↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年09月30日

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 第5話「コクーン」(2010年)

テーマ:アニメ(TV・OVA)/特撮

勝手に映画紹介!?-装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 5


GEOの新作レンタルで借りてきた2010年9月24日発売、レンタル開始の新作DVD「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 5 」を鑑賞…発売日の前々日にはまだ入荷してなくて、前日に行ったらもうほかの人に借りられていて、なかなかレンタルできなかったんだけど、ようやく返ってきてた。GEO、最近新作をまとめ借りすると1本あたり200円(オイラのとこは5本で1000円だけど、4本で800円のところもあるようだ)になるキャンペーンを始めたので、なかなか新作が借りれない状況になっちゃったよ。

ゴモルの神殿で、“神の子”と目される赤子の護衛をしていたキリコとル・シャッコは…床が崩壊し地下へと落下してしまった。一緒に落ちた敵ATはなんとか退けたものの…突如現れた、繭糸を吐く謎の生物の奇襲を受け赤子を連れ去られてしまう。そこへ、かつて神の子として、同じように地下に落とされたジュノが現れ、繭糸に絡め採られ身動きのとれなくなっていたキリコたちを救出。地上へ連れ出すことを交換条件に赤子の救出に協力することになったのだが…。

この新作OVAシリーズも、次巻で最終巻…ということで話もだいぶ大詰めのようですね。最初は同窓会気分の不思議な話だったけど…この神の子を巡る戦いというのが、とりあえず本シリーズの真の目的だったってことなんでしょうね。で、劇場版のガンダム00でも、ガンダムが地球外生命体と戦ってたけど、今度はボトムズで、ATがモスラの幼虫と戦います(笑)って、半分は冗談だけど…蚕みたいな虫が出てくるのは本当です。サンライズ、ひそかに怪獣ブームなんですかね?

AmazonのレビューなんかではATバトルが少ないなどといった酷評がありましたが、いや、オイラはけっこう豊富だと感じたよ。初っ端、穴に落ちたキリコたちが、落下しながら敵と交戦したりするのもかなり見どころ。また、試練の一つで、幻影のATがいっぱい出てくるんだけど…その中に実弾が混じっていて、おいおいみたいなシーンもけっこう良かったと思う。ところどころで謎解きをしつつ、最終巻に向けてのひっぱりと…30分以下の本編時間で、話にちゃんと緩急があって面白く見れましたけどね。

ただ、初期TVシリーズのクエント編あたりの知識がだいぶ必要になってくるので、コアなボトムズファンじゃないと難しいところもあるかなと?本来はガンダム派なので…時たまおいてきぼりをくってみたり。それよりも、今後新たに展開されるボトムズの新作OVAシリーズの予告が新しくなりましたね…今まではずっと同じPVだったけど変わってる。しかも、11月から3か月連続で新シリーズを劇場公開する「ボトムズフェスティバル」も実施するとかで…第一弾のCase;IRVINE-ケース;アービン-の映像が長めに収録してあったのが良かった。ただ、キャラの動きがボトムズというよりは「舞-乙HiME」っぽかったけどな(笑)


監督:高橋良輔
出演:郷田ほづみ 千葉繁 川浪葉子 富田耕生 政宗一成 長沢美樹 大塚周夫 銀河万丈


【DVDソフトの購入】
DVD 装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 5
勝手に映画紹介!?-装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 5






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!













 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月29日

40男のバージンロード(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-40男のバージンロード

WOWOWでエアチェックしておいた「40男のバージンロード 」を鑑賞…結婚間近の男が、婚約者には親友と呼べる女友達がたくさんいるのに、自分にはそんな男友達がいないという事を悟り、必死になって親友を探すというコメディ。語り口はバチュラーパーティものの作品に似ているが…知り合ったばかりの友達というのが新鮮で面白い設定。たぶん再放送なので、オンエアは通常画質…なんで保存版にする気はなく、1回鑑賞用にiVDR-SのSPモードで録画した。

不動産会社で働くピーターは恋人のゾーイにプロポーズをし、結婚が決まったのだが…ゾーイには女友達がたくさんいるのに、自分には介添え人を頼めるような男の親友がいない事に気づき焦る。あわてて友達探しを始めるのだが、ゲイと勘違いされたり踏んだり蹴ったり。そんな時、自分が手掛けるオープンハウス物件を冷やかしに来ていたシドニーという男と知り合いになり、意気投合。一緒に食事や遊びに出掛ける仲へと発展していくのだが…シドニーとの関係を優先するあまり、今度はゾーイとの関係がおろそかになってしまい…。

女にはやたらとマメで、気配りなんかも充分。フィアンセの友達にも受けはいいし、同僚の女子社員なんかにも慕われてるんだけど…男の友達がいなかったのね。でも根は真面目な主人公…仕事はしっかりするし、浮気だってしない。フィアンセがフェラを拒めは無理強いはしないし、オナニーのおかずはそのフィアンセの水着写真と、かなり律儀。そういう下ネタを話すのも苦手で、フィアンセが女友達同士で赤裸々に性生活まで語っているのを知り、ちょっと引き気味だった。でも、シドニーという親友ができて、だんだんと自分もやんちゃな本性をさらけ出していく。

男友達とばかり遊び呆けて、婚約者をほったらかしという展開に…最後には“I am a gay”とカミングアウトしちゃったケビン・クラインの「イン&アウト」を思い出して、そっち方面のオチも想像しちゃったけど、ゲイに告られ、弟もゲイとあからさまにゲイネタが頻繁に出てくるので、逆にそっち方面のオチにはいかないかなとも考えたわけだけど、はたして結果は…?でも、そういう雰囲気が濃厚で最後までドキドキしちゃったよね(笑)その前に、仕事人間のピーターとは正反対で、遊び呆けてばかりで、何をして生活しているのかがよくわからんシドニー。大金を貸してくれなんて言い出した時は…ありゃりゃ、もしかして詐欺師か?なんても思ったわけだけど…。

主人公が手掛ける売り家物件というのがスターの豪邸…TVの超人ハルクを演じた俳優ということで、ルー・フェリグノのが本人役で何度も登場。ほかにも随所に映画ネタを挟んでくるんだけど、ミーハー映画ファンにこびたような軽いネタではなく、意外とマニアックなところが好感。ピーターが結婚式で着るタキシードを試着しに行ったときに、付き添いのシドニーが「ボンドみたいに決めろ!」っていうんだけど、そこでティモシー・ダルトンの名前が出てくるところがいいじゃないですかね。人気はイマイチだったけど、原作にもっとも近いと言われた硬派なダルトンボンド(そういえば消されたライセンスで親友の介添え人の役をやってた)…こういう台詞は本当に映画が好きな人じゃないと出てこないよね。


監督:ジョン・ハンバーグ
出演:ポール・ラッド ジェーソン・シーゲル ラシダ・ジョーンズ ジェーン・カーティン J・K・シモンズ 


【DVDソフトの購入】
DVD 40男のバージンロード スペシャル・エディション
勝手に映画紹介!?-40男のバージンロード



 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月28日

この記事は表示できません

テーマ:邦画
この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD
 |  リブログ(0)
2010年09月27日

FRINGE/フリンジ<セカンド・シーズン>(2009年)その1

テーマ:海外TVドラマ

勝手に映画紹介!?-フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1

2010年9月22日発売の新作Blu-ray「FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1 」を購入してあったので、鑑賞。最近は、BOX発売前にお試し価格で1本だけ安く出すという、ディアゴスティーニの付録付き雑誌みたいな売り方が定番化しつつある海外TVドラマシリーズのセルソフト…このフリンジもシーズン1に続き、第1巻のみ980円(Amazonだとさらに26%引きで725円で販売中)で買えます。エピソード1~2の2話収録で、続きは11月17日発売の定価24,500円のBOXを買って見てくださいということなんだけど…。

えっと、シーズン1の大まかな話は…FBIの女性捜査官・オリビア・ダナムが“パターン”と呼ばれる不可思議事件をウォルター・ビショップ博士とその息子、ピーターの協力を得ていくつも解決していくんだけれども、その不可思議事件の裏には、さらにとてつもない大きな陰謀が隠されていて、どうやら別の世界(並行世界?)の侵略が絡んでいるらしい…そして、ダナムはつに、あちら側の世界へ飛び込んでしまった!というところで終了してたんだけど…。


第1話 新しい日

ニューヨークのマンハッタンで交通事故が発生。車の所有者がFBIのオリビア・ダナムのものだということで、ビショップ親子が現場に呼ばれるのだが…どこにもダナムの姿が見当たらない。しかし突然、車の窓を突き破ってオリビアが飛び出してきた!彼女は瀕死の重体で病院へ運ばれるのだが…。

どんな展開になるのやらとかなり期待してたら…オリビアねーさん、あっちにいた時の記憶がなくなってる。ただ、キ●ガイ博士のウォルターはすぐに、オリビアがどんな状況にあっていたかを見当つけるんだけどね。まぁ、シーズン1から見ている人には別の世界が存在しているという事実は分かっているわけで、あちらの世界から刺客が送り込まれてきて騒動が起きる。

その刺客が…明智小五郎や怪人二十面相ばりの変身能力を有している人間(?)で、対象人物をぶっ殺して、成りすましを行うという(最初の犠牲者の部屋でTVに「X-ファイル」の映像が流れてる)、ベタならSFスリラーっぽい展開がいいよね。あっちの世界と特殊な方法で通信したり、今後の展開に重要になりそうなキーワードはチラチラと出てくる。

この第一話の最後で、あるレギュラーキャラがとんでもないことに!これは新シーズン開始早々、リストラ候補ですよね?あんな扱いだったら、長くもたなそうだけど…。オリビアが怪我しているからか、フリンジ事件に携わっていないFBIの新しい女捜査官も出てきたね…シーズン1にいたっけ?ちょっと覚えてない…たぶん新キャラだと思う。この新しい女捜査官も、今後、話に関わってきそうな気配だね。



第2話 地下生物

ペンシルバニアの田舎町の建設現場で、作業員が地下に引きずりこまれ、忽然と姿を消すという事件が発生!同様の事件が多発していることを知りダナムたちフリンジチームは現場へ向かうのだが…。

地面がゴソゴソして、人間がのみこまれちゃうなど…「トレマーズ」的なモンスターを想像していたんだけど、もうちょっと違った感じの化け物でしたね。けっこう凶暴で…オリビアやピーターがかなりピンチな状況に陥るんだけれども…どうやって倒すのかとハラハラしてみてたら、自爆に近い、あっけないラスト。物語のバックボーンはちょっと物哀しい。

あっちの世界へ行った後遺症なのか、オリビアにまたも変な兆候が…やたらと聴覚とかが敏感になっているみたいだよね。ハエがスリスリ足をこする音とかが気になってしょうがないらしい。マッシブ・ダイナミックのおばちゃんとかが近づいてきて…意味深にアドバイスとかしてくる。

リストラされるのかなと心配だった某キャラ…一応、首はつながってましたね。まぁ、ああいう状況ですから…時間の問題だと思うけど、次のエピソードにはまだ出てきそうだな。オリビア、異変を察知するかなと期待したんだけど、まだ気付かない様子…この状況のまま引っ張るんですかね?なんだか、サラ・コナー・クロニクルズみたいじゃね?


話はなかなかおもしろくて、続きは確かに気になるんだけど…Amazonでオイラも今年の3月(発売日)に買ったばかりのシーズン1のBOXが60%OFF、14,700円引きで売られているのを見ちゃうと…現段階でシーズン2に飛びついていいものかどうか悩むところです。余裕があれば買いたいけど、11月はハルヒも出るしなぁ…。

24500円のBOXが9800円で買えるのね⇒FRINGE / フリンジ 〈ファースト・シーズン〉コレクターズ・ボックス [Blu-ray]


製作総指揮:J.J.エイブラムス
出演:アナ・トーヴ ジョシュア・ジャクソン ジョン・ノーブル ランス・レディック カーク・アセヴェド


【Blu-rayソフトの購入】
Blu-ray FRINGE / フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1
勝手に映画紹介!?-フリンジ 〈セカンド・シーズン〉Vol.1



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月26日

ビッグ・バグズ・パニック(2009年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ビッグ・バグズ・パニック

WOWOWでエアチェックしておいた「ビッグ・バグズ・パニック 」を鑑賞…唐突に巨大昆虫が襲ってくるというモンスターパニックもの。なんで、昆虫が襲ってきたの?っていうのはあまり深くは語られない…どうやったら、この状況から生き延びられるのだろうかというサバイバルな分部に話の重点は置かれている。ゴキブリをはじめ、カブトムシとかクワガタとか、黒光りする虫が大嫌いなので…ビジュアルはちょっと不気味だったね。

遅刻の常習犯であるダメ社員のクーパーは、上司に呼び出されクビを宣告されたのだが…その直後、正体不明の強烈な音に襲われ、気絶してしまう。ふとした拍子に気付くと、自分は繭のような糸に全身が包まれており、必死に脱出を試みる。なんとか外にはい出したクーパーは、周りの人間も同じような状態にあることに気づき、何人かを助け出すのだが…。実はみんなが気絶させられているうちに街は巨大な昆虫に支配されていたのだ!クーパーは上司の娘サラら、生き残った者たちとなんとか脱出方法を模索するのだが…。

童顔の間抜け男が主人公で、少しずつ男前な活躍を見せていくなど「スパイダーパニック」系の馬鹿っぽさを感じるんだけれども、「スパイダーパニック」なんかよりシリアスな部分も。犠牲者の数は多く、登場人がどんどん減っていく…もっとコミカルな展開を予想していただけに、けっこうびっくりしたけど、そのアンバランスさがちょっと癖になるか?途中から「ゾンビ」とか「エイリアン」の要素も入ってきてB級好きならけっこう楽しめる内容ではないかと…。お色気担当のセクシー金髪美女もいるし、元軍人だという主人公の父親(レイ・ワイズが怪演))もお約束なクレージーさで話をひっかきまわしてくれる。

ダメ男が、ホレた女を助けに行くまでに成長しているし、それを援護する父親との感動話なども盛り込まれているんだけれども…最後の最後でワンクッション、笑いを入れてくるのも忘れていない。それから、ラストカットで主人公たちがいったい何を目にしたのかは、ちょっと気になるところだね。何かを見て驚愕の表情をしたところで映画は終わってしまうんだけど…まだまだ戦いが続くってオチなのか、それともほかの生存者や、救援がやってきたということなのか…この手のパニックもの、ホラーものとしては前者の解釈が有力かなと思ってみたり。

WOWOWのAAC5.1ch放送でも、アンプに通すとなかなかのサラウンド感…虫どもが部屋の中をはいずりまわってる、耳障りな嫌な音も、四方八方から耳に入ってきて臨場感がありましたね。ああいう音を聴くと、初めて「エイリアン2」をLDのドルサラで見たときのことを思い出しちゃう…リプリーとニュートがフェイスハガーに襲われるところ、あれをサラウンドで見て、ものすごく驚いたもんだ。虫どもとのバトルはけっこう頻繁にあるので、ほかにもサラウンドの聴きどころは多々あり…DVDのドルデジ音声ともちょっと聴き比べしてみたいと思った。


監督:カイル・ランキン
出演:クリス・マークエット ブルック・ネヴィン  キンジー・パッカード E・クインシー・スローン レイ・ワイズ


【DVDソフトの購入】
DVD ビッグ・バグズ・パニック 特別版
勝手に映画紹介!?-ビッグ・バグズ・パニック



 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月26日

スケート・オア・ダイ(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-スケート・オア・ダイ

WOWOWでエアチェックしておいた「スケート・オア・ダイ 」を鑑賞…日本では今年の2月にDVDスルーでリリースされたフランスの劇場未公開アクション。スケボー青年が犯罪現場を目撃してしまい、逃げまくるんだけど、相手が悪徳警官だったいう…リュック・ベッソンの脚本なんかでもよく出てくる腐った権力に立ち向かうってパターンの内容。脚本を書いてるのが「キス・オブ・ザ・ドラゴン」の監督、クリス・ナオンだっていうからそれもなっとくか?GEOで100円レンタルになったら借りようかなって思ってたんだけど、なかなか旧作扱いにしてくれなくて、借り逃しているうちにWOWWOで放送してくれたよ。

パリにやってきたスケボー青年のミッキーとイドリスは、偶然、麻薬の取引現場に遭遇。持っていたカメラ付き携帯とビデオカメラでその様子をこっそりと撮影していたのだが、途中から取引の雲行きが怪しくなり、殺人事件へと発展してしまった。そんなとき、運悪く携帯電話に着信があり…犯人たちに隠れているのがバレてしまった二人、得意のスケボーでなんとか相手を振り切ることに成功し、警察に駆け込むのだが、事情を説明している間に殺人現場で目撃した男たちがやってきてしまった。そう犯人は現職の警察官だったのだ!

けっこう期待してたんだけど、ストーリーはありがちなものだったし、臨場感を煽るためか、たぶんステディカムなんかを駆使して撮られたのだろうブレブレの画面がやたらと見づらく、映像演出も今さら感の強いものだった。劇場未公開もこりゃ、うなずけるなな内容です。中盤の主人公と警察の追いかけっこで…実際にパリの警察で導入されているローラーブレードを履いたローラー隊とのチェイスシーンが出てきて、そこは意外と盛り上がる見せ場になってるなぁとは思ったんですけど、あっという間に終了。スケートを題材にした映画なんだから、この辺にもう少し力を注いでほしかった。

後半は主人公二人が、ドラックを仕入れている女友達に助けを求めるんだけど、そこにも警察の追手が現れ、悪党と警察が対立する羽目に。悪徳警官よりも、ドラッグでラリラリしているチンピラたちの方が正義感が強いと…やっぱりこのあたりは「アルティメット」とか、フランス製アクションのお約束な展開だよね。主人公たちが後先考えずに逃げ込んできたおかげで、ドラックディーラーの姉ちゃんたちはとばっちりうけたのに、親身になって助ける。出てきたときはとんでもないアバズレに見えたんだけど、最後は自分のおじーちゃんに助けを求めるなど、普通の女の子になっちゃってるのがなんだかなぁって感じだった。

Amazonで作品の情報を調べたときに、ほかの人のレビューをちょっと見てしまったんだけど…その中に「二人が殺人現場をカメラに収めるのですが、事件が解決した後、その映像をネットに流して楽しんでいるとゆうシーンがありました。 …この作者の人間性を疑います。どうか命に対する考えを改めてください。 」ってトンチンカンな記述があった。おいおい、あれは自分たちの身の潔白を示す手段の一つだろうよ。そこを否定したら、こいつら無実の罪で…ずっと逃げ回ってなきゃならないじゃん。その解釈は偽善的すぎるぞ!警察の不正をたくさんの人が知れば、自分たちの無実も証明される、だからアクセス数があがって喜んでるんだろ?Amazonに投稿するなら、もう少し考えてレビューを書いてくれって感じ。映画の感想なんて人それぞれだけど、この人の解釈だけは納得できなかったので、ちょっと反論してみた。


監督:ミゲル・クルトワ
出演:ミッキー・マウ イドリス・ディオプ エルサ・パタキ  フィリップ・バス ラシダ・ブラクニ パッシ


【DVDソフトの購入】
DVD スケート・オア・ダイ
勝手に映画紹介!?-スケート・オア・ダイ



 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月25日

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂(2010年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

2010年9月22日発売の新作Blu-ray「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 」を購入、鑑賞した。ディズニー映画&ジェリー・ブラッカイマーという「パイレーツ・オブ・カリビアン」の製作スタッフが手掛けたアクションアドベンチャー大作。「007/慰めの報酬」でボンド・ガールの一人を務め、近作「タイタンの戦い」などでも印象的なキャラクターを演じていたジェマ・アータートンが、本作でもヒロインを演じるという事で思わすゼルソフトを購入してしまった…最近、けっこう気入っている女優さんの一人なんだよね。

古代ペルシャ…スラム街で暮らす少年ダスタンは、仲間を助けるため屈強な兵士たちに一人で立ち向かっていったのだが、それを見ていたペルシャ王はダスタンの勇気を讃え、彼を養子に迎え入れることに。それから15年、成長したダスタンは兄や叔父のニザムと、敵国に武器を横流ししていると目される、聖なる都アラムートへ攻め入る事に。ダスタンの活躍で制圧に成功するのだが…宴の席でペルシャ王が暗殺されてしまい、ダスタンは父王殺しの濡れ衣を着させられてしまう。アラムートのタミーナ王女に導かれなんとか脱出したダスタン…実は彼が戦闘時に手に入れた一本の短剣が災いのもとであったのだが…。

古代ペルシャを舞台に「時をかける少女」的なプチタイムトラベルが題材の作品…キーアイテムになっている、短剣と時間の砂のおかげで、だいぶご都合主義に拍車をかける。なんでもありの展開なんだなっていうのを悟ってしまうと、最終的なオチなんかもかなり早い段階で読めてしまうだろう。疑ってくださいと言わんばかり、見るからに胡散臭い面しているベン・キングスレーの正体だって、ソフトのジャケを見ただけでおおよそ見破れるでしょ?バイオレンスやお色気要素もちょっと物足りないし…いかにもディズニー映画なんですけど、歯切れの良いアクションがノンストップで続くので意外と退屈はしないで見れる。

ジェイク・ギレンホール演じる王子は、王族の血を引いていない、養子王子なんだけど…本人も立場はある程度わきまえていて、王族直系の兄たちを助ける、縁の下の力持ち的なポジションで満足している模様。出身がスラムということもあり、王族のような気品はあまり感じられず、ワイルドでガサツな感じの王子。一方、ジェマ・アータートンが演じた王女様は、高飛車で、直球のツンデレちゃんの印象を受ける。この二人が…罠にはまって一緒に逃避行する羽目になるんだけど、お互いに罵り合いながら、段々といい仲になっていくところなど「スター・ウォーズ」のハン・ソロとレイア姫そっくりに見えた。


監督:マイク・ニューウェル
出演:ジェイク・ギレンホール ジェマ・アータートン ベン・キングズレー アルフレッド・モリナ 


【Blu-ray&DVDソフトの購入】
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 ブルーレイ+DVDセット
勝手に映画紹介!?-プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月25日

友子の場合(1996年)

テーマ:邦画

勝手に映画紹介!?-友子の場合


この間、WOWOWで本広克行の特集放送を行っていて、劇上映画初期のこんな作品まで放送していたので思わずエアチェックしてしまった…という事で「友子の場合 」を鑑賞、見るのは今回が初めて。同名の人気コミックをともさかりえ主演で映像化したもので、ドラマ版もあるらしいのだけど、そちらも見たことはない。仲間由紀恵や新山千春が同級生役で共演、他にも意外と有名な俳優さんたちが顔をそろえているんだけれども…。

高校二年生の田村友子は、学校のクラスメイトと温泉旅行に出かけることになったのだが、なぜか男子も一緒に参加することに。その中には友子が気に入っているクラス一番の人気者・太郎も一緒だった。友子は今回の旅行でなんとか太郎をモノにしようと意気込んでいたのだが、途中下車した駅で駅弁を買っているうちに電車が発車してしまった!旅の計画を他人任せだった友子は目的地すらわからず慌てふためくのだが…。

女の子がノンストップでドタバタ喜劇と妄想を繰り返すというあたりは矢口史靖の「裸足のピクニック」っぽい感じもするのだが、細かいギャグがあまり笑えない。温泉おかみ役の美保純が、松葉くずしを実戦しようとする下ネタだけはちょっと笑ったけどな(笑)結局、最後まで見てもまともなオチもなく…仲間に置いてきぼりにされたともさかが、いつまでたっても仲間に追いつけないという展開だけで終わってしまう。これだったら、途中で出てきた夢オチっぽい展開をラストに持ってきた方がまだ許せたかな?

というか、ともさかりえってこんなに不細工だったか?「金田一少年の事件簿」とか出てる頃、けっこう好きだったのに…。役柄からきている演出意図もあるんだろうけど、なんだか、この作品だと妙におばさん臭い芝居を連発してて、思わず「室井滋?」とか思ってしまったよ。最近、演技が何をやっても大げさな“トリック”になっている仲間由紀恵は、この頃の方が自然で可愛い。あと新山千春はかなりぽっちゃりと太ってたのね…最後のクレジットで名前を確かめるまで全然気づかなかった。

要所要所で出てくる脇役は意外と豪華…故・伊藤俊人とか、西村雅彦とかいかにもフジテレビ作品なキャストも多かったけどね、好みの俳優・松重豊がチラっと出てきて良かったかな。そういえば、松重さんが「MM9」で共演している高橋一生(MM9の灰田班長)も、ともさかのクラスメイト役で出てたな、とにかくみんな若かった。14年も前の作品なんだけど、オリジナル映像がハイビジョン撮影されているので、思いのほか高画質。

ただ、高画質であっても、このビデオっぽさが逆にTVドラマ的な印象を強く与えてしまうのも事実(当時はきっとキネコ上映されたんだろう)。内容も内容だし…映画としてのスケール感がやたらと乏しい。漁船を使って海上でフェリーを追いかけたりなんて言う無駄な豪華さも、良くも悪くも90年代で、あまり物語に活かされていなかった。当時は、よくこんなので劇場公開できたなぁって印象…TVドラマで充分な内容な感じ。公開時は別作品との二本立てだったため、本編61分という短さだったが、オイラ的には限界だった。


監督:本広克行
出演:ともさかりえ 藤村ちか 新山千春 仲間由紀恵 木村剛 西村雅彦 布川敏和 小木茂光 松重豊 


【DVDソフトの購入】
DVD 友子の場合
勝手に映画紹介!?-友子の場合



いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月25日

ボディヒート/秘められた欲望(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ボディヒート4

WOWOWでエアチェックしておいた「ボディヒート/秘められた欲望 」を鑑賞…過去にドリュー・バリモアなども主演したことがある“ボディヒート”(原題:POISON)シリーズというエロティッスサスペンスの4作目。もちろん物語やキャラクターは独立しているので、単独鑑賞可能で…オイラも過去のシリーズはあまりよく見ていない。放送はHV画質ではなかったので、保存するつもりはなく、SPモードで録画した。

両親を亡くしたデイジーことダニエル・ブルックスは、念願の一流大学への編入が決まり、恋人のウィルを故郷に残して、都会のキャンパスへやって来た。到着早々、学部長の母と大学教授の父を持つプレイボーイのブレイクと出会い、デートの申し込みを受ける。やがて、エリート美女ばかり集う秘密サークル“アイビー”からも入会の誘いを受け、順風満帆なキャンパスライフのスタートしたかのように見えたのだが、その裏には隠された陰謀が…。

内容的には女子版“ザ・スカルズ”的な内容…様々なネットワークを持ち、大学の内外で権力を発揮するエリート秘密結社に、主人公が選ばれ…最初のうちはほいほいされて、幸せ気分を満喫するんだけど、その裏には怪しげな陰謀がうごめいていて、根がまじめな主人公は段々と組織の存在に疑問を持ち始めると…そんな感じのお話。頭は良いが、貧乏人で田舎もん丸出しの主人公が金持ちのお嬢様たちに好かれるという展開から、これは何か魂胆があるなと想像できるわけで、その辺を隠そうともしないので展開に驚きがない。

主人公が大学に来る前から、生徒の不審死とかがあって、それにもどうやらアイビーが関わってるらしい。自分たちの利益を追求するためなら、殺人も厭わない結束力の固さ…実は、主人公がお誘いを受けたのも、現リーダーが研修プログラム選抜試験で、主人公を蹴落とすために、服従させようという魂胆からだったりして。このリーダーの女が、容姿はそこそこのエロさなんだけど中身はパープリンで、落第点をとっちゃうような馬鹿女。

だから大学教授やその息子のブレイクを色仕掛けで騙して、良い成績をものにしようという…伝統があり、絶大な権力も誇る秘密組織のわりには、やってることがみみっちい。っていうかさ、バックにあんな大物が控えてるなら、そんな事しなくても、成績なんていくらでも操作できるんじゃないかと思うけど。それとも、その過程で起きたあの殺人が真の目的であり、最初から主人公を犯人に仕立て上げるのが目的だったのか?

それにしてはかなり計画が杜撰で…周りから恐れられている組織にしては、主人公が身の潔白を証明するために考えた単純な罠に、逆にまんまとひっかかってる。で、主人公の女も…成績が優秀なくせに、けっこうマヌケで…リーダーに服従するふりして、自白を引き出すんだけど、あんたの告白をテープに録音したわよって、目の前で勝ち誇って見せびらかす。おまえ、殺人事件の犯人の前で、よくそんな度強あるなぁ…そこまで騙すことに成功したら最後まで芝居を続けろよなぁ。

リーダー、騙したわねって逆上して、最後は両者…今までのうっ憤を晴らすためにキャットファイトに突入していくんだけど、これまた大したことがない。大学生というよりは、なんだか、小学生のいじめグループみたいな安っぽい話だった。肝心のエロ描写に関しても…濡れ場部分などは映像がフェイドアウトしてしまうなど物足りない印象、主人公とアイビーリーダーのそれぞれ下着シーンがお色気のピークか?


監督:ジェイソン・レノ
出演:ミリアム・マクドナルド ショーナ・ウォルドロン ライアン・ケネディ クリスタル・ロウ  ブレンダン・ペニー


【DVDソフトの購入】
DVD ボディヒート/秘められた欲望
勝手に映画紹介!?-ボディヒート4



 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年09月24日

アメリカン・ガール/キットは名探偵(2008年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-アメリカン・ガール・ミステリー

WOWOWでエアチェックしておいた「アメリカン・ガール/キットは名探偵(DVDタイトル:キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー) 」を鑑賞…やはりこの間、WOWOWの放送で見た「私の中のあなた」に出ていた子役女優のアビゲイル・ブレスリンが、新聞記者を夢見る主人公を熱演するキッズムービー。昨日はアダルト映画を見て、今日はキッズムービーを見ているオイラもなんだかなぁ~…WOWOW加入で、ジャンルの幅が今まで以上に広がったよ(笑)新作のセルソフトもいくつか買ってあるんだけど、iVDR-Sの残量がマジで厳しいので、率先してエアチェック作品を見てるんだけど、次から次へと録画も繰り返すので、なかなか残量が増えないっす。

新聞記者になる事を夢見ているキット・キトリッジは、今までは裕福な環境で育ってきたが、大恐慌の余波でついに父親も失職してしまう。職探しの為、家族の元を離れる父親、母親は家を維持していくために部屋を間貸ししてなんとか収入を得る。様々な人間が出入りするようになったキットの家で、ある日、下宿人の貴重品と一家の全財産が入った金庫が何者かに盗まれる事件が発生!疑われたのは色々な土地を渡り歩いて職を探すホーボーの少年ウィルだった!しかしキッドはウィルが犯人なのはおかしいと考え、真犯人探しを始めるのだが…。

大恐慌時代のアメリカの話なんだけど…派遣切りなどといった言葉が浸透してしまった昨今の日本の景気状態では、あながち人事では見れない部分があるな。主人公がボランティアで炊き出しの手伝いにいくんだけど、そこで仕事をしている筈の父親が、ただ飯をくらっているのを目撃してしまうというショッキングシーンなど…黒沢清の「トウキョウソナタ」をちょっと思い出してしまったり。キットはクラスメイトの家族が、卵売りをして日銭を稼いでいたというのがやたらとトラウマになっていて、自分たちもそこまで落ちたら、家族崩壊だと信じてる。だから強固に「卵売りだけは嫌!」と拒否するんだけど…。

主人公の親は、生活を支えるという事を第一に考えて、柔軟に対応、キット自身もそんな親たちをみていて、助け合いの精神や人を信じるということを身につけていく、こういう時代に生きていく術をちゃんと身につけいていくわけですけど、周りの金持ち連中は、かなり見栄っ張りなところがあって、貧乏人と関わっちゃいけないとかやたらとお高くとまっている。だから、いざ自分たちが、貧乏暮らしに陥った時が本当に哀れに見えてくる…心が貧しい人たちとはああいう人たちの事なのだろう。

もうちょっと少年探偵団風の展開を期待したんだけれども…ミステリーとしては日本の二時間ドラマに近いような感じだったかな。キットが事件現場にズカズカ乗り込んでいって、警察とかの前で偉そうに名推理とか披露しちゃうあたりはご愛嬌。まぁ、これは今まで何不自由になく育ったわがままなお嬢様だから仕方がなく、子供のぶんざいで新聞社に記事を売り込もうとしている勘違いぶりがその前に描かれているので、なんとなく自然に受け流してしまう。状況証拠から、真犯人の確定に至ったりするけど…その後は、犯人側の自白であっけなく幕切れだったり。ドラマ自体は大人が見てもけっこう面白いので、ミステリー部分は添え物だと考えて接するのがベターかと。


監督:パトリシア・ロゼマ
出演:アビゲイル・ブレスリン ジュリア・オーモンド クリス・オドネル ジョーン・キューザック ザック・ミルズ


【DVDソフトの購入】
DVD キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー
勝手に映画紹介!?-アメリカン・ガール・ミステリー



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。