2005-02-19 06:15:13

トラブル・メーカー

テーマ:特集 金城武
★★★★★★☆☆☆☆

トラブル・メーカー
1995 / 台湾 ・ 香港 / アクション/ ドラマ


原題:臭屁王
監督:チュー・イェンピン
脚本:ドゥン・チョン
出演:金城武 , ン・マンタ , アテナ・チュウ
収録時間:92分
発売元:彩プロ
音声仕様:北:モノラル、日:モノラル
特典:日本版ビデオ予告編(約1分)


すごい原題ですね・・!!
たぶん少林寺サッカーの人が出ています。
コメディ好きな人いかがでしょうか。

レンタルですが、シネマレビューさんのほうでもリストになく、
これはほんとにあまり知られていません・・
金城武のカンフーアクションというふれこみですが、
実際は全く違います。正直この作品の後半には感動しました。
お話はとりとめがないコメディで、どこかひと昔の
ハリウッドの(80年代くらいの)青春コメディ。
主役が金城武となっていますが日本向けで、本当は子供と
ついてないカンフー用務員さんです。
ばかにしながら見終わったあと、暖かい気持ちになりました。
でもすごい高得点をつけちゃうと、あとがなくなるマイナー
なのでこのあたりに・・

途中までネタバレあり
大まかな筋は、親に愛されていないと勘違いし家出をする
憎たらしい子供が、ついてない用務員さんにまとわりつき
居候します。
この用務員の好きな女の人は花売りで目が見えません。
用務員は手術のためのお金がほしい。
仕事先の学校(たぶん私立高校)ではあるクラスのいたずらに、
学校中が手を焼いていた。その主犯が金城なんですが、
いたずらといっても、教師に水入りバケツをかけるとか、
カンニングする授業を妨害するなどで内容も笑える。
教師役がいなくなり、とうとう用務員が臨時の教師に。
それは、見事教師役を勤めると賞金がもらえるから。
これで彼女の手術代も稼げる。
その前に、子供の紹介で(筋めちゃくちゃ)カンフーの修行を
しに行きます。生徒たちに勝つために・・(よくわからんね)
ここらもおかしいです。もう見ててあきれを通り越し、
なじんで見慣れてしまう・・例えれば、おれたちひょうきん族!
あのノリなのですよ。
そのわりに、前半の子供と用務員の関係やノリが、
チャップリン映画の真似しています。
実におしゃれでばかにできません。

整理すると・・
用務員は、子供の紹介で寺にカンフーを習いに行く。
強くなり生徒たちをやっつける。
子供は家出していて用務員に居候。
金城は好きな彼女がいて気をひくために強くなる。
ものすごいバカな役で、自分はブルース・リーの生まれ変わりと
思っている。カンフーも披露しますがけっこう切れてた・・
そこにビフ・タネン(バック・トゥ・ザ・フューチャー)のような不良
(実は理事長の息子)が現れぼこぼこにします。
用務員は、ジョージ・マクフライ(マーティのパパ)のような
金城にリーのようになれと応援。
不良をメッタメタにしちゃうんです。
お~っ!バック・トゥ・ザ・フューチャー!!
でも理事長の息子でしたので、用務員には懸賞金どころか、
職さえもなくなる。子供は自分ちの豪邸に用務員を案内。
泥棒させるんですが・・・
かなりなめちゃくちゃな映画ですが面白いです。
ちなみにエンディングテーマは金城武が歌っています。
聴いてて滑った。サザンのカバーでしたもの。
・・思っていたよりうまかった。(桑田も棒読みだもんね)
いや、肝心のセリフは広東語でしたが、やっぱ日本語よりうまい。
当たり前か・・
でもまだ広東語の酔ったようなノリについていけない。
北京語のが見たいな・・



タイトル: トラブル・メーカー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-19 06:09:18

スペーストラベラーズ

テーマ:特集 金城武
★★★★★★☆☆☆☆


監督 本広克行
キャスト 金城武(男優) 西山保(ハヤブサジェッター)
深津絵里(女優) 相田みどり(アイリーンベア)
安藤政信(男優) 藤本誠(ブラックキャット)
池内博之(男優) 高村功(ドラゴンアタック)
浜田雅功(男優) 野々村清
渡辺謙(男優) 坂巻隼人(クラッシュボンバー)
筧利夫(男優) 深浦巧一(ホイ)
鈴木砂羽(女優) 深浦公(ゴールドパピヨン)
甲本雅裕(男優) 清水孝宏(カールヘンドリックス)
武野功雄(男優) 倉沢慎太郎(エレクトリックサニー)
中山仁(男優) 須藤正義
ガッツ石松(男優) 庄田義政
大杉漣(男優) 常田宣一
高杉亘(男優) SAT中隊長
小木茂光(男優) SIT隊長
伊藤洋三郎(男優) 西川刑事
北山雅康(男優) 江東署警官
プロデューサー 堀部徹 ROBOT
出演 ジョビジョバ J・SIx・BABYS

途中までは何回も気軽に見れる映画だと思う。
個人的にこの映画のコメディはツボに入ったし、
脚本も面白くて笑い通しでした。
本当に途中まではすごく良い映画だったなぁ。

気に入ったところ、
ばかなことを大真面目にやってて好感が持てる。
コメディの間のとり方がうまい。
人数が多いにもかかわらずうまくまとめ個性を出している。
Cに入らなかったところ、
後半から金城が優等生になりおばか映画でなくなった。
妙にシリアスにまとめて感動させるようにつまらなくさせた
深津のラスト。
・・・結局このふたり(主役)を泣かせちゃったら面白くない。
今までなにでひっぱっていたのか。
理由のない強さ勘違いのカリスマではなかったか?
見ているものは(ああ、やっぱりね)と、
既存にある狼たちの午後的なオマージュ映画だとしらけてしまう。
途中まで舞台劇のようで面白かったのに。
そこがよかっただけに、(裏切られた)と、
作品を後半から別物と見てしまう。

金城武のコメディは天然のおとぼけがあり、
筧の計算された舞台俳優のコメディとはまるで違うが
この映画の前半にうまく生きている。
それが後半では優等生。

こんなに面白い映画をどうにかしたいと考えてみた。
問題の後半、狼たちの午後ではなく、大脱走にはならないか!?
浜田がやってくれているマンホールを使わない手はもったいない。
そのあとから二人が首を出してもいいんじゃあないか?
例えそこに銃が向けられていたとしても、
まぬけな結末のほうがおかしく哀しい。
ソレが無理ならふたりが銀行を飛び出したあとで
終わったほうが良かった。
なにも後味の悪さを消すための見え見えの
深津の回想など作らなくても。
あのクリスマスの涙は十分に余計。
これさえなければまだ、狼たちの午後の
二人が飛び出したショットで閉じた方がかっこいい。
これだったら8点にはなっただろうに。
もったいない映画です。
でもコメディセンスは良かったので、
DVDを買い特典で楽しんでる。特典は時間も多く、
楽しく面白いところばかり。娯楽映画なんですから、
本当にあった狼たちの午後の真似はしなくてもいい。




タイトル: スペーストラベラーズ




タイトル: スペーストラベラーズ The Animation
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-19 06:07:10

不夜城

テーマ:特集 金城武
★★★★☆☆☆☆☆☆

SLEEPLESS TOWN

監督 リー・チーガイ
キャスト 金城武(男優) 劉健一
山本未來(女優) 佐藤夏美
椎名桔平(男優) 呉富春
鈴木清順(男優) 葉暁丹
田口トモロヲ(男優) 遠澤
谷原章介(男優) 周天文
森田芳光(男優) 賭博の客
馳星周(男優) ビラ配り
原作 馳星周
主題歌 B'z 『The Wild Wind』


合いませんでした。難解な話を一生懸命見ていると、
思考をさえぎる金城君のろれつの回らない日本語が・・
ドラマなら舌足らずでもいいんだけど、
この手のサスペンスに早口+舌足らずではわけがわかりかねます。
見てる途中腹たった。
邦画に出たての頃だったからなんでしょうが、
まだ棒読みしてくれた方が物語がわかる・・
でも設定からして他にいないんだよね。
だったら、英語か中国語で通してほしかったよ・・
ちなみに、<パラダイス>という香港映画では、
すごくうまく殺し屋やっています。お勧め。
不夜城よりパラダイスのほうがいい。この不夜城って、
やっぱり邦画なんだよね。変に向こうを意識して作ってるけど、
夜中にやってるヤクザ映画(東宝とかの)みたい。
山本未来は役にはまっていた。
どうしょうもない役でいて妖艶だったし。
金城君の後半はよいんだけど、
前半から隠れてる冷酷さが出ていない。
(パラダイスはよかった)悔しいから小説をブックオフで買い、
また読んでから見てみようかな。





タイトル: 不夜城



著者: 馳 星周
タイトル: 不夜城



著者: 馳 星周
タイトル: 不夜城



著者: 馳 星周
タイトル: 鎮魂歌―不夜城〈2〉
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-18 14:56:27

冒険王

テーマ:特集 金城武

★★☆☆☆☆☆☆☆☆



DR.WAI IN THE SCRIPTURE WITH NO WORDS
1996年【香】

監督 チン・シウトン
キャスト ジェット・リー(男優)
金城武(男優)
チャーリー・ヤン(男優)


何がなんだかわかりませんでした。
ただ、インディジョーンズがなんてすごいんだろうと、
当たり前のように再確認。
ナチが日本というのが笑えないんですよね。
笑えたのは、唯一ストリートファイターズ(ゲーム)の、
本田のようなおすもうさんが出てきた時の。
ストⅡやりたくなった・・ついでにベガも出して欲しかった。
金城君目当てでないと見れないでしょうが、
この映画では置いていかれています。
いいギャグ役者なんですが、この映画で置いていかれることは、
まともなんだよなあ。よかった!病気でなくて!



タイトル: 冒険王
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-18 14:52:10

パラダイス!

テーマ:特集 金城武

★★★★★★★★☆☆

兩個只能活一個
THE ODD ONE DIES

メディア 映画
上映時間 89 分
製作国 香港
公開情報 バンダイビジュアル
初公開年月 1998/01
ジャンル ロマンス/アクション


監督: パトリック・ヤウ
製作: ワイ・カーファイ Wai Ka-Fai
ジョニー・トゥ Johnny To
脚本: ワイ・カーファイ Wai Ka-Fai
撮影: チェン・シウケン
 
出演: 金城武 Kaneshiro Takeshi
カーメン・リー Carmen Lee
ビュン・ウーニン
ケネス・チョイ Kenneth Choi
フランク・ティン


この映画は気に入ったので、DVDを注文しました。
私、こういうちんぴら映画ならOKです。
不夜城なんかよりずっと感情移入できる。

返還を控えた1997年の香港。
無職でぶらぶらしている青年のモーは、
現状に嫌気がさして殺し屋になる。
彼は、殺しの前払金をギャンブルにつぎこんでしまうが、
意外なことにバカ当たり。
大金を手にしたモーは、殺しの仕事をするのがばからしくなり、
出所したばかりのカルメンという女性に殺しを依頼する。
金城武が本来のコミカルな持ち味を発揮。

なんというか、まずのっけから無事見終えるんだろうかと思うほど
すごいえぐい場面が出てきます。
金城君がどうしょうもない役で、雀壮で勝手に(牌が悪いため)
切れて暴れるんだけどつまみ出され、
何を考えているのかまたボーツと戻ってきて、
すさまじいやられ方をするんです。
でまたひつこくその店に現れるんだわ。目がいってる・・・
で勝ちまくるんだけど、冷淡というか表情が怖いよ~・・・
その冒頭からのリアルなやばさで怖いのに、まだ変な筋は
続いてゆく。何なの・・?とついていきながら、
流れのまま本能のまましかも淡々と事務的に運んでいく、
それを追うのが面白くなってくる。
脚本も面白いしテンポもわかりやすいし、
全体にはわかりにくいんだけどそれもアリみたいな、
どうしょうもない役を金城君好演。
目がイッてるといういかれた演技が、途中からさらに
いかれた相方(女)が出てきて、徐々に普通に戻る
それがうまいんだわ。しかもいかれてた前半はセリフは
ほとんどなく、無言無表情覚めた目で切れていた。
後半からしゃべりだす・・と普通の振り回され役に。
ラストも好きだな。こういう悪いやつの映画って、
バッド・エンドにさせたがるのに、この映画はよい。
どちらともつかずで終わらせ、後味も悪くない。
ラストのヤマで、飛ぶところがあるんだけど、
この映画ならおおいに許す。
なんでこういうチンピラ役がうまいんだろうなあ・・
コメディ入ってて面白いし、抜けてるし・・・






タイトル: パラダイス!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-17 09:37:07

初恋

テーマ:特集 金城武

★★★★★★☆☆☆☆


初纏恋后的2人世界
1997年【香】

監督 エリック・コット
キャスト 金城武(男優)
エリック・コット(男優)
カレン・モク(女優)
撮影 クリストファー・ドイル
製作 ウォン・カーウァイ


惜しい映画だなあ。
私は清掃員と夢遊病者の変な純愛路線が好きなんですが、
いらないよ監督主演なんて。
ドイルとカーファイなんてすごいのに。
エリック・コット?
監督主演を短くして1話目を厚くしてほしかった。
すごい奇妙でいい話だと思うけどなあ。
天使の涙っぽいし。
純ゆえに変わってて世間とおおいにずれてて、
漫画みたいなおかしくもかわいらしい恋と思う。
こういういかれた役は金城君は素でいってますね。
やはり志村けんを尊敬してる、
ほんわかコメディよりだな。
2話目は気に入らない。わかりにくいし、
わかるところがあまりに所帯じみてるというか現実的というか。
まあ1話目と区切りをつけたかったんだろうけど、
こんな恋ならいらないやと。夢がないもんね。
現実と昔の恋との遭遇が所帯じみてる。
1話目がほとんどメインなら8点、
2話目と監督出すぎ面白くないのでマイナス。




タイトル: 初恋
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-17 09:31:00

Returner/リターナー

テーマ:特集 金城武

★★★★★★☆☆☆☆


RETURNER
2002年

監督 山崎貴
キャスト 金城武(男優) ミヤモト
岸谷五朗(男優) 溝口
鈴木杏(女優) ミリ
樹木希林(女優) 謝
脚本 山崎貴
特撮 山崎貴 (VFX)
主題歌 レニー・クラヴィッツ 「DIG IN」
美術 松井祐一 (特殊人体造形)



嫌いではないんですよ。
金城武が出ているだけで見たんだけど、
後半の丁寧さとバック・トゥ・ザ・フューチャーのような、
金城=ドクの展開は個人的に好きなんです。
オーロラの彼方へのようでもあるしで・・だから許す。
マトリックスやらE.T.やらなんですが、
結局誰もが見てる映画の記憶に残るシーンばかりを使う、
ある意味確信犯映画でこれだけやれるのだから見事。
赤影をこのメンバーでやってほしかったな。
もちろん青影は彼女で決まり。
うわ、赤影は主役だし、白影も敵を味方にするとよい。
同横山光輝漫画で、時の行者というSFものがあるんだけど、
似ていますよ!バリヤ使ったりね。
金城君は演技は別にして
(なんかクールさよりコミカルさを監督は要求したそうな)
他に映える人はいないと再確認した。
私としてはギャグより(この映画のギャグはセンスな
く説明的)堂々とダサいぱくりSFで通してほしかった。
その方がこれからの発展になると思うのですが・・
岸谷さんは、フェイス/オフのニコラス・ケイジと
かぶる演技で笑えなかった。
なら金城君にトラボルタをやる技量がほしかったけど、
この映画すべてが欲張りすぎて説明しすぎだったので、
たとえトラボルタ本人がやってもワケわからなくなるか・・



タイトル: Bolshoi Ballet: Return Of The Firebird




タイトル: リターナー ― デラックス・エディション




タイトル: リターナー〈スタンダード・エディション〉



著者: 金城 武
タイトル: 金城武写真集 Returner MIYAMOTO



著者: 山崎 貴
タイトル: Returner リターナー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-16 06:34:04

恋する惑星

テーマ:特集 金城武

★★★★★★★★☆☆


重慶森林/Chungking Express
1994年

監督 ウォン・カーウァイ
キャスト トニー・レオン(男優) 警官633
金城武(男優) 警官223
ブリジット・リン(女優) 謎の金髪女
フェイ・ウォン(女優) フェイ
脚本 ウォン・カーウァイ
撮影 クリストファー・ドイル
美術 ウィリアム・チャン
挿入曲 フェイ・ウォン 「夢中人」




不覚にもエンディング間近のあたりで泣いてしまった・・
2幕目がすごく良い。
この女の子の気持ちがばからしいくらいよくわかり、
ツボにはまったようだ。

はっきり言って、2幕目のふたりはダサダサ、
見栄えもいまいちだった。
徐々に魅力的に見えてくるのだがそれはきっと、
そのまま変わらずやり通しているからと思う。
脚本よいなあ。
ここまでやる?とも思ったけど、
ある意味一番まともに一筋だったのは、
変なスッチー身代わり熱愛オリーブガールだったわけで。
東京ラブストーリーの鈴木保奈美のひつこい片思いなんか、
思い出してしまい切なくなった。
相手もさえない天然役でとてもよかった。
ここが日本のドラマと違うところだ。

借りるきっかけとなった、一幕目の金城君。
天然さは生かされてはいるものの、
それを抹殺し二幕目につながることを拒否するかのような、
大揺れカメラと意味不明な脚本。
一幕目は頭で理解しようとし視覚効果もあり、
気持ちも悪くなった・・
だれか説明できる人がいればラストの缶詰のわけや、
全体にある謎を教えてほしい・・
カメラは、まるでデ・パルマのミッドナイト・クロスだ。
(タランティーノ映画も入ってる)そして二幕目は、
心で感じられた。
減点は一幕目の脚本とカメラ。
二幕目の待ち合わせ場所とかで、
さりげなくリンクさせればよかったのに。
ん?それじゃあ、パルプ・フィクションになるわね。
二幕目のカメラはとても落ち着いて、透過スローが特によかった。
セリフ・・は二の次。
キオスクで、昔の青春小説単行本を立ち読みしたようだったから。
南佳孝とかがバックで流れてた映画ね。
二幕目はセリフいらないくらい、行動がよくわかる。
でもこの映画、気になる理解できなかった一幕目を見るため、
また中古でも探すかもね。
二幕目の感動は二回目は少ないと思うから。




タイトル: 恋する惑星
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-14 12:31:14

天使の涙

テーマ:特集 金城武
堕落天使/Fallen Angels
1995年【香】

★★★★★★★★☆☆


監督 ウォン・カーウァイ
キャスト レオン・ライ(男優) 殺し屋
金城武(男優) モウ
ミシェール・リー(女優) エージェント
カレン・モク(女優) 金髪女
チャーリー・ヤン(女優) 失恋娘
脚本 ウォン・カーウァイ
撮影 クリストファー・ドイル
美術 ウィリアム・チャン



「恋する惑星」と比べると、まだわかりやすい作りですが、
全体にはよ~くわからない世界でした。
でもカメラワークがまだこちらの方が見やすく
(広角レンズ多用は引いたが)セリフも説得力あったと思う。
減点は殺し屋のからみ。理解しようと2回見ても、
どうも殺し屋には見えず石田純一みたいだ・・
「恋する惑星」では、2幕目がよく
1幕の金城はいらないと思ってた。それは不可解すぎた脚本と
酔ういじりすぎた映像によるもの。
それがこちらの「天使の涙」では、殺し屋はいらない。
金城のほうがよくなってる。
前回不満だった1幕目と2幕目の繋がり。
これが今回では無理やり頭と終わりに繋げているし、
ただしでもこの5人をリンクさせるのは違和感あり。
主体を宿屋に持ってきた時がよい。

特に良かったのが居酒屋のからみと8mmビデオ。
噂には聞いていたが、本当にこの映画の演技が
金城武のベストでは?まだ全作見てはいないのだが・・・
あの演技は「恋する惑星」のストーカー女の浮遊感でもある。
ハリウッドではこういう役がはまる一人に、
ブラッド・ピットがいることを思い出した。
殺し屋の男は世界は違うが、(なるがまま)であり、
女3人は(なすがまま)と、女の方がしっかり意思を持つ、
そして口の利けない宿屋の息子はというと、
中性的にどちらも持つ。その存在が、
濃い救いようのない映画を癒し映画にさえ変えている。
セリフのない分の浮遊感と本音の表情、
淡々とした語りもまたセリフのうち。
殺し屋をもっとうまく描けてたらなぁ・・満点なんだけど。



著者: クリストファー ドイル, Christopher Doyle, 芝山 幹郎
タイトル: Angel Talk―“天使の涙”完全版




タイトル: 天使の涙
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-14 11:56:52

ニューヨーク デイドリーム

テーマ:特集 金城武
Too Tired To Die
1998年【米】

★★★★★☆☆☆☆☆


監督: チン・ウォンスク Chin Wonsuk
製作: トレイシー・ビング
コニー・カイザーマン Connie Kaiserman
ヴィクター・ワング
脚本: チン・ウォンスク Chin Wonsuk
撮影: ジム・デノールト Jim Denault
音楽: メイダー Mader
 
出演: 金城武 Kaneshiro Takeshi
ミラ・ソルヴィノ Mira Sorvino
ジェフリー・ライト Jeffrey Wright
ベン・ギャザラ Ben Gazzara
マイケル・インペリオリ Michael Imperioli
ジーノ・レクナー Geno Lechner
サンドラ・プロスパー
デヴィッド・ソーントン David Thornton
キム・ヘス Kim Hye-Su


どこででも評判が悪いので、覚悟して見ました(苦笑)
金城君、英語うまいよね~!
「ゴールデンボウル」というドラマで、
オーマイゴッド!とかアイムソーリーとかやってた
記憶があるので、不審に思っていたのですが
日本語より断然良い!あれはウケ狙いだったのか。
もしかしたら中国語よりよいかもしれない。
英語はハキハキ喋らなくてもよいというのはあるかも・・
でもかなり流暢で、セリフがまた他の人より長い。
惜しいなあ。言葉と演技がよく合ってるのに、
映画自体に魅力がないんだから・・特に後半の彼はよかった。
外人(変ですが)としか思えないくらい英語が怒ってた(変・・)
思うにこの映画は政策側の大きな失敗。
死神の恋と主人公へのいらぬおせっかいの、
精神的いじめとしか取れない。余命の決まった主人公と死神は、
ブラピの映画くらいお金と俳優揃えたって難しかったのに。
それならコメディで通した方がよかったな。
ラストも、銃や薬にしてほしい。
あれは痛いだろうに(苦笑)でもあれ見てわかった。
これは主人公は実はミラ演じる死神なんだって。
ラストでわかるのもなんだけど、
彼がかわいそうとか思わないのは、
事務的に死神が自分を見せにくるからだけど、
それなら死神の片思いが晴れて両思いになれば
(なってるような)コメディのエンディング成立なんだけどね。
そういう無理やりがきかないところに、監督の演出の堅さがある。
人の死って戦争や難病や事故以外は軽く扱えない、
それをコメディのように見せていたので
面白いかと見てたんだけど、やっぱり失敗したようだ。
確かに知り合いも少ないニューヨークで、
いきなり死の宣告されたら残された時間が怖いという
リアルさや疎外感はあるだろう。
ここらは金城君の演技が成功しているけど。
後味が悪く何かが残るというのさえないしで。
それと、フランス人はいらない。
イタリア人と日本人と韓国人はわかるけど。
人ですぎ、金城は全部英語で通すべし。日本語は眠いのか!?
ちなみにファンは見た方がいいでしょう。
98年といえばブレイク時だし。
なんといっても一番自然
(日本人から見たら英語が聞きなれてるし)
しかしすごい俳優陣でした。バスキアの主人公、
シンドラーのリストのレイフ・ファインズの妻、
両方あまり重要ではないのだけどね。




タイトル: ニューヨーク デイドリーム
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。