↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索






ようやくきた!
















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年10月31日

パラサイト・バイティング 食人草(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-パラサイト・バイティング 食人草

WOWOWでエアチェックしておいた「パラサイト・バイティング 食人草 」を鑑賞…まぁ、タイトルから日本では劇場未公開だろうなぁっていうのは想像できたんだけど、映画が始まったらドリームワークス&スパイグラス・エンターテインメント製作で、ベン・スティラーが製作総指揮を務めているとかわかって、それなりの大作映画であることが判明したのでびっくりだ。タイトルでネタバレしちゃってるけど…人に襲いかかる植物が出てくるホラー作品です。

メキシコ観光を楽しんでいたアメリカ人、ジェフ、エイミー、ステイシー、エリックの4人は…行方不明になった弟を探しに、マヤ文明の遺跡へ向かうというドイツ人マティアスと出会い、一緒に向かう事になった。人里離れた密林を抜け、大きなピラミッドにたどり着いたのだが、その直後…現地の人間らしい人々に取り囲まれ、同行者の一人がいきなり発砲され、殺されてしまった!退路を断たれ、パニックに陥った一行は、とりあえずピラミッドの頂上に向かって逃げ出すのだが、なぜか敵は追ってこようとはしなかった…。

もうちょっとアクティブな内容かなと思ってたんですよ…それこそ地元民(WOWOWの説明によるとマヤ人の末裔)ともっと派手な追いかけっこや殺し合いを繰り返すような展開なのかなって思ってた。最初の一撃こそ、かなり突発的で、ビビらされたけど…主人公たちが逃げると、不必要に深追いはせず、飼い殺し状態で、ジワジワと精神的に追い詰めるにとどまる。どちらかというと、外敵を隔離しているような感じなのね。なんでだろうなぁ、って不思議に思っていると、真の敵は彼らではなく…別にいたのねんって事です。

本編では“食人草”なんては呼称されてなかったけど…主人公が原住民にビビってるうちに、こいつらの魔の手が、ジワジワと迫っていた。ほんと、ジワジワなんで…“食人草”が正体を現すまでのタメはちょっとダレ気味に感じるか?まさかのトラップとか仕掛けてくるんだけど…実は同じようなネタを別の作品(アニメか漫画かもしれん)で見た記憶があるので、“食人草”って分部でちょっと展開がよめてしまったかな。後半はホラーの鉄則…極限状態に追い込まれちゃって、グループの結束が崩壊し始めちゃって、色々なドラマが描かれていく。

直接説明があったわけじゃないんだけど、やっぱり原住民は“食人草”の進攻を食い止めるのが最優先ってことで、ああいう凶行に及んでいたって事なんでしょうね。それこそ昔の東宝特撮のような、地味でシンプルな展開が、意外と恐怖に繋がる感じかな?そう、「マタンゴ」みたいな作品が好きな人なら、けっこう楽しめるのではないだろうか?“食人草”の蔦が、人間を侵食していく姿はなかなか不気味であり、主人公たちが生き残るために、究極の選択を迫られるんだけど…残酷でエグイシーンが淡々と描かれていた。オチも含め、説明不足や物足りなさも感じるが、それもホラーならではの味わいだと納得すれば許容範囲では?


監督:カーター・スミス
出演:ジョナサン・タッカー ジェナ・マローン ローラ・ラムジー ショーン・アシュモア ジョー・アンダーソン


【DVDソフトの購入】
DVD パラサイト・バイティング 食人草 スペシャル・エディション
勝手に映画紹介!?-パラサイト・バイティング 食人草







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月31日

ROCKER 40歳のロック☆デビュー(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ROCKER 40歳のロック☆デビュー

WOWOWでエアチェックしておいた「ROCKER 40歳のロック☆デビュー 」を鑑賞…過去に人気ロックバンドをクビになったボンクラ中年男が、甥っ子の参加する高校生バンドのドラマーとして再ブレイクしていくという、古き良きロック魂と、ジェネレーションギャップが融合した痛快なロックコメディ。「スクール・オブ・ロック」系の作品が好きな人なら、無難に楽しめる仕上がりでしょう。高校生バンドがとんとん拍子でスターになっていく姿なんかは「プッシー・キャッツ」あたりにも似ているかな?劇中バンドの演奏する楽曲もなかなかかっこいいし。

人気ロックバンド“ヴェスヴィオス”は、メジャーデビューが決まったのだが、条件としてドラマーのフィッツをクビにして新メンバーを加えるというものだった。もちろんメンバーは友情よりも、メジャーデビューを選択するのだが…。それから20年、“ヴェスヴィオス”は現在も不動の地位を築く人気バンドになっていたが、フィッツは務めていた職場でトラブルを起こし無職になっていた。恋人にも家を追い出され、姉夫婦の家に居候することになるのだが、ある日、甥っ子のマットが自分のバンドの助っ人としてドラムを叩いてほしいと依頼をする…。

音楽とは縁を切り、フツーに生きてきたんだけど、昔の仲間が第一線で活躍するのを恨めしい気持ちで見つめ続け…そういう女々しい気持ちが、私生活にも影響してしまう。そんなボンクラオヤジで、ブランクもあったんだけど、ドラマーとしての腕は衰えていなかった。ちょっとばかりKYなところがあり、暴走をしてしまうんだけど(だからバンドをクビにもなったんだろうけど)…まぁ、それも個性だと、寛容な甥っ子たちに認められ、正式メンバーに加わることに。バンドメンバーの身うち(フィッツの姪っ子で、マットの妹)が、スっ裸で一心不乱にドラムを叩くフィッツの姿を見て、バカなことやってるなぁと、こっそりと映像をYouTubeにあげたことから、一気に人気に火がつくというのは、いかにも今風の展開。

とことん馬鹿になることで、年齢の溝を埋めていこうという姿がなかなか感動的…40のダメオヤジなんだけど、高校生に混じると、自然と大学生のにーちゃんくらいに見えてくるから不思議だよね。いや、途中からどっちが保護者かわからなくなってくるというのが正直なところか?年齢とともに成長するわけではなく、人間、変わらなくても…自分の好きなものを追い求めていたら、いつかはチャンスが巡ってくるかもしれない。苦汁をなめさせられて、一度挫折している、人生の負け組だったっていうのがいいんだよね…共感しやすい。映画を見ている最中「夢をあきらめるな!」…って、どこかのTV局映画みたいなくさい言葉が頭に浮かんだが、この映画にこそふさわしいキャッチコピーだと思うぞ!


監督:ピーター・カッタネオ
出演:レイン・ウィルソン クリスティナ・アップルゲイト テディ・ガイガー ジョシュ・ギャッド エマ・ストーン


【DVDソフトの購入】
ROCKER 40歳のロック☆デビュー(特別編)
勝手に映画紹介!?-ROCKER 40歳のロック☆デビュー







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月30日

ゴーストたちの恋愛指南!(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト

WOWOWでエアチェックしておいた「ゴーストたちの恋愛指南!(ソフトタイトル:ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト) 」を鑑賞…女好きのカメラマンが、幽霊にアドバイスを受けながら、真実の愛を取り戻していくといった感じのコメディ作品。主人公のたらしのカメラマンをマシュー・マコノヒー、幼馴染の元カノをジェニファー・ガーナーが演じ、主人公に女の口説き方を伝授した叔父さんが幽霊になって出てくるんだけど、なんとこんな役をマイケル・ダグラスが演じているからびっくり。途中で、その叔父さんの生前の写真がチラっと画面に写って、あれ、マイケル・ダグラスに似てるなぁって思ったら、やっぱ本人だった…出演者のクレジットをちゃんと見てなかったから気づかなかったよ。

人気カメラマンのコナー・ミードは、独身貴族を貫いており、女にだらしがないことでも有名。電話一本で複数の相手を同時にふるなんて芸当を平気でやってのける性格の持ち主。ある日、唯一の肉親である弟ポールの結婚式に出席するため帰省…そこで、コナーの初恋の相手であり、一時期は恋人関係にもあった幼馴染のジェニーとも再会を果たすのだが、新郎新婦に対し無神経な言葉ばかり投げかけ、場の雰囲気を悪くしてしまう。そんなコナーの前に、親代わりでもあり、女性の口説き方を教えた叔父ウェインの幽霊が現れ、破天荒な人生を歩んだ自分のようになるなと諭す。さらにコナーの前に3人のゴーストが現れ、忘れているものを思い出させてくれると告げて去って行ったのだが…。

一生に一回くらいは、この映画のマコノヒーくらい、派手に女遊びをしてみたいと、男なら思ってしまうところだが、正直、あそこまで凄いと身が持たなそうだな(笑)新婦の母親(旦那と離婚してる)にまで、「セックスしない?」って口説いてたもん、凄いよ。なんで、この主人公がここまで女好きになってしまったのかというのを思い出すために、自分に関係のある3人の女の幽霊に連れられ、過去を見せられたり、未来を見せられたり、はたまた自分がいないところで、他人がどんな風に自分を評価しているのかというのを見せられたりするわけですが…最終的には何かに気づき、悟り、改心するという流れ。

真面目な人間が急にお笑い芸人を目指すっていうのと同じ感じで、主人公だって子供の頃から、女に手が早かったわけではない。逆に言うとかなり奥手な方で、その性格が災いして…痛い失恋を味わってしまったんだけど、そこでお子ちゃまだった主人公は、叔父さんに、みじめな思いをしない恋愛テクニックを教えてほしいと頼み込むわけだ。そしたら、マイケル・ダグラス扮する叔父さんは、中学生をバーに連れてって、目の前で金髪美女を本当にGETしてくる(笑)それがまた、かっこいいんだなぁ…肉を斬らせて骨を断て的な、見事な頭脳プレー。

ただ、やっぱりそれは映画の中のキャラだから成功するわけで、こんなくさい手をオイラがキャバクラや合コンで実践しても成功する確率は、限りなくゼロに等しいだろうけど…。幽霊たちのおかげで大事な事に気づいた主人公だけど、今までの行いの悪さが災いして、大きなトラブルが勃発。それをなんとか解決しようというドタバタな展開が作品の山場となっていく。ディケンズの「クリスマス・キャロル」の焼き直し的な作品だそうで…展開は超がつくほどのベタさなんだけど、まぁ、それなりに楽しめる映画にはなっているか?大人目線で言わせてもらうと…女たらしの映画なんだから、もう少しお色気描写が過激でもよかったかなと…そういう不満は無きにしも非ず。


監督:マーク・ウォーターズ
出演:マシュー・マコノヒー ジェニファー・ガーナー マイケル・ダグラス ブレッキン・メイヤー アン・アーチャー


【DVDソフトの購入】
DVD ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
勝手に映画紹介!?-ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月29日

理想の彼氏(2009年)

テーマ:洋画
勝手に映画紹介!?-理想の彼氏

WOWOWでエアチェックしておいた「理想の彼氏 」を鑑賞…40代のシングルマザーが、年下の若いあんちゃんと人生をやり直すという…ラブストーリー。まぁ、相手がキャサリン・ゼタ=ジョーンズだったら、年増だろうが、バツイチだろうが、子持ちだだろうが、男はお願いしたくなるだろうなぁと(笑)映画の狙いとしては、主人公と同年代、同じような境遇の女性が…自分にも幸せが訪れるかもしれないわ!という願望を抱えながら、前向きな気持ちになりたい時に見るような作品だとは思うんだけど…。

家族に囲まれ、幸せに暮らしていた主婦のサンディ…ある時、夫が浮気をしているのを知ってしまい、離婚を決意!二人の子供を引き連れ、ニューヨークに移り済む事になり、そこでスポーツ専門のTV局への就職も決まった。やがて新居のアパートの1階にあるカフェで働く、青年アラムと出会い、彼の人柄を気に入り、子供の世話を頼む事にしたのだが…付き合いを重ねるうちに、だんだんとアラムの事が気になってしまい…。

ま、無難な内容のストーリー…出会って、くっついて、離れて…最後にはどうなるでしょうかという展開。ただ、若くて、やさしくて、イケメンというだけで、結婚なんてしちゃっていいのだろうか?という、現実問題もそれなりに考えてあるあたりは、男のオイラでも興味深く見れた部分。なんせ相手の男、大学を出たはいいけど…カフェで働くフリーター身分であり、親元で暮らすパラサイトなのも事実。ついでに、子守をお願いしている主従の関係。絶対に、こんなのでは結婚生活なんか維持できないだろうと…一度失敗しているバツイチママさんは急に興ざめしちまうのよ。ひとまわり以上の年齢差…今はいいけど、10年後、20年後はどうなんだろうと、みじめな自分の姿しか思い描けない。

年齢と学歴、そして容姿は違えど、フリーターに、パラサイトという現在のオイラとソックリな身分のアラムくんを見ていると…妙な危機感を覚えてしまった。ベッドルームでノホホ~んとハリー・ポッターを読んでる姿を見て、キャサリンママが「こいつ大丈夫か?」って思っちゃうわけだけど…そういうシーンを見ちゃうと、いまだにラノベとか読んでるオイラも、ヤバイとかおもちゃったわけでして(笑)「ハリー・ポッターを読んでるから別れるのか?」と必死になって切り出された別れ話に食い下がるアラムに、そういう事言っちゃうからガキ扱いされちゃうんだよ…と、彼女もいないくせに画面の前でわかったようにつぶやくオイラ。きっと同じような状況に陥ったら、オイラも女々しく「別れないでくれ~」って懇願してるんだろうなぁ、たぶん(笑)

愛の力で、こういうピンチをどうのりこえていくのか?っていうのがクライマックスの見せ場になるのかと思ったら…急に展開が急ぎ足に。とりあえず、二人は別れたらしいんだけど、釣り合う男になって戻ってきましたと…あっという間に10年後になって終わってしまう。その間に何があったのか、そして今度こそ結婚というゴールにたどりつくのか?って分部がもっと詳しく見たいところなんだけど…おしゃれなBGMに合わせて、サクサクと話が進んでしまうから、10年という長い歳月の重みがまったく伝わってこない。あっけないというか、物足りないというか…やっぱり、信じてれば若い王子様が現れるという、甘い願望で終わっちゃったなぁと。こんなんだったら、最初の段階で若い男と結婚して、めでたしめでたしで終わって良かったんじゃないか?


監督:バート・フレインドリッチ
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ ジャスティン・バーサ リン・ホイットフィールド ケリー・グールド 


【DVDソフトの購入】
DVD 理想の彼氏 特別版
勝手に映画紹介!?-理想の彼氏







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月29日

ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション 


2010年10月27日発売の新作ソフト「ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション 」を購入…最近はどのメーカーも定番化しつつあるブルーレイとDVDセットで本作も登場。もちろん、オイラはブルーレイで鑑賞です。おとといの書き込みでも書いたけど、このソフトを買った…バカ楽天ブックスが、他人の分の同じソフトを送りつけてきたりするトラブルもあって、宅急便に持ち込んで品物送り返したり、余計な労力を使ったのに詫びの一つも言ってこなくてむかついたんだけど、今ごろになって発送連絡のメールに決済金額の誤表記がありましたなんて、また別のトラブルを謝罪するメールが届いて(言われるまで気づかなかった)、こいつら真面目に客商売する気があるんだろうかと思った。ああ、映画には関係ない愚痴なんで、スルーっしてもらって構わないですよ(笑)

チェチェン民族主義の過激派が、ロシア首相の息子と娘を拉致、チェルノブイリ原子力発電所を占拠して、パサラン解放を訴える。さらに一連の出来事には、兵士再生計画で誕生したスーパーソルジャーNGUが関わっており、一般の兵士では全く歯が立たない状況に追い込まれていた。協力を要請された米国は、初期の再生計画で誕生したユニバーサルソルジャーを作戦に投入するのだが、NGUに返り討ちにされてしまい全滅。最後の望みは、ユニソル最強の戦士リュックだけであったが…人間性に目覚めたリュックは、凶暴性を抑えるためのリハビリ中であった…。一方、過激派に協力する科学者はリュックの旧敵であるユニソルのスコットを蘇生させようとしていた…。

話題作「エクスペンダブルズ」のオファーを蹴ったヴァン・ダムが、こんなところでラングレンと再共演していた。オープニングのテロップでは、“ドルフ・ラングレン”、“ジャン=クロード・ヴァン・ダム”という名前がバン、バンと出てきて、大いに期待させられたのだが、正直、「二人とも出番すくなぁ!」というのが、大方…シリーズを追いかけているアクションファンの感想だろう。ヴァン・ダムがチラチラと出てくるけど、ラングレンの方はなかなか出てこない…本当に二人の対決シーンはあるのだろうか?いや、対決どころか…共演シーンすらあるのか、最初の頃はかなり不安な気持ちにさせられる。でもご安心を…ちゃんと後半で、みんなが見たかったものは拝めますから。

まぁ、そこにいくまではすべて前座です…これはね、物語性を楽しむのではなく…ラングレンVSヴァン・ダムを楽しむ怪獣映画か、はたまたプロレスくらいに考えていると、けっこう許容範囲かもしれないよ。一部の作品を覗いて、ゴジラやガメラだって、最初から出てこないだろ?あれと同じだよ。だから出番は少ないけど、二人が同じ画面に収まった瞬間には、「エクスペンダブルズ」のスタローンとシュワちゃん、ブルース・ウィリスのスリーショットと同じくらいの感動がある。ぶっちゃけちゃうと、そこが最大の見せ場なんだけどね。考えても見ろよ、1作目から17、8年経ってるんだよ…いくらなんでも、さすがにまるまる全力投球ができるわけないだろ主役の二人が。だから、他の若手に途中までおまかせというアプローチは正攻法だと思うけどなぁ。

まぁ、そのくらいの気持ちで見てあげれば…新型のソルジャー“NGU”が大暴れする冒頭カーチェイス、旧型ユニソルや一般兵士を血祭りに上げていく分部なんかはそれなりの余興としてけっこう楽しめるぞ。特に、ただ“NGU”の強さを印象付けるために、血祭りになるザコの旧型ユニソルの一人が…動きの鈍くなったヴァン・ダムの代わりに、ちゃんと回し蹴りとかお見舞いしてただろ?しかもその回し蹴りを一発きめた後に、すかさずハンドガンを発砲するとか、なかなかのかっこいいアクションを披露している。対する“NGU”は腕に装着したナイフがシャキンっと飛び出して、それで相手に止めを刺すのが得意技。他にも、結局は噛ませ犬程度の役割だったけど…敵地に単独潜入する一般兵士のにーちゃんとかも、演じているのがプロの格闘家なのでアクションのキレは良かった。

描写なんかは、かなり無機質で、全編を通して終始、殺伐とした印象を与えるんだけれども…これは感情のないユニソルやNGUを意識した結果なのかなと、解釈できるわけで…そのおかげで「ブレードランナー」に出てきたレプリカントにも似た、哀愁が感じられたかなと。特にラングレンが、科学者の眼球を潰すところなんぞ…ルトガー・ハウアーそっくりのパクリ描写で笑う(笑)ラスト30分くらいが待ちに待ったメインイベントの開幕…正面突破で敵地に攻め込むヴァン・ダム…かなり頭が悪い(笑)1作目のユニソルの方が優秀だったよなぁ…きっとユニソルにも老いやボケがあるんだと納得しておこうや(爆)まぁ、これはリングに続く花道みたいなもんだろう…そうに違いない。テーマ曲の代わりに、これでもかというくらいマシンガンやハンドガンをフルオートで撃ちまくるヴァン・ダム…そんなに撃ったらスコットやNGUにたどりつくまでに弾がなくなるだろう…と思ったら案の定だ。

手ぶらになったヴァン・ダムが、いよいよラングレンと対峙、そしてヴァン・ダムが飛び蹴りをくらわして、二人の因縁のリベンジマッチがオッ始まる。ホラホラ、テンションあがってきただろ?正直、派手な銃撃戦とかを期待してたんだけど、実際はおっさん二人の取っ組み合いの喧嘩…まぁ、18年ぶりなんで、これでも良しとしますか。お互いに相手を床に叩きつけたり、壁に投げ飛ばしたり、調理場みたいな室内を破壊しながらヒートアップしていく…でもちょっと待って、二人のアクションシーンになったとたん、ヴァン・ダムは頭しか写ってなくて、顔が見えないんだけど…本人がアクションやってるか、ちょっと疑問?正面のアップなんかもインサートされてるので、らしく見えるけど、ちょっと怪しくないか?ラングレンはでかいからあまり誤魔化しきかなそうなんで、本人がけっこう動いてるのわかるんだけどねぇ…。勝負の行方を含めて、そのあたりはご自分の目でお確かめあれ。

はぁ~終わった…って感じだけど、そういえば、まだもう一匹敵はいるし、人質も助けなきゃいけないし、爆弾も解除せにゃならん。うん、映画はまだ終わりじゃなかったのねん…散々じらされたうえで、二人の対決を見ちゃったので、それだけで満足しちゃったから、残りの話は、けっこうどうでもよくなっちゃったかな?NGU絡みのアクションという、もうひと山残っているんだけど、前半の前座アクションや、ヴァン・ダムVSラングレンと比べちゃうと見劣りする内容で、けっこう蛇足感あり。作り手は、対戦カードの順番、組間違えちゃったんじゃないかなって感じだよ。ついでに、最終的なオチは、かなり続編を意識した作り…実際に既にパート4の企画が動いているそうで、再びヴァン・ダムとラングレンのデスマッチが拝めるらしい、しかも今度は噂によると3Dらしい(本当か?)。本作は長いブランクを経ての再共演だったから…オイラ的には超アマアマ評価だけど、次はもうちょっとストーリー面も凝ったものをお願いしたい。その前に、今度スタローンに誘われたら、オファー断るなよ、ヴァンダム!


監督:ジョン・ハイアムズ
出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム ドルフ・ラングレン アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー 


【Blu-ray&DVDソフトの購入】
ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション ブルーレイ&DVDコンボ
勝手に映画紹介!?-ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション 







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月28日

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 第6話「インファンティ」(2010年)

テーマ:アニメ(TV・OVA)/特撮

勝手に映画紹介!?-装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6

GEOで借りてきた2010年10月27日発売、レンタル開始の新作DVD「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6 」を鑑賞…マニア向けのおまけ映像みたいな出だしで始まった本OVAシリーズ、最初の頃はキリコが出てこないでどうなることやらと思ったけど、やっと出てきたと思ったら、あれよあれよという間に今巻で完結を迎えてしまった。2話収録×6本、合計12話だった「ペールゼン・ファイルズ」に比べると、なんとなく物足りないのはオイラだけではないだろう。

連れ去られた神の子を救出すべく、ゴモルの神殿の地下をさまようキリコとル・シャッコ…あと一歩のところまでやってきたのだが、ATでは奥に入れず徒歩で進む事に。さらにキリコ以外の人間も立ち入る事は拒否されてしまい、キリコは単身で目的地を目指す!一方、ギルガメス・バララントの両艦隊がにらみ合いを続ける中、マーティアルのモンテウェルズ法王が惑星ヌルゲラントに到着。惑星に降り立った法王は、ゴモルの塔の中に入り、神の子の養育と後見を任せて欲しいと申し出るのだが、そこへ神の子奪還を目論むキリコも到着し…。

最後にアレと対決すると…TVシリーズを踏襲したような作品にはなっていたような感じだね。それこそTVと同じ順番で登場した惑星を巡っていくとか、その傾向は最初からかなりあったんだけど。あと、「赫奕たる異端」からの引っ張り要素も強かったみたいなんだけど、実はオイラ、「赫奕たる異端」をちゃんと見てない(何年か前にBOOK OFFで中古で買ったLD-BOX持ってるんだけど最後まで見てないんだよね)ので、なんかわかりづらい内容になっちゃって、イマイチ盛り上がりに欠けたなぁ。

シリーズ開始当初は、完結編みたいな事も言われて、いよいよボトムズも次世代へバトンタッチなんだなぁって思っていたら…ニュージェネレーションと銘うって開始される3作品のボトムズ新作の中に、ちゃっかりキリコの出てくる、従来型の新作もあるんだよね。で、Amazonで予約開始されているソフトの紹介ページを見ると、今度こそ最終章。話は幻影篇の前になるらしいので、時系列的に見ると、今回が本当にキリコの最後ってことなのか?異能のキリコも、“神の子”という存在を得たことで、人並みの生活が送れるかもしれないという事なのかな?

前にも書いたような記憶があるんだけど…一応、TVシリーズは小学生の時に見ていて、最後まで見てはいるんだけど、どちらかというとガンダム派だったので、大人になってからはTVシリーズとかちゃんと見直していない(監督が書いたノベライズ小説は読んだ)。そんなオイラでも、前作の「ペールゼン・ファイルズ」は 比較的理解しやすい内容で、旧作へと繋がっていくストーリーだったのが良かったのかもしれないよね。AT(メカ)の活躍も多くて、そっちの満足度も高かったです。

次作「孤影再び」は、「幻影篇」以上に「赫奕たる異端」との関わりが大きくなりそうな作品なので…おいらもちゃんと見直しておかなきゃ、作品を楽しめないかもしれないなぁ。それこそ「赫奕たる異端」を見直せば、本作のラストなんかも印象が変わってくるのかもしれん…。ところで、先月の5巻には「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE」のプロモっぽい予告映像が長めに収録されていましたが、6巻にはもう一つの新作「ボトムズファインダー」の映像が収録されている。「Case;IRVINE」は、キャラが舞HiMEってたけど、ATはそれなりにボトムズぽく、許容できそうだったんだけど…「ボトムズファインダー」のAT、あれってどうみたって、キングゲイナーじゃねーか!(笑)眼が回転するとか、メカのギミックにそれらしい分部は窺えるけど、もはやボトムズじゃねぇよ、アレ。まさか、ボトムズの黒歴史?


監督:高橋良輔
出演:郷田ほづみ 千葉繁 川浪葉子 富田耕生 政宗一成 長沢美樹 大塚周夫 銀河万丈


【DVDソフトの購入】
DVD 装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6

勝手に映画紹介!?-装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月27日

いばらの王‐King of Thorn‐(2010年)

テーマ:アニメ映画

勝手に映画紹介!?-いばらの王 -King of Thorn-


2010年10月27日発売の新作Blu-ray「いばらの王 -King of Thorn- 」を購入、鑑賞した。珍しく、発売日前日にAmazonから届いていたんだけど、見るのが夜中になってしまった。で、朝起きたらさっそく感想でもアップすんべぇ~と思っていたら、例の楽天ブックスのごたごたで半日つぶしてしまった。気を取り直して、映画の感想…岩原裕二の同名コミックをサンライズの「スチームボーイ」を手掛けたスタジオで制作したハイクオリティな劇場アニメ。オイラは原作をブックオフの100円コーナーでちまちま集めてて途中まで読んでいたんだけど、結局、全巻そろわなくて頓挫したまま(実は1巻しか読んでいない)…なもんで、かなり改変されているという設定や物語展開とはあまり比較できませんのであしからず。

致死率100%、発症すると12時間以内に石化してしまい、死に至るメデューサ病が世界で蔓延しており、人類にはこれを防ぐ手立てはなかった。そんな時、大手化学メーカー・ヴィナスゲイトのコールドスリープ技術を利用し、選ばれた人間を冷凍睡眠させることで、未来に一縷の望みを託すことに。しかし、そのプロジェクトに参加できるのは世界でたった160名の資格者だけだった…。その中に15歳の少女、カスミ・イシキも含まれていたのだが、彼女は同じ病気を発症しながらも、資格者から漏れてしまった双子の姉・シズクと離れることに難色を示す。しかしシズクに説得され、施設で他の資格者たちと眠りにつくカスミだったが、次に目を覚ました時に状況は一変…施設内がイバラに覆われ、正体不明の怪物が跋扈しており、資格者たちを次々に襲ってきたのだ!

世界観などを説明するアバンタイトル、それに続きカスミたちがコールドスリープに入るまでの描写なんかもかなり時間を割いて丁寧に描いているので、あれ、こんなんで物語が完結できるのかなと、かなり心配になる。1時間40分くらいしかないのに、ずいぶんとゆったりしたテンポだなぁ~。それでも、群像劇っぽいスタイルも取り入れられていたという原作と違って、この劇場版ではヒロインであるカスミメインの話にしぼってあるそうなので、しっかりと綺麗にオチのつく展開にはなっていた。ただ、思った以上に複雑な話展開を見せる物語…ぶっちゃけ「インセプション」並みの多重構造であり、単に「エイリアン」的モンスターパニック、脱出アクションなのかと思っていたら大間違いで、まさかあんな展開になっていくとは…原作の展開はあそこまでメタっぽくないんでしょ?まぁ、そっち方向にいったから綺麗に落とせたんだと思うけどね。

ある人物が「いばら姫」の童話をこれみよがしに読んでいたり、生き残ったヒロインたちと一緒に脱出劇を繰り広げるガキんちょが、何故か怪物の正体や、退治方法を知っているなどといった伏線から、これは???ではないだろうかと、かなり早い段階で作品のテーマを読み解けたりする。カスミが気絶すると、ポーンと時間が飛んで、いきなり話が進んじゃっていたり、それこそ同じシーンのインサートが繰り返し行われたりと、怪しげな演出が随所に見え隠れしたりもするので、何か仕掛けがあるには違いないと思うわけだ。冒頭のNSAの会議で、ヴィナスゲイトによるテロ行為というのを示唆しており、メデューサを使って、金儲けでも企んでいるのかなぁと、漠然と想像していたわけなんだけど…そんな企みが隠されていたとは、その真実が明かされる中盤のどんでん返しにはかなり面喰った…あのオッサンがいきなりU●●とか言い出すし。今まで信じて見ていたものはなんだったのかと…そして最終的なオチ。

双子っていう設定が怪しいなぁと思っていたけど、ある意味それはミスディレクションのようなものか?ただ、驚きに満ちてはいたけど、わけがわからなくなるほどではなく、ソフトの封入特典で入っていたブックレットに、作品を読み解くキーワードとして、24個のネタバレ解説が載っていたが、初見の映像情報からでも、自分は9割程度は、ちゃんと読み解く事が出来ていたので、そんなに難しいっていうほどの作品でもないと思いますけどね。そう、その按排が上手なんだよね…ただのモンスターパニックものかと思ったという路線からもそんなに逸脱もしてなくて、派手なアクションとどのキャラが生き残るのかしらんというサバイバル感、そしてアニメならではの破壊の美学も十分楽しめる一方で、多重構造的な仕掛けも上手にハマる。原作が中途半端なオイラでも十分楽しめ、映画的なカタルシスを存分に味わえたと思いますし…さらなる伏線探しの追及として、繰り返し鑑賞にも充分耐えうる作りになっていて、かなりお薦めの作品ですね。


監督:片山一良
出演:花澤香菜 森川智之 仙台エリ 大原さやか 矢島晶子 乃村健次 三木眞一郎 磯部勉 川澄綾子 


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray いばらの王 -King of Thorn-
勝手に映画紹介!?-いばらの王 -King of Thorn-







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月27日

楽天ブックスに激怒!?ソフトの重複・誤配…なめとんのか?

テーマ:その他、雑文…

勝手に映画紹介!?-ユニソルのダブリ


いや~、今日は朝っぱらから、かなりムカついてます。いつもは、ソフトのネット予約は、配送が遅いとか、佐川のメール便じゃ嫌だとか文句をいいながらも、Amazonを利用しているんですけど、ポイントとかネット銀行の残高なんかに応じて楽天ブックス も利用している。で、本日発売のブルーレイソフト「ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション (このリンク先はAmazon」を楽天ブックスに注文しておいたんだけど…この楽天ブックスがやっちまったぜ!?

朝、起きたら…うちのオカンが「メール便きてたよ~」とポストから荷物を取ってきて、渡してくれたんだけど…渡されたオイラは「うん??」ってなってしまった。同じ梱包の荷物が二つ届いてるんだけど、アレ、今現在…楽天にはソフトは1本しか注文してないけどおかしいな?Amazonに予約してた他のソフトは昨日、届いてるから、それとも違うだろうし…。

で、怪訝に思いながら中身を開けたら、同じソフトが2本出てきた。ヤマト運輸のメール便だったんだけど、なんだよ他の人の荷物を配達したのかよと…あわてて、宛名を見たら、二つともオイラの名前と住所が書いてある。良かった、別にオイラが間違って配達された他人様の荷物を開封しちゃったわけではないらしい…でもおかしい。でもって、中の明細書を見たら…。

楽天銀行決済で支払ったはずなのに、一方の明細書にはクレジット決済って書いてあった!で、あわてて…オイラが重複注文しちゃったのか?と心配になり、ネットで購入履歴を調べたけど、別にそういうわけでもなかった。解せない…このままソフトをもらっちまってもいいのだろうか?ヤフオクに出しちゃおうかとか邪な考えが頭をちらついたんだけど、よーく明細書を見直したらあらら、こっちには他人様のお名前が書いてるじゃございませんか。


そうなんですよ、楽天ブックスが、同じものを注文した他人様の荷物を、オイラに送ってきちゃったのねん。で、仕方がないので、楽天ブックスに連絡をしようと考えたんだけど、購入した商品とかにも連絡先が明記されていない。で、実際のサイトにもどこに電話番号が書いてあるかわからず、問い合わせはメールで連絡しろと、お問い合わせフォームしか出てこない。何度かググってるうちに、楽天の代表番号のページが出てきたので、とりあえずそこに掛けてみる。


楽天代表番号:03-6387-1111


うーん、何度掛けても「ただいま混みあってます」という機械的なアナウンスが流れるだけで、一向に繋がる気配がない。掛ける度に、相手にはつながっているようなので、もしかして、これだけでも電話代取られてるのか?で、再びネットでググってたら、今度は楽天ブックスの電話番号がようやく見つかる。


楽天ブックス電話番号:050-5817-1098


やっと呼び出し音が鳴ったので、これで大丈夫かなと安堵したら、また例のごとく「ただいま混みあってます…」のアナウンス。正直、腹が立つ。自宅の固定電話で掛けてたんだけど、かったるくなったので、パソコンに触りながら、自分のケータイで掛けてたら、ようやく何度目かに相手に繋がる。

で、これまた相手の対応がなんだかやる気なさそうで…こちらの説明を理解してるんだか、してないんだかはっきりしない態度をとる。で、オイラは腹が立ったさ、「お宅のミスで誤配され、それで電話してあげてるのに、電話代もこっちもちですか?」と。そう、楽天はケチだからフリーダイヤルじゃないのね。で、慌てたように、今後の対応を調べてから折り返し電話をしますと担当者…。

っていうかさ、最初から「折り返し掛けます」っていうのが、企業として常識じゃないか?単なるクレーマーと一緒にするなよ。で、オイラの情報だけ聞いて、誰の商品が間違って配達されたのかも聞こうとしない。それもオイラが「相手の明細の情報を教えなくていいんですか?」と言ってから気づく始末。責任を持って、片方の相手には対応するって言ってたけど、本当にお詫びの連絡をするきがあるのか、不安に思えてくるよ…。


楽天ブックスに「ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション」のブルーレイを注文して、まだ届いていない小●田さんという方…ちゃんとお詫びの連絡がきましたか?届いてなかったら文句を言った方がいいですよ!ショップから届いてる配達状況を知らせる問い合わせ番号を調べると、投函済(しかもオイラの地区の営業所扱い)になっていて、今ごろびっくりしてるのではなかろうか?

責任を持って対応するといっていたけど、本当に対応しているのか、オイラには判断できません。品物の未着トラブル(特にメール便の紛失)など、けっこうないがしろにされてしまうという書き込みをネットで見かけますが、こういう発送元が原因によるミスもあるんですね。頻繁にネットでソフトを注文しているオイラとしては、明日は我が身でかなり怖い現実。これだったら、苦情を言うとすぐにクーポン券でごまかすAmazonの方が、まだマシですね。楽天、お詫びも何もなしかよ。せめて電話代相当の楽天ポイントくらいよこせよな!

これから近所のヤマト運輸に行って、着払いで出してきます。返品もさ、業者に手配して11月1日以降に引き取るなんて、悠長なこと言ってるんだよ…ちょっと待て、それまで、オイラは他人様の品物を保管してなきゃいけないのか?それってなんだか気分悪くねぇ?で、近所にヤマトの営業所があるので、自分で持ち込むから早く返品させろと、相手に納得させたってわけ。すぐに引き取りますってくらいの誠意を見せんか!

ああ、そうそう同じソフトが二本届いた証拠にデジカメでパチリとしておきました。返品したソフトが届かないとか、泥棒扱いされたりしたら嫌だから、着払いの伝票もちゃんと保管しておかなきゃいけないなぁ、ああ面倒くさい、客なのにネットショッピングでなんでここまでしなきゃならんのよ。腹が立ったので、楽天のレビュー欄にも長々と今回の顛末を記載しちまったよ…ってそれって悪質クレーマーの仲間入りか?(笑)










人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!












いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月26日

セブン SE7EN(1995年)

テーマ:洋画
勝手に映画紹介!?-Seven [Blu-ray Book]

アメリカのAmazonに注文しておいた「Seven [Blu-ray Book]」が先週末にようやく到着…日本未発売のメジャータイトルに、日本語字幕どころか、複数の日本語吹き替えまで入っているという事で、輸入盤マニアの方たちの間ではかなり評判になっていたソフト…。発売日後、ソフト仕様が確実になったら注文しようと思っているうちに、在庫切れになったり、価格が高くなったりして、一時、注文のタイミングを逃してしまったので入手が遅くなってしまった。そうこうしているうちに日本でも発売が決定しちゃいましたね…。でもまぁ、国内版発売まで、まだ約2カ月あるわけですし…少しでも早く見たい方は、円高に便乗して、米Amazonで購入するのも手かと。パッケージのデザインは違うし、日本ではオマケ付きの初回版が出るようですが、ソフトの中身はたぶん同一仕様です。


セブン ブルーレイ コレクターズ・ボックス(初回数量限定生) [Blu-ray]

セブン [Blu-ray]


雨の降り続くロサンゼルス…引退間近の老刑事ウィリアム・サマセットと、新たに着任したての刑事デビッド・ミルズは、奇妙な事件に遭遇する。やたら太った男が、のどに食べ物を詰まらせて死んでいるのが発見されたのだが、どうやら無理に食べさせられたようで、他殺の疑いが浮上したのだ。犯人の異常な手口から、これは事件の始まりにすぎないとサマセットは直感する…。翌日、今度は有名な弁護士が腹の肉を切り裂かれて殺されているのが発見される。事件現場には“GREED”(強欲)と書かれた犯人からのメッセージが残されており、同一犯の仕業ではないかと思ったサマセットは第一の事件現場に舞い戻るのだが…。

細かい作品の説明は不要でしょうね…適当なことを書いて、マニアックなファンにお叱りを受けるのもあれだし(笑)なんで、解説というよりはソフト自体の感想や思い出話を中心に…色々と語ってみよう。ちょっと記憶が錯綜してるんだけど、専門学校に通っているころに、歌舞伎町の映画館で、何かの映画とハシゴして見たのは覚えてるんだけど、もう一方が、なんだったかちょっと思い出せない(ストレンジデイズかもしれないなぁ)。とにかくリアルタイムで劇場では見ています。で、この映画がかなりインパクトが大きかったということなんでしょうね。レーザーディスクでは買わなかったんだけど、その後、2001年に初めてDVD化された時に、初回限定のスペシャルボックスを購入している。

昔から、自分の作品をソフト化する時にはえらく拘っているデヴィッド・フィンチャー…日本で初DVD化された時も、当時の最新フォーマットであるドルビーデジタルサラウンドEXと、DTS-ESのダブル仕様で音声が収録されていて、7.1ch対応のAVアンプに新しく買い替えたばかりだったオイラも、期待してこのソフトを購入したんだけど、その頃の新作の音声と比べると、やや物足りない印象で、いかにも旧作のソフト化だなぁって思ってしまったことがあった。知人に、ものすごいセブンマニアの人がいて、その人が、アメリカ盤のレーザーディスクの音声が半端じゃなく、DVDなんかとは比べ物にならないくらい生々しいと語っていた。

残念ながらその音を聴く機会はオイラにはなかったんだけど、今回のブルーレイは…きっとセブンマニアの知人が言っていた“生々しさ”というのは、こういうものではないかなと感じるほど、新作に聴き劣りしない音声に思えた。環境音とBGM、そして台詞…それぞれの音の相乗効果で、とにかく不安感を一気に煽ってくれる。降り続く雨の音、電話機の呼び出し音、走行中の車の微かな軋み…四方八方のスピーカーすべてから不協和音が発せられ、音の重みもや空気感も充分に感じられる。数少ないアクションシーンである…犯人との銃撃戦など、銃声そのものや、ガラスに着弾して破片が飛び散る音などが、傷みを感じるような鮮烈さだ。

もちろん、画質面も申し分なく…暗闇のシーンなんかでも、モーガン・フリーマンの表情とかがはっきりとわかるしね、独特の色彩感覚もよく再現されている。個人的に綺麗だなぁって圧倒されたのが、夜のLAの街を俯瞰で写すショット。あとはクライマックスで犯人の指定場所に向かう時の、遠くから続いてる高圧線(でいいのかな?)、あの鉄塔が幾重にも画面の奥まで続いているショットとか、線の一本、一本まではっきりと見れて、空間の広さが実によく伝わってくる。映画本編の方は、もう多くを語らなくてもいいだろうけど…オチがわかってても、そこに至るまでの伏線を見るたびに新たに発見でき、ネタバレしてても繰り返し鑑賞に耐えうる、稀有なサイコサスペンス映画の一つ。15年も前の作品なのに、思いのほか、古さも感じないというのがやっぱり凄い。日本版もAmazonとかで予約すれば2000円以下で購入できる模様…これはソフトコレクター必須のソフトですぞ!


監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロウ ケビン・スペイシー


【米Amazonでソフトを購入】
Seven [Blu-ray Book]
$勝手に映画紹介!?-Seven [Blu-ray Book]









人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!











いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年10月25日

アサシンズ 暗殺者(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-アサシンズ 暗殺者

GEOで借りてきた2010年10月22日発売、レンタル開始の新作DVD「アサシンズ 暗殺者 」を鑑賞…クリストファー・ランバートがムショ帰りの殺し屋に扮するサスペンスアクション。「トランスポーター」でジェイソン・ステイサムをいつも助ける刑事のおっさんなんかも一緒に出ているフランスの映画。映画秘宝情報によると、もともと本国ではTVムービーだったそうで、売りになるような派手なアクションは少ないものの、つっこみを入れながらけっこう物語の方は楽しめたり。

裏の世界では大物の麻薬ディーラーとして有名なミラーが、元妻の誕生パーティーを利用して大掛かりな取引を行うという情報を入手し、そこで動く大金を強奪しようという計画が持ち上がった。刑務所から出所したばかりの二人の殺し屋カミンスキーとモリナが雇われ、組織から派遣され元妻の家を監視しているローゼン指揮の元、綿密に計画が練られる…。そして、周囲に存在が漏れないように、アジトに閉じこもりひたすら監視を続ける二人の殺し屋だったが、監視対象以外の隣人たちの存在が気になり始め…計画実行前に様々なトラブルを背負いこんでしまい…。

タイプは全く違うが、顔はみるからに凶暴そうな二人の殺し屋…特にランバートじゃない方のおっさんも、いかにも協調性がなさそうな、トラブルメーカー的な存在に見えたんだけれども、これが、意外と人情味のある殺し屋だったりするんだよね。二人ともターゲットとは別の家を覗き見してて、それぞれの家の厄介事にクビをつっこもうとするんだよ。まず、ランバートは別居中の夫に暴力を振るわれる子持ち妻の事が気になり始めちゃう…で、その家の子供のピンチを救ったことから、相手に存在も知られてしまい、お互いにビビっときちゃう。でも、相手が人妻、旦那とは別居中というのがミソで話は複雑になってくる…。覗き見してるランバートを意識して、着替えをする人妻がなかなかエロかった。

で、もう一方の殺し屋のおっさんも…監視中に子供を虐待したり、旦那のいぬ間に近所のガキとヤリまくりの不倫生活を送っているアバズレ女を見つけちゃって、「あの女むかつくぜ!」「子供が危ない!」とイライラ、ヒヤヒヤしっぱなし…。でも、計画に支障をきたすといけないということで、浅はかなランバートと違って、監視だけに踏み留めてはいるんだけど、殺し屋としての腕は二流だったらしくて、とある失敗をしでかす。でもって、ランバートと大喧嘩をはじめたり険悪なムードになってしまったりするんだけど…。ここで仲裁役を務めるのが…「トランスポーター」に出てるあのおっさん。このおっさんには、なんとしても現金強奪を成功させなきゃいけない理由があってとにかく必死になっている(しかも秘密も隠してる)。

仲たがいもしたけど、それぞれの事情を知り、共同生活を続けるうちに…仲間の絆を深めていく三人…やっぱり人相は悪いけどお人よしなんだよ(笑)でも、その半面…完璧だった計画も、一つほころびがでると、瞬く間に穴は大きくなってしまいということで…思わぬ事態に発展していく。無事に三人は強奪を成功させることができるのかというのが見どころになってはいくんだけど…TVムービーということで、銃撃戦とかはサイレンサーを付けて、ちょこちょこっと撃ち合うだけなので、かなり淡泊です。あと、売人の元妻と、DV被害の隣人主婦1、そしてヤリマンのアバズレ主婦2が、みんな娼婦みたいな派手な格好をしているので、ときどき、区別がつかなくなる。女性キャストにもう少し個性があればなお良かったかなと…。


監督:アラン・ベルリネール
出演:クリストファー・ランバート フランソワ・ベルレアン ティエリー・フレモン ジュリー=アンヌ・ロス 


【DVDソフトの購入】
DVD アサシンズ 暗殺者
勝手に映画紹介!?-アサシンズ 暗殺者







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。