2046

テーマ:

「花様年華」で感動してしまい、早速あのキムタクが出演している「2046」を借りて見てました。


レントラックジャパン
2046

いい作品だとは思いますが、いきなり「2046」だけ観ても話が全く解らないと思います。
これは見る人をかなり選んでしまうでしょう。「花様年華」見ないで見てしまった人はご愁傷様的な作品です。


「花様年華」を2・3回観て理解した後にあとに鑑賞する事をお勧めします。
描かれているのは「花様年華」から続くチャウ(トニー・レオン)のチャン(マギー・チャン)対する今も変わらぬ想いです。

「2046」は二人が過ごした思い出のホテルの部屋番号。
キムタクは”2046”と呼ばれるチャウのSF小説の世界での主人公(チャウを投影している)として登場です。

チャウは必死でチャンへの想いを振り切ろうとする気持ちがその言葉から伝わります。
自分が弱い人間だからこそ小説の世界に託したのかも知れません。


この映画を観て率直に思った事は前作「花様年華」はやはり本当に素晴らしい作品であったという事。
そしてこの映画は引き立て役であると言う事。この映画より「花様年華」をお勧めします。


最後に、キムタクは言われていた以上にでていましたが、正直可哀相でした。トニーレオンなど有名俳優陣の中ではまったくかすみまくってしまい、見ていてつらいものがありました。


彼には「アイドルの割には演技ができるんじゃない?」と評価されるぐらいで満足してほしいです。
映画の雰囲気が彼が出ているシーンだけ極端に浮いているし、逆ブランディングになってしまったのではないかなと思いました。皆さんはどう思いました?

AD

花様年華

テーマ:

風邪で寝込んでいたということもあり、家で映画を見た。ウォン・カーウァイ監督の『花様年華』という映画だ。この監督の映画は正直食わず嫌いで避けていたのだが、年齢を重ねるにつれて興味・関心も変わってくるもので、時間を見つけて見てみました。

松竹
花様年華

画面はいつも室内か夜ばかり。とにかく雨のシーンが多い。なぜなのだろう。
そしてそれらは息苦しくなる程せつない。でもせつないのはそれだけじゃない。
彼らが毎夜すれ違う狭い階段、薄暗いオレンジ色の街灯。
タクシーの中で伸ばされる男の手とかわす女の手。
男が泊まっているホテルの赤いカーテンに女がそこへ駆けつけた時に着ていた赤いコート。
見れば見る程せつない所だらけで、正直、頭の中は色々な場面がグルグルして、なぜだか哀しくなるんだけど
一体どこで泣いたらいいのか分からなくなる。。。。
よく話題に上るマギー・チャンのチャイナドレス姿の美しさは言うまでもなく、
トニー・レオンのポマードでがっちり固められたテカテカの髪は時代だと思うことにして、それにしたってじれったい映画だと思う。
思うけれども、そのじれったさとせつなさがこの映画を美しくしている大きな要素じゃないかとも思う。


こういう映画に出会えるからこそ、これからも私は映画を見続けるのでしょう。

AD

ブルークラッシュ

テーマ:
映画批評のブログで最近映画のことを書いていなかったので久々に書き込みます。

サーフィン映画というカテゴリはドキュメンタリーっぽいものが多く(エンドレスサマーとかね)もしくは超巨大な波にのってすげー的なものが多い。


しかし、この映画は単なるサーフィン映画ではなく、一応恋愛映画の要素も含まれている。お世辞にもそこの点はいいとは言えないが。


しかし、この映画ほど海、ハワイを感じる映画を見た事がありません。それくらい映像は綺麗です。特に波のホレ具合や、ドルフィンスルーをしている時の海の中での動き等など。


恋愛映画としてはB級ですが、サーフィン映画としては今までで一番好きな映画。これからサーフィンを始めたい人、サーフィンが好きな人、海が好きな人、ハワイが好きな人は必見です。

タイトル: ブルークラッシュ

これくらいサーフィンがうまくなると人生はもっと楽しくなるんだろうなぁと。

AD

コピー・キャット

テーマ:
タイトル: コピーキャット

監督は「エントラップメント」のジョン・アミエル。

どうしてもエイリアンのリプリーを思い出してしまい、中々映画に入り込めませんでした。


僕の中ではサスペンス系の映画の中ではかなり評価が高い作品です。

こんな犯人に追い回されたら凄い怖いなと一番思わせる作品です。


凄い粘着系なので、見た事ない方で是非見て下さい。


最近面白い作品に中々あたりません。誰かお勧めの映画を教えて下さい!

少林サッカー

テーマ:
タイトル: 少林サッカー デラックス版

お馬鹿映画の真骨頂な作品です。ちょっと前に大ヒットして凄い話題になったので皆さんのほとんどの方が見たか知っていると思います。


この映画は日本の漫画「キャプテン翼」をヒントにして作成されたそうです。


ただこの作品で内容や辻褄が合う合わないと言う事を語るのは意味がないと思うのですが、ヒロインの女の子の顔のニキビ?がいきなり治っているのは何故?しかも治るというよりも、綺麗になってましたよ。


内気な性格の象徴としてあのニキビ顔という設定にしていたのでしょうか。仮にそうだと仮定した場合は、実際のニキビ顔の人に対する冒涜なのでは?そこまで深く考える必要性がない映画ではありますが、ちょっと気になったので。。。


僕はこういう映画は嫌いではないので、「カンフー・ハッスル」も是非機会があればみてみたいなと思います。

シザーハンズ

テーマ:
タイトル: シザーハンズ 特別編

ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の作品。このコンビの作品は他にも2作品くらいあるのですが、その中でもこの映画が一番好きかもしれません。


最初はコメディ映画だと思って鼻にもかけなかって映画だったのですが、ふとしたきっかけで(忘れましたが)みて思わずホロリときました。ジョニー・デップが好きになったきっかけの作品だったりします。※ちなみに決定付けた作品は「スリーピー・ホロウ」ですが。


シザーハンズに扮したジョニー・デップ、本当にハマリ役でした。目で演技してます。彼は作品によってイメージをがらりと変えることのできる数少ない役者さんだと思うのですが、この作品は彼の出演作でも一番マッチしていると思います。ジョニーデップがウィノナ・ライダーを手がハサミのため抱けないシーンは涙涙です。今となっては超一流俳優ですが、数ある作品の中でもこの作品が一番じゃないかと思います。


色々若い頃はやんちゃしていたらいいですが、結婚して子供ができ凄い落ち着いたと言われてますが、実際の所はどうなのでしょうか。誰か近況を知っている人がいましたら教えて下さい!

パイレーツ・オブ・カリビアン

テーマ:
タイトル: パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション

この映画は公開前に非常に話題になった映画です。映画館で見る際はタイトルを吟味に吟味を重ねてチョイスするのですが、その私の御目がねにかかった映画です。


きっかけは私自身がミーハーで宣伝に踊らされた事が一番大きいのですが、「海賊」をテーマにしている事が一番の理由だったります。


「海賊」系が何故好きかというと、尾田栄一郎作の漫画「ワンピース」の影響が凄い強く、また、こういう冒険活劇系は楽しく見れるからなのです。


著者: 尾田 栄一郎
タイトル: One piece (巻1)

話はそれますが、この漫画は「ドラゴン・ボール」を越える作品で世界に誇れる作品です。この漫画と出会って日本人でよかったと本当に思いました。


内容としては、子供から大人まで絶対楽しめます。通ぶってる輩は、子供っぽい等と言いますが、この作品は「感動」「友情」「冒険」「出会い」を高次元で包括している非常に完成度の高い作品であると断言できます。


今までこういう作品の中での不動の地位を築いていたのは「ドラゴン・ボール」なのですが、ついに「ドラゴン・ボール」を越える作品となったかもしれません。


絶対にお勧めなので是非見て下さい。


で、話を映画に戻しまして、この映画の主演は私の大好きな俳優ジョニー・デップ。そしてあまり好きではない俳優オーランド・ブルームも出ています。


私の中で、海賊(冒険)ものの映画で最も好きな映画は「インディ・ジョーンズ」シリーズと「グーニーズ」なのですが、それを越えることのできる映画と期待しましたが、期待していただけに「こんなものか」と思ってしまいました。


凄い面白い映画とは思うのですが、、、何かが足りません。


けど、普通に楽しめるのでよろしければ見てください。


ジョニー・デップはどんな役でもできるんだと改めて感心してしまいました。

レッド・ドラゴン

テーマ:
タイトル: レッド・ドラゴン

この映画は「羊達の沈黙」よりも時代は前の話で、イメージで言うとスター・ウォーズみたいな手法です。ドラクエI、II、IIIみたいな感じでもあります。


要は各キャラクターの昔はどの様な人物でここまでどの様な経緯があったのかというのが、作品が好きな人には非常に興味があり、時には予想して話し合い、そこを製作者側がつくという手法です。この手法を取ると大体はずれはないのかなと。


この作品も前2作と同じく監督が変わり、「ラッシュアワー」のブレット・ラトナー が監督してます。


その後の「羊達の沈黙」の主人公のクラリス捜査官の上司であるウィル・グラハム(エドワード・ノートン)とレクター博士(アンソニー・ホプキンス)中心に話は展開していきます。


私はこの「羊達の沈黙」シリーズがとても好きだし、しかもエドワード・ノートンも出ているので作品の出来、不出来は関係なく非常に楽しみながらみれました。


 3作の中では地味でレクター博士は脇役に徹してますが、ミステリー映画のなかでは結構上位にくる

作品だと思います。


前作品と比べても遜色なくとても楽しく見ることができました。時間があれば三作品一気に読むことをお勧めします。良くも悪くも日本の「映画」、「ドラマ」に多大な影響を及ぼした作品なので一度は見た方がいいと思います。


ハンニバル

テーマ:
タイトル: ハンニバル スペシャルボックス

「羊達の沈黙」の続編です。監督はJ・デミからR・スコットにバトンタッチ。


続編が出るまでに凄い長い時間が経っているのにも関わらず、アンソニー・ホプキンスの演技はまさに連続ドラマの次週の演技をする様な雰囲気を漂わせ、超一流の俳優なんだなと改めて思いました。


この映画の非常に良くできている映画ではあるのですが、残念だったのが、クラリス捜査官役がジョディ・フォスターではなくなったこと。これについてはアメリカ人的にはOKなのでしょうか?


あれだけ全世界の映画やドラマ(特に日本)に影響を与えた映画の続編なのに。


途中でスター・ウォーズのルーク・スカイウォーカーがいきなり違う俳優とかになったとしてもOKという事なのでしょうかね。多少のお金をかけても続編という位置づけなのであればジョディ・フォスターを出すべきだったのではないかなと思います。


ジュリアン・ムーアも非常にいい女優だとは思いますが、どうしても前作が前作だけにずっと違和感を感じながら見てしまいました。映画としては非常に完成度が高い映画だと思いますのでそこが残念でなりません。


小説では結局クラリスとレクターは恋人になyて終わりみたいな感じでしたが、そこまであからさまには映画では描いてなかったですね。


最後の脳みそパッカ-は食事中にはきっついですね。



パニック・ルーム

テーマ:
タイトル: パニック・ルーム

『セブン』『ファイトクラブ』のデビッド・フィンチャー 監督の作品。

しかも私の記憶が確かなら、主演のジョディー・フォスターはこの作品に出る為に、同じ時期の「ハンニバル」の出演を断ったという作品で尚且つデビッド・フィンチャー監督ですから非常に期待の映画でした。


感想としては、ファイトクラブなどで見られたシニカルな感じは全くなく、正にサスペンス映画の王道を行った作品だったと思います。


鍵穴を通り抜けたりするカメラワークなんかはさすが!と思いましたが、脚本に無理があるかなと思いましたが、まぁそこそこ楽しめました(設定がね。。。)。


ただ、デビッド・フィンチャー もジョディー・フォスターも私の好きな監督、女優さんなのでかなり贔屓目で見てますけど、そうじゃない人もそこそこ楽しめると思います。


ただ、「羊達の沈黙」からこの「パニック・ルーム」を見るとやっぱりジョディー・フォスターも年取ったなぁと時代の流れを感じます。