• 09 Apr
    • 妊娠中の便秘に乳酸菌! 腸内環境を改善してくれます

      前回の記事で乳酸菌のことを書きましたが、   その効果についてもう少しご紹介したいと   思いますね。     乳酸菌は、いわゆる善玉菌の中の一つです。   ヨーグルトで有名なビフィズス菌も善玉菌ですね。     腸内環境の改善に活躍してくれます。   腸内環境が良いということは、善玉菌が優勢に   働いていて、悪い場合は悪玉菌が優勢になってる   ということなんです。     悪玉菌は、腸内の腐敗を進めて有害物を   作ってしまいます。   また、腸内をアルカリ性にして体の免疫力を弱めて   しまうんですね~。     ちなみに、悪玉菌というのは、ウェルシュ菌、   ブドウ球菌、大腸菌などです。   悪玉菌は加齢やストレスによっても勢力を   増していきます。     とまあ、前置きが長くなってしまいましたが、   要は、妊娠中の便秘を解消するには腸の中の   悪玉菌をできるだけ少なくして、善玉菌を多くする   ということですね。   乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を多く食べる、   ということなんです。     例えば、乳酸菌は植物由来のものと、動物由来の   ものがあります。   植物由来のものは、漬物、しょうゆ、納豆、   キムチ、みそ、甘酒などがそうです。   動物由来のものとしては、チーズやヨーグルトなど   です。     基本、乳酸菌というのは発酵食品に含まれます   から、どうしても臭いというのがありますよね。   わたしは、この臭いがどうしてもダメで、なかなか   食べれません。   (ヨーグルトは味付けを工夫して何とか毎日   食べましたけどね)   ふなずし、納豆、粕漬けなどは乳酸菌がかなり豊富   ですが、もう絶対に食べれないのです。     しかし、ただひとつ美味しく食べれるものがあった   のです。   それは、味噌です。おみそなんです。   味噌はそのままでは食べれないのですが、   味噌汁は問題ありません。     それと、おでんや田楽につける味噌もOKなんです。   ただ、こちらは砂糖が結構入ってるんですよね。   あの味噌って甘いですからね。   ですから食べ過ぎに注意をしながら、できるだけ   夕食の時に毎日食べるようにしたんです。     それが、野菜スティックにつけて食べる方法です。     ニンジン、キュウリ、大根、そしてついでに   キャベツやレタスにも。   野菜と味噌で効果があったと思っています。   自分では、味噌汁も含めて毎日乳酸菌を取れた   のかなって。     妊娠中の便秘には乳酸菌、味噌が結構いいと   思いますよ        

      296
      テーマ:
    • 妊娠中の肌荒れ!! 一番の原因は便秘?

      妊娠中の便秘が顕著に表れるのがお肌です。   わたしは特にそうなんです(泣)。   お肌を見ただけで、あっ、この人便秘じゃない?   ってわかるんじゃないかといつも気にしてました。   吹き出物がひどかったですから。     昔からそうだったんです。   便秘がひどくなると、いつもお肌が荒れます。   学生時代は、赤いブツブツができましたから、   そんな時は、外には絶対に出たくなかったですね。     大人になってからブツブツは出なくなりましたが、   お肌の荒れは相変わらずです。   それどころか歳を重ねる毎にひどくなってるような。     大腸の悪玉菌が増えすぎる!!     特に、妊娠中の肌荒れの一番の原因は便秘です。   便秘になると、大腸内では悪玉菌っていうのが優勢   になるんですね。     大腸の中にいる微生物は、大きく分けると、   善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けれられます。   理想的な腸内バランスですと、各々が、   2対1対7なのですが、腸内環境が崩れると、   悪玉菌が優勢になって善玉菌より多くなってしまう   のです。     悪玉菌は、腸内の腐敗を進めて有害物質を作ります。   それが、腸壁から血管に入り込み、体内を廻り   まわってしまうわけなんです。   それが、お肌に影響して、肌荒れ、吹き出物と   なって表れてしまうのですね。   肌の潤いがなくなる、化粧のノリが悪い、乾燥する   といった症状もしかりです。   わたしは、妊娠中は特に肌荒れや吹き出物が   ひどかったので、外出する時は、念入りにお化粧を   していました。   散歩する時でも、30分ほど化粧してから外に出るんです。   誰も見ていないのにおかしいですよね。     乳酸菌を多く取るのはわかりますが   原因が悪玉菌が多いのなら、善玉菌の乳酸菌を   多く含む食品を食べればいいわけです。   すなわち、ヨーグルト、チーズ、キムチ、みそ、納豆など。   発酵食品に乳酸菌はたくさん含まれていますから。     しかし、わたしは発酵食品が得意ではなく、   あまり食べることができないのです。   どうしてもあの臭いが好きになれなくって、、。   つわりがひどい時に食べようものなら、もう最悪   ですね。   2日は何も食べれない状態になってしまいます。   しかし、ヨーグルトだけはジャムやハチミツを混ぜ   たりしてなんとか毎日食べるようにしました。     でも、そんなわたしでも、すっきり贅沢抹茶を飲む   ことで簡単に乳酸菌やビフィズス菌を取れたことは   本当にうれしかったですね。   便秘で肌荒れ、吹き出物で悩んでいる妊婦さん   には、かなりお薦めだと思いますよ。    

      15
      テーマ:
    • 妊娠後期の便秘は本当につらくて心配です

      妊娠が後期になるにつれて、出産への準備と実感が   湧いてる頃ですね。   更にお腹が大きくなり、待ちに待った赤ちゃんとの   対面ももう少しとなります。     しかし、この時期に便秘がひどくなると本当   につらいです。   子宮の中の赤ちゃんが大きく成長するにつれて、   ますます大腸を圧迫する為、うんちは更に出なく   なります。     大腸だけでなく、胃も締め付けられる感覚も出て   きますので、そんなに食べることもできませんし、   息苦しさも増してきます。     いきむこともできない、運動もできない、、、。   とにかく、大きなお腹が気になって、思い切った   ことはできません。   力んだら赤ちゃんが本当に出てくるんじゃない、   ってホントに思いますからね~     しかし、散歩と背中マッサージは続けた方が絶対   にいいです。   できれば、散歩は朝、昼、夜の一日3回が   気分転換も含めてベストだと思いますよ。     妊娠後期の便秘解消に大事なことは、体調が   安定する妊娠中期にできるだけ対策をすること   なんですね。   後期に持ち越さない為に、、、。     水分、食物繊維、運動、脱ストレスです。   特に、オリゴ糖、乳酸菌、水溶性食物繊維を   含んだものを毎日たくさん摂ることなんです。     わたしは、とにかく、水分を多く摂りました。   すっきり贅沢抹茶は、まさにお茶として飲めますし、   便秘解消に必要な成分が豊富に含まれて   いますからね。   まさにわたしには、ビンゴだったと思います。     あとは、ヨーグルトですね。   妊娠5~6ヶ月目頃からは食べる量を増やしました。   1日200gを毎日摂りましたよ。   ヨーグルトはいろいろな種類が出ていますので、   1週間ほど試して自分に合ったものを選ぶことだと   思います。   しかし最終的に、妊娠後期になっても便秘が   治らなかったら、お医者さんの指示に従って、   下剤や浣腸を使用することになります。   とにかく、出さないといけないわけですから。     妊娠9ヶ月頃には、お腹の張りや腹をかなり感じる   頃になります。   便秘による腹痛も出てくるケースもあります。   痛みを感じたらすぐにお医者さんに診て   いただくことです。   無理をすると出血や破水を起こすことにも   なりかねませんから。      

      3
      テーマ:
  • 08 Apr
    • 妊娠中期の便秘解消はお風呂とマッサージ!!

      妊娠中期になってから便秘になる場合もあります。   赤ちゃんが徐々に大きくなってくると子宮が   大きくなり、大腸を圧迫してしまうんですね。     子宮が大きくなると、どうしても腸は背中の方に   いきますから、ぜん動運動が十分に行われない為   うんちが腸の中を進まないのです。     また、子宮内に羊水を溜めこもうとする働きから、   どうしても水分不足にもなってしまいます。     ただ、この頃にはつわりも治まり、安定期に入って   いますので、自分に合った解消法を見つけて、   定期的に実践すれば便秘解消につながるのです。     逆に、この時期までに治しておかないと、   もう生まれそう、って時に便秘でも苦しんでます   ってことに、、、。   そんな風にはなりたくないですよね・・・・・・。     対策は食物繊維、水分、運動、そして脱ストレスが   中心であることには変わりありませんが、   それに加えてわたしは、お風呂とマッサージの2つの   解消法を妊娠中期に試みました。       お風呂は、40℃くらいのぬるま湯で   30分~1時間程じっくり入るのです。   体をよく温めることによって、血流を改善し、   大腸の血行を高めます。   ぜん動運動を促進させるのです。     ただし、妊娠中ですから気をつけないといけない   のは、のぼせないように、決して高い温度にしては   いけません。   また、心臓に負担を掛けないためにも胸まで   浸かり続けてはダメですよ。     そして、出たあとは常温の飲み物でしっかりと   水分補給をします。   ミネラルウオーター、すっきり贅沢抹茶、   ルイボスティー、たんぽぽ茶がお薦めですね。     次にマッサージですが、   背中をさすったり軽くもんだりします。   といっても、一人ではできませんから旦那さんの   協力が必要なんですね~。   横になったり、四つん這いになって、背中を   マッサージしてもらいます。   本当に気持ちいいですよ。   わたしは、毎日20~30分ほどやってもらいました。   旦那は、仕事で疲れていたのに感謝、感謝です     そんなにお腹が大きくない時は、お腹も自分で   さすりましたよ。   軽く軽く、赤ちゃんに差し障りがないように、、。     まっ、これらがどれだけ効果があったかは   わかりませんが、少なくともリラックスと   ストレスの発散ができたことは間違いなかった   です。      

      10
      テーマ:
    • 妊婦の便秘は妊娠初期に起こりやすいです!

      昔から便秘じゃなかったのに妊娠をきっかけとして   便秘体質になる方は本当に多いのですよ。   女性は妊娠すると体調が大きく変わりますよね。   妊婦さんの便秘は妊娠初期に起こりやすいです。     まずは、ホルモンの影響が一番大きいですね。   妊娠すると体内のホルモンバランスが大きく変わってきます。   女性ホルモンのプロゲステロンという黄体ホルモン   の分泌が増えてくるんです。     プロゲステロンは、妊娠状態を維持しようとする   働きがあるのですが、その代わりに腸の   ぜん動運動を鈍くさせてしまう為、便秘を   引き起こしやすくしてしまいます。   また、水分を体内に蓄えようとするため、十分な   水分がうんちまで行きわたらない事が   多いのですね。     わたしもそうでした。   妊娠が分かったてからどんどん便秘がひどくなって   いきましたから。     自律神経の乱れもあるみたいです   これは、自分で分かりませんし、コントロールが   できません。   ホルモンの変化と妊娠の不安感からくる   副交感神経の働きが乱れると腸内環境も乱れ、   便秘もますますひどくなってくるわけです。     主人に言わせると、わたしの妊娠初期は、   よくいらいらしてたみたいです。   あたるものがないから、たわいもないことで主人に   あたっていたようです。     そうなんですよね~、意に反して便秘がひどく   なっていきましたから。   自分でも知らず知らずのうちに。   妊娠による不安感もかなりありましたし、、、。   初めての体験でしたから食事や運動には   特に意識し過ぎたかもしれません。     つわりによる影響もあります   つわりがひどいと本当に食べれなくなります。   気持ちが悪くなって食欲が湧きません。   特に脂っこいものや重たいものは見ただけで   ゲッ、ってなっちゃいます。     好きなものや食べやすいものしか摂らなくなり、   栄養が偏りやすくなります。   その結果、食物繊維や水分不足が起こり   便秘になることが多くなります。     あとは、運動不足ですよね   わたしは妊娠が分かったとたん、激しい運動は   絶対にダメ   って感じて、動き回ることをほとんどしません   でしたから。   普通に運動すればよかったのに、、、。   妊娠ということに意識過剰になってしまったんです。   ウォーキングなんかはどんどんやった方がいいと   思いますね。     妊娠初期は母体にとって非常に大事な時期です。   同時に、便秘もひどくなってきます。   食事、適度な運動、睡眠、水分はしっかりと   摂りたいですし、自分好みの食物繊維や   乳酸菌の入ったものを毎日食べることを   お薦めします。   わたしは、ヨーグルトとすっきり贅沢抹茶を   好んで摂りましたよ。        

      4
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 便秘の妊婦さんは痔になりやすいです

      妊娠中の便秘には痔に気をつけなければなりません。   わたしがそうだったんです。   切れ痔です。   もう、思い出したくもありません(泣)     ちなみに、妊娠や出産によって痔になる人って   本当に多いそうですよ。   統計によると3人に1人は何らかの症状がでるとか、、。   いぼ痔と切れ痔が代表的だそうです。   専門的に言うと、いぼ痔は痔核、切れ痔は   裂肛というそうです。     いぼ痔は、子宮が大きくなるにつれて肛門の周りの   血管を圧迫し、血流が悪くなりうっ血して、   しこり状に膨れるものをいいます。   肛門の内にできるものと外にできるものが   ありますが、外にできる方が多いそうです。     切れ痔はその名のとおりですね。   固いうんちが出る時に切れることが多いです。   わたしもトイレで1時間程奮闘して、出るのか   出ないのかはっきりして~って感じで、、。   最後には思いっきりいきって出たのはいいのです   が、やっちゃいましたね。   かなり痛みがありました。   切れたのがはっきりわかりましたから。   トイレットペーパーにべっとりついた血を見た時は   青ざめてしまいましたね、ホント。     最初は自分で治そうと思い、市販の切れ痔の薬を   買ったんです。。   わたしの場合、肛門の少し内でしたので、塗り薬   ではなくて、入れて治すタイプのを購入したのです。   テレビCMで宣伝している有名メーカのものです。   しかし、いざ入れようとすると、とても痛くて   入りません。     入れて治すなんて絶対に絶対無理ですよ~。   ありえません。   さらに出血する始末です。悲惨でした~。   あ~、これじゃ治らないなっ、て思いましたね。   結局、病院へ行くことにしました。   恥ずかしかったけど、妊娠していましたから、、、。   これ以上ひどくなってお腹の赤ちゃんに悪い影響が   出ないとも限りませんし、、、。     病院で診てもらったおかげで、それ以上ひどくなる   ことはありませんでしたが、もう二度と経験したく   ないですね。     固いうんちにならないようにするには?   固くならないようにするには、頻繁に水分補給する   ことと食物繊維をたくさん摂取することだと思います。   それとストレスを溜めないことですね。   でも、それが分かっていたら苦労はしないですよね    

      6
      テーマ:
  • 05 Apr
    • 妊娠中のストレスは便秘を悪化させます

      ただでさえ便秘なのに、それにストレスが加わると   便秘はもっとひどくなってしまいます。     わたしの場合はそれが非常に顕著でしたね。   普通にお通じがあっても、ちょっとした夫婦喧嘩や   姑さんとの意見の食い違いなんかがあると、もう   翌日には出ないですよ。   神経細かすぎというか、プレッシャーに弱過ぎです   よね(泣)。     ストレスと胃腸の調子って大きく関係してくるのです。   ストレスがかかると自律神経が乱れて腸内環境を   悪化させます。   その結果、便秘や下痢といった症状を引き起こして   しまうのです。   わたしの場合はいつも便秘です。   そしてこの便秘がストレスになってさらに便秘が   ひどくなるという悪循環に陥ってしまうのです。     過敏性腸症候群って知っていますか?   下痢になったり便秘になったりする症状が続くの   ですが、調べてみてもどこも悪い所はないのです。   ストレスや精神的要因によって、大腸が過敏に   反応してこの様な症状になってしまうのです。     妊娠中は、ただでさえホルモンバランスが崩れて   便秘の妊婦さんが多いです。   自分でも知らず知らずのうちに、イラついたり、   眠れなくなったり、落ち込んでしまったりと情緒   不安定な状態が続きますからね。     わたしは、妊娠中にちょっとしたことで主人と   言い合いの喧嘩になり、お互い何日も口を   利かない日が続いたんですね。   そうすると、毎日どんどんストレスが溜まっていく   のが自分でもわかってきて・・・・・・。   そうなると、過食になったり、落ち込みが激しく   なったりするんです。   すると、お通じの方が1週間ほどありませんでした。   出る気配まったくなしです。     こりゃいかんと思って、すぐ仲直りしましたけど(泣)   便秘とストレスの関係を思い知らされましたね。   日頃のストレス発散が大事ですね!!   となると、ストレスを溜めないないこと、発散する   ことが大切となってきます。     読書や音楽などの趣味に没頭する、お友達と話を   する、カラオケや散歩など。   好きなことを見つけることです。     ちなみに、わたしのストレス解消は「韓流」の   ビデオ見まくりでした~。   ストレスがひどかった時は、1日に10本見ましたよ。   ハマってしまって~。 今も続いています~。   ただ、見てるだけでなくて、見ながら軽い運動を   するんです。   足踏み、プチスクワット、ストレッチなどなど。   一石二鳥ですね。     妊娠中のストレスには、便秘をより悪化させない   為にも何か発散できるもの、集中できることを   お薦めします!        

      20
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 妊娠時の便秘には水分補給が大切です

      便秘の人にとって適度な水分を補うことは重要です。   固いうんちには水分を多く含ませないと柔らかく   なりませんからね。   それも冷たい水よりも温かい方がいいに   決まってます。   妊娠時であればなおさらです。     でも、何をどのくらいってのがわかりませんよね?   それに、水分を補ったからといって、必ず便秘が   解消するとは限りませんし、、、、。   しかし、これはかなり効果あるんじゃない?というのが   あるんですよ。     それは、白湯です。     そう、ただのお湯です。   水を温めただけのものなんです。   えっー、お茶や紅茶の方が効果あるでしょ~   って思っちゃいますかね?   ですが、意外にも「かなり効果ありましたー」   ってネットで書かれてるんですよ。   水以外の何ものでもないから良いのでは?って   声もあります。   おまけに、お金ほとんどかかりませんし。     ただのお湯ですが、作り方や飲み方については、   それなりにこだわりがあります。     まず、水は、水道水とミネラルウォーターとどちらを   使えばいいのでしょうか?     基本、どちらでもOKです。     水道水には塩素が含まれていますが、   今ではほとんどのご家庭で浄水器や   浄水フィルターを使われていますので   そんなに気を使う必要がありません。   沸騰をさせますしね。     逆に、ミネラルウォーターの方はミネラルを豊富に   含んでいますが、沸騰させることによって   その成分が失われてしまうことが多いのです。     沸騰時間ですが、やかんで強火で沸騰させます。   沸騰したら、引き続き弱火でさらに10分ほど   沸騰させれば出来上がりです。   少し冷めたら飲みますが、温度にして50度前後の   熱さがちょうどいいですね。     そして、飲む量でありますが、   一回につき200mlぐらいがいいです。     また、飲む回数とタイミングですが、   起きてからすぐ、朝食後、昼食後、夕食後、   そして風呂上がり又は寝る前の一日5回が   お薦めです。     特に、朝起きてすぐと、風呂上がり又は寝る前は、   重要ですよ。   ちょうど体の水分が足りなくなっている状態ですからね。   また、寝起きの水分補給は大腸のぜん動運動を促進   させます。   そのためには冷めた腸を温めてあげることも必要です。     夜寝る前も、寝ている間に腸へ水分を補うことが   できるのです。   ただし、おトイレが近い人は飲む量を調整してみて   ください。   さて、肝心の効果ですが、すぐには表れませんが、   3日~゜5日ぐらい継続するとスッキリ感が味わえる   と思います。   一度お試しあれ      

      3
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 妊娠中の便秘と食事の関係は?

      便秘がひどくなるかならないかは食事によって変わります。   食事の量についてはどうなんでしょうか?   特に、妊娠中の便秘の時には、食事の量をどう調節   すればいいのでしょうか?     あまり食べない方がいい?   それとも出す為にはたくさん食べた方がいい?   もちろん、つわりとかで体調が悪い時は食べる量は   必然的に減りますし、逆に体調がよくてお腹が   すいている時は増えます。   お腹の赤ちゃんに栄養をたっぷりとって思いますしね。       ただ、たくさん食べるにしても腹八分にしておく   ことが重要なんですよ。   妊婦さんでなくても、腹一杯まで食べるというのは   健康にとって決していいことではありませんから。     前置きが長くなってしまいましたが、食事の量が   少なくても多くても便秘がひどくなる可能性が   あります。     まず、食べる量が減ってしまうとと、当然ながら   発生するうんちそのものが少なくなるわけです。   そうすると、腸への刺激が少なくなり、排便に   必要な腸のぜん動運動が活発に行われなくなるのです。     すると、便意がなくなり、うんちは腸の中に長く   留まり、硬くなってしまうのです。   すなわち、便秘がさらにひどくなるわけですね。     では、逆にたくさん食べた場合はどうでしょうか?   たくさん食べて、たくさん出すというのは、   理にかなっているように思いますが、大事なことは   何を食べるかってことなんです。     間違いの一つは、消化の悪いものを食べ過ぎて   しまうことです。   当然のことながら、消化の悪いものは胃腸に負担を   与えますし、すっきりと出すことができませんよね。     ちなみに、どんなものが消化が悪いのでしょうか?     ざっと挙げてみますと、   そば、中華めん、こんにゃく、油揚げ、   目玉焼き、イカ、タコ、貝類、かまぼこ、   ハム、ソーセージ、タケノコ、キノコ類、   レンコン、柑橘類、梨、ドーナツなど   普段、普通に食べてるものが結構多いですよね?     間違いの二つ目は、不溶性食物繊維のものを   食べ過ぎてしまうことです。   不溶性食物繊維は腸の中の水分を吸収して   しまう為、硬いうんちを作り出してしまうのです。     水溶性食物繊維の食べ物のバランスをよく考えて   食べる必要があるのです。   また、たくさん食べる時には、必ず水分を適度に   取りながら食べるように心掛けてくださいね。        

      9
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 便秘の妊婦さんにはオリーブオイルもお薦め!

      オリーブオイル!!      誰もが知っている体にいいと言われている油ですね。     オリーブオイルは酸化されにくいオイレン酸が主成分です。     オメガ9のオイレン酸です。     このオイレン酸は、悪玉コレステロールを抑制する働きがあります。     その結果、動脈硬化や心臓疾患の予防を促進します。     また、ビタミンEが豊富なことから抗酸化作用があり、     アンチエイジングにも期待されています     他には、中性脂肪をつきにくくしたり血液をさらさらにもします。     インスリンの分泌量を調整することで糖が脂肪に変わる量を適正にします。     本当にいいことだらけの油なんですね~。       しかし、更にうれしいのが便秘にも効果があることなんですよ。     実際に、わたしの友人はオリーブオイルで便秘が治ったのです。     なんと言ってもオリーブオイルは、腸で吸収されにくいのです。     その結果、便に吸収されることにより滑りがよくなります。     すなわち、柔らかくなるとともに排便しやすくなるわけですね。     ただ、柔らかく滑りをよくするだけではありません。     オイレン酸が腸を刺激して、排便のための腸の     ぜん動運動を促進する働きを持っているのです。     自然の下剤と言われる由縁もここにあるのですね。     オリーブオイルの召し上がり方     そんな便秘に効果のあるオリーブオイルですが、     どう摂取したらいいのでしょうか?     オリーブオイルは少し味にクセがあります。     しかし、大抵はパンに塗ったり、サラダにかけたりすればOKです。     わたしは、よく市販の野菜ジュースにいれて飲みます。     量の目安は大さじ1杯です。     オリーブオイルは油ですからカロリーは多いです。     大さじ1杯で130キロカロリーもありますから。     取り過ぎには注意してくださいね。     また、オリーブオイルはエキストラバージンオイルをご使用ください。     オリーブオイルは、調理用のピュアオイルや     精製オリーブオイルなど種類がありますが、最も     上質なエキストラバージンオイルがお薦めです。     オリーブオイルは即効性はありません。     ある程度継続することによって効果が表れます。     よって、妊婦さんにおいては早ければ早いほどいいですね。          

      3
      テーマ:
  • 01 Apr
    • お茶で便秘解消!! 効果のあるお茶はどれ?

      便秘にはお茶!って聞くと、何となく効果があるんじゃないかなって思いません?     確かに、わたしが飲んだ「すっきり贅沢抹茶」はかなり効果がありました。     便秘用のお茶として豊富な食物繊維や腸内環境を整える成分が含まれていますし、何よりもわたしには体質的にかなり合っていたと思っています。     では、その他のお茶はどうなんでしょうね?     世の中には、普通の緑茶、麦茶、玄米茶、たんぽぽ茶、ごぼう茶、黒豆茶、マテ茶、ルイボスティーなどなど、お茶と称するものは数え切れないほどあります。     その中で便秘に効くお茶は何があるのでしょうか?     わたしが、定期的に試したことがあるのがたんぽぽ茶とルイボスティーです。     二つとも数ヶ月間毎日飲んだ経験があります。     たんぽぽ茶     たんぽぽの根や茎を使ったお茶です。     産後の母乳の出をよくしたり、ダイエット効果があることで有名ですよね。     ノンカフェインですし副作用もありませんので妊娠中でもOKです。     どちらかというと、便秘というよりは母乳促進ということで飲まれているケースが多いのですが、利尿作用、排便作用があるということで飲みはじめました。     妹が産後に飲んでいて、お通じがよくなったって聞いたからです。     わたしは毎日食事の時に飲んでいました。コーヒーに近い味がします。     コーヒー好きのわたしにとっては、とっても飲みやすく好きな味でした。     利尿作用があるってのは本当ですね。     トイレは確かに近くなりました。     肝心の排便作用はどうなんでしょうか?     うーん、一ヶ月程たっても変化がありませんでした。     もう一ヶ月続けてみよう、ってことで二ヶ月目に入った頃に少し変化がありました。     飲んで一時間程するとトイレに行きたくなることが多くなったんです。     ただ、そんなに出ないというか、ちょっとだけなんですよね。     ドッサリってのはなかったですね。     結局、二ヶ月間飲んでみましたが、"ちょっとだけ効果あり"といった感じです。       ルイボスティー     たんぽぽ茶の次に試したのがルイボスティーでした。     南アフリカ原産のルイボスという植物を使っているお茶です。     一時、日本でもブームになりましたよね。     甘みがあって、こちらも非常に飲みやすいです。     こちらも食事の時のお茶として毎日飲みましたね。     特徴は、成分にマグネシウムが豊富に含まれていることです。     このマグネシウムが便秘に効果があるのですが、市販の下剤薬で有名なマグミットにも含まれている成分で腸内に水分を吸収する働きがあります。     便を軟らかくするんですね。     また、活性酸素を除去する働きもありますので、腸内の悪玉菌を排出して腸内環境を整えるのです。     さて、こちらの方の肝心の効果はいかに?     なんと、たんぽぽ茶より早く効果が表れました。     飲み始めて3日目ぐらいです。     量もドッサリ!っとまではいかないまでも結構出ました。     おっー、これはもしかして。     やっと探し当てていたものに出会えた~、と思ったのです。     効果は一ヶ月程続いたのですが、体が段々慣れてきたのでしょうか?     徐々にまた出ない日が多くなってしまいました。     結局、二ヶ月半ほど飲みましたが、こちらもやめてしまいました。     でも、ルイボスティーはかなり効果を実感しましたね。     ちょっとした便秘の方には絶対にお薦めします。    

      8
      テーマ:
    • 妊娠中の便秘は下痢を起こすことがあります

      つらい便秘の時は、「もう、下痢の方が100倍マシよ~」って思います。     出ないより、どんな形であれ出た方がすっきりしますから。     でも、わたしは下剤は飲みたくありませんので、「自然に下痢にならないかな~」って変なことをいつも思ってたんですね。     妊娠していない時は、よくわざとお腹を冷やしたりしてました。     その一つが、お風呂から出てからの冷たい牛乳の一気飲みです。     お風呂から出たばかりの温かい体に、冷たい牛乳を一気にお腹に流し込みます。       結果は?     はい、お腹壊します。     それでなくても体質的に牛乳を飲むとお腹を壊すという人も結構いますからね。     毎回ではないですが、時間が少し経ってくるとお腹がゴロゴロ。     そして痛くなってトイレに駆け込みます。     そういうことをして自分なりの便秘対策をしていました。     でも、でもです。     これって、自然じゃありませんよね。     わざと体をいじめてます。     体に良くないってことが分かっていますから何回もやれません。     自分でもバカなことやってるな~って思ってきてしまって・・・・・・。     もちろん、妊娠してからは一度もやっていませんよ。     本来、お腹は温めるべきであって、冷やすなんてことは論外ですものね。     はい、少し前置きが長くなってしまいましたが、妊娠中の便秘の時に急に下痢になることがあるんですね。     わたしも何回か経験をしました。     それは、最終的に溜まった便を出そうとする人間の自然作用が働くからです。     それが下痢となって表れます。     最初は、硬いのがコロッ、コロッと出てきます。     これが結構、痛くて苦しいです・・・・・・。     わたしの場合、何度か切れたことがあります。     そのあと、下痢症状となります。     これによって、お腹の中は多少すっきりするのですが、大腸に必要な善玉菌も排出されてしまうので、腸内環境が悪化し、また便秘ってことになるんですね。        ですからこういった時は、あえて善玉菌や食物繊維を含む食べ物を多めに取ることをお薦めします。     ヨーグルト、キーウィ、バナナ、納豆、サツマイモ、モロヘイヤなどなど。     飲みやすい「すっきり贅沢抹茶」は特にお薦めですね。     ただ、それの食べ過ぎ、飲み過ぎにはくれぐれもご注意してください。     逆に腸内環境を悪化させてしまいますから。      

      1
      テーマ:
  • 30 Mar
    • 妊娠中の便秘にはやっぱり食物繊維です!

      便秘解消には食物繊維を含んだものを食べましょう!!って聞きますよね?     特に妊娠中の便秘にはたくさん必要なんです。     食物繊維は、どんなものに多く含まれているかご存知ですか?     ぱっと思い浮かべると、サツマイモ、こんにゃく、ごぼう、海藻類あたりでしょうか。     また、食物繊維って2種類あるんですよ。      水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。       何がどう違うのでしょうか?     水溶性食物繊維   文字通り、水に溶けやすい食物繊維のことですね。 水に溶けることによって、ゲル状になり、うんちを柔らかくする働きがあります。     種類としては、もずくやメカブに含まれているネバネバのフコイダンってやつですね。     あとは、こんにゃくに含まれるマンナンとか、果物に含まれるペクチンというのがあります。     ごぼう、オクラ、海藻類、納豆、アポガドなどに多く含まれています。     不溶性食物繊維   こっちは逆に水に溶けにくい食物繊維ですね。 水分を吸収してうんちの量を増やし、大腸のぜん動運動を活発にさせます。     種類としては、穀物や豆類に含まれるセルロースやリグニン、イヌリンってやつがあるそうです。   あんまり聞いたことないですよね~     アーモンド、豆類、おから、干し柿などにたくさん含まれています。     わたしたちは、根本的に食物繊維が不足しているので、両方の食物繊維をバランスよく取ることが大切です。     でも、やっぱり便秘を解消したい! ってことであれば、水溶性食物繊維の方を多く取った方がいいですね。     ちなみに、日本人の目標とする食物繊維摂取量ってどのくらいだと思います?     厚生労働省の「日本人の食事摂取基準 2010年度版」によると、一日あたり、18歳以上の男性で19g、18歳以上の女性で17gとなんですよ。     しかし、現実的にはどの年代層もその基準に達していないそうです。     仮に一日に必要な食物繊維を約20gとした場合、どれほどの食事に値するのでしょうか?     代表的な食材の食物繊維量で、 ごぼう100gあたり約5g アボガド100gあたり約3.7g ブロッコリー100gあたり2.2g   となります。   よって、こぼうであれば400g、ブロッコリーであれば1Kg近くも1日に食べないといけないわけですね。     うーん、無理ですよね、絶対に。       でも、食物繊維をお茶で取れるとしたらどうですか?     すっきり贅沢抹茶には豊富な食物繊維を含んでいるグア豆由来の成分や桑の葉末が多く含まれています。      

      14
      テーマ:
    • 妊娠中の便秘を解消する運動は?

      便秘を解消するには適度な運動が必要!ってことはわかりますが、妊娠中にできる運動ってどんなものがあるのでしょうか?     お医者さんに聞いた便秘の妊婦さんの為の運動をご紹介しますね。     わたし自身、かなり効果があったと思いますしストレス発散にもなりましたよ。     まずは、歩くこと、ウォーキングですよね。     30分程のウォーキングを朝と夜に行うのがいいそうです。     妊娠の状態にもよりますが、初期~中期では少し早目ぐらいがいいそうです。     ただし、疲れない程度の早さですよ。競歩になってはいけませんからね。^^)     妊娠後期になればゆっくり遅めでOKです。     大切なことは無理せずに、マイペースで疲れないということです。     歩いて気持ち良かった~、思えるぐらいのペースがいいんです。     そして、大事なことは、水分補給と気候による服装です。     水分は小まめにとりましょう!!     わたしは、すっきり贅沢抹茶をペットボトルに入れて飲んでました!!     寒い季節や真夏の炎天下ではもちろんNGですし、季節や気候に合った服装で行いましょう。     次に、お家の中でもできる運動です。     1.腰まわし運動です   ①両足を肩幅に開き立ちます。膝は軽く曲げます ②両腕は各腰のところにあてます ③腰を右に10回ゆっくり大きくまわします ④反対に左に10回  〃    まわします   それぞれ5~10セット行います。   ちょうどフラフープのような感じですね。息は止めないで行います。       2.もも上げ足踏み運動です   ①両足を肩幅に開いて真っすぐ立ちます ②右足ももをおへその高さまで上げて左手こぶしで膝をタッチ ③反対に左足ももを    〃       右手こぶしで膝をタッチ ④これをゆっくり、リズミカルに20~30回繰り返します。   コツは、足を上げる時にタッチする手の方にひねることです。   腸がねじれる感覚をつかめると思いますよ。       3.腰ひねり運動です   ①あぐらかいて座ります。 ②真っすぐ背筋を伸ばします ③ゆっくり上半身を右に回します。顔も一緒に後ろを向くように。 ④今度は反対に左に回します。   〃    。   それぞれ10回行います。こちらも呼吸を止めないようにです。     便秘対策の運動は、お家の中でもしっかりとできます。   家の中でも水分補給を忘れないでくださいね。   こちらもすっきり贅沢抹茶がお薦めです。            

      テーマ:
    • 便秘で吐き気に悩まされました~

      妊娠中の便秘っていろいろなところに悪影響が出てくるんだなあ、って思ったんです。     その一つが吐き気でした。     妊娠していない時は、肌荒れとかお腹が痛むぐらいでしたが、妊娠してからは吐き気が何回かありました。     初期の頃はつわりが結構あったので気付かなかったのですが、中期以降も吐き気が数回ありましたので、お医者さんに行ったら便秘が原因とのこと。     実はこれ、腸捻転などを発症することもあり、危険な状態になることも稀にあるそうです。     妊娠しているからってことではなく、ひどい便秘になると吐き気をもよおすことがあるのです。     最初は、「えっ~、何で便秘で吐き気なの」 って感じでした。     簡単に言うと、もう大腸がうんちで一杯になって、食べたものは口の方に戻るしかない、って状況らしいんですね。     「うそっ~、とうとうそんな状態にまで、、、、。  糞づまりになって逆流してきたの~?」   ショックでした!!     一瞬、血の気が引いて顔が青ざめました。     わたしの場合、特に、脂っこいもの、揚げ物、お肉など重たいものを食べた日に多かったですね。     自分でも胃がムカムカしているのが分かるんですよ。     便秘で大腸がいっぱいだから、これ以上は下の方にはいけない、上に戻ってしまう~、って 確かにそんな気持ちを感じました。     ですから、そういう日の体調は最悪です。     吐き気は我慢しない   しかし、これは一気に吐いてしまうのが一番いいそうです。     我慢してはダメなんですね。     汚い話ですみませんが、わたしもトイレの前に座り込んでゲーゲーやっていました。     落ち着いてトイレから出てくると、もうゲッソリ。     「まるで雪女みたいな顔だなあ~」って旦那に何度言われたことか・・・・・・     わたし、特にお肉を食べるとすぐに硬くなってしまうんですね。     必ずと言っていいほど超便秘モードになるんです。     でもお肉が大好きで特にカルビには目がないんです!!     ですから、お肉を食べる時はその3倍くらいの野菜を取るようにしていたのですが、あまり効果ありませんでしたね~。     よって、妊娠中はお肉(牛肉)を食べたことはほとんどありませんでした。     たまに鶏肉とか豚肉を少しぐらいって感じでしたね。     ちなみに、便秘がひどくなって吐き気をもよおす程になった時は、我慢しないで吐くことと、排便があるまで食べることを極力控えることだそうです。     わたしの場合は数回ぐらいでしたが、いづれも食べることを変えて、すっきり贅沢抹茶を多めに飲むようにしました。     幸い、お通じが回復して大事には至りませんでしたが、便秘で吐き気をもよおす様になった時は要注意です。     妊娠中ともなれば、なおさら心配です。     まずは、あわてずにお医者さんにいくことが大切ですね。        

      テーマ:
  • 29 Mar
    • 妊娠中の便秘の時にいきむことはダメなの?

      何度いきんでも、どうしても出したいと思うのが便秘ですよね。     本当につらいです。     全く出ないのもつらい。出そうで出ないのもつらい。     もうそこまで顔が出てるのに、どうして全部出ないのよ~って。     まさにトイレの中で格闘です。30分、40分も閉じこもって、、、。     ところで、妊娠中にいきむと赤ちゃんにどんな影響があると思いますか?     もしかして、流産したり、赤ちゃんが出てくるんじゃないかと考えてしまいません?     お医者さまにお聞きした限り、普通にいきむ程度では全く問題がないそうです。     もちろん、妊娠末期の頃ではかなり注意しなければなりませんが。     排便程度のいきみでは、子宮が急に開いたり、子宮に悪い影響を与えるということはないそうですよ。     しかし、当然ながら無謀ないきみは禁物です。     力の入れ過ぎ、何度もいきむ、息を止めていきむ、などはNGです。     いきむことは、血圧が急に上がりますし、子宮の収縮を招く要因になります。     さらに、わたしも何回も経験があるのですが出血してしまうのです。     いわゆる"切れ痔"ってやつです。     わたしの場合は、治りかけた時にまた出血ということが多くて、完治にかなりの時間がかかってしまいました。   病院にも行きましたよ。     恥ずかしかったですが・・・(/ω\)。     大事なことは、もう出そうにないと思ったら、それ以上いきまないことですね。   無理しないでいきむには?   では、もうちょっといきめば出そう!って時はどうすればいいのでしょうか?     できるだけお腹に負担を掛けないようするには、まず呼吸です。     息を止めてはいけません。     つねに口を大きく開けて吐きながらいきむことです。     断続的にいきむのです。     そうすることによって血圧の上昇を極力抑えることができます。     次に、排便の体勢として、できるだけ体を前に倒した前かがみの体勢にすることです。     この体勢は腸を刺激して排便を促します。     わたしの場合、「すっきり贅沢抹茶」を飲んでからは、ひどくいきむということはほとんどありませんでしたが、一度、妊娠末期にストレスから便秘になったことがあったんです。     なんとか、乗り越えることができましたが、その時だけは結構いきみましたね。     さすがに、もう出てくるんじゃないの? って思うくらいでした。     でも、幸いにもこれくらいで済んだのは、「すっきり贅沢抹茶」のおかげだと思ってるんですよ。        

      テーマ:
  • 28 Mar
    • 妊娠中の便秘にはオリゴ糖もお薦めです

      よく便秘にはオリゴ糖がいいって言いますよね。   大腸の中の善玉菌を増やすと言われています。   はい、わたしもオリゴ糖は毎日食べています。   なんと、オリゴ糖歴は15年以上なんですよ。     で、効果はどうなの?    ってことですが、摂取し始めた頃はかなり効果ありました。   一ヶ月ほど続けた頃にお腹の調子が良くなり、ほぼ毎日のようにお通じがありましたから。     しかし、三、四ヶ月ぐらいすると、体が慣れてきたというか、免疫ができたのでしょうか、その効果も徐々に薄れてきたのです。     毎日あったお通じも、2日に1回とか、3日に1回というペースになってきてしまって、、、、。     そうすると、オリゴ糖を食べる量をもっと増やそうとするんですね。     朝と晩の一日2回食べていたのを、昼も食べるようになり、一日3回となりました。     ちなみに、わたしが最初の頃食べていたのオリゴ糖はシロップ状のものです。     どこのスーパーでも置いてある一般的なものですね。     朝食はコーヒーの中に小さじスプーン2杯入れて、トーストのパンにもスプーン3杯ほどぬります。     夕食後のフルーツにもたっぷりとかけて食べます。   りんご、バナナ、キーウィ、イチゴなどです。   特にバナナはお薦めですよ。   食物繊維も豊富ですし、オリゴ糖とマッチしてすごく食べやすいのです。     昼にも取り入れた時は、昼食後のコーヒーに入れました。   朝と同じパターンです。   こうして、回数や量も徐々に増やしていきました。     しかし、最終的にはこれ以上は改善されませんでしたので、シロップ状のオリゴ糖から粉末タイプのものに変えてみたのです。     カイテキオリゴというものにしました。     ネットでいろいろ探していたところ、「日本で一番売れているオリゴ糖」って書いてあったんです。     日本で一番売れているんだったら、それだけ効果はあるのよねえ~、って単純に思って購入してしまいました。     このカイテキオリゴは専用のカップがついていますので、朝にはコーヒーに、そして晩にはすっきり贅沢抹茶に入れて飲みました。     わたしは、朝はどうしてもコーヒーなんです。     2週間程続けると、いやはや、なんと効果が出たのです!!   毎日お通じが復活です!     久しぶりにすっきり感を味わえたって感じでした。     すっきり贅沢抹茶 + カイテキオリゴの組み合わせはベストかもしれません。     妊娠中の便秘には、特にお薦めだと思います。      

      テーマ:
  • 25 Mar
    • 妊娠中の便秘! どんな食べ物が効果あるの?

      普通に便秘に効果がある食べ物と言えば、ヨーグルト、さつまいも、ごぼう、バナナ、山芋などなどです。   乳酸菌とかビフィズス菌とか発酵食品、食物繊維といったものが腸内環境を整えて、便通をスムーズにすると言われているからです。 特にヨーグルトなどはいろいろな種類のものが売られています。     そうなんですよね~。     わたしもそれを信じて、ずっとずっとヨーグルトや食物繊維が多い食物を食べ続けて数十年。   食べ過ぎって言われるくらい毎日食べてきたんですよー。     キムチ、味噌、納豆といった発酵食品もほとんど毎日食卓にありました。   便秘にいいというものはほとんど試してきましたね。   それなのに、まったく改善されないのはなぜ? どうしていつも固まってしまうの? ってことです。   バランスよく食べることが大事だけど・・・・   よく言われるのが、「大腸にいいものをバランスよく!!」ですよね。   それって、わかっているのですが、毎日毎日となると本当に大変なんですよね。   メニューというか、飽きないようにするというのか、継続させるのが難しいのです。     わたしの場合もそうなのですが、続かないんですよね。3日間ぐらいしか・・。   逆に言うと、毎日手軽に、飽きることなく、バランスのいい成分、が含まれているものであれば続けられるってことですよね。     よく、サプリでそういうものがありますが、たった数個でわたしのような頑固な便秘が本当に治るのかな?って思う時がありますね。こんな量じゃ無理じゃない?って。     しかし、お茶であれば普通に飲んでいればいいので続けることは問題ありません。   よっぽどお茶嫌いじゃない限り、飽きることもありません。   コップ一杯という量も効果ありそうです。   問題はその栄養分ですね。   すっきり贅沢抹茶の成分は、葉酸、ビフィズス菌、カルシウム、オリゴ糖、桑の葉、食物繊維、鉄、乳酸菌を豊富に含んでいます。   毎日飲むお茶で便秘が解消できれば理想ですよね。    

      1
      テーマ:
    • お腹の張りがひどかった

      わたしの妊娠中の便秘は、腹痛に伴ってお腹の張りがひどくなるんです。   ポッコリがすごいのです。外から見てもこんなに溜まってますよ~、って感じですからね。   もう妊娠7、8ヶ月?って間違えるほどの膨らみです。   まっ、もともとポッチャリ体質なのでお腹は大きめなのですが。(*^▽^*)     病院に行って診てもらったのですが、やはり痛みの原因は便秘によるお腹の張りということでした。     痛みもあるのですが、張り感の気持ち悪さみたいのも半端じゃなくって・・・・・・   思いっきり歯ぎしりしたくなるような感じというか(ちょっと意味わかりにくいですかね)   お腹を強く押して出そうとするわけにもいかないので、気休め程度の軽くさするくらいしかできません。もどかしかったですね。     そこで、ママ友さんから教えてもらったすっきり贅沢抹茶というのを一度試してみようかなって思ったのです。   ただ、わたしは今まで数え切れないほどの便秘に効果があるというサプリやジュース、漢方などを試みてきましたが、どれもほとんど効果がなくて「どうせこれもダメだよ~」って期待は全くしていませんでした。     しかし、同じ妊娠中に便秘で苦労した彼女が、「今まで一番効果あったよ~、だまされたと思って使ってみて!」って言うので、渋々購入することにしたのです。     すっきり贅沢抹茶を教えていただいたママ友さんは、わたしと同じ小さい頃からの便秘体質。   ひどい時の症状もわたしと全く一緒で、腹痛とお腹が張って気持ち悪くなるということが続いたそうです。   特に妊娠中はひどかったらしく、妊娠と便秘のストレスでまったく出なくなってしまったそうです。   そんな彼女をすくったのが、すっきり贅沢抹茶だったそうです。     約1ヶ月飲み続けたら、2ヶ月目からは2日に一回のペースでお通じがあるようになったそうです。   でも、普通の便秘サプリと何が違うのでしょうか?   すっきり贅沢抹茶の特徴は、なんといっても豊富な成分   すっきり贅沢抹茶は何と言っても成分が豊富ということです。   葉酸、ビフィズス菌、カルシウム、オリゴ糖、桑の葉、食物繊維、鉄、乳酸菌が含まれています。   そして、もちろんノンカフェイン、無添加なのです。     妊婦さんにとって必要な栄養素と安心・安全を兼ね備えた理想的なお茶と言えますね。     しかし、そもそも妊娠中の便秘にはどんな食べ物がいいのでしょう?   ちまたに言われているヨーグルトとかオリゴ糖とかを普通に食べていればいいのでしょうか?   妊娠してる時としていない時の食べ物は違うのでしょうか?          

      テーマ:
  • 23 Mar
    • 妊娠中の便秘で腹痛!! 本当につらかったです~

      みなさん、こんにちは   女性の大敵とも言える便秘!! あなたは悩んでいませんか?     わたしは、小学校の頃からずっと便秘体質です。一週間出ないなんてのは普段から当たり前なんですよ。     そんなわたしが妊娠した時に、ますます便秘がひどくなったんです。お腹が痛くなって本当に苦しみました。 気持ちが悪くなったことも何度もあったのです。     そもそも女性は妊娠をすると便秘になりがちです。   それは、女性ホルモンのバランスが崩れるためです。   妊娠することによって、黄体ホルモンの分泌が多くなり、それにより大腸の活動が低下してしまうのです。   また、赤ちゃんが成長するにつれて子宮が大きくなり、大腸を圧迫してしまうからです。       でも、ある抹茶を飲み続けることによってそれが改善されたのです。腹痛もまったくなくなりました     初めは、えっ、うそっ?て感じでした。不思議でしたね。     しかし、そのおかげでわたしはお腹の赤ちゃんの心配をすることなく、お通じの改善ができたのです。     わたしがその時悩んでいたように、今、妊娠中の便秘で悩まれている方に少しでも役に立てばと思い、その時の体験をお話しますね。     ストレスがますます便秘をひどくします   わたしは普段は三日に一回程しかお通じがありません。平均すると一週間に二回くらいです。     精神的に不安定になったり、ストレスがたまってしまうと更にひどくなるんです     一週間はダメです 10日間ってのもざらです。 そんな時は憂鬱で朝から何もヤル気が起こりません。     特にOLをしていた頃は、会社に行く気がなくなり突然休むことも何度もありました。     結婚して妊娠をした時は、つわりが重くてストレスがたまり便秘が急にひどくなったんです。     一週間程出ない時が何度も続きました。     最悪だったのは腹痛です     出ないし、痛いし。お腹の赤ちゃんは気になるし、、、です。     そして、ストレスはさらにたまり、便秘もますますひどくなる。まっ、負のスパイラルっていうのでしょうか。そんな状態に陥ってしまったんです。     しかし、そんな時にママ友さんから紹介されたのが抹茶です。     えっ、ただの抹茶?  ・・ではありません。     妊娠中でも安全に飲める、かつ便秘解消に効果バッチリの抹茶だったのです                 最初は、抹茶? どうせ青汁みたいなもんでしょ? って思っていました。   それが、飲み続けるうちにはっきりとわかるほど効果が出てきたのです。        

      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。