続編?


『の・ようなもの の ようなもの』
落語家の出船亭志ん米(尾藤イサオ)に弟子入りして修行を積む志ん田(松山ケンイチ)。
ある日師匠から、長らく消息不明になっている、一門の志ん魚(伊藤克信)を探してくれと頼まれる。
一門の大きなタニマチであり、志ん魚を気に入っていた女性実業家の機嫌を取るため、再び高座に上げようとしているのだ。
志ん田はかつて一門にいた人たちを訪ね、なんとか居所を突き止める。
しかし志ん魚は、もう落語はしないと言い、志ん田は全く相手にしてもらえず‥‥。

---------------

2011年にこの世を去った森田芳光監督。
そのデビュー作「の・ようなもの」の、その後を描いたオリジナル映画です。
監督は、森田作品で助監督などを務めてらっしゃった杉山泰一さん。
主演の松山ケンイチさんは、森田監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」の主演だったという繋がりっぷり。

伊藤克信さんや、尾藤イサオさん、でんでんさん、内海圭子師匠など、前作に出てらっしゃった方もそのままの役で出演されております。

僕は映画にハマったのが遅かったので、残念ながら森田監督の映画を映画館で観たことはないのですが。
昭和の頃の邦画の、レトロで良い空気を感じられる映画でした。

僕、好きです。全体に流れる空気が。


松山さんの下っ端っぷりが良かったですね。

生真面目だけど、要領が悪くて。

もっとダメでも良かったかも。


何より良かったのは、師匠の娘・夕美役の北川景子さんの下町娘っぷり。

きれーな足をぽぽーんと出して

頼りない志ん田の尻を蹴り上げるかのように盛り立て

見事に作品に、彩と勢いを付けておられましたよ。


そして仲村トオルさんや佐々木蔵之介さん、鈴木京香さんに鈴木亮平さんなどなど

チョイ役出の人たちの豪華なこと。

カメオ出演って言うんですかね。

故・森田監督への愛を感じられて、なんだか暖かな気持ちに。

いつも後悔してることですが、やはり前作を観ておきたかったっすな~。前もって。



☆個人的見どころ

・出目金

・チャキチャキ娘な夕美

・豪華カメオ出演陣

AD