宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題を巡り、農林水産省は13日、都城市の発生農家から約1キロ以内にある10農家の家畜を対象に、感染の有無をみる抗体検査を実施することを決めた。同日開かれた同省の専門家委員会で了承された。既に1農家あたり最大10検体を採取済みで、14日から分析する。感染が拡大した県央部から飛び火したとみられることなどから、検査が必要と判断した。

 また専門委は農水省に対し、新たに飛び火が疑われる事例が発生した場合には、周辺の大規模農家へ立ち入り調査を実施することを提言した。

 一方、日本養豚開業獣医師協会はこの日、専門委の各委員に質問・意見書を提出。専門委への(現場に詳しい)民間人登用についての見解▽ワクチン接種の区域設定の根拠--などを尋ねた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念
口蹄疫:血液検査再び陰性 エース級種牛5頭
口蹄疫:菅首相が宮崎で農家視察 「国家的な危機と認識」
口蹄疫:コブクロ、今井美樹さんらと共同で宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎など3市、埋却作業終了

ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)
みんなの党、阪急百の元部長を擁立へ 参院選大阪(産経新聞)
17歳少女とみだらな行為 警視庁警部補を逮捕(産経新聞)
世帯収支赤字38%、失業の不安23%…連合調査(読売新聞)
菅首相が所信表明演説 財政再建へ超党派会議 年金議論 消費税上げ視野(産経新聞)
AD