ジョゼと虎と魚たち

テーマ:

アスミック
ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)

僕は映画は凄いすきなのだが、お涙頂戴ものと恋愛ものにかんしては、本当に嫌いで、常にそういう作品は避けてきた。


映画を見て泣いたことは今まで一度もないような気がするくらい。


しかし、最近は趣味が段々と変わってきて邦画をよくみるようになってきてきました。


邦画でよい作品を探していくと、どうしても恋愛系の作品を見る必要がある。そんな中で、会社の先輩に薦められてみた作品である。


犬童一心監督作品といっても、この人の作品をみたことがないので特になにも先入観を持たず見ることができたのが良かったのか、非常にいい映画でびっくりしました。


特に特出したものもない、欲望に忠実は平凡な主人公だったのが特に映画により没頭できる要因となったのかなと思いました。池脇千鶴をおぶって高速のインターチェンジでのシーンが一番かなー。


この映画侮れない。相当いい映画。思わずほろりときてしまった。年とったかなと思いました。


この監督の作品は今後要チェックしていきたいと思います。

AD

コメント(2)