↓eigasukiの読書忘備録↓

http://ameblo.jp/eigasuki2/


Google




Web を検索
ブログ内を検索
















1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年08月31日

絶対少年(2005年)

テーマ:アニメ(TV・OVA)/特撮

また、新しいアニメのTVシリーズをDVDで見始めてしまった…2005年8月26発売、レンタル開始の新作DVD「絶対少年」の第1巻だ。バンダイビジュアル のホームページに、「魔法の天使クリィミーマミ」の望月智充&伊藤和典が久々にコンビを組んだと説明が書いてあったので、ちょっと気になってしまった作品だ。このブログを書き始めたころ、たまたま近所のブックオフで、クリィミーマミの中古LD-BOXを格安でGETし、鑑賞中であること、さらに昔からクリィミーマミが好きだったことをカミングアウトしていたのですが(笑)、そんな望月&伊藤コンビによる新作なんですから見たいに決まっているじゃないですか!もちろん望月監督の「めぞん一刻 完結編」「きまぐれオレンジロード あの日にかえりたい」「海がきこえる」が大好きだし、伊藤さんは「機動警察パトレイバー」をはじめ、数々の押井守作品、平成ガメラシリーズなどで、めちゃめちゃお世話になっている名脚本家だ。

両親の離婚で、離れて暮らしていた父の住む田舎町・田菜で、ひと夏を過ごすため、都会からやってきた逢沢歩は、母親に買ってもらったマウンテンバイクにまたがり、町を彷徨っていた。馴れ馴れしく接してくる、一風変わった住民たちを疎ましく思いながらも、なんとなしに触れ合う日々が続く。ある日、川原で遊ぶ、不思議な少年わっくんと出会うのだが…。

なんか、1巻に収録されている3話まで見ても、話が全然見えてきません。非常にスローリーな物語展開で、正直言って、面白いのか、面白くないのかも、まだ判断できない状態です。たぶん、SFファンタジーな内容なんだろうけども、それすら定かではない。ただ、何か惹かれるものがあるんだよね。なんだろう、このノスタルジックな世界は…。 熱海の山の中にひっそりと住んでる(押井守のお隣さんらしい)伊藤さんならではといった、不思議な世界です。パトレイバーに出てきた埋立地並に際立つ、ポツンと一軒立ってるコンビニ風商店とか、寂れた別荘地、地元のケーブルテレビといったリアルな田舎の設定の中で繰り広げられるまった~りとした物語、スローテンポでズレた会話が、非常に心地よく感じます。会話の中に登場する固有名詞一つとっても、なんか不思議だし。

ほんと、自分が子供の頃、無駄に過ごした、夏休みという不思議な時間を…懐かしく感じさせてくれる作品。

和製「ロズウェル 」でもやりたいのかな?それとも「黄泉がえり」とかそういうパターンだろうか?おいおい、わっくんの正体とか明かされると思うんだけど…やっぱ宇宙人かな?あの蛍みたいな光る物体…実は妙にメカニカルなデザインなんだけど、いったいなんなんだ!?ほんと、ぜんぜんわからないです。

とりあえず、望月智充&伊藤和典の特徴は非常によく出ているアニメです。なんだかわからないんだけど…これは絶対に自分が好きになれる作品だと核心しました。とりあえず、来月リリースの2巻を待ちたいと思います。

監督:望月智充 原作・脚本・シリーズ構成:伊藤和典
出演:豊永利行 三橋加奈子 斎藤千和 斉藤恭央 清水愛 加瀬康之 竹内順子

【DVDソフト&ノベライズ小説の購入】
DVD 絶対少年 1
DVD 絶対少年 2(予約)
DVD 絶対少年 3(予約)
書籍 絶対少年―妖精たちの夏~田菜



【こんなのもいかがですか?】
DVD 魔法の天使クリィミーマミ コレクションBOX(1)
DVD 魔法の天使クリィミーマミ コレクションBOX(2)
DVD 魔法の天使クリィミーマミ コレクションBOX(3)
DVD 海がきこえる
DVD 劇場版めぞん一刻 完結篇



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月31日

香港国際警察 NEW POLICE STORY コレクターズ・エディションを楽しむ!

テーマ:お薦めDVD


2005年8月26日に発売になったジャッキー・チェンの最新作「香港国際警察 NEW POLICE STORY コレクターズ・エディション」を購入してあったので鑑賞した。映画の方は劇場公開時に一度鑑賞済みなのだが…久しぶりにDVDで買いたいと思ったジャッキーの新作。本編のみの通常版DVDもリリースされたが…ここはやっぱり2枚組みの初回限定を買わないといけないだろうということで、コレクターズ・エディションをチョイスした。作品の評判が良いのは既に周知の事実だろうし、自分も劇場公開時の感想で誉めたので、ここで繰り返すこともないでしょう。今回はDVDソフトとしての評価を中心に感想をまとめてみようと思う。

本編DVDだが…オリジナルの広東語はドルビーデジタル&DTSのダブル5.1ch。もちろん、石丸博也氏の日本語吹替え版もドルビーデジタル5.1chで収録されているのでご安心ください。自分はやっぱり音質重視ということで…DTS5.1chで本編を視聴した。先月鑑賞した「カンフーハッスル」のSUPERBIT版DVDにも驚いたが、ようやく日本で発売される香港映画も…ハリウッド大作並のクオリティで味わえるようになってきたと、かなり嬉しい。SUPERBITほど、ズバ抜けてはいなかったが…サラウンドも画質も満足のできるレベル。ちょっと聴き比べた感じだとDTSとドルビーデジタルでは、そんなに大差はなかったものの…アクションシーンなどで頻繁に登場する、ガラスの砕け散る音なんかを聴き比べてもらうと、DTSの鮮度の方がかすかに上回っている印象。ジャッキーがアクションを繰り出すたびにバシッ、バシッと唸る擬音の数々、派手な銃撃戦や爆破シーンも、サラウンドの聴き所だろう。セリフはアフレコじゃなくて、同時録音なのかな?かなりシンクロも綺麗で自然な雰囲気だったのも…印象に残った。

さて、映像特典ですが…メイキング映像や、メインキャストの単独インタビュー、別バージョンエンディング、ミュージックビデオ、ジャッキー、ニコラス、ダニエルの来日時の記者会見&インタビューなどが収録されている。その中でも特に面白いのは“潜入!ジャッキー・アクションの全て”という映像。

“潜入!ジャッキー・アクションの全て”に関しては、ジャッキーの演じたアクションシーンを中心とした30分くらいの映像特典で、ただ…メイキング班が撮影した素材を繋いだだけの、特典としてはかなり質素な印象を受けるものなのだが、本編とほぼ同じ順番に構成されているので、見やすかった。これを見ると…本編では、めちゃくちゃローアングルの引き画で本人かどうかも判別できないのに、ジャッキーほか、メインキャストがちゃんとスタントアクションを演じているのがよーくわかります。香港アクションの凄さですよね、こういうところは。CGじゃなくて、マジで爆発してますからね、ジャッキーの真後ろで。エンディングで流れたNG集の別アングルとかもあって、なかなか面白い。あと、ちょっと気になったのが…本編ではカットされていた、コンベンションセンター内での、スティーブ・フォンらしき人物のアクションシーン。えっ、スティーブ・フォン出てた?と、慌てて映画舘で買ったパンフとか見直したんだけど、やっぱり名前は発見できず。見間違えかもしれないけど、もし本当にスティーブ・フォンだったら、そこそこ人気のある俳優の出演シーンをバッサリカットしてしまうなんて、凄いなぁ。香港映画に精通しているファンの方で、この特典映像をご覧になった方、どなたか教えてください。その前に、本編、もう一回見直してみよう、どっかに写ってるかな?

“メイキング・オブ・香港国際警察”は、上で紹介した“潜入!ジャッキー~”との重複映像も多数あったが、合い間合い間に出演者のインタビューが編集で挿入されている。たぶん、香港で流れたTVのメイキング番組か何かの映像なんでしょうね。収録時間は15分くらい。で、ここで使われていたと思われるインタビューの素材が、スタッフ&キャストの単独インタビューという形で収録されている。

あとは、来日記者会見の様子 も詳細に収録されていたし、その時に撮っておいたらしいDVD用の日本独占メッセージなどもある。他にもいくつか、細かい特典があったが、自分も全部見たわけじゃないので、紹介できるのはこんなところかな?

ジャッキーファン、香港映画ファンだったら…定価で650円くらいしか違わないので、早めに初回限定のコレクターズ・エディションをGETしておくことをお薦めします!?

【DVDソフトの購入】
DVD 香港国際警察 NEW POLICE STORY コレクターズ・エディション (初回限定生産)

DVD 香港国際警察 NEW POLICE STORY (通常版)



【やっぱり旧作も見ましょうよ!】
DVD ポリス・ストーリー 香港国際警察 デジタル・リマスター版
DVD ポリス・ストーリー2 九龍の眼 デジタル・リマスター版
DVD ポリス・ストーリー3 デジタル・リマスター版
DVD ポリス・ストーリー DVD-BOX




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月30日

ウィンブルドン(2004年)

テーマ:洋画

2005年8月26日発売、レンタル開始の新作DVD「ウィンブルドン」を鑑賞した。30歳を越えたさえないテニスプレーヤーが、恋とテニスで成功を勝ち取るというラブコメ。ポール・ベタニーとキルスティン・ダンストが主役なのだが、お互いに“老け顔”なので、意外とつりあいがとれている印象だ。なかなかのキャスティング(笑)

今季大会で引退を決意したベテランテニスプレーヤーのピーター…第二の人生はオバさま相手のテニスコーチの仕事が待っている。大会に出場のため、ホテルにチェックインした際に、フロントのミスで、部屋を間違えてしまったのだが…なんとその部屋は、人気と実力をかねそろえる若手女子プレーヤー・リジーの部屋だった。偶然、鉢合せしてしまった2人は、お互いに惹かれ合っていく…。

映像的には、日本の「ピンポン」(窪塚の映画)をテニスにしてみた~って感じで、内容はラブコメ+「逆境ナイン」(笑)ピーターはもう後がないのに、女のことでイジイジして、プレーに集中できないんですけど、適当な理由を心でつぶやき、試合の流れを変えていく。でも…実力より運みたいなところは、やっぱり「逆境ナイン」っぽい展開だな。

キルちゃん扮する女子プレーヤーのリジーだが、ジャッジに不服だった彼女は、股間にラケットを挟んで審判を挑発したりして、なかなかのアバズレ姿を見せてくれる。リジーが元恋人らしきイケメンの若手スター選手から、“尻軽女”と罵られたりするのだが…プライベートでの恋人(ジェイク・ギレンホール)とのSEX話を堂々と告白するキルスティン・ダンスト に、意外とお似合いのキャラクターだったりして笑える。

「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」のスタッフが手がけているというのが宣伝されていたが…ラブコメ話の方は、さえないヤツと人気者が結ばれるみたいに「ノッティングヒル~」的なベタな話だけど安心して見ていられます。そう考えると、ヒュー・グラントでも、なんか成立しそうな映画?

DVDを5.1chで再生するとテニスコートにパコーン、パコーンと響き渡る、ラケットを打つ音が意外と爽快。「マトリックス」の弾丸のように…テニスボールが突き抜けていく感じがいい。スタジアムの歓声も臨場感があり、観客のウエーブが、ちゃんとサラウンドしたりして、音声面はそれなりに聴き所があって楽しい。


監督:リチャード・ロンクレイン
出演:キルステン・ダンスト ポール・ベタニー ニコライ・コスター=ワルドウ ジョン・ファヴロー サム・ニール 

【DVDソフトの購入】
DVD ウィンブルドン


【テニスといえば…やっぱコレ?】
DVD 劇場版 エースをねらえ!
DVD エースをねらえ! DVD-BOX


人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月29日

コックリさん(2004年)

テーマ:アジア映画


2005年8月26日発売、レンタル開始の新作DVD「コックリさん」を鑑賞した。日本でもお馴染の心霊現象を描いた韓国のホラー映画。劇場で見逃しちゃったんで、なんとなしにレンタルで借りてきた1本。監督は「ボイス」のアン・ビョンギ監督。

転校生のユジンと2人のクラスメイトは…イジメに耐えられず、コックリさんで相手を呪い殺そうとしていた…。翌日、ユジンが学校へ行くと、本当にイジメをしていた生徒の一人が、死んでいたのだ。さらに、それだけでは止まらず…ユジンたちが呪いをかけた他の生徒たちも次々と死んでいくのだった…。

映画が始まった途端、コックリさんの儀式が開始され、幽霊は出てくるは、人が死にまくるはで、なかなかの好スタート。本編時間を見ると1時間30分程度だったので…これはテンポよく作品が進むのではないかと、ちょっと期待させられてしまったのですが、途中から、ユルユル映画になっていく。

ちょっと待て、とにかく秘密が複雑すぎるよ!怖がる前に、ストーリーや人物関係を追っかける方が大変だぁ。もっとシンプルにいこうよ!オチを喋って、馬鹿にしまくりたいのですが…それはルール違反ですからね、やめておきましょう。コックリさんというより、「キャリー」とか「炎の少女チャーリー」とかスティーブン・キングでもパクリたかったのではないだろうかと、変な邪推をしてしまった。

なんか、量産した三輪ひとみみたいに…相変わらずホラー顔な美少女がいっぱい出ていました。呪われてイっちゃってる顔、恐怖に脅えている顔…映画の中であんたらの顔が一番怖いですから~!? 残念(って、ネタ古いよ)けっこう女優さんたちは…今までのアン・ビョンギ作品で見たことある人が多かったですよね?例の子役とかも…。マイ・ベスト・ガールは…担任教師の知り合いで、霊媒体質のおねーちゃんやっていたチェ・ジョンユンかな?この人も、他の作品で見たことがある。

映画の内容は期待はずれだったんですけど…DTS-ES音声が収録されているので、サラウンドはなかなか面白かったです。音がよく動いてますし…足音とか、本当に隣の部屋で誰かが歩いているのかと思ったくらい(笑)サラウンド好きの方、内容はショボイので、ぜひレンタルで試してから購入に踏み切りましょう!レンタル版もちゃんとDTS-ES音声が収録されています(最近、レンタルだとDTSを収録していないメーカーありますからね)

監督:アン・ビョンギ
出演:キム・ギュリ イ・セウン イ・ユリ チェ・ソンミン チェ・ジョンユン ウン・ソウ

【DVDソフトの購入】

DVD コックリさん スペシャル・エディション


人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月29日

容疑者 室井慎次(2005年)

テーマ:05年01~12月の劇場鑑賞映画
容疑者


【鑑賞日:2005年8月28日】

8月27日から公開が始まっている「踊る大捜査線」のスピンオフ映画の第二弾である「容疑者 室井慎次」を、シネコンのレイトショーで鑑賞してきた。公開2日目ってことで、最終上映のレイトショーでも…かなりのお客さんが入っていた。前にも書いたことあるんですけど、自分は映画の「踊る大捜査線」しか見たことがない、俄“踊る”ファンにも満たないヤツでして…どちらかというと流行にのっかっておこうというミーハーファンの部類です。いち映画ファンとしては…哀川翔と田中麗奈というキャスティングが、やっぱり今回のツボかな?

新宿で起きた殺人事件の捜査本部長として捜査にあたっていた室井慎次。容疑者として取調べを受けていたのは現職の警官だったのだが…彼は容疑を否認したまま、逃走。さらに追跡中に、車にはねられ死亡させてしまったのだ。被疑者死亡のまま、捜査は終了するのかと思われたのだが、本部長の室井には納得できないことがあり捜査の続行を決意。しかし、その直後に東京地検が現れ、室井は“特別公務員暴行陵虐罪の共謀共同正犯”の疑いを掛けられ逮捕されてしまったのだ…。

期待しないで見た「交渉人 真下正義」がそこそこ面白かったのだが、期待していた「容疑者 室井慎次」は正直、ガックリだった。警視庁と検察庁という警察組織の対立というテーマに関しては、なかなか面白いところに目をつけてきて、非常に興味深く、そして織田裕二やユースケサンタマリなんて比べ物にならないくらい…柳葉敏郎が主役としての風格をかもし出していて、素晴らしいのですが、残念ながら、「踊る大捜査線」を脱し切れていないんですよね。ガチガチの踊る~ファンの間では、反対にいつもの踊る~らしさが少なく物足りないという評価も出ているようなので、ある意味、狙いが中途半端なんじゃないでしょうか?

何故、あそこで笑いが必要か?あれだけシリアスな内容だったら、いつものようなファンサービスなんてバッサリ排除すべきだろう。全然ドラマとか見ていない自分みたいなミーハーファンでさえ、室井慎次というキャラクターがしっかり映えていると認識できるのに、まだ過去の「踊る大捜査線」のヒットにすがり付こうという姿勢が気に食わない。細かいところでディテールを出すために、いつものレギュラー官僚の面々、同僚が出てくるというのはもちろん正攻法だと思うし、それはちゃんと成功していたと思うのだが…あの三人ははっきりいって要らないだろう!?(同じ三人のショットだったら…柳葉敏郎、哀川翔、小木茂光の一世風靡のスリーショットの方が見たかったぞ!同じ場所にはいたけど、同じフレームで3ショットはなかったなぁ)


他にもくだらない寄り道が多すぎるので、衝撃的に明かされる室井慎次の過去だって、なんだか中途半端な扱いになってしまい、結局、ファンにキャラクターの裏設定を披露した程度の印象にしかなっていなかった。それだけではなく、クライマックスの見せ場も…ありえなさすぎるシュチエーションでギャグにしかなっていないし、相変わらず事件の真相が、観客をバカにしたようなオチだった点が、一番納得がいかない。かろうじて、絶叫する哀川翔の熱い演技で、緊張感が持続されたが(それはオイラがVシネファンだから?)…脚本事態はお粗末そのものだ。

もう少し、切り口を変えてくれれば、人気シリーズのスピンオフ映画だって、本家を覆す程の名作になり得たと思うのだが。予告編から勝手に、ジョン・グリシャムみたいな本格的なリーガルサスペンスを期待しちゃったんだよなぁ。警察官僚という組織の中で捨て駒にされた男が、官僚制度の膿をさらけ出し、法廷で無実を勝ち取るみたいな映画を期待してたのに…途中から、そういう路線ではなくなっていくんだもんなぁ。いかにも、君塚良一脚本という感じの、見せ掛けだけの展開。こんな中途半端な物語だったら、本広克行に撮らせて、無難な踊る~シリーズの番外編にしておいた方が、納得できたんじゃないか?

せっかく作った、新宿のオープンセットもちゃちかったねぇ。やたらとアルタとか紀伊国屋の文字を大写しにしてたけど、新宿を知っている人だったら、セットバレバレだよ…。劇中の新宿北署っていう警察署の近くにデカデカとイトーヨーカドーが写っているっていうのも、興ざめした原因。あんな都心にイトーヨーカドーないですから。どこの田舎で撮影したんだろって思っちゃうよね。予算のないVシネマだって…歌舞伎町でゲリラ撮影して、臨場感というものを出したりしてるけど…やっぱりフジテレビ映画ってことで、そういうところは非常に安牌を選んできてるのね。映画版「不夜城」の悪夢再来…全然、本物の匂いがしない、新宿の街並みに正直、ガックリでした。途中、歌舞伎町らしき繁華街が何度か登場するのだが、それもセットか、別の場所で撮っているらしく、繁華街の活気が伝わってこなかった(三池崇史の映画とか、崔洋一の「犬、走る」を見習って欲しい)。せっかく翔アニキが…刑事役でDOAの新宿に帰ってきたのにねぇ(笑)こういうところは、本広克之の方が、まだ誤魔化しかたが上手なんじゃない?映画的な嘘のつき方、風呂敷の広げ方が、まだまだ下手だな。

えっと、田中麗奈が走っていたのは、平塚競技場 (ちゃんとクレジット入ってました)ではないですか?また、知らないうちにウチの近所でロケしてたんですか?細かいつながりですが…麗奈ちゃんは「ekiden 駅伝」でも平塚競技場でロケやってます。

これだけ文句を言ってても、哀川翔目当てで、DVDが出たら買いそうですね(笑)

監督:君塚良一
出演:柳葉敏郎 田中麗奈 哀川翔 八嶋智人 吹越満 柄本明 真矢みき 筧利夫 佐野史郎


【こんなの発売しますね?】
DVD 交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)
DVD 交渉人 真下正義 スタンダード・エディション











DVD 踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)














人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月28日

-less [レス](2003年)

テーマ:洋画


2005年8月26日発売、レンタル開始の新作DVD「-less 〔レス〕」を鑑賞した。色々な映画賞で評判になっているという、いかにもインディペンデントな安っぽいつくりのサスペンスホラー。予算ないから、アイデアでカバーしますって感じが物凄くでている映画です。

クリスマスの夜…祖母の家で行われるパーティーへ参加するため、車で向かうある一家。中年夫婦と、息子と娘…娘のボーイフレンドの5人。運転手の父親が、何かの気まぐれからか…いつも使う高速ではなく、裏道を選んでしまったことから、道に迷ってしまったのだ。その直後、子供を抱いた怪しげな女と出会ったことから…不可解な出来事が起きだす。何者かによって…一人一人奪われていく命、そして出口のない一本道。生き残るのは誰か?

ほとんどのシーンがナイトシーンで、何やってるかわからない。DVDで見ていても辛かったので、これを劇場で見たら、もっと酷かったかもしれないなぁ。ただ、そこに狙いがあるようで…極力余計なものを写さないで、観客のイメージを喚起させて、怖さを演出しようという作り手の意図が、なんとなく伝わってくる。グロテスクな描写もほとんどないし、写っても本当に真っ暗で意味がわからない。あとは、不気味な効果音を最大限に利用して、観客を驚かせようとします。(説明だけ見せるとブレアウィッチ的なものを想像するかもしれないが、アレよりはもっとちゃんとした映画になっています)

視覚的な怖さより…恐怖に駆られたファミリーが、普段口に出せないことを吐き出していく、暴露大会になっていくという、人間の醜さの方が、リアルな怖さを出していましたね。ある人が、物凄く狂っていくんですけど…そういうところは、面白かったです。

こういう感じで…脚本と演出のアイデアで、怖がらせようとしている映画です。一応、2003年製作のアメリカとフランスの合作映画なんですけど、映像からは妙に古臭さが伝わってきて、ある意味、新鮮だったかもしれない。ハリウッド大作に飽きた方は、たまにはいいかもしれませんよ。レンタルで見るなら、まぁ、それなりに楽しめる1本です。

ただ、最後のオチは違ったが、ここ1年くらいの間に出た、講談社ノベルスの某作品で、似たようなつくりの小説があったので(それも何かの映画のパクリだと騒がれていた)、話の流れは、なんとなしに予測可能な作品でした。エンディングロール中に、これ見よがしのオチが残っているので、最後までちゃんと再生したほうがいいですよ。

監督:ジャン=バティスト・アンドレア & ファブリス・カネパ 
出演:レイ・ワイズ リン・シェイ アレクサンドラ・ホールデン ミック・ケイン ビリー・アッシャー 

【DVDソフトの購入】
DVD -less [レス]



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月27日

タッチ 背番号のないエース(1986年)

テーマ:アニメ映画


2005年8月26日発売、 「劇場用アニメ タッチ DVD-BOX 」を購入した。昨夜の宣言通り、結局徹夜で劇場版3本をまとめて見ちゃったんですけど…やっぱり映画的な完成度の高さは、この「背番号のないエース」が一番かな?物語の基本ラインは崩さずに、原作やTVシリーズの内容を大胆にアレンジした、劇的なクライマックスが、やっぱり圧巻で…繰り返し見ているくせに、ラスト30分くらいは、涙腺緩みっぱなしで画面が正視できなかった。オイラもまだまだ、純な心を持ってるジャンって思いながら…目頭を熱くさせ、作品に見入ってしまいました。

双子の兄弟、上杉達也と和也、幼馴染の浅倉南の三人は揃って明青学園の高等部へ進学。中学時代からピッチャーとしての才能を発揮していた和也は、周囲の期待を背負い、当たり前のように野球部へ入部。南もマネージャーとして、和也と一緒に入部を決めたのだが…双子の兄達也は、何をするか決めかねていた。南や野球部部長の教師・小島悠子の勧めもあり…一度は野球部入部を考える達也であったが…結局野球とは別の道へと進んでいく。

東宝マークが出た後に、オープニング主題歌「背番号のないエース」がかかりはじめた瞬間に、既にクライマックスのことを思い出し、ちょっときちゃいました(^^ゞやっぱ、“オイラのマイフェイバリット泣き映画”の地位から、当分この映画は揺るがないだろう。結末を知っているが故に、これからの物語を暗示させる意味深なセリフの数々が、グッと胸に沁みてくる。

原作やTVシリーズでは、泣いたなんて記憶はないんだけどなぁ、やっぱ不思議。なんだろう…この作品のタイトルが示す“背番号のないエース”、彼の行動が、自分的にはストレートにきちゃったのかな?確かに、物語としては非現実的な要素ではあるんだけど、やっぱり映画としての演出の上手さが、この作品は光っていたのではないかと推測する。多くを語らず、説明的なセリフもなるべく排除し、シンプルな映像ながら、観客のイメージを喚起させる巧みなレイアウトと編集でグイグイと作品の中に引き込む手腕。彼の行動を乾いた視線で追いながら…次第に変化に気づく、南や野球部ナイン(特に孝太郎)、その他脇役キャラたちの微妙な表情や芝居が、いっそう悲しみに拍車をかける。 最初から3部作を想定して制作されている点も大きかったのだろうが、物語がスパっと終るところも、余計なことを考えないで、素直にせつない物語の余韻に浸れて気持ちがよい。

自分はまだ見ていないのだが、近々、公開が予定されている実写映画版「タッチ」も…基本的には同じような設定、同じようなストーリーで攻めてくるだろうと推測している(変更しちゃったら今さら「タッチ」をやる意味ないし)。それこそ「タッチ」の原作を知っている人にはわかっている結末を、どういうアレンジで見せてくるか、「背番号のないエース」を越えるような独創性を感じる、インパクトが出せるかが、焦点になってきそうだ…。同じ事やられても…アニメを知っている世代には、越えられないと思うしね。

昨日も書いたが、自分が購入したDVD-BOXは、限定生産だったので、やはり品薄になっているらしく…Amazonでも正規の新品取り扱いは既に終了していて、一般の方のマーケットプレイスによる取り扱いのみになっていた(この文章を書いたときには)単品版も同時リリースされているが、金額的にも3枚組BOXの方が定価は安いし…封入物やBOX収納されている点からも、どうせならDVD-BOXを買った方がいいと思うので、購入を考えている方は、早めにネットショップなどで押さえたほうがいいでしょう。

監督:杉井ギサブロー 原作:あだち充
出演:三ツ矢雄ニ 難波圭一 日高のり子 林家こぶ平 銀河万丈 鶴ひとみ 塩沢兼人 千葉繁

-追伸-
ちなみに、1本の映画として捉えると、「背番号のないエース」の完成度が非常に高いと自分は思っているのだが、決して、2、3が駄作だと言っているわけではありません。あくまで三部作なので、全部を見終わった時に、1作目を単独で見た時とは別の感動が味わえます。「タッチ」の世界観を、ただダイジェストに見せてるわけでもなく、作風も毎回変え、テンポのあるストーリー展開で見せた3作品は、共通して「タッチ」のエッセンスがよく凝縮されています。特に、3作目の「君が通り過ぎたあとに」など…野球漫画の王道のような、展開が魅力的だった。鬼監督の柏葉は、一人ハードボイルドやっててかっこいいし(爆)そして、どの作品も、区切りの潔さが、物凄く気持ちがいいのが、このシリーズのいいところかな。2、3の感想は面倒なので、この文章でまとめにしちゃいます(笑)

【DVDソフトの購入】
DVD タッチ 背番号のないエース

DVD タッチ2 さよならの贈り物

DVD タッチ3 君が通り過ぎたあとに


【品切れ続出?BOX希望者は早めにGETだ!】
劇場用アニメ タッチ DVD-BOX (初回限定生産)  ←楽天で検索してますが、楽天も完売が相次いでます!
3部作がセットになったお得版!デジパック仕様、BOX封入。劇場公開時の縮刷パンフレットと、DVD用の解説冊子がついている(あと実写「タッチ」のチラシが入っていた)今現在は、Amazon で通常の新品は取り扱い不可…。マーケットプレイス出品のみ。









人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月26日

買い逃しに注意ですよ!劇場版 タッチ DVD-BOX本日発売!

テーマ:お薦めDVD

届きましたよ、予約しておいた「劇場用アニメ タッチ DVD-BOX (初回限定生産) 」。早速、わたくし目のフェイバリット泣き映画である、第一作目の「背番号のないエース」を、ただいま視聴しているところです。なんかね、オープニングの主題歌聴いただけで…ラストを思い出して、泣けてきましたよ。

この三部作、原作漫画やアニメとは…違った展開がされているのが、けっこう新鮮。それでいて、ちゃんと「タッチ」の見所を、3本の映画に凝縮しているので…長ったらしいTVシリーズを見るより、この劇場版の方が自分は好きなんですよねぇ。さすがに、TVシリーズのDVD-BOXは買いませんでしたが、劇場版は奮発してBOXを購入しました。

とりあえず実写映画を見る前に、こっち見とけって感じです。そりゃー、長澤まさみも確かに可愛いっすけどね、南ちゃんは、やっぱのんこ(日高のりこ)じゃなきゃ、ダメですよ…って思っている30代は多い筈ですよ(爆)

しかーし、定価12,600円もするBOXにしては…DVDとして中身が薄いなぁ。映像特典も、劇場予告と特報のみだしね…。まぁ、20年近く前の作品ですから…今の作品のように、あらかじめDVDの特典なんて想定したメイキング映像なんてあるわけないのは分かるんだけどさ、せめて今現在のキャストやスタッフのインタビューとか、なんかあるでしょうよ。それに、デジパックなのはいいんだけどさ、そのデジパックと、収納する外箱の紙質が、案外ちゃっちいので…かなり取り扱い注意が必要なんですけど…。開封前の状態、シュリンクでピチっと密閉してあるだけで、形が変わってるし。せめて、外箱だけでももうちょっと頑丈な箱に入れて欲しかった気がする…。ソフトの出し入れしてるだけで、箱がベコベコになりそう。面白みはなくても、デジパックじゃなくてトールケース3つの方が、まだ良かったかな。

まぁ、やっぱ中身が大事なんで…上に挙げた難点には目をつぶりまして、皆さんも一緒にあの、甘酸っぱい青春時代を思い出しましょう!ごめんなさい、DVDの続き見たいので、早めに文章切り上げます。また、3本見終わったら、ちゃんと久しぶりに映画として感想を書いてみようかなって思っています。では、失礼します…。

Amazonでは初回限定分が完売している様子で、マーケットプレイスで、定価以上になってますね。ということで、買いたい人は、他のネットトショッピングで早めに探したほうがいいみたいですよ。

【DVDソフトの購入】
劇場用アニメ タッチ DVD-BOX (初回限定生産)  ←楽天で検索してますが、楽天も完売が相次いでます!
今現在は、Amazon では新品は完売の模様。一般の人が出しているマーケットプレイスのみの取り扱いで1万5千円になっていました。ちなみに定価は12600円。それだったら、早めに楽天とかで買った方がいいですよ!










人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月26日

アレキサンダー(2004年)

テーマ:洋画

2005年7月29日発売のDVD「アレキサンダー」を鑑賞した。通常版じゃなくて、わざわざプレミアム・エディションを発売日に買ったにも関わらず、本編時間が約3時間という長さがネックになって…なかなか見る気が起きなかったのだが、購入から1ヶ月も経っちゃったし…劇場でも見ていないんだから、そろそろ開けようかなって思って、ソフトを開封しました。ただね…興行的にも芳しくなかったという話も耳にしてるし、ちょっと心配だったんですよね…。

紀元前356年、マケドニアのフィリッポス王と、オリンピアスの間に生まれた、アレキサンダーは…憎しみ合う両親に挟まれ、親からの愛情に飢えながら育つ。父親であるフィリッポスが何者かに暗殺されたのを機に、アレキサンダーは王となり、世界征服の為に旅立っていく!

はぁ~、やっちゃった。はっきりいって、つまらない。これは、オリバー・ストーンもドラックに逃げたくなるよなぁ(って、あの人は常習犯か)。なんか、オリバー・ストーンが薬でラリパッパ状態になって捕まった時のニュースで、かなり作品もこきおろされていたので、なんか不安があったんですけど…これはヒットしないよね?確かに、人気俳優、ベテラン俳優がいっぱい出てるし…映像からも豪華さだけは伝わってくるんだけど、とにかく話が退屈。DVD見始めてから、4、5回睡魔が襲ってきたし、実際に2回くらい鑑賞を中断しちゃったもん(笑)

見る前のイメージとしては、名前だけはよく知っている、アレキサンダーって偉い王様が、バッタバッタと敵を倒し、王者として君臨していく様を…「キングアーサー」みたいなアクション満載で描いているのかと思っていたら…実はアレキサンダー王は男好き(でも、ちゃんと奥さんもいて、両刀使いだった!) 。で、見るからに悪女、魔女面した、アンジェリーナねーさん演じるママ(これは「精霊流し」って邦画で、高島礼子の妹を、松坂慶子が演じていたのと同じくらい無理だよね、実年齢差1歳だよ!)の前で、ナヨナヨしてみたりで、もう見ていてイライラするんだ。見終わった後にも、偉大な王様はホモだったってことくらいしか印象に残りません。

大スペクタクルを期待していたのに、なんか…ちょっとだけチャンバラ入った「アマデウス」みたいな映画だったんだよね。

なんか、貶している人も、アクションだけは良かったというけど…演出のし方が悪いので、完璧そのアクションシーンも浮きまくりな印象を自分は受けました。凄いことやってるんだけど、高揚感が全くわかない。これ見るなら、「ロード・オブ・ザ・リング」の戦闘シーン繰り返し見ていれば、充分かな…。あっ、そうそう田中良樹の「アルスラーン戦記」のアニメ版を見た方が、百倍面白い(笑)ちゃんとゾウも出てきたし(笑)

まぁ、一点…アレキサンダーの妻となる、ロクサネっていう、どこぞの部族のお姫様がいるんだけど…ちょっと野獣入ってるベッドシーンが、一番、萌え…燃えたかな(スイマセン、こんなとこしか見てなくて)。ロザリオ・ドーソンのヌードが見れて、ちょっぴりラッキーでした。意外と巨乳だったっすよ。

監督:オリバー・ストーン
出演:コリン・ファレル アンジェリーナ・ジョリー アンソニー・ホプキンス ヴァル・キルマー ジャレット・レト

【DVDソフトの購入】
DVD アレキサンダー プレミアム・エディション

DVD アレキサンダー 通常版



人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月25日

シティハンター 劇場版 愛と宿命のマグナム(1989年)

テーマ:アニメ映画
劇場版 シティハンター 愛と宿命のマグナム

12月発売の、完全限定生産、CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX の締切日が8月31日に迫っている…。定価で10万5千円なんてねぇ…ちょっとや、そっとじゃ買えないですよね?TVシリーズごとや、劇場版など、バラで出してくれればなんとかなったのにって思っている人も多いことだろう…。 欲しいけど、買わないと、早い段階から決めていたのですが…この間、深夜番組見ていたら、DVD-BOXの紹介をご丁寧にやってまして…欲しい病が、また再発していたところです(笑)その気持ちを抑えるために、“自分は大好きな劇版を、LDで持っているじゃないか”って言い聞かせ…LDを久しぶり鑑賞した(笑)LDもっていない人に、あと4ヶ月は自慢できます!?(また、コレクションのLDの価値が下がっていくのか…)

来日中の天才ピアニスト、ニーナ・シュテンベルグから、直接、父親探しの依頼を受けたリョウ。調査を開始するのだが、彼女自身が何者かに狙われているのを察知する。海坊主ことファルコンと協力し、彼女のボディガードを受け持つことになるのだが…。

この映画と、4つTVシリーズの他にも、劇場版2作品、TVスペシャルなどが作られているが…それらは、なんかどっかの映画のパクリっぽいイメージが強いのだが、これに関してはかなりオリジナル色が強いのも、お気に入りの理由でもある。TVや原作でも、お色気要素がタップリだったが…劇場版ということで、さらにモッコリ具合も過激さを増していたような気もする…。リョウに向かって香が「なんで、私にモッコリしてくれないのよ!」なんて口走っちゃったりするし(しかも、真昼間の新宿の街中で)。

TVシリーズも、ロボットアニメの老舗、サンライズが制作していたので…当時のアニメとしては高いクオリティを誇っていたので、劇場作品になったからといって…全体的に目を見張るようなクオリティのアップというものは感じられなかったが(作画の綺麗さだったら、やっぱり神村幸子が作画監督を担当した劇場版「百万ドルの陰謀」かな?)…中盤のカーチェイスから、クライマックスのリョウ&ファルコン大暴れの大バトルは、かなり画がよく動いていて、気持ちが良かった。また、キャラクターデザインの神村幸子女史が担当したオープニング&エンディングアニメはアダルティで、ムチャクチャ綺麗な作画が拝めて満足であった。

数々の名曲を送り出した、TVシリーズの主題歌に比べ、オープニング&エンディング共、主題歌が地味なのが、自分はあまり好みじゃなかったけどね…。神村さんのしっとりとした作画には、ピッタリだったが…TMNのようなアップテンポのカッコイイ曲を、聴かせて欲しかった気がしないでもない…。

いつものレギュラー声優陣に加え、永井一郎、家弓家正という大御所のベテラン2人が渋く脇を固めているのも声優ファンは嬉しい!

そういえば…CHの番外編ともいえる「エンジェル・ハート」のアニメ化も決定しているそうだが、声優さんはどうなってるんですかね?主人公の香瑩は声優が決まったって北条司の公式HPに書いてあったけど…他のメンバーはCHの声優さんが続投してくれるのだろうか?自分にとっては、ドラえもんの声優変更以上に重要なことなんだけどなぁ…。

監督:こだま兼嗣  原作:北条司
出演:神谷明 伊倉一恵 玄田哲章 麻上洋子 小山茉美 鷹森淑乃 永井一郎 家弓家正

【8月31日予約締切!買いたいよう~】

CITY HUNTER COMPLETE DVD-BOX (完全限定生産)


人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。