完成の見通しがない高齢者向けマンションへの入居を勧誘し、入居一時金などをだまし取ったとして、神奈川県警捜査2課は6日、詐欺容疑で同県秦野市の不動産会社社長(63)と妻(57)から任意で事情聴取するとともに、自宅などを捜索した。
 同社をめぐっては、県の消費生活センターに40件以上の相談が寄せられ、被害総額は約2億6000万円に上るという。 

【関連ニュース】
未公開株被害で官民連携=金融庁、日証協など情報共有
振り込めグループのトップ逮捕=被害総額3億以上
全日空サイトに不正アクセス=知人のマイル交換、商品詐取
休業保険金38万円を詐取=容疑で稲川会系組長逮捕
動物葬祭業者、詐欺容疑で再逮捕=犬死骸大量投棄事件

抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
<首つり死亡>独房で男性受刑者 名古屋刑務所(毎日新聞)
希少疾患LGSの治療薬の国内フェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
五稜郭公園 桜が見ごろ 北海道・函館(毎日新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
AD