↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






















1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2011年08月31日

ターゲット・イン・NY(2010年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ターゲット・イン・NY


GEOで借りてきた2011年8月5日発売、レンタル開始の新作DVD「ターゲット・イン・NY 」を鑑賞…“ダニー・グローバー×ロバート・パトリック×ジーナ・ガーション!豪華ハリウッドスターが゛夢の競演!! アメリカFBIVSイスラムテロ組織”っていう触れ込みの劇場未公開映画なんだけど…実際の主役は監督も務めているマフスン・クルムズギュルってトルコ出身の俳優さん。内容がかなり硬派なので…決してマイナーソフトメーカー特有のB級アクションでは終わっていない、しっかりとした映画にはなってるんだけど(ちゃんとシネスコ撮影だし!)…万人に薦めるには、ちょっとばかり地味すぎるかも?

トルコ警察は、過激派テロリストの首謀者で、イスラム教指導者の通称“ダジャル”の行方を捜していた。その頃、NYではインターポールからの要請で、FBIが指名手配を受けていたハジというトルコ人を拘束する。そのハジが“ダジャル”である可能性が高いという情報を入手したトルコ警察は、本国に護送するため二人の捜査官をNYに派遣。やがてFBIの協力を得て、ハジの護送が始まったのだが…何者かの襲撃に遭い、ハジを連れ去られてしまう。テロリストが逃げ出したという事で、FBIは本腰を入れて事件の捜査を開始。トルコ警察の二人も独自にハジの行方を捜し始めるのだが…。

ニューヨークでアメリカ人の嫁さんや子供と平和に暮らしていたトルコ人のおっさんが、テロの容疑をかけられて拘束されてしまうというのが本作のメインの話。FBIは、頼まれたやっつけ仕事なので…ただ対象者を捕まえただけで、トルコから刑事が二人やってくる。ロバート・パトリック演じるFBIの指揮官が、ムスリム=悪者という偏見を丸出しにして、トルコ人刑事とも険悪なムードになったりするんだよ…とっとと護送しちゃってくれって。トルコ人もそんな対応に眉をしかめてみせたりするんだけど…あっけないくらいに引き渡しは完了。でも、護送中に、何者かの襲撃で容疑者を連れ去られてしまったことから事態は一変する。

事件が起きれば大手を振って捜査ができるFBI、テロリストが逃げ出したってことで意気揚々と事件を仕切る。ハブられちゃったトルコ組は、仕方なしに独自に捜査をはじめるんだけど…なんと、逃走中の容疑者の方から二人の方に接触が!テロ容疑は何かの手違いだから信用してくれって…逃走の協力者(ダニー・グローバー)や嫁さん(ジーン・ガーション)までもが刑事たちに懇願する。FBIが必死に関係者を尾行し、逃走したテロ容疑者の行方を捜している中、トルコの刑事二人は、その容疑者と過ごして、少しずつ、心変わりしていく…「本当にテロリストじゃないかもしれない」と…。

でも、護送車を襲うって力技…無実でもやっちゃいけないんじゃないか?いくらテロリストじゃないと訴えても心象的には真黒である(笑)その後、紆余曲折があり…トルコ人のおっさんが、本当にテロリストなのか、そうじゃないのかという判断はトルコ護送後まで結果は持ち越しになるんだけれども、実は主人公とおっさんの間には、もうひとつ隠された秘密があったんだよという、サプライズが用意されている。確かにね、なんでトルコ人刑事の片割れは、こんなにも執拗におっさんを責め立てるのかとか不思議になっていたんだけど…そんな因縁が。イスラムに対する差別と復讐というテーマがもう少し一致してれば、ラストのどんでん返しももう少し効果的だったか?

FBIによるトルコ人の拘束、過激派テロリストによる爆破テロ、トルコ警察VSテロリストによる壮絶な銃撃戦と…のっけから話がいろいろと飛ぶんだけど、映像はそれなりに惹きこまれるものがあったかな?特に、住居を迷路のように改造したテロリストのアジトに、トルコ警察の襲撃部隊が奇襲をかけるくだりの銃撃戦は…「キングダム/見えざる敵」とか「グリーンゾーン」あたりを彷彿とさせるなかなかのものです。時よりCGによる爆破がチープに見えちゃうのと、音声が2chステレオなのがちょっと味気ないが、ドンパチ好きならそれなりに見入ってしまう本格的な仕上がりです。いくつかあるFBIの強襲シーンも、銃撃戦はなかったけど、迫力は感じられた。


監督:マフスン・クルムズギュル
出演:マフスン・クルムズギュル ダニー・グローバー ロバート・パトリック ジーナ・ガーション


【DVDソフトの購入】
DVD ターゲット・イン・NY
勝手に映画紹介!?-ターゲット・イン・NY

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月30日

2011年10月のWOWOWエアチェック予定映画 その2

テーマ:録画予定の番組








10月のWOWOWエアチェック作品…あまりにもエアチェックしたい作品が多すぎて、投稿文字数をオーバーしてしまったので、2回に別けての更新になってしまいました。10月10日から始まる、ジャッキー映画の一挙放送もだいぶ落ち着きを見せますが、まだまだ15日以降も続きますね。個人的には、「プロテクター」のHV放送には狂喜乱舞、大好きなんですよ、これ。DVDではリマスター版が安価で入手できますが、まだブルーレイにはなってませんからね、他の作品を録り逃しても、これだけは絶対におさえようと思ってるところですよ。そういえばポリスストーリーは、NHKもWOWOWも「ファイナル・プロジェクト」(実はポリスストーリーの正真正銘続編4作目)と「香港国際警察 NEW POLICE STORY」はやってくれないんだよなぁ~。

他にも、月末には「十三人の刺客」の初放送に合わせて、三池崇史作品の一挙放送が控えてます。三池作品はほとんどDVDで持ってるけど、ハイビジョン画質でどの程度、画質が良くなるのか楽しみ。カルト的人気を誇るDOAシリーズなどは、まさかBDでは出ないだろうからなぁ。どうせなら日本で未DVD化の「荒ぶる魂たち」「実録・安藤昇侠道伝 烈火」「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」「サラリーマン金太郎(映画版)」あたりも放送してほしいよね。過去のWOWOWドラマ、「天然少女萬」「多重人格探偵サイコ」「交渉人」あたりもぜひ再放送すべきだ。ちなみに、オイラがBDで所有している作品や他の映画チャンネルで録画した作品はあえてリストから抜かしてありますが、「クローズZERO」や「ヤッターマン」「ゼブラーマン2」なども放送されます。


10/1~10/14までのエアチェック予定はこちら⇒クリック



10/15(土)午後0:00 WOWOWシネマ トゥー・ラバーズ DVD発売11月
10/15(土)よる11:00 WOWOWシネマ トロッコ  
10/16(日)午前7:00 WOWOWシネマ 愛と死の間で DVD所有 
10/16(日)よる9:00 WOWOWシネマ ぼくのエリ 200歳の少女 レンタル鑑賞済み 
10/16(日)深夜1:00 WOWOWシネマ ほどけてゆく人妻  
10/17(月)よる7:00 WOWOWシネマ バトルクリーク・ブロー  
10/17(月)よる9:00 WOWOWシネマ プロジェクトA DVD所有 
10/18(火)よる7:15 WOWOWシネマ プロテクター  
10/18(火)よる9:00 WOWOWシネマ プロジェクトA2/史上最大の標的 DVD所有 
10/19(水)よる7:15 WOWOWシネマ キャノンボール  
10/19(水)よる9:00 WOWOWシネマ サンダーアーム/龍兄虎弟  
10/20(木)よる7:15 WOWOWシネマ レッド・ブロンクス [アジア公開版] DVD所有 
10/20(木)よる9:00 WOWOWシネマ プロジェクト・イーグル  
10/21(金)午後5:30 WOWOWシネマ シャッフル2 -エクスチェンジ- 9月初回放送はSD
10/21(金)よる10:00 WOWOWシネマ バレッツ  
10/24(月)よる9:00 WOWOWシネマ ポリス・ストーリー/香港国際警察 DVD所有 
10/24(月)よる11:00 WOWOWシネマ ある日モテ期がやってきた  
10/25(火)よる9:00 WOWOWシネマ ポリス・ストーリー2 九龍の眼 DVD所有 
10/25(火)よる11:15 WOWOWシネマ 妖精ファイター  
10/25(火)深夜3:00 WOWOWシネマ 新釈 四畳半襖の下張り アダルト 
10/26(水)よる9:00 WOWOWシネマ ポリス・ストーリー3 DVD所有 
10/27(木)よる9:00 WOWOWシネマ 新ポリス・ストーリー  
10/28(金)よる11:00 WOWOWシネマ DEAD OR ALIVE デッド オア アライブ 犯罪者 DVD所有 
10/28(金)深夜0:50 WOWOWシネマ DEAD OR ALIVE2 逃亡者 DVD所有 
10/28(金)深夜2:35 WOWOWシネマ DEAD OR ALIVE FINAL DVD所有 
10/29(土)午前8:25 WOWOWシネマ 天国から来た男たち DVD所有 
10/29(土)午前10:30 WOWOWシネマ 龍が如く 劇場版 DVD所有 
10/29(土)午後0:30 WOWOWシネマ 着信アリ DVD所有 
10/29(土)よる6:45 WOWOWシネマ スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ DVD所有 
10/29(土)よる11:30 WOWOWシネマ すべては海になる  
10/30(日)よる10:00 WOWOWシネマ キャタピラー  
10/30(日)深夜3:00 WOWOWシネマ 水のないプール  



実は、映画以外にも気になる番組がいっぱい…WOWOWプライムで10月23日(日)~30日(日)にかけて放送される「装甲騎兵ボトムズ 最新作登場記念15時間スペシャル!」とかね。TVシリーズの総集編と、OVAや劇場作品の一挙放送がある。あとスコセッシがプロデュースしたTVシリーズの「ボードウォーク・エンパイア」とか、同じくTVシリーズの「ザ・ケープ 漆黒のヒーロー」や「リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線」なども放送スタート、BD-Rも大量に消費しそうだが、録画のやりくりがとにかく心配。プライムとシネマを二番組同時録画しちゃうと、明らかに地上波の深夜アニメが録れなくなる危険が…生じる。今さらDVDレコに戻れないし(笑)…やっぱBDレコ、もう一台買わなきゃいけないかなぁ~、WOWOWの完全ハイビジョン化、うれしい半面、出費もかさむ。



【WOWOWのお申し込みはこちらから】
映画は毎月300本放送!今日から見られる『wowow』500ポイントプレゼント![楽●天]



 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月30日

2011年10月のWOWOWエアチェック予定映画 その1

テーマ:録画予定の番組







WOWOWの完全ハイビジョン化まであと約1カ月…いよいよ10月の映画ラインナップが更新されてたけど、やべぇっす、半端ないっす。つーか、今まではSD画質の作品はあまり眼中になかったけど、全部ハイビジョン放送になり、さらにチャンネル数も増えるという事で、録画の機会が確実に増えそうな予感。もちろん、NHKのBS放送、その他民放BS、そして地上波なんかでも番組録画があるわけですし、さらにe2スカパーの一部のチャンネルの1年間無料放送も始まりますし…やっぱBDレコは一台じゃ足りないかもしれないなぁ…他の家族をたらしこんで、もう一台買わせるかな?録画が重なった最悪の場合、近所に住んでる親戚のおっちゃんに頼も…。

とにかく凄いのがジャッキー映画の数だ…初期作品を中心に、全盛期の傑作までいったい何本オンエアするんだ?4月ごろにNHKのBSプレミアムで放送された作品とダブリもあるけど、あの頃は地震速報が入っちゃったものもあるしな…それに、WOWOWではジャッキー映画の旧作も、DVDやブルーレイ同様、5.1chで放送してくれるみたいなので、やっぱりここは、作品が重複しても録りなおしは必須だろう。投稿文字数の関係で、いったん14日までのピックアップでとどめているが、15日以降にもプロジェクトA、アジアの鷹、ポリスストーリーなどのシリーズものを中心にまだまだジャッキー映画が盛りだくさん。

その他で、気になるところといえば…「男はつらいよ」や「座頭市物語」ですかね?とりあえず、10月のラインナップではそれぞれ1作品のみでしたが、もしかしたら今後は他のシリーズのオンエアなどもあるかもしれませんよね?寅さんは、死んだ親父が、NHKのBS放送をDVDレコで録画してたのが、けっこうDVD-Rで残してあるけど、もしWOWOWで全作放送なんかしてくれたら、マジでうれしい。ついでに、釣りバカ日誌もやってくれないかな?あとは、DVD持ってるけど、BD出てないしみたいな作品を中心にエアチェック予定…「花とアリス」なんてクソつまんねぇ映画だけど、蒼井優のバレエシーンだけは高画質で残したいよ!



放送時間 放送チャンネル 作品タイトル メモ
10/1(土)午後1:30 WOWOWシネマ 僕と彼女とオーソン・ウェルズ  
10/1(土)深夜3:10 WOWOWプライム 最も危険な情事 アダルト作品
10/2(日)午前4:40 WOWOWプライム 座頭市物語  
10/2(日)午後0:00 WOWOWシネマ シュリ DVD所有 
10/2(日)午後4:15 WOWOWシネマ 男はつらいよ  
10/3(月)深夜2:00 WOWOWシネマ 冷たい月を抱く女  
10/4(火)よる9:00 WOWOWシネマ カジノ LD所有
10/5(水)よる9:00 WOWOWシネマ エイジ・オブ・イノセンス  
10/5(水)よる11:30 WOWOWシネマ 花とアリス DVD所有 
10/6(木)午後2:15 WOWOWシネマ フェノミナン LD所有
10/6(木)よる9:00 WOWOWシネマ ミーン・ストリート   
10/6(木)深夜1:10 WOWOWシネマ 殺人犯 レンタル鑑賞済み
10/6(木)深夜3:25 WOWOWシネマ ヒン子のエロいい話 アダルト 
10/8(土)深夜1:20 WOWOWシネマ AKiBa童貞ボーイズ アダルト  
10/9(日)深夜1:00 WOWOWシネマ ザ・レイプ 獣慾   
10/10(月)午前8:00 WOWOWプライム パーマネント野ばら   
10/10(月)午前10:00 WOWOWシネマ 蛇鶴八拳    
10/10(月)午前11:45 WOWOWシネマ スパルタンX   
10/10(月)午後1:45 WOWOWシネマ サイクロンZ   
10/10(月)午後3:30 WOWOWシネマ ファースト・ミッション   
10/10(月)午後5:15 WOWOWシネマ ドラゴンロード   
10/10(月)よる7:00 WOWOWシネマ 少林寺木人拳   
10/10(月)よる9:00 WOWOWシネマ 奇蹟 ミラクル   
10/10(月)よる11:15 WOWOWシネマ ジャッキー・チェンの醒拳   
10/10(月)深夜1:00 WOWOWシネマ 龍拳   
10/10(月)深夜2:40 WOWOWシネマ 成龍拳   
10/11(火)よる7:15 WOWOWシネマ スネーキーモンキー 蛇拳   
10/11(火)よる9:00 WOWOWシネマ 五福星   
10/12(水)よる7:15 WOWOWシネマ クレージーモンキー/笑拳   
10/12(水)よる9:00 WOWOWシネマ 香港発活劇エクスプレス 大福星   
10/13(木)よる7:15 WOWOWシネマ カンニング・モンキー/天中拳   
10/13(木)よる9:00 WOWOWシネマ 七福星    
10/14(金)よる7:00 WOWOWシネマ ヤング・マスター/師弟出馬  
10/14(金)よる9:00 WOWOWシネマ 拳精  
10/14(金)よる10:45 WOWOWシネマ ジャッキー・チェンの燃えよ!飛龍神拳/怒りのプロジェクト・カンフー  
10/14(金)深夜0:30 WOWOWシネマ ジャッキー・チェンの秘龍拳 / 少林門  
10/14(金)深夜2:15 WOWOWシネマ ジャッキー・チェン/新・怒りの鉄拳  
10/14(金)深夜3:45 WOWOWシネマ キラー・ドラゴン流星拳(ファイナル・ドラゴン)  



多すぎて、書き込み文字数の上限を超えてしまったので、15日以降は次の更新で…



【WOWOWのお申し込みはこちらから】
映画は毎月300本放送!今日から見られる『wowow』500ポイントプレゼント![楽●天]



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月29日

マルドゥック・スクランブル 圧縮(2010年)

テーマ:アニメ映画

勝手に映画紹介!?-マルドゥック・スクランブル 圧縮

GEOで借りてきた2010年8月24日発売、レンタル開始の新作DVD「マルドゥック・スクランブル 圧縮 」を鑑賞…人気作家・沖方丁の同名シリーズ小説を原作と同じ全3章で映像化、映画化するという企画の第1弾。オイラも原作が話題になっている頃に、ブックオフの100円コーナーで全巻揃えたんだけれども、その前に読んだ沖方丁の単発もの「微睡みのセフィロト」が、あまりにも難解な作品だったので、「マルドゥック~」の方をすぐに読む気になれず、そのまま放置してしまって、いまだに積読本の中に埋もれたままである。でも、「天地明察」で直木賞候補になったり、人気あるんだよねぇ~…。アニメ映画なので、Blu-rayを買おうと思ったんだけど、時間が短いし、続編ありきだしで、またどうせOVAレベルなのかなと思い、レンタル鑑賞に切り替えた。

マルドゥック市で生きる未成年娼婦のルーン=バロットは、自分の心の殻に閉じこもることが日常になっていた。そんな時、カジノ経営者のシェルに拾われる。シェルにより、すべてを与えられたバロット…シェルは何故、自分に親身になって接してくれるのか気になり始めるのだが、その真相を知った時、バロットはシェルによって車の中に閉じ込められ、そしてその車が爆発した!やがて、燃え盛る車の中からバロットを助け出したのは、シェルの犯罪を追っていた事件担当官であるドクター・イースターとウフコックだった。全身の皮膚を強化繊維で再構成させることによって一命を留めたバロットは人命保護を目的とした緊急法令“マルドゥック・スクランブル‐09”により、特別な力を得て、イースターやウフコックと共に事件の真相を探っていくのだが…。

沖方丁の作品や、翻訳もののSF小説を好きな人は…きっと、難なく受け入れることができるんだろうなぁって感じだよね。なんつーか、この作者の持ち味でもある、造語の羅列、そういうものを説明するための持って回ったセリフの言い回しなどがちょっと鼻につき、オイラ的にはとっつきにくいと思った。原作者自ら、脚本を担当してるので余計に、ディープさが際立っているのだと思われる。話を噛み砕くと、事件に巻き込まれた普通の少女(でも生い立ちがやたら不幸な娼婦)が、この時代の証人保護プログラムで、仮面ライダーばりに人体改造されて、ものすげー戦闘能力を与えられ、自ら事件の真相を解いていくということらしい。ハリウッドの某動物映画みたいな、知能を持ったネズミが様々なアイテムに変身して、主人公を助けるというのが、なかなか奇抜。

映画といっても65分しかないので、世界観や人物像を把握するのに大半を消費してしまい、正直、途中まではかなり退屈であった。ようやく話に慣れてきたところで…クライマックスのアクションシーンへと突入していくのだが、原作通りなのかなんなのか、TVシリーズ並みに、唐突に幕切れで、映画のカタルシスははっきりいって味わえない。原作もの、特に最近流行りの複数の章立てで描かれる作品は、物語を完結させること自体を放棄してまうものも少なくないが、最低限、映画を見たという気分にさせてくれよと思わざるを得ないんだよね。原作小説しかり、TVアニメやOVAだったら次回へ続くでもいいんだけれども…続編公開が1年以上もスパンのある作品(続編の劇場公開は9月だが、ソフト化はまた1年後だろ)だったら、今回の戦いの結末くらいまでは見せても良かったのでは?

あくまで原作を読んでいない人間の意見として、話の持って生き方にはかなり不満が生じたが、アニメとしての映像は、おっと唸らされる部分も少なくはなかった。バロットが銃をぶっ放すところなんては、「マトリックス」の発展系だろうし…エレベーターの中でアタッシュケース型の銃を乱射してる敵の動きが、「デスペラード」でギターケース型の銃をぶっ放してたマリアッチの助っ人に似てるなぁとか…洋画のおいしいところどりみたいな印象だけど、素直にかっこいいと思った。ナイフで向かってきた敵には、銃をわざわざナイフに変形(ウフコックの変身能力)させて戦ったりね、そういうところは良かったです。あと、ボイルドっていう敵の殺し屋(シェルの事件担当官)は、ブレランのルトガー・ハウアーみたいにクールでしたよね。

キャスティングは八嶋智人なんていう変わり種も混じっているが…ベテラン、実力派の本職声優が多めなので、そういう点では、しっかりとアニメ映画らしさを味わえるか?八嶋智人は、作品のメインキャラでもあるネズミのウフコックを演じているのだが、物に変身したりしているシーンが多いので、セリフをキャラの口パクに合わせる必要がほとんどなく、意外とノビノビと演じていた。林原めぐみが演じた主人公も、声帯に問題があって普通に喋れない設定なので、もともとこの作品…口の動きとセリフがシンクロするようなシーンが少なかったりする。劇場映画らしい作画のクオリティは保たれているものの、スタッフロール見ると、原画、動画スタッフとかも意外と少なめだったので、どういう部分に力を入れるのか、スタッフの配分がよく考えられてるんだろうなぁって思いましたね。


監督:工藤進
出演:林原めぐみ 八嶋智人 東地宏樹 中井和哉 磯部勉 田中正彦 若本規夫 かないみか 三宅健太


【DVDソフトの購入】
DVD マルドゥック・スクランブル 圧縮
勝手に映画紹介!?-マルドゥック・スクランブル 圧縮

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月28日

ザ・ライト エクソシストの真実(2011年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ザ・ライト エクソシストの真実

GEOで借りてきた2011年8月17日発売、レンタル開始の新作DVD「ザ・ライト エクソシストの真実 」を鑑賞…オカルト映画の定番である悪魔祓いを題材にした作品。神様を信じてない(信仰を捨てた)くせに、神父の道を目指していた主人公の青年が、アンソニー・ホプキンス扮するベテランのエクソシストと対面することで、もういちど信仰を取り戻し、エクソシストになっていくというお話。このあたりの設定がちょっといままでの同種の映画と違うところか?現在、TVアニメでもオンエア中の「青の祓魔師」を見ている人なんかは、けっこう興味がわく題材かも?セルソフトはブルーレイとDVDのセット販売のみのリリースになっている模様。

葬儀社の息子マイケルは、家を出るため自ら神学校への入学を希望する。数年後、卒業を間近に控えていたマイケルだったが、司祭になる道を捨てようとしていた。しかし、恩師の勧めで、バチカンで行われるエクソシストの養成講座へ出席する事に。進路についての結論は、バチカンから帰った後でもいいのではないかと説得される。バチカンに到着したマイケルは、ザビエル神父の行う講座を拝聴するものの、なかなか神や悪魔といった存在を肯定する気になれないでいる。そんな中、ザビエル神父の言いつけで、ベテランエクソシスト、ルーカス神父の悪魔祓いを手伝う事になり…。

宗教観の違いで、日本人にとっては映画や漫画、アニメの中の話のようだが…実際にエクソシストという職種は存在する…タイトルからも察せられるとおり、一応、これは実話だよという触れ込みでもある。定番通りの展開も多く、フリードキンの「エクソシスト」を初めて見た時ほどのインパクトは得られないのだが、やはりエクソシスト役のアンソニー・ホプキンス、わきを固めるキアラン・ハインズやルトガー・ハウアーといったベテランの存在感で、話には引き込まれてしまう。神学校の生徒のくせに、無神論者だという主人公も、日本人には入り易い役柄だったのかもしれない。

首が回ったり、さかさまになって歩いたりなんてシーンもなければ、緑のゲロもはかないんだけど(笑)…充分すぎるくらい、アンソニー・ホプキンスの顔が怖いです。つーか、出てきた瞬間から胡散臭い。主人公がなかなか信用できないのも納得ですよ…凄腕のエクソシストというよりは、いんちき霊媒師みたいだもん。だけど、後半に進んでいくと色々な意味で印象が変わってきます…。「神父さま~♪」って近寄って来た少女を殴っちゃうシーンとか、アンソニー・ホプキンスのたたずまいをみただけでゾクリとしてしまう。この映画の見どころは?と聞かれたら、誰もがアンソニー・ホプキンスと答えるに違いない。

神父さんも、普通にハイテク機器を使用しているというのが妙に日常感が出ていて面白いよね…主人公は神学校の退学届をノートパソコンのEメールで送信してたし、バチカンでも、偉い神父さんが機械をちゃんと使いこなして講義をしてた。もっとアナクロなのかと思ってた。アンソニー・ホプキンスなんかさ、悪魔祓いの最中に着メロ鳴ってるし、儀式の最中はマナーモードにしなくていいのかよ?とか思ってしまった。あと、エクソシストの講義のシーンで、いきなり電気が消えて、受講者が「悪魔だ」とか騒いでたのにも笑った…で、講義をしていた神父さんが、今日はここまでて、何事もなかったように話を締める。話がシリアスゆえに、そういうところが変におかしい。


監督:ミカエル・ハフストローム
出演:アンソニー・ホプキンス コリン・オドナヒュー アリシー・ブラガ キアラン・ハインズ ルトガー・ハウアー


【Blu-ray&DVDソフトの購入】
ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット
勝手に映画紹介!?-ザ・ライト エクソシストの真実

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月27日

SP THE MOTION PICTURE 革命篇(2011年)

テーマ:邦画

勝手に映画紹介!?-SP THE MOTION PICTURE 革命篇


GEOで借りてきた2011年8月26日発売、レンタル開始の新作DVD「SP 革命篇 」を鑑賞…伏線投げっぱなしで終わったTVドラマの完結編として劇場映画がつくられたわけですけど、その映画も二部作になってしまい、ようやく本作でストーリーの完結となる。TVシリーズはリアルタイムで鑑賞してて、フジテレビドラマにしちゃ、けっこう面白かった。で、映画の前編に当たる“野望篇”の方もちゃんと劇場で見ているんだけど、肝心なこの完結編である“革命篇”は、ちょうど震災直後の公開だったので…劇場に見に行く機会を逸してしまったのね。そういう人もけっこう多いんじゃない?ってことで、レンタルで借りてきましたよ…。

官房長官を狙ったテロの発生から二カ月…負傷した警視庁警備部警護課第四係のメンバーも職務に復帰し、日常に戻っていた。そんな中、上司である尾形総一郎の不穏な動きを気にしながらも、井上薫もあたえられた要人警護の任務に就いている。その日は、四係のメンバーも別行動で、各自、別々の国会議員のガードについていたのだが、内閣不信任案の採決が行われる国会議事堂で、合流を果たすことに。一方、尾形は、長年温めてきたある計画を実行に移すための行動を開始。尾形の仲間であるテロリストたちが、議事堂占拠のための準備を水面下で実行していたのだが…。

内閣不信任案の採決を行うために、政治家たちが国会議事堂に集まってくるところは、いかにも劇場映画という雰囲気のダイナミックさ、それらしく見える。その、議事堂内で“ダイ・ハード”もどきのテロアクションをやってのけると…おおって思ったんだけど、スリリングだったのは、テロリストたちが占拠を開始するあたりまでであり、それ以降は説教じみた展開が長く続き…けっこう間延びしてしまう。アクション映画というエンターテイメントの中で、混迷する日本の政治への批判や、官僚批判をやってやろうという意気込みは正直に受け止めたいんだけれども、見せ方に邦画の限界を感じてしまうよね。

あいつら無能だから何もできないぜと、嫌みな若手エリート官僚たちが、警察組織や政治家を馬鹿にして高みの見物をしてるんですよ。そういうことも、セリフで説明するんじゃなくてさ、やっぱり警察の無能さを描くんだったら、無理やりSATが突入してて、自爆するとか、人質が犠牲になっちゃうみたいなシーンを入れなきゃつまらない。そうすると、こちらの思惑をあらかじめ見抜いていたように、劇中のエリート官僚たちがまた言うんですよ、「これはハリウッド映画じゃない」って。だから、派手な爆破も演出もないんだよって…そういう事をセリフで書いちゃう金城一紀の脚本がちょっといやらしいんだよね。客を見透かして、優越感に浸ってるんだろうなぁって感じ。

テロの実行犯リーダーである尾形、そして尾形のバックについている香川照之扮する政治家…この二人がグルになって悪だくみ(復讐)を考えている。さらに、その政治家をも操ってやろうとしているのが、若手エリート官僚たちの存在…これらの関係、構図は1作目の映画からわかっている事柄である。どうして尾形が、こんな悪事に加担してしまったのかというあたりも、今まで思わせぶりに色々と描いており、その補足が本作でも描かれるんだけど、驚きに直結する新事実はあまりなかった。それどころか、劇中人物たちが、何度も“どんでん返しが起きる”という事実をセリフでばらしてしまっているので、後半の面白さを半減させている。

一部の人間には、こういう事態を招いた制裁も加えられていたが、それでは、今回のテロ事件に加担していたあの政治家(香川照之)はいったいどうなったのか…捕まったのか、しらばっくれて逃げたのか、今回もけっこう投げっぱなしである。また、命がけで尾形が問うた“政治家って、これだけ問題があるんだぜ”って事柄に対して…一般市民やマスコミがどういう反応を示したのかという事も、結局、語られず終いであり…問題提起だけで終わってしまったなと思わざるを得なかった。ハリウッドのアクション映画とは違うんだと、あれだけ大見得をきったのであれば、そういう方向で、ちゃんと納得できる結末を用意してほしかった。

やっぱ、毎週いいところで終わって、続きが気になるよ~って見ていたTVシリーズの方が面白かったよねというのが正直な気持ち。映画二部作で、きれいさっぱり落し前をつけるって結果には全然なっていなかった。ただまぁ、主人公チームと、新人チーム(テロリストの仲間)とのSP同士の対決シーンなんかはわりと良かったかな?真木よう子って、やっぱちゃんと動けるよね、アクションが様になってる。今、テレビで放送している「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」のSIT(後にSAT)役、黒木メイサのリアリティのないアクションに比べると、本当に強そうにみえるもんね。逆に後半の議事堂内での銃撃シーンを無駄なスローモーションにしたのは、かなり興ざめだったけど。


監督:波多野貴文
出演:岡田准一 堤真一 真木よう子 香川照之 松尾諭 神尾佑 野間口徹 堀部圭亮 螢雪次朗 山本圭


【DVDソフトの購入】
DVD SP 革命篇
勝手に映画紹介!?-SP THE MOTION PICTURE 革命篇

 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月26日

ジョーイ・ナードン 不屈の一撃(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-The Nail


WOWOWで8月のはじめにエアチェックしておいた「ジョーイ・ナードン 不屈の一撃(原題:The Nail) 」を鑑賞、過失致死で服役していた元ボクサーが、久しぶりに娑婆に出来て、昔の友人や、住み始めたアパートのご近所さんと親交を深めていくという感動系ドラマ。日本では劇場未公開で、DVDにもなっていない…WOWOW放送が初お披露目だった模様。今現在の情報ではリピート放送の予定なし…本国アメリカでは、DVDのみ発売されているので英語が堪能で、リージョン1鑑賞環境にある方は米Amazonで直接ご購入を!

かつて“クギ打ちジョーイ”と呼ばれたヘビー級ボクサーのジョーイ・ナードンは、絶頂期に傷害致死事件を起こし、少女の命を奪ってしまった。服役から8年、出所してきたジョーイはかつての輝きは失せ、いまだに亡き少女への贖罪がぬぐいきれないでいる。友人のマスの計らいでアパートで暮らし始めたジョーイは、昔世話になったボクシングジムを訪ね、雑用の仕事をさせてくれるように懇願…少しばかりの充足感と安心感を得る。そんなある日、同じアパートに住むヘスースという少年と出会うのだが、彼はイジメや父親からの暴力に悩んでおり…。

近所のいじめられっ子と出会い、友情を深め…護身術としてボクシングを教えると、出だしこそ「ベストキッド」かよと思わせておいて、実はもっとディープなお話。主人公は過去の事件を忘れることができず、極力、拳・暴力も封印しようと必死になっている。一方、主人公と親交を深める少年の方も、イジメにDVととにかく悲惨。そんな状態なんで、最初は主人公にもなかなかなつかなくて、反発していた。教わったボクシング技術で、いじめっ子を撃退するシーンなど、ほらほらお決まりの青春もののパターンだぜなんて思って爽快な気分になったんだけど…。

元囚人の巨漢なんで、どんな悪人なんだよとか思ってたんだけど…事件は仕方なしに起きてしまった、過失。本人はかなり真面目な人間なのね…。本当にボクサーだったのかよと思いたくなる…愛くるしい、滑稽な姿だ。目なんて純真そのもので…綺麗な瞳してるのよ。日本だったらグルメレポートを得意とするデブタレントになれるんじゃないかみたいな容姿なんだもん。だからこそ、予想外にディープな話でも、主人公に感情移入して見やすくもあり、それでいて最後の展開の衝撃さも増すかな?元ボクサーの殺気を見せる瞬間の演技も見もの!

ジョーイが寂しさを紛らわそうと、強引に誘ってきた娼婦をお持ち帰りするんだけど、結局“たたなかった”からって、娼婦は「ハイ、終わり」って、たった数十秒で奉仕を切り上げ帰っちゃう。えっ、プロ(っていうのかどうかわからんけど)だったら、頑張って、男をたたせなくてどうするよ。あの娼婦の女、あくでぇ~。本当はHよりも、人との会話を望んでいたジョーイが途方にくれて、「話したかっただけなのに…」ってつぶやくところなんぞ、かなりしんみりと切ない気持にさせられたなぁ。最後の衝撃や感動シーンよりも、オイラ的には一番印象に残ったぜ!


監督:ジェームズ・クアトロッチ
出演:トニー・ルーク・Jr ポール・オランティア ウィリアム・フォーサイス レオ・ロッシ トニー・ダンザ


【DVDソフトの購入】
DVD The Nail
勝手に映画紹介!?-The Nail

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月25日

SHERLOCK シャーロック 第3回「大いなるゲーム」(2010年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-Sherlock: Season One

NHKのBSプレミアムで昨晩エアチェックしておいた「Sherlock シャーロック 」の 第3回放送「大いなるゲーム」を鑑賞した。たぶん、続きがあるのか、これから製作されるのだとは思われるが、とりあえずNHKの放送は今回が最終回。ついに、宿敵のあの人が画面に登場するんだけど…。今回も放送終了まで地震速報、その他速報はなし。本当はDRモードで録画して、1エピソードに1枚のディスクを使おうと思ってたんだけど…初回放送日に地震が発生してしまい、速報入りまくりだったので、その回を画質を落としてHXモードで、残りの2エピソードをHGモードで録画したら、ぴったりと25GBのBD-R1枚におさまった、ディスクの節約にはなったな。

事件が起きず退屈していたホームズだったが、近くでガス爆発が起き、ホームズの部屋も被害を被る。外出先でそのニュースを知ったワトソンは、あわてて帰宅するのだが、ホームズは無事。さらに、政府の仕事に携わるホームズの兄マイクロフトが、国家機密のデータが入ったUSBメモリーの紛失事件の謎を解いてほしいと、ホームズの元を訪れていた。しかしホームズは兄の依頼を受けようとはしない。そんな時にレストレード警部から連絡が!なんと爆発現場からホームズに宛てた手紙が発見されたというのだ。中からは携帯電話が出てきて、犯人からの爆破予告が届く。事件の謎を解かないと人質が爆死する…ホームズとワトソンは犯人の挑戦に挑むのだが…。

制限時間以内に犯人から出されたお題を解かないと(別の未解決事件の解決)、爆弾を括りつけられ人質になっている一般市民が犠牲になってしまう…もしかしたら、そのお題になっている個々の事件は、何か原作からアイデアを拝借しているのかもしれないけど、爆弾魔との対決ってアイデアはオリジナルなんじゃないですかね?ホームズマニアじゃないので、その辺の経緯はよくわからないんだけど…なんとなく全体のお話は「ダイハード3」みたいだった。さらに、前回までの流れで、なんとなくスパイ映画みたいだなぁなんて感想を持っていたんだけど、国家機密の漏えい問題なんていう話も関わって来て、さらにそれっぽくなってきた。

つーか、ある未解決事件の中で出てくる、ゴウレムなる殺し屋の存在…007に出てきたジョーズみたいだったね。ごめんよ、オイラはシャーロキアンじゃなくて、ボンドフリークなもんで…どうしても話を007に持って行きたくなっちまうんですよ(笑)冒頭、とち狂ったホームズが部屋で銃を乱射してるかと思ったら、いきなり部屋がドッカーンと爆発。ホームズの住まいが爆発したわけではなかったんだけど、何が起きたという、作品の導入部はなかなかのもんです。タイムリミットつきで、いくつもの事件を解決しなきゃいけないというのもテンポ良く、スリリング。国家機密の奪還というスパイ映画まがいの枝道も、最後にはピタリと本筋にはまるところも良かった。

ようやく、宿敵であるモリアーティが正体を現す。正体を隠して、途中でホームズたちに接触してくるんだけれども、あっ、ぜったいコイツだぜってわかっちゃうのは、ちょっと勿体ないか?今まで隠してきたんだから、もう少し意外性のあるキャラがモリアーティだったらなお面白かったのにね。最後は海外TVシリーズらしく、続編を意識したかなり中途半端なところで終了。こんなところで終わりにするなよ度100%です(笑)生粋のホームズマニアが気に入るかどうかは別だけど、エンターテイメントという点で見ると、オイラみたいないちげん客には、この三話目がいちばん単純に楽しめる作品になっていたかな?


監督:ポール・マクギガン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ マーティン・フリーマン ルパート・グレイヴス ウーナ・スタッブズ


【字幕なしの輸入番ソフトですが】
Blu-ray Sherlock: Season One[Import]
勝手に映画紹介!?-Sherlock: Season One [Blu-ray]

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月24日

SHERLOCK シャーロック 第2回「死を呼ぶ暗号」(2010年)

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-Sherlock: Season One

NHKのBSプレミアムで昨晩エアチェックしておいた「Sherlock シャーロック 」の 第2回放送「死を呼ぶ暗号」を鑑賞した。第1回目の放送では、地震速報が入りまくってしまい、テンションがやや下がってしまいましたが…昨日は、オンエア中に地震はなく、他の気象情報やニュース速報も入らなかったのでホッと一安心ですね。本作は密室殺人からはじまり、メインは暗号解読を扱った内容…鑑賞後にホームズファンの方のサイトを色々とググってみたら、どうやら“踊る人形”という短編を今回はモチーフにしているそうです。まぁ、オイラはいつもの通り原作は未読なんで、どんなアレンジが加えられているのかはよくわかりませんが…。

ホームズの元に大学時代の同級生から仕事の依頼が舞い込み、早速ワトソンを伴い現場に出向く。夜間の銀行に何者かが侵入し、壁に意味不明な黄色いペイントを残して行ったというのだが、さらにセキュリティも万全な高層ビルで、侵入経路も不明だという。ホームズは調査の結果から、銀行の社員であるヴァン・クーンにあてたメッセージではないかと推理し、仕事を休んでいた彼の自宅を訪問するのだが、ヴァン・クーンは死体となって発見された…。警察は自殺を主張するが、ホームズは他殺説を譲らず。間もなくして同じようにメッセージを見たと思われるジャーナリストが死亡し…。

1回目よりもさらにサイコっぽさが増し、アクション要素も増えた。最初のとっかかりは、自殺だと言い張る警察組織に対し、他殺を主張するホームズと前回と変わり映えしない出だしであったが、名推理と証拠でポンポーンと他殺説を立証してみせる。ただし、密室トリックの謎は、普通の人間ができない芸当で、犯人が侵入してきたという…いかにも古典なオチである。でもまぁ、実はそこから先がけっこう大事…犯人像を逆手に取ったのか、ホームズ&ワトソンと、中国の犯罪組織との前面対決へとなだれ込んでいく。なんていったって、敵の殺し屋、ジェット・リーみたいに超すばしっこい。二人とも後手後手で、ピンチの連続!

ガイ・リッチー&ロバート・ダウニーJrの“シャーロック・ホームズ”のように、今回のホームズはマッチョじゃないので、けっこう弱い。謎解きに夢中になるあまり、敵の奇襲にあって失神寸前に追い込まれたり、はたまた同じようなパターンでやられそうになっていると、ワトソンが連れてきたガールフレンドに助けられたりとマジで情けない。最後なんかも、颯爽と敵地に乗り込んできたのに…またやられてるし(笑)頭いいんだったら、どうやったら少ない腕力で、敵を倒せるかというところまで考えてから乗り込んでこいよと思わずツッコミいれたくなる。弱いんだったら、意地張らないで、もうちょっと警察と上手に連係プレーしろよと。

宿敵であるMさんはまだ顔をちゃんと見せませんね…このシリーズの中で、Mさんは、007のスペクター、ブロフェルドみたいなポジションなんでしょうか?色々な犯罪者を束ねて、何やら良からぬ事を考えていると。今回は登場しなかったけど、第一話で出てきた…ホームズの動向を探るあの怪しい人物(1回目のラストで正体はわかってる)なんかも関わって、スパイ映画みたいになってきたら、今後の展開が面白くなりそうだ。そういえば、レストレード警部は“多忙”を理由にお休みで、他の警部がホームズに嫌みを言われながら捜査に協力していた。今夜放送の第3回ではレストレード警部は復活するのだろうか?


監督:ユーロ・リン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ マーティン・フリーマン ウーナ・スタッブズ


【字幕なしの輸入番ソフトですが】
Blu-ray Sherlock: Season One[Import]
勝手に映画紹介!?-Sherlock: Season One [Blu-ray]

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011年08月24日

日輪の遺産(2011年)

テーマ:11年08月の劇場鑑賞映画
勝手に映画紹介!?-日輪の遺産


【鑑賞日:2011年8月23日】

近所のシネコンは夏休み映画ばであまり見たいものがなく、唯一、見に行こうと思っていた「シャンハイ」はネット試写会で見ちゃったから、今月は一度も映画館へ足を運ばないかもしれないなぁ~と思っていたんだけれども、運よく、シネコンで実施の「日輪の遺産」試写会に当選したので行ってきた。これも27日から公開だけど、はっきり言って劇場で見ようとは思っていなかったんだよね…だって、ユースケ・サンタマリアの映画だよ?あっ、でも主人公は堺雅人だったのね…予告を見た時に、ユースケの名前と顔が頭にこびりついちゃって、てっきりユースケが主役の映画なのかと勘違いしてたよ、オイラ。

2011年3月、資産家の金原庄造が息を引き取った…妻の久枝は、孫娘をはじめとする家族を前に、今まで隠してきた終戦間近のある事実を語り始める…。1945年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐は陸軍大臣ら軍トップに呼び出され、密命を帯びる。それは山下将軍が奪取した900億円もするマッカーサーの財宝を秘密裏に陸軍工場へ移送し秘匿せよという内容だった。大臣たちは日本の敗戦を確信し、その財宝で祖国を復興させようと考えていたのだ。真柴は大蔵省出身の小泉中尉、元歩兵連隊の望月曹長と共に任務に当たる。そして、勤労動員として女学校の生徒20名が召集されたのだが、その中の一人に久枝もいたのだ…。

原作は未読…八千草薫扮する、女学生の生き残りと、ミッキー・カーチス扮する日系人のアメリカ軍人の二人の回想が絡み合って物語が進行していくんだけれども…マッカーサーから奪った財宝を日本復興のために秘匿するとか、めちゃくちゃ胡散臭いお話。まぁエンターテイメントとしては、こういうハッタリは歓迎。中村獅童扮する曹長が、密命を嗅ぎつけた他の日本軍人と、司令部の中で大立ち回りを繰り広げるあたりは、けっこう良かった。馬賊(曹長が過去に戦った相手)はみんなコイツを使ってるとか、銃の講釈をたれながら嬉しそうに、ショルダーストック付きのモーゼルを手入れしてた獅童が、その銃を威嚇で発砲するんだよ。

原作を読んでいなくても、回想形式をとっていることで、女学生たちがどうなるかというのは、ある程度予想ができてしまう。“プライベート・ライアン”みたいに、お話自体は嘘八百のフィクションなんで、お涙ちょうだい狙いすぎだろうみたいな部分の方がちょっと大きいか?日テレの年末時代劇で見た、白虎隊を思わずダブらせてしまった(笑)ただ、戦争としての戦闘描写を一切描かずに、戦争の悲惨さを訴えるというのが本作の見どころでもあり、あの時代の日本なら、こういう事もありえたという説得力も少しは感じられる。年端もいかない少女たちもお国のため、平和のために、玉砕覚悟という信念を抱いていたんだなぁと…。

この手の戦争ものの語り方として、生き延びた人が現代を振り返るという回想形式は常套手段なわけだけど…過去のシーンだけで、ドラマを構成してもよかったような気がしないでもないが…こういうもたつき、野暮ったさも浅田次郎作品らしさか?残された三人の男、大人たちのそれぞれ“戦争”への落し前の付け方というのも大事なんだけど…いったん現代に話が戻ってから、こんな話もあった、あんな話もあたっと、とってつけたように語られるので、ちょっと興ざめする。バラバラのピースが、がっちりとハマるミステリー的な仕掛けはあることはあるんだけどね。オイラ的には、財宝隠しました、その陰には不幸もありましただけで終わっても良かったと思う。

泣きを期待して行く人は、これまた浅田次郎っぽい、最後のファンタジーな見せ場がどストライクみたいで…オイラの周りではおばちゃんたちのすすり泣きがサラウンドしてましたね~。でも孫娘やその婚約者にまでアレが見えちゃうのは、やっぱやりすぎだろう…。現代のシーンいらねぇ、回想形式反対とか言ってますけど…そのおかげで麻生久美子が見られたので、一概には否定できないのがつらいとこだ。中村獅童がジジイになると悪役商会(八名信夫)になるというのも笑いどころで、キャスティングうますぎ!つーか、じいちゃんとばあちゃんの馴れ初め、今の時代だったら、ロリコン犯罪にしか見えないだろ!ついこういう見方をしちゃう、自分が情けない…。


監督:佐々部清
出演:堺雅人 中村獅童 福士誠治 ユースケ・サンタマリア 八千草薫 麻生久美子 ミッキー・カーチス


【原作小説はこちら…】
日輪の遺産 (講談社文庫)
勝手に映画紹介!?-日輪の遺産 (講談社文庫)


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。