可能である。

母親を金属バットで殴ってしまった沙希は、家を飛び出し…そのまま池袋に流れてきた。出会い系サイトを使い、援助してくれる相手を見つけた沙希は、男と一緒にホテルへ入るのだが、金を盗んで逃げようとしたところを見つかってしまい、逆に襲われてしまう。さらに騒動に気づいた警官にも追いかけられるのだはが…その窮地を救ったのが岩本という男だった。池袋で生きる術を教えてやると、岩本から仕事を紹介されるのだが…その内容とはデリヘルだった!仕方なしに仕事を続ける沙希、そこで優しく接してくれる若菜という同僚と親しくなるのだが…。

主人公の沙希っちゃんは確かにつんつんしててヤンキー風…そんな女の子が、男たちに組み敷かれる姿は、けっこうそそられたりする。その女の子が、やたら世話焼きの同僚と仲良くなり、とりあえず生きる希望を見出していくあたりは、友情話としてそれなりに面白く見れるかな?やがて沙希ちゃんは、場違いな童貞青年に気に入られてしまい、その青年が常連客となる。デリヘル嬢と純朴青年の純愛というのも…ツンデレ要素があって面白く、ようやく二人が結ばれるあたりは、感動すら覚えてしまう。

沙希ちゃんは、ごみ溜めみたいな生活の中で…ちょっぴし幸せをつかみかけていたんだけれども、仲良しの同僚女の子にトラブル発生!大金が必要になり、直引きと呼ばれる…直接、客引きをしたことが店の方にバレちゃって、大きなペナルティを背負わされる。そこで、ヤンキー魂の火がついた沙希ちゃん…今までの鬱憤も晴らそうと、店に殴り込み!ようやく最後の10分くらいで…タイトルに合った展開になるも、素手で殴りこんじゃうから、あっけなく捕まって、逆に脱がされ、やられちゃうんだけれども…。

原田明絵、小林サヤ…両女優の濡れ場のバリエーションも豊富、エロVシネとしては充分に楽しめたんだけれども、ぶっちゃけ、ぜんぜんヤンキーが戦争していないのが問題だよね。無理して続編にする必要がない。それでいて、急にアメリカンニューシネマ的な、クールなエンディングになってしまうのが、ちょっと時代遅れかなって思ってしまった。世の中、そんな甘くはないよという現実を見せつけるのであれば…風俗の道からなかなか抜け出せないみたいな展開の方が良かったんじゃないだろうか?


監督:小南敏也
出演:原田明絵 小林サヤ 田中靖教 津田篤 高杉心悟


【DVDソフトの購入】
DVD 池袋ヤンキー戦争2 沙希

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。