路上のソリスト(THE SOLOIST)

テーマ:
路上のソリスト 【ユニバーサル・シネマ・コレクション】(DVD)

¥1,155
楽天



こんばんは、毎回書いてますが、お久しぶりです!(^▽^;)
今日の映画は「路上のソリスト」なんですが
なんかこう、最近、あまり「これだっ!」という
面白い映画にめぐり合っていない気がして
レビューを書く元気も、あまりありません。

この映画も、悪くはなかったんですがねぇ・・・何というのかな
盛り上がりに欠けるというか、
最後まで、期待しながら見続けたけど裏切られたというのか・・・。

LAタイムズの記者である、スティーブ・ロペスが
たまたまであった、ホームレスの天才音楽家、
ナサニエル・エアーズの事をコラムに書きつづっているうちに
次第に友情らしきものが芽生えていく・・・というお話だと思うんですが
なんかちょっと分かりづらいんですよね。

コラムはおそらく、面白かっただろうし、
二人の関係も、微妙ながらも、温かくかけがえのないものだったんだろうなと
そういう風に思うのですが、映画では
それがあまり伝わってこなかった。

前作のオーウェン・ウィルソンと同様、
いくら人生に行き詰っているとはいえ、
ジャーナリストという知的な役柄が
ロバート・ダウニー・JRには似あわなすぎだったのかな、というのが
私の感想ですかね・・・。
好きなんですけどね、彼。
やっぱ、どこか壊れかけたジャンキーとか
不良な刑事とか、エキセントリックな探偵とか
そういうちょい悪風な方が似合うんじゃぁないでしょうか。

対するジェイミー・フォックスの方は、
Rayの時と同様、役にハマりすぎていて
演技が上手いとか、そういう段階じゃなかったような。
ちょっと頭のおかしい、天才音楽家そのもので
もう、そんなにかまわないで
ほうっておいてあげようよ、と、私なんかは思いました。

人を救いたいという気持ち、それはよく分かるのですが
他人を救えると思うこと自体が、傲慢な気がして
そういう点では色々考えさせられましたね。
ただ黙って見守っているだけの救いというのも
ありなんじゃないか?とかね。

果たして、二人は出会って幸せだったのか???

路上のソリスト [DVD]/ジェイミー・フォックス,ロバート・ダウニーJr,キャサリン・キーナー

¥3,990
Amazon.co.jp


路上のソリスト 予告編
AD
またまたお久しぶりです!
一つ前に書いたレビューは、何の映画だったかなー?と
それさえも思い出せなくなっているエイガリアンです汗

映画はちょくちょく観てはいるのですが
息子たちがある程度成長して、
以前は一緒に観れなかった古めの作品などを見る事が多く
レビューを書くまでもないかな・・・などとなってしまうのですが
割と最近、見直した映画は
「レオン」とか「ダヴィンチ・コード」とかそういうのです。
「レオン」はやっぱりよかったなー、
10歳の次男が、えらく気に入ってました、この映画。
レビューも書いとけばよかったかな^-^;

さて、今日の映画は新し目、「ミッドナイト・イン・パリ」です。
(どうでも良いけど、「パリス」と「S」をつけずに言うのは
なんか引っかかってしまう・・・。
と、英語かぶれしてる事をさり気にアピールw)

映画はええがな~-ミッドナイト・イン・パリス
(このシーン、バックがゴッホの絵になってるの、
見逃してしまった・・・なんで?ムンクの叫び

これね、一ヶ月ほど前に借りたのに
ずーっと見る時間がなかったんですよ。
何でかって言うと、夫も息子たちも
「観たくない」って言うモンですから・・・涙

息子たちはまぁ分かるんですが、夫の言い分は
「オーウェン・ウィルソン?嫌いだから、アイツ。」
って言うんですよ、私は大好きだっちゅうのに。
男性からはあまり人気がないんでしょうか、彼。
ま、いかにも軽そうなキャラなので、分からなくもないですが・・・。

お話は、脚本家で、小説を書きたいと思っている主人公ギルが、
憧れのパリで、フィアンセとはしっくり行かないなか、
夜の街を散歩していると、一台のクラシック・プジョーが現われるんですよ。
(クラシック・プジョーってのは、映画サイトからの情報です。笑)
勢いでその車に乗り込むと、到着したのは
憧れの1920年代のパリの街・・・・・。

フィッツジェラルドやヘミングウェイ、
コクトーやピカソなどなど
たくさんのアーティストと出会って
舞い上がってしまう、という。

当時のアーティストたちの活躍を
知っていれば知っているほど楽しめる内容かと思います。
出てくるのは超有名なアーティストばかりなんですが
え、この時代だったっけ?と
年代的にちょっと混乱してしまいましたが
実際、ごちゃ混ぜなのかな、これ?

エイドリアナ役のマリオン・コティヤールが
相変わらず美しくて、見惚れてしまいましたわw
オーウェンとは、あまりお似合いとは思えませんでしたけどね。
エイドリアン・ブロディが演じる
サルバドール・ダリもよかったですし
あの行方不明になってしまった探偵の行く末が心配だったり・・・キャハハ


Midnight in Paris Trailer 2011

AD

再会の街で(REIGN OVER ME)

テーマ:
再会の街で [DVD]/ドン・チードル,アダム・サンドラー,リヴ・タイラー

¥3,990
Amazon.co.jp

ドン・チードルとアダム・サンドラーが
意外とナイスコンビで泣かせる映画
「再会の街で」を見ました。

時々書いてるんですが、
アダム・サンドラーが苦手・・・というより
観てるとむかつくことが多い私なのですが
本作のアダムちゃんは、良かった。
いや、それでもやっぱり彼自身は
そんなに好きじゃないけど(←頑固( ´艸`)
この映画のチャーリーという役は
非常に良かったし、
彼が突然、妻や娘の事を話し出すシーンでは
不覚にも大泣きしてしまいました・・・。

飛行機事故で最愛の家族を失い、
それと同時に、どこかが壊れてしまった男、チャーリー。
大きなヘッドホンをつけ、スクーターに乗って
ニューヨークの町を走る後姿にも、哀愁を感じました。

学生時代に彼とルームメイトだったアランは
そんな彼を何とか、元気付けようと
精一杯の事をしてあげるんです。
そんなお人よしで心優しい歯科医役に
ぴったりなドン・チードル。

この二人ですから、泣かせるための話ではもちろんなくて
大笑いするシーンも盛りだくさん。
良質の心温まるコメディに仕上がっていますね。

人を変えようとするなら、
自分自身も変わらないと
気持ちは伝わらない・・・。
そんなことを、観終わった後に感じました。


Reign Over Me Trailer







AD