国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬「CS-8958」が、強毒性鳥インフルエンザ(H5N1型)に効果のあることを、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)らが確かめた。26日、米科学誌プロス・パソジェンズに発表した。

 マウスにH5N1型ウイルスを感染させて実験した。それによると、薬を投与しないマウスはすべて死に、別の治療薬「タミフル」を投与した場合の生存率は5~9割だった。これに対し、CS-8958は7~9割と効果が高かったほか、タミフルが効きにくい耐性ウイルスにも効果を維持した。

 CS-8958は第一三共が開発から製造まで行い、今月、国に承認申請した。年内の発売を目指している。吸引タイプで、1回の服用で効果があるとされる。タミフルは5日間続けて計10回経口する。

 世界保健機関(WHO)によると、2月17日現在の感染者は東南アジアを中心に478人(うち死者286人)。現在の治療薬には主流のタミフルとリレンザ、今年1月に発売された点滴薬ラピアクタの3種類ある。河岡教授は「タミフル耐性ウイルスの流行に備え、新しい薬を用意することが重要だ」と話す。【関東晋慈】

【関連ニュース】
タミフル販売:輸入代行業者ら薬事法違反容疑で再逮捕
タミフル:無許可販売容疑で再逮捕へ 東京の輸入業者
「タミフル」事件:個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警
タミフル:副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁
タミフル:輸入代行業者ら逮捕へ 違法広告容疑で大阪府警

人気TV番組 秋に復活 鳥人間 再浮上 読売テレビ「予算減っても安全重視」(産経新聞)
<福知山線脱線>検審、遺族と検察官から聴取へ(毎日新聞)
<羽田空港>ロビーに人あふれる…濃霧で欠航相次ぐ(毎日新聞)
雑記帳 苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)
<共産党>町田、日野市議選で全員当選…地方選で健闘(毎日新聞)
AD