霊のようなものは波長の関係で電気系統に一番影響を及ぼしやすいという説
以前から言われていたことです


パンプル・ムースを始めてから(店内ではよそでは言えない不思議 スピ系話で常に盛り上がるのです 私も含め皆会社でも家族の間でも 人によっては友達どおしでもいえないことが ここでは誰はばかることなく自由にしゃべれるのでありがたいし とっても楽しい といってくださいます)たくさんのお客様からさまざまなエピソードをお聞きしました


なかでもありふれて多いのは 亡くなった家族が訪れていると感じるときは 誰も触っていないのに玄関の明かりが点いたり消えたり テレビの電源が勝手に入ったりする です

 もちろん気配や温かみを感じた などと言われる方は本当にたくさんいらっしゃいます


しかし 明かりが点くとか消える ということのほうが肉体を持つ人にとって実感としてわかりやすいので 霊となったかたも頑張るのでしょう

物品を移動させる などという方法は相当に強いエネルギーを持つ霊でなければできないようです

霊だけではなく 強い霊的(気)エネルギーを持つ人のエピソードでは 娘さんが良く使う電子レンジがあるとき急に火花が散ってが爆発したようになったとか この子が使うパソコンはすぐに壊れるとか いうようなこともあるようです

つまり電気のデジタル的波長が霊的エネルギーの波長に非常に近い ということです

 

Kさん(昔はよく地震などいろいろ予知できたそうです 小さな地震でもわかってしまうので 友人たちにしょっちゅう警告電話をしていたそうですがあまりに多いのでうるさい といわれるほどだったとか 結婚して子供ができてそういう能力は薄れた といっています)が10年以上前に この世はデジタルでできている と喝破されたとき 私はあまりピンとこなかったのです


しかし数年前からデジタルカメラが普及するにつれてオーブ(いまやこれの写真は無数にあります)や変なおばけ
(お客様がオーストラリアに卒業旅行に行かれたときグランドロックで撮った写真の一枚に写っていて 故赤須博士に見ていただいたとき 「ここもこんなに波動が下がってしまったのか」と嘆かれていましたが この土地の精霊のようなものだということでした)や 小人さん(Tさんが撮った結婚式の写真に写っていてパンプル・ムースのHPで公開しています)や デイサービスの施設で撮影された人間くらい大きな桃 や羽 赤須博士が訪ねた塩竈神社の門前で写った人間くらいの大きさの鳩 などなど そういう写真を見せられてもフエイク?などという疑問が出てこないほど当たり前になってきました


龍や光の柱 山本先生に付いていつもビデオを回されている建辺先生は常にそういう写真を取られていて 山本先生の書籍やカレンダーにたくさん掲載されています

その中で一番すごいと思ったのは 光が曲げられている写真です

レーザーのような光 というものは直線で進む と記憶していたのですがある数人の方とともに写っている写真の光線がゆるやかな曲線になっているので不思議だな~と思って見つめていたら 先生がこの光をそこに移っているある方に届けてあげたくて曲げた とおっしゃいました

「光ってまげられるんですか?」と驚いてたずねますと「簡単ですよ」 とこともなげに答えてくださいました

 

建部先生は小さいときから龍とかそういうものが見えていてお友達になって一緒に遊んでいたそうです

 

・・・書いているうちに いろうろ思い出してしまって しまいに何を書いていたのか自分でわからなくなるので しょっちゅう話がずれてしまい 読んでくださる方は面倒になっちゃうだろなあ と反省しつつまったく計画性の無い自分にがっかりします
私の人生自体がそうで すべてそのときの思いつき で暮らしてきたように思います
そのことがラッキーに繋がったこともあれば ひどく厄介なことにもなったりしたのです

Wさんから聞いたところでは 私は60年間天中殺にあったそうです
1・2年前にようやく終わったそうです
彼女の算命的考え方では天中殺は悪いときばかりということではなく 普通には起こりにくいことがおこるとき
そこにはありえないような良いことも入る
しかし良くないことも普通に無いくらい大きくなったりするので あまり動かないほうが良い という時期だそうです
彼女の「言」では「寝て暮らせ」だそうですが
それを若いうちから知っていたら 今の人生はどうなっていたのかな~ と思いますと もしかしてとってもつまらない人生になっていたかもしれないですね~・・・

 

電気 というものが一番霊が3次元世界に影響を及ぼしやすいツールだ ということであるなら まあ前回の記事で書いた光や火花などは何らかの霊的なものが接触しようとしてきたのかもしれない ということをいいたかったのです

そうしてそれはあんまり良いエネルギーとはいえないものである 可能性が強い と思います

 

結果的になんの費用もかかりませんでしたし 手間(東電へ電話するとか)を除けば実質的被害はなにもなく済んだのは 一応この窓(家中で一番やばい窓 となんとなく思っていたので)のところには 龍鳳凰バージョンの守護強化を置いていたからかもしれないな~ と思っています

 

パンプル・ムースの守護強化ブレスは守護の強化だけではなく 単独でも使えますし 場においてもその方を守ってくれるようです

ただし 守護石を一度も持ったことの無い方には作れないのが難点です

石の種類は決まるのですが 組むことができないのです

 

AD

最近のINDEEPさんの不思議な音に関するブログを読んでいて思い出しました


以前に住んでいた家でのことです
私の部屋は2階にありました
よる9:00頃ベッドのすぐそばの窓全体が突如 爆発のような光に覆われ一瞬で消えました
外側が青で内側が赤やオレンジの本当に爆発したような光でした
それと同時に大きな爆発音が聞こえたので また家の前の道路で事故でもあったのかと思い 窓を開けて外を覗いてみました


なんにもありませんでした
よく思い返してみると 外ではなく窓の内側だった気がするのです

 

(この道路は今も変わりませんが結構事故が多いです ついに最近信号が付きましたが その後もまたありました
数は凄く多いと思いますが いつもたいしたけが人も出ず物損のみです
この物損が結構凄くて 数年前 乗用車が家の脇の電柱に思いっきりぶつかったことがあり そのときは車のボンネットなどはぐっちゃぐちゃ 扉もはずれてぶらぶら 車輪も4つともバーストしていましたが 乗っていた4人はほとんど何の怪我もありませんでした
一番最近ではガードレールが数メートルにわたって破損 もちろん車も同様 運転者は昼間であるにもかかわらず 酔っていたようです もちろん怪我なし
しかしこの時も含めて近隣の家にも被害が出たことはほとんどないです

電柱やガードレールなどがいつも守ってくれます)

 

その数日後 今度は窓全体が一瞬真っ青な光で満たされました
このときは音はありませんでした

私は浄化の光だ~とよろこんでおりました

 

それから1・2ヶ月したとき 朝起きてトイレの電気を点けようとしたらつかないので電球が切れたかと思ったら 冷蔵庫も切れている 

東電に電話をしたらすぐに来てくれて しかし原因はみつからず 適当にブレーカーあたりをいじっていたら復旧しましたが
ブレーカーは壊れていなかったので 結局原因はわからずじまいでした

 

そのまた1ヵ月後 今度は夜8:00頃
パンプル・ムースから帰って家の前まで来ると 男性が二人家の前で待っています
作業服姿だったので 心配せず(強盗とか)何かあったのか聞いてみました


「おたくさまの近所からの通報で 電柱から火花が出ている

 しかし電柱や電線には何の問題も見つからなかったのでお宅に原因があるのではないか 

それを調べるには一時的に停電しなければならないので 家の者の許帰ってくるのを待っていた」


「これから友人との食事の約束があって荷物を置いたらすぐ出かけたいのですが 立会いが必要ですか 家の者もでかけているようなので まだ2時間くらい留守になると思います」
「家に入る必要はないので 立会いはなくて結構です 直ったら電話します」

 

1時間後 電話があり「直りました」
「原因はなんだったのですか?」
「それが・・・どこもわるくないのです 原因はわかりませんでした けれど直りましたから」

そこで思い切って聞いてみました


「実は以前に 爆発のような光が窓に映ったのですが こういうことってよそに聞いたことは無いですか?
そのときもなにもなかったわけですが これって霊的問題なんでしょうか?」
「さあ わたしどもにはわかりかねます」
ま そりゃそうですよね

 

以前ちょっと書きましたが 数年前から青い光と酸素のぶくぶくが出なくなっていたエアナジー器 勝手に直ったんですがどうせまたじきに壊れるだろうと思いつつ毎日使用しているのですが いまだに元気!

量子医学の小林健先生がおっしゃっているように 器械にも自己修復能力があるのだな~と感心 感謝していますが
これも霊的なことが関係しているかもしれないでしょう?

 

AWG(月1回通ってます)のおかげかエアナジー(毎日1時間半使用)のおかげか 最近体が軽くなったし 疲れにくくなった ことを実感しています
相変わらずアレルギーはそのままなので 食べ物も大丈夫なものに限っていますし 洗剤(シャンプー 洗濯 食器洗いなど経皮毒のげんいんとなるもの)薬品などは一切使わずに2年以上たっているので それも理由かもしれません

 

あの怪しい家から現在は引越しをしまして 今住んでいるところはきちんと家浄化+守護をしてあるせいか そういうことはなにも起きないどころか エアナジーも回復してしまった


ホウロンポー(飯山一郎の乳酸菌)も買ったばかりのときは物凄いにおいがしたのですが しばらくするとほとんど無臭になってしまいました
無臭になってしまったので賞味期限?が過ぎて(普通そんなことはないはずですけど)効力もなくなってしまったのかと思ったら 猫の口臭も飲み水にちょこっといれれば消えたし 生ごみのにおいにも効果があるし もしかしたらうちの空気というか霊気が良いので乳酸菌さんたちも喜んでいるのかな~などと思ったりしています


前の家にもとりあえずアメジストの原石を埋めたり 炭を床下一面に撒いたり風水的なことをしてはあったのですが (まあそのおかげで 占いの先生に言わせると 「こんなところに住んでいてよく命があったね」ということになります 最低の時期に最低の方角に越しているうえに 暗剣殺もある)

パンプル・ムースを始める前で石のことなど興味も無くなにもわかっていませんでしたから なんとなく水晶埋めとけばいいのかな~ という風でした
まだダウジングも知らなかったしね~

 

今の家は炭に加えトルマリンの原石も入れています
そのおかげか2年たった頃 床下のにおいをかいだのですが コンクリートのにおいが気にならないほど さわやかな心地よい香りの風が吹いてくるのです
思わず今夜は床下で寝たい と思ったほどです

 

不思議な光から随分話がそれてしまいましたが 

最後にむか~しまだ私が若かりし頃 夏休みに新潟の実家に帰ったとき 夜中2:00頃に目が覚めて 窓を開けて星をながめていたら 夜空の一角に爆発のような閃光が広がり一瞬で消えました 
これは凄い またおきるかと待っていましたが私が見たのはそれ一度きりでした
翌日のニュースになるのではないかと思いましたが ありませんでした


パンプル・ムースに来られたお客様となぜかそんな話になったとき そのかたも見たことがある といわれました
しかしそのかたも なんだかわからないということでした

説明できるかたいたら是非教えてください

 

AD

つい先日パンプル・ムースに来店された方の来店理由がおもしろかったです
この女性はたまにパチンコをなさるそうです


3年以上前に初めて来られて そのときの守護石はピンクオパールでした
今に至るまで一度も切れたりしなかったので 二度目の来店です
ただ石の色はかなり変わってしまっていました

 

最近上司と大喧嘩したり 妹さんやお父様の病気などいろいろあって この石まだ大丈夫かな と気になった

 

それでパチンコをして もし勝ったら絶対パンプル・ムースに行って新しく石を作ろう と思ったそうです
来店される前の日に パチンコ店にいって 本当にかなり(数万円)勝ったので
これは行け ということだ 

 

守護石はオーラライトクオーツに変わり 玉も少し大きくなりました

 

ブレスを付けていただいてから
やめようかどうしようか と悩んでいた仕事のほうもダウジングでいろいろ調べました
本当は今の仕事はやめたくない といわれるのですが その上司の方とは相性がよくない上 3月にその方が転勤されたとしても その支店に居るかぎり よい状態に なるのはむつかしい とでました


「それではどうしよう」
あれこれ話しながらいろいろ書いていただき みていくと 派遣が良い と出ました
「えっ派遣」
「実は私のいとこのお嫁さんが小さい派遣会社をやっているんんです」

その方の名前と会社名を書いていただくと とても相性がいいので この方に相談してみたらどうですか といいますと
「数回しか会ったことがないけれど とてもいいひとだったし いつでも来てね といわれたんです」
「さっそく明日にも連絡とってみます」

 

AD

12月のオフ会は8日 第2金曜日

今年最後のパンプル・ムースオフ会です

いつもどおり夜7:30~ 吉春の予定です

 

12月のヒー研は16日 アミュゼ柏5階和室 夜7:00~

こちらも今年の最後になります

個人的ですが 今年は私にとっては天中殺だったそうですが 最後までその言葉にふさわしい いろいろが起きまして おもしろいなあ と思っています

ヒー研では私的にはなぜ今ここで なぜ今年が選ばれたのか というようなことを瞑想のなかで探ってみたいと思います

 

先月のヒー研では 本当に座った瞬間 場の中にふわりと入り込まされて なんといったらいいのか言葉がみつからないのですが あの場の気が一段と高い次元の状態に成っている 感じでした

わたしだけではなく 他の方も同じだったといっていましたので・・

単なる錯覚とは思えません

 

違う集まりで行ったときにはそういう感じはまったく受けないので おそらく あの場に同調できる 波長なり意志なりを持った人が行くときだけ そうなるのかもしれません

 

問い合わせはパンプル・ムースまで

 

 

 


ある女性がパンプル・ムースに来店されて 守護石を作られました
サンムーンでした


守護石がサンムーンの肩は場の調和を自然に とるという方に多いです

ですから この石の方がいると その場がなんとなくなごやか というか 話がスムーズに進む 感じです


まずご自分が使われて そ後とご家族の分も作られました
そして本当の目的は80歳を越えたお父様に作りたい ということでした

 

お父様が急に長年住みなれた家を越す と言い出したのだそうです
今まで長年住んできたとても立派な大きな家を捨てて 新しいところに越す ということは普通 年配の方には大きな負担になります
彼女をはじめ 同居のご家族 親戚まで駆り出してやめるようにと説得に当たっているのに 頑として聞き入れてくれない
何とかしないと ということで彼女に全権大使の役目が下った


だめでもともとなので 猫の首に鈴をつけるようにパワーストーンをつけてみよう

 

 お父様の守護石が大きなグレードの良い玉の赤富士でした
赤富士さんは一番 良くも悪くも人的霊的影響を一番強く受ける方です
感性感覚は良く 他の人を理解する能力もある

波長が細かいゆえに 見えないエネルギーに感応できるということになります
しかし 自分の波動が下がっているとき 低いエネルギーに入り込まれてしまったり 他人のマイナス感情に強く影響されやすい ともいえます

 

2重人格というのはマイナスのエネルギーに憑依されてしまっていることかな と考えます

自分自身が表に出ているときと 憑依した奴が表に出てきているときの落差がつよいと まるで別々の人格を持っているかのようにみえてしまいます

 

「とにかく 引越しなどということはなんとかやめさせないと 
でも頑固だし 人の言うことは聞かないし だいいち石のパワーなどというものを信じるはずもないし まして80過ぎてブレスを着けてくれるなど考えられないけれど とりあえずプレゼントしてみます」

 

持っていったらお父様はとても気に入ってすんなり腕につけてくださったそうです
「驚きました」
私は赤富士 という名前が良かったのでは とも思っています(笑)

 

もちろん引越しはなくなりました

 

後日のある日 ご機嫌うかがいに訪れると 家の外にまでお姉さまとお父様のどなり声がひびいていたそうです
「うわーもう 守護石パワーが切れたか」 とがっかりしながら家に入って ふと二人の腕を見ると両人ともブレスを
着けていない

ちなみにお姉さまは確か大きなピンクオパールだったと思います


ピンクオパールは繊細敏感心配性なかたの守護石ですが 大きくなったり色が濃くなったりで意味合いが変わってきます

 

あわてて「ちょっとちょっと 二人ともブレスはどうしたの」
「おおそうだ」 「あっわすれてた」とすぐにブレスを着けてくれたそうです
すると今までどなりあってたよね というひまもなく 普通にはなしはじめたそうです

その変わりようがあまりに劇的でおもしろかったのでとわざわざ来店されてお話くださいました

 

「アフターライフ」アニーケイガン著 交通事故で亡くなった兄との死後の交流を書いた本です

初めてお兄さんがアニーさんに語った言葉のほんの一部です

「最初に僕が感じたのは 祝福に満ちた気持ちだった

車にはねられた瞬間 あるエネルギーが体から僕を吸い上げて より高次元の世界に引っ張っていってくれたんだ

高次元の世界って言ったのは 引っ張り上げられる と感じた瞬間一瞬にして痛みが無くなり すぐに自分が死んだんだってわかった」

 

赤須博士も事故でした

 実は「黎明」という凄い本があって あらゆるスピリチュアル的疑問に答えをくれています

このすべてのアカーシックレコードが視えていた としか思われない内容の本を書かれた葦原瑞穂さんも事故でなくなられています

 

この二人のようにあらゆることが見通せていたのではないか と思われるような方々が なぜ事故 という手段を取って逝かれたのか ということは謎でした

 

赤須博士を知っている何人かが言っていたのは 「上(何らかの高次元的存在)から呼ばれたのでしょう」 ということでしたし 地上での役目が終わって 次はもっと高い次元からやることがあるからではと思われましたが 確証はないわけです

 

たまたまいつもは行かない図書館にあったので借りてきたのですが それもなんだかシンクロ というかタイムリーな感じです

赤須博士が逝かれたと聞いても 自分にあまり悲しみが湧いてこなかったのが不思議だったのですが この本を読めば(まだ読み終わってないけど)わかるだろうと思ってます

私は早めに返しますから 興味ある方 図書館にリクエストしてはいかがでしょう

 


以前からときどきパンプル・ムースに見えられていた方で 娘さんの片方の足が痛みが取れないのでどうしたらよいか と相談されました

数年前からずっと痛みがあり 歩くには歩けるのだけれど 痛みが伴う
医者に行ったり マッサージ等をうけたりしても一向に治らない

気になる写真があるので見て欲しいということでした
数年も前の娘さんの写真なのですが ちょうど痛みがある足の部分にだけ白いもやのようなものがかかっているのです 

「これは足の痛みと関係あるのでしょうか?」

ダウジンングで調べますと 関係ありということでした
父方の御先祖様が関わっている ということを申しますと 

「そんなはずはない」
御先祖様方のことは両家ともお墓参りを含めてきちんとやっている ということなのですが どうも その方々以外に御供養されていない方がいらっしゃるようだ と申しますと しばらく考えられて そういえば御主人のお父様(祖父)はこの家に養子に入られた ということを昔聞いたことがある 「すっかり忘れていました」

実親の御先祖様の供養はしたことがなく お墓もどこにあるか良くわからない 探してみます ということで 娘さんの守護石はだけを作られて 御自分の守護石は娘さんの足がよくなったら作ります(() といわれて帰られました

娘さんの守護石は赤富士(レッドマウンテンファントムクオーツ)でした

感性感覚が良く 波動的にも細かいせいか人的な霊的エネルギーに非常に影響を受けやすい という方が多いです
つまり 生き霊とか自縛霊のようなものもあれば 御先祖様のおおいなる御加護もあるし また
先祖がなにか望みがあってそれを伝えたい とかいろいろです 

後日お墓も見つかり 御主人も一緒に 御供養をきちんとしてきました と伝えに来てくださり 御自分の守護石も作られました

 

昨日ようやく 復活しました

Sさんのおかげです

すったもんだいろいろしまして 最後はポートの番号だったんですが 前もそこ変えてみたりしてたのですが 多分そのときは別のどこかが一字間違ってたとか だったのだろうと思います

毎日入力 何回もしなおしたりして 心が消耗してしまいましたが(そこにエネルギー全部とられてほかの事に意識が向けられなくなってました)アカウントだのプロパテイだののこんぴゅーたー言語を少し覚えられたので よかったかな~ と思ってます

ふりかえってみれば すべてよし 直って心も軽くなりました

ご迷惑かけた方 ごめんなさい

今頃古い返信が いってるかも

 

パンプル・ムースの送受信が11月1日頃からできなくてご迷惑かけてます

サーバー(xserver)が変わったことに原因があると思うのですが いろいろやってみているのですがいまだにできない

きょうもできなかった 原因がわからない???

サーバーに聞いても 自分のほうはきちんと設定がされているのであとはそちらの問題です といわれるだけ

ほとほと困りました

 

なので ご連絡いただける場合は申し訳ないですが 電話かFAXでお願いします

 

パンプル・ムース 

 

HPちょっと整理したつもりだったですが やっぱり文字が重なっているそうで スマホ?用を作ろうと思っているのです しかしこのメールトラブルでそっちまで頭がまわらない これもまたご迷惑かけてます