THE3名様

テーマ:
ポニーキャニオン
THE3名様
ポニーキャニオン
佐藤隆太x岡田義徳x塚本高史 THE 3名様 2005・秋は恋っしょ!

ポニーキャニオン
THE 3名様 春はバリバリバイトっしょ!

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」の塚本高史、佐藤隆太、岡田義徳の3人が、グラウンドからファミレスに舞台を移し、ドリンクとポテトフライを手にひたすらダベりまくる(しかも、何故かファミレスがビックボーイ)という作品。


この作品のアホさ加減はここ最近ではそうそうない作品になっており、凄い自分的に大ヒット!!


正直こんな切り口の作品はみたことがないため、1、2はあっという間にみることができた。


とにかく働くことはイヤなんである。 というか、働くこと自体、自分には向いていない。 働く暇があったら、一時間でも多く寝る。 そんな風に、いつまでもダラダラ生きていたいんである。 金は少しだけあればいい。

こんな生活、したいとは自分は全く思わないが、こういう生活、している人も今の時代だと結構いそうですよね。


大学時代はこんな感じだったなーとつくづく思います。


え?今は僕は頑張ってはたらいていますので。あしからず。

AD

ジョゼと虎と魚たち

テーマ:

アスミック
ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)

僕は映画は凄いすきなのだが、お涙頂戴ものと恋愛ものにかんしては、本当に嫌いで、常にそういう作品は避けてきた。


映画を見て泣いたことは今まで一度もないような気がするくらい。


しかし、最近は趣味が段々と変わってきて邦画をよくみるようになってきてきました。


邦画でよい作品を探していくと、どうしても恋愛系の作品を見る必要がある。そんな中で、会社の先輩に薦められてみた作品である。


犬童一心監督作品といっても、この人の作品をみたことがないので特になにも先入観を持たず見ることができたのが良かったのか、非常にいい映画でびっくりしました。


特に特出したものもない、欲望に忠実は平凡な主人公だったのが特に映画により没頭できる要因となったのかなと思いました。池脇千鶴をおぶって高速のインターチェンジでのシーンが一番かなー。


この映画侮れない。相当いい映画。思わずほろりときてしまった。年とったかなと思いました。


この監督の作品は今後要チェックしていきたいと思います。

AD

最近

テーマ:

ブログを更新しようとしても大体サーバーが混んでいて全然更新ができない。。。



一体どうなってるんだー!!(* ̄Oノ ̄*)


色々書き込みたいことはあるのですが、とりあえず。

AD

雨あがる

テーマ:

最近洋画に飽き飽きしています。


なので、邦画で面白そうな映画を色々探しているのですが、ふとテレビで番組CMを見て思わず見てしまった映画がこれです。


角川エンタテインメント
雨あがる 特別版


黒澤明の遺稿という看板でこの映画を見た。だからある程度の完成度は期待できたのだが、その反面、看板に負けてしまう可能性を内包して映画を見始めた。


主人公夫婦のやり取りを通じてすがすがしさや失われつつある日本的夫婦観がまぶしかった。


チャンバラ系かとおもったけれど、どちらかというと日本の風景の美しいところが一番心に残る作品だと思います。


最後は殿様は三沢伊兵衛に会えたのでしょうかね。

功名が辻

テーマ:

実はわたくし、相当の日本史好きで、やっぱり歴史と言えば司馬遼太郎。


それで、この「功名が辻」。


司馬小説の中ではベスト3くらいに入る作品(ちなみに1位は「峠」)で、実はドラマ化になる話があったとき絶対見てやると心に誓ったドラマ。


新撰組は見ていましたが、それ以来全部見よう!と決めたドラマ。


簡単に言うと、「嫁さんの的確な助言」があっての成り上がり物語。


視聴率は話題性に乏しいとのことで視聴率が悪いみたい。


けれど、実際大河ドラマに関しては視聴率がいい=いい作品とは限らないので。


新撰組は面白かったし。功名が辻も今のところ凄い面白い。


戦国時代。幕末に次いで好きな時代であるので、毎週楽しみでなりません。

とは言ってもHDDに取って夜中みるんですが。


ちょっとキャスティングについて


上川隆也が何気にはまり役。仲間由紀恵もかなりいいと思います。


舘ひろしが、どう考えてもあの時期の信長の年齢を考えると老けすぎかなと思います。


あとは結構いいと思うので、とりあえず見ていきたいと。思います。

ライブドア

テーマ:

ネット業界の風雲児がついに逮捕されましたね。


彼の姿は戦国時代の織田信長を彷彿とさせ、凄い応援をしていたので非常に残念です。

今回のことで、ネット業界全体に対して悪いイメージがつくのが非常に懸念されます。


彼が今までの常識を本当の意味で壊したのは事実ですが、やはり、悪いことは悪いわけで。


これからライブドアはどうなるんだろ。。。俺の友達行っているんだよなぁ。。。

24-TWENTY FOUR

テーマ:

この「24」シリーズはずっとみてまして、最近シーズン4を見終えました。


大体こういうドラマはシリーズを追うごとにつまらなく、ダラダラになる傾向が強いのですが、このドラマは全然飽きない。


中毒性が非常に高いドラマなので、「シーズン4」がリリースした後も全12巻がレンタル開始になるまで、見ないで我慢していました。(次が気になってしょうがなくなるので)


年末年始が風邪でダウンしていたので、布団に入りながらずっと見てました。


色々なことが同時進行で起き、ひとつが解決したと思ったらまた違う展開になり、息つく暇もない展開

に気づくと何時間も見てしまってます。


シーズン1~4どれもお勧めです。外れがありません。

キンバリーとチェイス、ニーナが4にはいなかったのがちょっと残念ではありました。あと、パーマー大統領も。。。


20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- シーズン1~4 コンプリート・パック (Amazon.co.jp仕様)

是非見てください。相当お勧めです!


用心棒

テーマ:
世界中の全ての映画監督が参考にしたであろう、余りにも有名な黒澤監督作品。

1960年代に作られた作品とは思えない、映像と音楽。特に大掛かりのセットがあるわけでもないし、ストーリーも単純といえば単純。でもこれが抜群に面白い。

東宝
用心棒

それにしても三船敏郎はほんとうにいい俳優ですねぇ。仲代達也もいい味をだしていて。

昔の邦画は本当に面白い。

HANA-BI

テーマ:

最近ハリウッド映画に食傷気味なので、邦画の有名作品を片っ端から見てます。

が、実際有名作品となると結構昔の作品になってしまうのですが、誰か邦画でお勧めの作品を教えていただけませんかね。。。ということで、この作品。



バンダイビジュアル
HANA-BI


「HANA-BI」は日本の監督の中でもっとも好きな監督の一人である北野作品です。ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品。


北野監督作品は賛否がわりとはっきりと出ると思います。


監督自信が語る様に、明確なメッセージを出しているわけではないし、あからさまな涙を誘おうとしているわけでもない。


一人の人間の生き方を自信が思う描写で表現しているのが北野作品の魅力の一つだと。

その生き方に感動したり共感したり、否定したり。


音楽や映像が注目されるのは北野作品はそれぞれ自分自身で感じる作品だからと思います。
この作品はまさしく不器用な一人の大人の生き方を表現しているのが世界で評価された要因と思います。
最後の岸本さんの台詞をどう感じるかですね。あなたはどう思いましたか?


けど、こんな人生でも花火が咲く瞬間があるということなのでしょう。わたしはそう思いました。



戦略共有会・懇親会・忘年会

テーマ:

本日、土曜日にもかかわらず、戦略共有会・懇親会・忘年会があった。平日ではなかなかみんなが集まってというわけにはいかないから土曜日に実施ということに。


しかも、約60人くらいの社員の前で総合司会を仰せつかってしまい、これは、アピールのチャンスだと思いながらも、プレッシャーもあった。


まぁ、そつなくこなしたとは自分的には思っているのですが、いかがでしたでしょうか。


この会社は大企業にも関わらず、取締役との距離が近く、直接話ができることが非常にいい会社だなぁとつくづく思う。本音はどうなのかは別としてこれほど一般社員と同じ目線で考え、話ができる会社も珍しいと本当に思います。こういう社風が会社の成長の一番の原動力になっているのだと思います。


様々なことをこの会社で吸収して自分のスキルアップを図って生きたいと思います!!