↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年11月30日

戦 IKUSA 武侠どもの戦(2005年)

テーマ:邦画


2005年11月25日発売、レンタル開始の新作DVD「IKUSA 武侠どもの戦」を鑑賞した。ジャケットから想像すると、みるからにワンパターンなVシネヤクザムービーにも思えるが、良い意味で期待を裏切る不思議な作品だ。逆に硬派なヤクザものを期待していると…なんだこれ~ってことになる。ジャンル的にはヤクザ映画っていうよりは…コメディ映画。いや、Vシネオールスターによるコントみたいなノリです。

女にフラれたフリーターの御堂一沙は、別れ際にその彼女に言われた一言で、アイデア商品を開発する。レトルトカレーをお湯で温めると熱くてもてないので、直接手を触れずに中身を出せる機械…その名もズバリ“しぼる君”だ。ひょんなことから…再会した同級生が経営する100円ショップで品物が扱われることになったのだが、瞬く間にヒット商品となる。しかしその100円ショップが、ヤクザの企業舎弟だったことから…一沙は、ヤクザたちから“金のなる木”だと思われてしまい…徐々にヤクザの世界に足を踏み入れていくことになる。

馬鹿馬鹿しい内容ですよ…マジで。アイデア商品で一発当てるという、あながちなくもない話とヤクザの世界をくっつけたアイデアが面白い。パっとしないフリーターが、本人の意思とは関係なしに、ヤクザの中で出世してしまうという、普通じゃない話はどんどんエスカレートしていって、アニメづくりをさせられたり、イタコが出てきたりともうメチャメチャ。それでいて…しっかりと仁義や男気も感じられるから不思議な作品だよなぁ。小沢アニキ(仁志)や金山一彦の存在感が、作品をキッチリとしめていた。

主人公がガンダムオタクで、直ぐにガンダムの名セリフを引用したりするんだけど…それはちょっと「ケロロ軍曹」から、そのアイデアいただいてないかい?フラれた彼女をセイラさん呼ばわりしたり、「親父にもぶたれたことないのに」って言ったら「ぶってねーよ」って言い返されたり、笑えたから大目にみちゃうけどさ(笑)

出番は少ないが、出てくるVシネスターのメンツ が凄いこと。小沢仁志と小沢和義が兄弟役をやっているあたり、なんかいいじゃないですかぁ。遠藤憲一のビデオ屋の店長兼裏ビデオの監督って役どころも…最高に笑える。女優陣も藤谷文子や橘実里といった綺麗どころが登場して、意外と華やかだったし…。この手の作品のお約束で…名も知らぬお色気担当のおねーさんが、胸をユサユサ揺すって、高野八誠と意味もなくSEXしているシーンなんかも出てきましたし。

一応、東京地区では劇場公開もされているらしいのですが、所詮は低予算なVシネなので…スケールよりアイデア勝負ってことでしょう。珍作ということで、Vシネマとして楽しめる人には、けっこうお薦めの作品かもしれない。

監督:本田隆一
出演:高野八誠 小沢和義 遠藤憲一 金山一彦 三浦誠己 橘実里 藤谷文子 小木茂光 小沢仁志

【DVDソフトの購入】
DVD IKUSA 武侠どもの戦
戦 IKUSA ◆20%OFF!


【本田隆一作品はコチラもお薦め】
DVD ウォーターメロン
DVD 脱皮ワイフ
FULLMOTION DVD-BOX 1st「夫婦箱」THE COUPLES BOX
脱皮ワイフ MY WIFE’S SHELL ◆20%OFF! FULLMOTION DVD-BOX 1st「夫婦箱(めおとばこ)」 THE COUPLES BOX

「ウォーターメロン」は巨乳ということにコンプレックスを持つ女性と、居乳嫌いで、嘘つきの男が勢いで結婚してしまうというお話。オチが見事にキマっていた。かなりエロくていいですね~。実は「脱皮ワイフ」は未見なのですが…結構評判がいいので、今度レンタルで借りようかなって自分も思っています。BOXは本田監督作品2作品を含む…「フルモーション・レーベル」が製作した官能作品をセットにしたもの。



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月30日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
ハリポタ


【鑑賞日:2005年11月29日】


先週末から始まっている「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を鑑賞してきた。先行で見ようかなって思ったのだが、忙しくて行けなくて、公開まで待ちました。土日はきっと混むだろうとと思ったので…やはり平日のレイトで見るのが一番だろう。一応ミーハーなので、全部劇場で見ているし、DVDも持っているのだが…原作を読むほどのファンじゃないです。1作目を見た時は、お子様向け映画だろうと侮っていたら、意外とドキドキして楽しんでしまったのだが、2作目、3作目はちょっとワンパターンで飽きてしまったクチ。子供の心を忘れてしまったからか?(笑)さて4作目はどうなっていたのでしょうか?ハリーたちがもう子役と呼べない年齢に差し掛かっているけど…男としてハーマイオニーの成長が一番の楽しみだったりするのだ。

何者かの画策により、17歳以下は参加できないはずの“三大魔法学校対抗試合”の代表者に選ばれてしまったハリー…。理由もわからぬままに、各校代表の年上の生徒たちに混じって危険な試合に挑んでいく。

うーん、物語の展開がなんだかわからない。だんだん話が難しくなってないっすか?よくお子さんたちは、こんな難しい話についていけるなぁって、感心しますよ。ただ…前作以上にダークになり、なおかつお色気要素まで入ってきたのはかなり新鮮。原作は全然知らないのだけど…映画だけで考えると、初期に比べてかなり作風が変わってきていますね。「ハリー・ポッター」シリーズの基本ストーリーを追いかけるのは大変だったけど普通にラブコメとして楽しむと、2作目、3作目より面白く見れたかな?前作よりさらに大人向けになった気がする。監督がマイク・ニューウェルというので…なんとなく納得できますよね。

ハリーくんたちもお年頃なので、色恋に目覚め始めています(でも趣味悪いよ)。会話などにもかなり“性”を感じさせる部分がある。映像的にもダニエル・ラドクリフの入浴シーンという…オタク少女たちが喜びそうなシーンをはじめ(きっとオジサンたちは、なんだハーマイオニーは風呂入らないのかって残念がっていますよ)…フラーの水着シーン(オジサンたちはこっちです)なんてあったし。

所詮ハリポタじゃんという世界を…大人でも楽しめる映画にしてくれているのは、脇を固めるイギリス出身のベテランスターたちの、余裕と貫禄を兼ね備えた演技であり、そこが楽しみの一つでもあるんだけど…今回ははじけ具合がイマイチだったかな?ロンのおばちゃん(ジュリー・ウォルターズ)とかけっこう好きなんだけど、今回は見当たらなかった。一番凄かったのは、「イングリッシュ・ペイシェント」化(笑)していたレイフ・ファインズのヴォルデモートだね。映像だけじゃ誰だか、わからないもん…アレ。

話がついていけないのは、けっこう過去のシリーズの内容を忘れているからだよね。アズカバンの囚人なんて、昨年買ったDVDが、未開封のままラックに収納してありますから(もう、廉価版出てるって)…この機会に、最初からおさらいしますかね。

監督:マイク・ニューウェル
出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン  ロビー・コルトレーン マイケル・ガンボン

【過去の3作品が廉価版で出ています!】
DVD ハリー・ポッターと賢者の石

DVD ハリー・ポッターと秘密の部屋

DVD ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

 



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月28日

24 -TWENTY FOUR- シーズンIV(2005年)その2

テーマ:海外TVドラマ

2005年11月25日発売、24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス を購入してあったので、この土日を使って一気に鑑賞。土曜日に4巻まで見たので、残りは5~12巻だ。昨晩、全て見終わっていたのだけど…さすがに疲れがどっと出て、ブログで感想を書く気になりませんでした(笑)。

この作品に関しては、あえてあらすじなどは書きません。詳しく知りたい方は、公式サイトの、エピソードガイド (ネタバレ注意)でも見てくださいね!

凄かったですね~。国防長官の誘拐から始まったテロリストたちのアメリカへの攻撃。自分が一番ドキドキしたのは、第三段階くらいかな?空で偉いことになったあたり。個人的にはあの辺が、一番盛り上がったかもしれない。そこまでするか?って感じでしたよね…。その前のフリで(某007シリーズに似た話があったなぁ)…テロリストたちのターゲットは予想ついたんだけど、まさかね…実行するとは。

その後にも、まだまだ大仕掛けが用意されていたが、自分の中ではあそこがピークだったかもしれない。

パーマーや他の大統領とは大違いな新大統領のマヌケぶりは、意外と面白いですね。なんか、マイケル・ムーアの「華氏911」で、テロの第一報を聞いたブッシュが呆けている表情を思い出した。テロリストだけでなく、新たに他の国にも喧嘩ふっかけちゃって…大事になるっていうのも凄かったね。必要悪のつもりが、暴走しすぎて、悪になってしまう。なんか、無能な政府を皮肉っているのがよく伝わってきます。

とんでもない結末になったけど…既に本国アメリカでは放送が決定しているシーズン5に、どうやって物語をつなげるのか興味津々。

それよりも…やっぱキムが出てこないのが寂しいですね。トニーをはじめとする他のレギュラー陣に関しては、満を持して登場したといういう、カッコイイ見せ場が用意されていて…途中参加にも関わらず、一気に作品に溶け込んでしまうのは凄いな。トニーなんて、シーズン1を見た時には、嫌なオッサンだなぁって思っていたんだけど、段々魅力的になってきたよね。だけど…シーズン5に出番があるかは、なんだか微妙だった。

前作で、ニーナやパーマーの嫁さんといった、悪女2人が消えちゃったわけですが、テロリストに加担する女殺し屋として、あの女が再登場しましたね!あのふてぶてしい面構え…そして美貌と色気を兼ね備えた魅力的なキャラクター。今までのシリーズでもちょっくら顔を覗かせていた女殺し屋マンディ。ニーナを越える悪女ぶりを発揮して欲しいと、今後の活躍に期待だ。なんか、これからも登場するような描かれ方していましたもんね…。

製作総指揮:ジョエル・サーノウ ロバート・コクラン
出演:キーファー・サザーランド カルロス・バーナード メアリー・リン・ライスカブ ウィリアム・ディヴェイン

【DVDソフトの購入】
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

24 -TWENTY FOUR- シーズン1~4 コンプリート・パック (Amazon.co.jp仕様)

24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月26日

24 -TWENTY FOUR- シーズンIV(2005年)その1

テーマ:海外TVドラマ

2005年11月25日発売、24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス を購入してあったので、この土日を使って一気に鑑賞しようと見始める。とりあえず、第4巻の「14:00」まで見終わったところだ。このペースでいけば、明日の夜には見終わっているかな?今日は徹夜覚悟で、ジャック・バウアーにお付き合いするつもりなんだけど、ちょっと休憩。

CTUのLA支部長ドリスコルに、ヘロイン中毒を咎められ、CTUを追い出されたジャック・バウアーは…現在では国防長官の片腕として働いていた。さらに長官の娘ヘラーとは恋仲に。ある日、長官の代理で古巣のCTUを訪れるジャックだったが、CTUは大物テロリストが関わっているとみられる…列車爆破事件の捜査の真っ最中だった。(第一話「13:00」の冒頭部分)

第一話は、前にツタヤオンラインで当てたスペシャルプレビューDVDで見ているのだが、再鑑賞した。ほんと1話だけ見ちゃったのはいいけど、本当にいいところで終るからさ、セル版発売までの数ヶ月が非常に長く感じましたよ。

で、4巻目までくると、1巻で起きた事件なんてもう過去の話だよ(笑)最初の山場は過ぎ…次なる難題の全貌が明らかになったあたりですかね。今回も、二重、三重の大仕掛けがしてあります。きっとこの後も、どんどん話は膨れ上がっていくことでしょう。相変わらず、ジャックのいくところトラブルだらけで、次から次へと事件が起きる。やりすぎだろうジャック~とかつっこんでいる間に、またまた事件がぁ。その繰り返しです。

今までと同じようなミスをしでかすCTU&ジャック・バウアーに…冷静に見ちゃうと、ちょっと待てよという風になっちゃうのですが、勢いで見るには、今回も楽しくてしょうがないですね、このシリーズ。でも、見知った顔が、CTUメンバーのクロエしかいないんだけど…そのクロエも途中退場のピンチ?他のキャラクターは、セリフの中には登場するのだが(まだ)出てくる気配もなく、ちょっと寂しい。と思っていたら…唐突に“あの男”が出てきやがった。カッコよく登場したわりに…え~、ドラマで描かれていない間に、そんなことになっていたのーと笑わせて、いやいや驚かせてくれる。

既にレンタル版は出回っているわけで、見終わっている人も多いと思うのだけど…なかなか借りれなくて間が開いちゃったり、順番に借りれなかったりデ、非常にテンションが下がってしまう危険もあるよね。やっぱ、このシリーズは一気に見てなんぼだよ。高い金払ってBOX買っているセル版DVDの特権でしょうね。やめられない、とまらない…かっぱえびせん状態で、ここ数時間はDVDに釘付けになっております。

このシリーズ情報を仕入れちゃうと全く面白くないのだ。だから自分も、このブログを偶然見てしまった人の為に、この作品に関しては詳細に語るのは控えようと思う。最後まで見終わった時に、キャラクターや全体の話は振り替えようと思うけど。

ということで、長ったらしい文章を読んでも、何も肝心なことは書いていませんで、スイマセンねぇ(笑)知りたい人は、ネタバレ全開で語っているほかのサイトさんをお探しください。下手をすると、DVDジャケットの裏のあらすじ読んじゃっても、つまらなくなるから…自分も初めて見る時は情報をシャットアウトしようと心がけている。今回も…ネットや雑誌などでも極力、あらすじっぽいものは読まないようにしてきた。

とにかく、今回も凄いことになっているという雰囲気だけでも伝わればいいかなぁ…。ではDVD鑑賞に戻ります。

製作総指揮:ジョエル・サーノウ ロバート・コクラン
出演:キーファー・サザーランド カルロス・バーナード メアリー・リン・ライスカブ ウィリアム・ディヴェイン

【DVDソフトの購入】
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

24 -TWENTY FOUR- シーズン1~4 コンプリート・パック (Amazon.co.jp仕様)

24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月25日

隣人13号(2004年)

テーマ:邦画

2005年11月25日発売、レンタル開始の新作DVD「隣人13号」を鑑賞した。原作は読んでいないのだが、大好きな三池崇史監督が俳優として出演しているというから、ソフトを購入しました。フィギュア付きのBOX版も同時発売していますが、そこまで予算がないので、通常版で我慢。

かつて虐められっこだった村崎十三は、相手に復讐するために戻ってきた!その相手、赤井トールと同じアパートにこっそり住みはじめ、同じ職場に就職し…ジワリジワリと近づいていく。普段は虫も殺せないようなおとなしい十三だが…ひとたび彼の体内に宿っている別人格の13号が表に現れると、容姿も変わり、凶暴性を増してしまう。13号の暴走を抑えようとする十三だが…。

二重人格を二人一役で演じるアイデア…イケメン俳優・小栗旬が中村獅童に変身!日本版“超人ハルク”なこの男…かなり激ヤバですね。壊れている役が十八番の中村獅童も、ここまでキテルのは珍しい。“今あい”のただのバカとは比べ物にならない、壊れっぷりにただただ息をのむばかり。子供が泣き叫んでいるシーンなんて、本当に虐めているんじゃないかと思ってしまったが…あのメイクで中村獅童が立ってるだけで、普通の子供だったら脅えるわなぁ。ニュースでは子供が犠牲になっている猟奇的な殺人事件が報道されているので、あまりこんな映画を誉めちゃまずいかもしれないけど、すげーです。

一見、マニア向けのただのバイオレンス映画にも見えるが、実はいじめ問題と…都会ではありがちな得体の知れない隣人への恐怖という、メッセージ度は高い映画だと思うなぁ。今は家庭をもって、のうのうと暮らしている大人で、この映画を笑って見れない人はけっこういる筈だ。優等生だった奴らに限って、いじめの一つや二つは身に覚えがあるはずだ。オイラだって、今考えると…○○くんにやった、軽い悪戯を…今でも根に持たれていたらどうしようって思う時があるからね。家族を守るには、他人を信用しちゃいけないってことなのかなぁ?

お目当ての三池監督…出番はあっという間。まぁ、友情出演だからそんなもんか。でも、いい死にっぷりでしたね。その他、キャストの皆さん、みんなクセモノばかりで演技を見ているだけでも楽しい。パフィーの片割れが出ていましたが、これがなかなか元ヤンキーの今風なママさんを上手に演じていた。旦那役の新井浩文に馬乗りになるところは、けっこうリアルでHっぽかった(別に脱いでないけど)。子供が服を引っ張るたびに、ポロって見える肩がセクシーだったりする。なんか人妻の色気っていうのがよく出ていました。

ミュージックビデオやCM界では有名な人が、初めて劇場映画に挑戦ということだったので…実はその手の異業種監督にありがちな、映像だけカッコイイ、ジコチュー映画かと思いきや、意外とシンプルな映像で、しっかりと見せる。淡々とした語り口調が、恐怖心をあおる。

似たようなバイオレンスコミックを映画化した、三池監督の「殺し屋1」より、リアルに怖かったです。「殺し屋1」は、危ないヤツラばかりで…恐怖を通り過ぎて、それこそ笑うしかないような状態まで登りつめていたからなぁ(笑)

監督:井上靖雄 原作:井上三太
出演:中村獅童 小栗旬 新井浩文 吉村由美 石井智也 松本実 村田充 三池崇史 劇団ひとり

【DVDソフトの購入】
DVD 隣人13号
DVD 隣人13号 SANTASTIC ! BOX



【バイオレンスといったらコレかな?】
DVD 殺し屋1 特別プレミアム版
DVD 殺し屋1 THE ANIMATION EPISODE 0


アニメ版では三池崇史が、なんと声優に挑戦しています!!!!




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月24日

ハサミ男(2004年)

テーマ:邦画

2005年11月10日レンタル開始、25日発売の「ハサミ男」を鑑賞した。これは、出たばかりの頃に原作を読んでいるのだが、よく映像化したなぁというのが正直な感想だ。小説特有のある仕掛けが、一番の読みどころだった作品だけに…映像にしちゃったらつまらないだろうと思ったのだが、脚色と演出で…なんとか乗り切っている。大好きな麻生久美子が出ていなかったら、レンタルで済ませちゃったかもしれないが…DVD買ってしまいました。

美しい美少女ばかりを狙った連続殺人…。凶器は鋭利なハサミで喉を一突き!マスコミは犯人に“ハサミ男”というあだ名をつけて騒いでいた。 次の獲物を物色中の“ハサミ男”は…自分の事件を真似た犯行に遭遇。誰もが、“ハサミ男”の新たなる犯行だと勘違いしているが…その事件の犯人は別にいるのだ。“ハサミ男”による真犯人探しが始まった。

小説を読んだ時と同じように、映像でも観客を驚かすために、設定にも手を加えてある。クライマックスに至っては、その分、映画としてまとめの悪さが目立ってしまった印象。トリック自体は、なんとか成立していたが、驚かすためというよりは…“ハサミ男”の内面を描くための演出手段の一つといった効果の方が大きいように感じる。勘違いした人は、トリックが分かったと得意げに吹聴したいだろうが、それは恥ずかしいのでやめたほうがいいです。ということで、原作の面白さには及ばないのは仕方がないことです。この原作を映像化したというチャレンジ精神に、よく頑張ったでしょうと二重丸(◎)くらいあげてもいいかな?決してハナ丸ではありません。

最近の、この手の映画だと、やたらと派手な映像にしてしまいがちだが…低予算を逆手に取ったような古臭い映像にしているあたりが、自分は、いかにも推理小説の映像化だなって気分になれて好感が持てた。ちゃんとフィルムで撮影していたしね。

既に子供もいる、三輪明日美が女子高生役で、被害者の友達として出てきたので、すげ~って思った。明日美ちゃん、やりますね!と思ったら、久美子ちゃんまで…女子高生姿で登場(笑)こういうところは、意外な拾い物でしたね。あとパジャマ姿も素敵でした、久美子ちゃん。麻生久美子&三輪明日美的満足度80点!

豊川悦司が途中から武田鉄矢(金八)に見えてきたのは気のせい?特にあの写真のトヨエツ…どうみても金八だよ。

監督:池田敏春
出演:豊川悦司 麻生久美子 阿部寛 斎藤歩 樋口浩二 石丸謙二郎 小野みゆき 三輪明日美 

【DVDソフトの購入】
DVD ハサミ男





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月23日

山猫は眠らない3 決別の照準(2004年)

テーマ:洋画

2005年11月23日発売、レンタル開始の新作DVD「山猫は眠らない3 決別の照準」を鑑賞した。作って欲しいと思っているとなかなか続編を作らないくせに、11年ぶりにパート2をつくって(B級になって帰ってきたと思ったら)…間を空けずにパート3ってどういうことよ?前作は、1作目の重厚さは感じられなかったが、懐かしさも手伝いそこそこ面白く見れたこのシリーズ。やっぱりパート3もソフトを買ってしまいました。

一時期は除隊していた海兵隊の凄腕スナイパー、ベケットは…実績を買われ復職していた。ある日、NSA(国家安全保障局)から、暗殺の任務が命じられるのだが、なんとそのターゲットは、かつての戦友であり、命の恩人であるフィネガンだった。ベトナムで死んだと思われていたフィネガンは…現地でドラッグや銃器の密売を行う組織の大物になっていたのだ。戸惑いながらも任務を引き受けたベケットは一人でベトナムのホーチミンへ向かう!

とってつけたような設定ではあるが、ベケットの知られざる過去を題材にし、今までにないベネット本人に迫る人間ドラマを絡ませたことによりパート2より物語に深みが出て面白くなっている。パート2では、やたらとアクションが派手になっていたが(「ザ・ロック」と「スターリングラード」を一緒に見ているような気分だった)…今回は意外とアクション度は低め(予算が少なかったので、監督自身がアクション指導も兼任したとメイキングで語っていたし) 。ただし…メインとなる狙撃シーンに関しては新しいアイデアで、きっちりと見せてくれるので、満足度が高い。テクニックもそうだが、ドラマと連動した設定が上手に生かされている。

スティーブン・セガールの「沈黙の聖戦」に続き、この手のアクション映画の引き立て役としては無難な、香港出身のバイロン・マンが、トム・ベレンジャーの相棒を務めていた。TVシリーズの「ダークエンジェル」で刑事役をやっていた俳優さんで…正義感が強そうな、いい人っぽいアジア人を演じるのが上手い(もちろん悪役を演じることもあるが)。肉体派アクションもそれなりに見せてくれるので、けっこう魅力的な脇役俳優だ。

さすがに、パート3まできちゃうと…いよいよトム・ベレンジャーも、他に出る作品がなくなってきたのかな?って心配になり、本当はそんなに期待していなくて、とりあえずシリーズものだからチェックしていた程度なんだけど、自分の中では安心して見ていられるアクション映画だった。さすがにパート1は越えていないけどね、2よりこちらの方が好みです。

監督:P・J・ピース
出演:トム・ベレンジャー バイロン・マン ジョン・ドーマン デニス・アーント ジャネッタ・アーネット 

【DVDソフトの購入】
DVD 山猫は眠らない3 決別の照準

DVD 山猫は眠らない2-狙撃手の掟ー

DVD 山猫は眠らない



やっぱり1作目が最高です。相棒は「タイタニック」で有名になったビリー・ゼインでした。



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月22日

やっぱ買っちゃうよねエピソード3…

テーマ:お薦めDVD


2005年9月23日発売、レンタル開始の新作DVD「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」を、いつものように1日早く買ってきました。劇場で見ているので、まだ全部は見直していないのだが…音と画質のチェックだけは、ちょこちょこっと済ませてみた。

さすが、サラウンドEXの本家だけあって…DTSじゃなくても、めちゃめちゃ迫力のある音を聴かせる。冒頭の共和国のデッカイ戦艦が、画面を横切っていくところなんて…ゴーゴーとウーハーが唸っていた。間髪を入れずに始まる戦闘シーンも、音が目まぐるしくサラウンドして聴き応え充分だ。とりあえず、後半までスキップして…ライトセーバーによるチャンバラシーンを見たのだけど、やはりこちらもブンブンと低音が物凄かったなぁ。いや~、音だけでもお腹いっぱい(笑)えっ、内容もちゃんと見ろよって?

エピソード1の頃って、実は画質も音もあまり出来の良いものではなく、通なマニアの間では、LD版の方が評価が高かったりもした(さすが、パイオニアの最後のお祭りLDって感じだよね)のだが、今回は充分、画質も綺麗だったなぁ。フルデジタル撮影ということだが…DVDで見ても、フィルムの質感に迫る、デジタルっぽさを感じさせないところまでようやくきたかなって印象?

サラウンドEX、フルデジタル撮影…ルーカスの拘りみたいな映画ですからねぇ。

正直、映画の出来なんてそんなに誉めたもんじゃないし…物語も分かりきっているのだけど、完結したというのがなによりも嬉しい映画。DVDも全部揃った、エピソード1~6のソフトが自分のソフトラックに並んでいるというのが非常に嬉しいのだ(笑)しっかりと見直すのは、エピソード1~2を見直してからかな?暇をみつけて新旧三部作を一気に見たいなぁって思いますよ。

そうそう、せっかくなので…このDVDを視聴する前に、皆さんも音声チェックくらいしましょうね。セットアップメニュー内のTHXのロゴマークを選択すると、サラウンドとモニターの簡単なチェックができるようになっています。 自分のウチのホームシアターが、しっかり接続できているのか?確認してからじゃないと…せっかくのDVDソフトが泣きますよ。

公開時の感想ではこんなことを書いていた(あまり印象変わっていない)⇒クリック

【DVDソフトの購入】
DVD スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

DVD スター・ウォーズ トリロジー リミテッド・エディション (初回限定生産)

DVD スター・ウォーズ コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)



旧三部作なんて、さんざんDVD化するの渋っていたくせに(最初の噂じゃ、エピソード3が完結するまで出さないとか言ってたんだよルーカス。昔はDVD嫌いだったらしいのだが、技術の進歩で、コロっと意見が変わったらしい)、一度出したら、最初の限定という言葉はどこへやら…再版の繰り返し。結局、廉価版まで出ちゃいましたねぇ。最初に買ってしまった人たちからは、ふざけるなって言葉も出てきそうですが…これもSW教の信者の獲得、布教の為だと思って我慢しましょう(爆)そんなことで、まだSWのDVDを持っていない方は、この機会に全部、買っちゃったらいかがでしょうか?DVDプレーヤー、ホームシアター持っているのにSWを持っていな奴は、もぐりだぜぇ(笑)



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月21日

ザ・リング2(2005年)

テーマ:洋画

2005年10月28日発売、レンタル開始の新作DVD「ザ・リング2 完全版」を鑑賞した。相変わらず評判悪かったので、劇場で見なかったんだけど…1のDVD持っているし(日本版のシリーズも一応揃ってる)、2も買わないとなぁって思って、発売日に買ってあった。でも結局…見るのを伸ばし伸ばしにしていて、なかなか見なかったのさ。

サマラの恐怖が去ってから6ヶ月…とある田舎町に引っ越してきたレイチェルとエイダン親子。地元の小さな新聞社に職を見つけ、平和な日常を楽しんでいたのだが…そこへ高校生の怪死事件の報を受ける。まさかと思い、現場に駆けつけるレイチェルが見たものは…。そして愛息エイダンの身にも、異変が起きはじめる。

ブームの火付け役となった日本版の中田秀夫監督が抜擢され、わりと日本版に忠実だった前作とは違い、単なる「リング2」のリメイクにはしないというアメリカ版の「ザ・リング2」。完全版ということで、DVDは劇場版より18分長いということだが、これがさらに状況を悪くしているんじゃないか?劇場版は見ていないが…とにかく間延びしてしまい、退屈で、恐怖なんか全く感じない。

“リング”の世界観を借りただけの、安っぽいB級ホラーだよね。中田秀夫の狙いはそこだったのか?まったく、こんな映画に“リング”の名前をつけるなんて…鈴木光司に失礼だよ。今後は、ハリウッド版の「ザ・リング」2作品を、サマラに改題してくれって感じです。それなら許せるかも。

同じくホラーでハリウッド進出を果たした「呪怨」の清水崇の方が、ハリウッドというものに気負いを見せずに、マイペースで挑んだ分、面白さがストレートに出ていた。

正直な話…原作の「リング」「らせん」をビクビク、ドキドキしながら読んだ思い出があるので、日本版の1作目でさえ、面白さが伝わってこなかった。主人公を女にしてしまったというのが、映像版リングの致命的なミスだと思うんだよね…あれで安っぽいハリウッドホラーみたいになってしまったのだと思う。原作を忠実に映像化した1995年版の単発ドラマ版「リング」(後に作られた連続ドラマとは別)みたいに、もう少し忠実に映像化すればいいのに…。ということで、個人的に、一番好きなシリーズは…飯田譲治監督の「らせん」なのさ。あれが本当のパート2だからね、それ以外の続編はみんなバッタモンさ!

中田秀夫が監督しようが、ハリウッドがいくら金かけようが、鈴木光司の原作を初めて読んだ時の、恐怖と昂揚感は得られない。やっぱり、映像になっちゃうと、“リング”は怖くない。

まぁ、ここまで貶したけれど、全くつまらないかというと、それなりに楽しんだ部分もある。ナオミ・ワッツとシシー・スペイセクの共演など、それこそホラー映画ファンにとっては思わずニンマリだろう。リック・ベイカーのメイキャップとかは迫力あるしね(ただ、呪いのビデオとか、サマラ出演シーンは、映像がクリアー過ぎて、怖さ半減…見せないで怖がらせるのも演出力の見せ所だろう)。

DVDは、DTS音声などが収録してあるので…サラウンドは適度に楽しめます。四方八方から、音が漏れ聴こえてきてなかなかリアルでしたよ。

監督:中田秀夫
出演:ナオミ・ワッツ サイモン・ベイカー デイヴィッド・ドーフマン シシー・スペイセク

【DVDソフトの購入】
DVD ザ・リング2 完全版 DTSスペシャル・エディション

DVD ザ・リング & ザ・リング2 ツインパック





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月19日

ピアノを弾く大統領(2002年)

テーマ:アジア映画


2005年10月28日発売、レンタル開始の新作DVD「ピアノを弾く大統領」を鑑賞した。人気女優のチェ・ジウと…ベテラン俳優アン・ソンギによるラブコメ映画だ。

国語教師のウンスは、破天荒な性格から、トラブル続きで、どの職場も長続きしない。そんなウンスが赴任したばかりの新しい学校で、問題児のヨンヒに遭遇!なかなか言うことをきかないヨンヒに、親に言いつけると連絡先を訊ねると…出た相手はなんと現職の大統領だった。最初こそ驚きを隠せなかったが、怖いもの知らずのウンスは、例え相手が大統領だろうと…生徒の父親として普通に接していく。一方、大統領の方も、まったく飾らないウンスに、興味を抱いていく…。

「アメリカン・プレジデント」や「ラブ・アクチュアリー」を、よりいっそう「プリティ・ウーマン」チックにした、ハリウッドかぶれの、アホくさいラブコメですね~。劇場で「親切なクムジャさん」を見たばかりなので…同じ韓国映画でも、こうも、内容に落差があるのかと、正直ガックリしてしまいました。「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本を担当しているというから、納得の内容ですよね。韓流、韓流って騒いでいる人たちには、こんなんでもいいんでしょう。 

さすがアン・ソンギあたりのベテランになると、こういうアホな役でも、しっかり演技で見せちゃうから、なんとか最後まで我慢して付き合えるのですが…正直、キツイ部分もある。いくら生徒の為とはいえ、チェ・ジウ扮する教師が万引きなんかしちゃう場面が平気で出てくるのは、問題ありだろう。ちゃんと謝りにいくとか、そういうフォロー的な描写でもあればいいのだが、ソレもなし。大統領といち教師の熱愛をすっぱ抜かれる前に、素行不良の娘がスキャンダルになるだろうってツッコミは御法度かい?そういう、その場しのぎのお気楽映画なんだよね。

「MUSA-武士-」に出ている時のアン・ソンギとかけっこう好きなんだけどね…なんかニヤケ顔の庶民的な大統領(「ラヴ・アクチュアリー」のヒュー・グラントと同じくらい説得力がない)を演じている姿は、斉藤洋介 みたいだった。そういえば、チェ・ジウってさ、テレビ朝日の大下アナ に似ていると思うのはオイラだけか?

監督:チョン・マンベ
出演:アン・ソンギ チェ・ジウ イム・スジョン

【DVDソフトの購入】
DVD ピアノを弾く大統領


【この手のラブコメにソックリかな…】
DVD アメリカン・プレジデント

DVD ラブ・アクチュアリー

DVD プリティ・ウーマン 15周年記念特別版

DVD ノッティングヒルの恋人





人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。